バイク買取体験談、ライダー達のバイクとの別れ経験

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 バイク

バイクを手放してしまうというのは、購入した当時には思いもしなかった出来事です。「一生乗るぞ」って思うものです。いずれ大型に乗り換えるんだろうな、と思ってはいても、はじめて購入したバイクは楽しくてしょうがなく「いつかこれは下取に出しちゃうんだよな」なんてことは頭を過ぎったりはしないものです。そんな考えたちが頭を過ぎってしまった時、それがバイクとのお別れの時なのかもしれません。

バイクとの別れは離婚みたいなものです。奥さんと別れたり旦那と別れたり。そしてまた再婚したり。下取なんて離婚してすぐに再婚する行為ですね。人間関係に例えたのはちょっとイメージが悪かったかな? 

私が言いたいのは、どうせ別れるなら、辛く悲しい別れではなく後悔のない円満的な別れを望んでほしいということです。人間関係も、そしてバイクとの別れもです。

世の中には色々なバイクとの別れを経験しているライダーがいます。そんなライダーたちの体験談を綴ってもらいましたので、こちらのコンテンツにて少しご紹介していきましょう。

私に合わなかったバイク

Kさん 20歳 女性 手放したバイク:スズキ グラディウス400

ずっとバイクに乗りたかったんですけど、親からも友だちからも「小柄だからやめたほうがいいよ」と、反対され続けていました。

確かに身長150cm台のうえ、体重も軽くてひょろひょろの私にはバイクの扱いは難儀ではあります。でも私って凄く意固地で、反対されると向きになって余計欲しくなってしまうのでした。

そして何とか親を説き、教習所に通いました。

はじめてのバイクの引き起こしの時に筋肉痛になってしまったことと、足つきが悪くてフラフラだったことを除けば、何にも問題ありませんでした。

免許取得後にすぐに買ったのは、スズキのグラディウス400でした。ネイキッドスタイルに独特なスタイル、V型エンジンといったスズキらしい異質さが気に入りました。

ところが、足つきが悪いと後悔するというのが、納車してから良く分かりました。納車して1ヵ月後、深夜の交差点で止まった時、ちょっと気を抜いた時に立ちごけしそうになってしまったのです。なんとか立ちごけは回避できましたが、体は痛めて不安も大きくなってしまいました。

結局グラディウスは売ることに決めてしまいました。でもバイクは乗りたかったので、代わりにカワサキのエストレヤに乗り換えることにしました。こちらならば250ccで扱いやすく、足付せいも良いので私のような小柄なライダーにはピッタリでした。

最初から自分に合ったバイクを買っていればお金は損をしなかったかも知れませんが、グラディウスのお陰で、体格に合ったバイクを選ぶことの大切さを学ぶことができました。勉強になったので、無駄じゃありませんでした。

やっぱりビッグツインが良いから

Jさん 26歳 女性 手放したバイク:ハーレーダビッドソン VROD

10代のころにはもう「いつかハーレーに乗りたいなぁ」って思ってました。その一番の影響は父です。父が幼いころからずっとハーレーに乗っていたものですから。

免許を取得できたのは、18の時でした。はじめてのバイクを買えたのは19の時。アメリカンを購入しました。

そして22歳の時、念願のハーレーを購入しました。本当は20代後半か30歳になって落ち着いてきた頃に手に入れようと思っていましたが、そのころになったら結婚してるかもしれませんし、子どももいるかもしれません。そう考えたら、早いほうがいいかも! って気持ちになり、勢いで買ってしまいました。

値段が安かったというのもあります。VRODはハーレーの中でも、いわゆる不人気車でしたから。安いといっても中古で100万円は余裕でクリアしていましたけれどもねっ。

そうして購入したVRODだったのですが、父のハーレーと乗り味が全然違って、思うように楽しめませんでした。背の高い私には十分乗りこなせる車格なのですが、なんというか、早すぎるんです。それが良いって思えることもあるんですが、思えないときのほうが多かったです。

それでも4年は乗りました。でも今年、とうとう乗換えを決意して買取に出してしまいました。スポーツスターの下取も考えましたが、父と同じビッグツインのほうが私には似合うと思って我慢しました。

中古で不人気ということで、買取価格も「しょうがないか」という気持ちが拭えないものでしたが、それでも売って後悔というほどでは無かったので良かったです。

今は父からもらった250ccのシングルに乗っていて、たまにハーレーを借りてます。お金が溜まったら、絶対自分のハーレーをまた買います。

結婚の予定もまだないし、それは近い将来かも。

CBからSRへ

Mさん 21歳 男性 手放したバイク:ホンダ CB400SB

CB400SBに決めた理由は、教習所でした。痛快に軽々と走れるCBの性能が最初は怖くも感じましたが、慣れてきたら最高に面白くて、気がついたら教習の第二段階に突入したころにはバイク屋さんで契約してしまっていました。

最初はビッグスクーターに乗りたくて教習所に通い始めたんですけどね、やっぱバイクは乗ってみないと分からないものです。AT限定免許を選択しなくて、ほんと良かったです。

友だちのスクーターに乗せてもらうと楽なんですけど、やっぱりマニュアル操作の方がバイクって感じがして、マシンって感じがして、男心をくすぐられるんですよ。

でも、僕は浮気性なんですね。CBがあれほど楽しいと思ってたのに、すぐに別のジャンルのバイクに乗りたくなっちゃったんですから。

街で派手にカスタムされたSR400(もしかしたらSR500だったかも)を見かけたんですけど、それが凄く格好良かったんです。ライダーも革ジャンにウォレットチェーンをぶら下げていて格好良かったです。「これだ!」って、感じるものがありました。

そうして気がついたら、SRを激安で売っているお店を探し、CBを下取してもらって乗換えです。CBは中古車だったので、値段は思ったより良くありませんでした。でも、友だちの話を聞いたら「そんなもんだよ」と言っていたので、妥当な金額だったのかもしれませんね。

今はSR400で大満足をしています。ボロボロでキックしかありませんが、これが何ともマシンっぽくて最高です。まぁ、また少し時間が経ったら、別のバイクに浮気しないとも言い切れませんが。

誰かに乗ってもった方が幸せ

Wさん 19歳 男性 手放したバイク:ホンダ カブ110

通勤目的の為に購入したホンダのカブ110。モデルチェンジ前の丸いフォルムでレトロでお洒落の外観のカブです。現行の角目よりも全然良いです。

購入後、1年は楽しく利用できたのですが、車体になれて毎日のように乗っていると、楽しさよりもカブの弱点の方が気になって仕方なくなってしまいました。

やっぱ遅いです。お洒落で楽しいとしても、圧倒的に遅いです。上のクラスと比べてももちろん、同クラスの原付二種スクーターに比べても遅いです。しかもシート下収納スペースといった便利機能もありませんし。

110ccあるカブならそれなりの性能を期待できると思っていたんですが、やはりカブはカブでした。おまけに後続車からは50ccと勘違いされるのか、怖い追い越しの目にもしょっちゅうで、嫌気を感じていました。

そうして通勤には車を選択することが多くなってしまい、カブは手放してもいいやという気持ちになってしまいました。通勤にバイクを使用したくなったら、別に所有しているSRV250を使用すればよいだけのことでしたから。

買取先は、1日かけて近場のバイク店と買取業者を巡りました。どこも同じ位の査定価格でしたが、場所によっては、信じられないくらい安い査定もありました。場所によってまちまちのようです。

巡った結果、結局何度か顔を出したことがあるお店に買取をお願いしました。

やっぱり売らずに取っておこうという考えも過ぎりましたが、乗る予定はまったく見当たりませんでした。埃を被らせるくらいなら、誰かに乗ってもらったほうがカブも嬉しいでしょうからね、売って正解だったと思います。

ハーレーディーラーで買取

Hさん 31歳 男性 手放したバイク:ハーレーダビッドソン ストリートグライド

5年も乗リ続けたストリートグライド。自分のバイクキャリアの中では一番長い時間乗ったバイクですが、まだまだもっと乗る予定だったバイクでした。でも、バイクに対する趣向の変化が否めず、先月乗換えをしてしまいました。

もっと軽いバイクに乗りたいと思ってしまったのです。でも、ハーレーじゃないと嫌だという気持ちもあったので、ハーレーの中でも車体を軽く取りまわしの良いスポーツスターにあこがれるようになりました。

ディーラーにストリートグライドを見せ、査定してもらったところ、スポーツスタートとの乗換えだったらサービスしますよとのことで、がんばってくれました。

でも、土壇場でスポーツスターはスポーツスターでもキャブ車が良いなって思ってしまい、ディーラーでの下取を躊躇してしまいました。ディーラーには、フューエルインジェクション車しかなかったのです。

そこで、ディーラー近くにあった古車ハーレーを扱うお店に顔を出してみたら、お目当てのスポーツスターが置いてありました。下取査定をしてみたら、ディーラーでの買取価格よりも下でした。

お金を惜しんでディーラーのスポにするか、本当に乗りたいスポにするか。悩んだ結果、後者を選びました。

購入してキャブのスポに乗ってみた感想は「正解だった!」と思えるものでした。やっぱり、乗り味を求めるなら、キャブです。

ちなみに、買取だけをディーラーで、購入は古車店とも考えてみたのですが、それだと得もできなければ面倒なのでや

バイクより今は家族

Tさん 35歳 男性 手放したバイク:カワサキ W650

少々無理して買ってしまったカワサキのW650。ほんと買った時は無理しました。お酒も我慢したし煙草もやめて、会社にも車じゃなくて自転車で通うようにしました。そこまでしてでも欲しかったんです。昔からずっとこのスタイルのバイクに憧れていたものですから。

このスタイルに憧れたのは中学生の時。憧れたのはカワサキのW1です。何を隠そう、私が買ったW650の元祖となるバイクです。さすがにW1は維持が大変なので買えず、復刻モデルともいえるW650に落ち着いたのでした。

購入してからは、かみさんや子どもを乗せてタンデムしたり、通勤にも良く使用しました。最高の毎日でした。

でも、生活が苦しくなってしまって、維持することが難しくなってしまいました。かみさんと、2人の子どもが大学卒業するまでの費用や、まだ捨てきれていない一戸建ての夢を考えると、このままずるずるバイクに乗るのははたしていいものか。そう悩むようになってしまいました。

悩んだ末、バイクを売ることに決めました。

買取なら買取業者が一番だろうと思い、近くにお店を構える業者に査定をお願いしたのですが、査定結果は、散々足るものでショックを受けてしまいました。

でも、査定の帰り道に購入店に寄って査定してもらったら、買取業者よりも高い金額を提示してくれました。私はてっきり、買取=買取業者と思っていたのですが、必ずしもそうとは限らないのですね。

購入店での査定後も、数日悩みましたが「距離が伸びてしまうと査定が変わってしまいます」と言われたこともあって、買取をお願いすることにしました。

憧れのバイクを手放したのは辛いですが。家族優先に考えたら仕方がありません。それに、今この歳であのバイクに乗れたのは宝です。40後半か50過ぎたころ、バイク再デビューしようという楽しみもできました。

後悔はちょっとはある

Tさん 23歳 男性 手放したバイク:ヤマハ ドラッグスタークラシック400

はじめてのバイクは、排気量400ccのV型二気筒エンジンを搭載した、ヤマハ、ドラッグスタークラシック400でした。このバイクは、バイク乗りだった友人の付き添いでバイク屋さんに行った時に一目惚れしてしまったバイクでした。

一目惚れしたすぐに教習所に通い、夢中で免許取得。そして両親からお金も借りて無理に新車一括購入してしまいました。

ライダーの憧れである北海道にもこのバイクで上陸したし、暇さえあればいつも乗っていました。雨の日だって、構うことありませんでした。もう、壊れるまで乗るんだって思ってました。

でも、その思いは長く続きませんでした。初回の車検を迎える前に、手放してしまいました。理由は、周りの友だちが大型バイクに乗り換えてしまい、僕も大型に惹かれて限定解除をしてしまったからでした。

限定解除しても、DSCはまだ乗り続けようとは思っていたのですが、友達の大型バイクに試乗させてもらったらもう、我慢はできませんでした。

結局、限定解除をした次の月には、DSCを購入店で下取してもらい、大型デビューしてしまいました。

DSCの価格は、下取ということと、これまでお店でお世話になったということ、これからも引き続きお世話になるということで、かなりサービスしてもらえました。とても助かりました。

今は大型バイクでバイクライフをエンジョイしていますが、時々、今になって400ccのDSCが凄く懐かしく感じます。正直、もうちょっと乗っていてもよかったかもって、後悔もしてます。

マイナーモデルを手放す

Yさん 27歳 男性 手放したバイク:ヤマハ XVS1300A

ヤマハの逆輸入車であるXVS1300Aは、もの凄いマイナー車両でした。今思うと、なんでそんなマイナーなバイクを買ってしまったのかとも思ってしまうのですが、購入した3年前は、そのバイクが一番格好良く僕の目には映ったんですよね。

ハーレーみたいなクルーザーにも関わらず、スーパースポーツ並みの優秀なハンドリングと、怒涛の加速を持ったあのバイクの魅力は、乗ってみても大したものでした。「買ってよかった!」と、本気で思えました。

しかし、もうすぐ車検という時期になったころ、車検を通す気持ちにどうしてもなれませんでした。理由は、カスタムができなくて楽しくないという点でした。

ノーマルの完成度が高く、カスタムパーツも日本国内では全くといっていいほど発売されていなかったので、海外パーツを取り寄せて必至にカスタムをしました。

それでも満足できませんでした。なんだかカスタムの広がりが見えなくて、この先ただ乗ることしか楽しみが無さそうに思えてしまったのです。「こんなことなら、格好悪いバイクでも買えば良かったなぁ」なんてことまで思ってしまったくらいです。

そうして結局、車検が切れる前に手放してしまいました。

パーツは全て外してから車体だけ売り、パーツは別口で売ろうかとも考えたのですがやめました。ヤフオクに出品など売る手段はあるんですが、億劫ですからね。それにマイナー車両ですからパーツが売れるとは限りませんでしたから。

買取価格はそれなりの金額でしたので、次に購入予定のバイクの足しにはなりましたが、今思うと、パーツを外しておけば、総合的にもう少し高く売れたのかなぁとも感じてしまっています。今更後悔しても、遅いですけれどもね。

タンデムの思い出スクーター

Uさん 41歳 男性 手放したバイク:ヤマハ グランドマジェスティ400

マジェを買ったのは、私にとっては異例の出来事でした。スクーターは好きじゃなかったものですから。それでも買ったというのは、娘とタンデムするためでした。普通のバイクでのタンデムは怖いですから、小さい娘を乗せるには、私的には無しだったのです。そこでスクーターを選択したのでした。

乗り始めてからは、スクーターという素晴らしいジャンルを見直してばかりでした。見た目は全然好みじゃないんですけどね、シート下に60Lも収納できて、運転の手間も少ないので、普通のバイクよりも景色を楽しみやすかったです。

娘を乗せて私はマジェでタンデム、かみさんはバイクで、3人で温泉ツーリングによく出かけたもんです。最高に楽しい思い出つくりができました。

でももう、娘も大きくなりました。家族でツーリングに出かけるよりも、友だちと遊ぶ方に重点を置くようになりました。親としては寂しいですが、こどもの成長はそんなものでしょう。

マジェの車検も切れ、ガレージの奥に眠らせていたのですが、クルマの乗換えによってマジェを置く場所が追われてしまったため、買取に出すことにしました。

ナンバーが期限切れでしたので、買取業者に出張買取を依頼して引取ってもらいました。

査定は休日を選び、査定前の洗車から運ばれていくまでを家族三人で見守りました。ずっとしまいっぱなしでしたが、最後くらいお世話になった感謝の気持ちを家族全員で伝えなきゃなって思ったんです。

トラックに詰まれて運ばれていくマジェの姿を見たら、涙が溢れてしまいました。いまだにスクーターという乗り物は好きじゃなく、タンデムの機会が無くなった今乗りたいとは思いませんが、それでも、泣けてしまいました。

二種スクーターを手放す

Sさん 38歳 男性 手放したバイク:スズキ アドレスV125G

正直、原付二種とはいえ、安いスクーターだからアドレスなんて売れないと思ってました。走行距離は3万キロが近いですし、外装だってボロボロです。ネジも何個か飛んでます。さすがスズキのスクーターって感じです。

半年くらいこのアドレスを持て余していました。別のスクーターを買ったんで、もうアドレスの出番は無かったんです。娘もバイクの免許を持っているので「セカンドバイクに使うかい?」って言ったんですが「おじさんっぽいスクーターだから嫌だ」って人けりされちゃいましたよ。

お店には持って行きました。でも、買取価格はつかないといわれてしまい、それで自宅の隅っこにひっそりと置かれるようになってしまいました。

でもある時、ハーレーのメンテナンスでお世話になっているバイクショップに行って「アドレス持て余してるんですよ~」と話したら「じゃあうちが買いますよ」なんてことを言われました。

なんでも、大型バイクのセカンドバイクとして買っていく人も多いらしく、密かに原付二種も取扱いをはじめたんだそうです。

というわけで、持て余していたアドレスの買取先が見つかって良かったです。買取価格は2万5千円でした。状態は最悪で買取後に各部メンテが必要なことを考えたら、十分すぎるくらい嬉しい価格でした。

「売れなかったら僕が乗るからいいですよ~」なんて、笑って言ってました。なんだか無理に買ってもらったのかなと申し訳ない気もしてしまいました。

でも先日ショップに行ったら、買取してもらったばかりのアドレスはもう買い手が見つかったとのことでした。

やっぱり、手軽な原付二種。走行距離が多い中古車でも欲しい人はいるもんですね。

バイク買取無料一括査定の公式ページです


スポンサーリンク

関連記事

russia

ロシアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

ロシアでのバイクですが、土地の広さとは反対に大きなイメージはありません。ただ軍用スタイルモデルを

記事を読む

Suspension

バイクをより楽しむ為に是非おススメの装備品!

ただ、ノーマルの状態でバイクを楽しむのも素晴らしいことです。メーカーが試行錯誤した結果生み出され

記事を読む

harley

ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON) 2013 バイクモデルカタログ

ハーレーダビッドソンは常にわが道を進む、そんなスタンスが伝わってくるラインナップを毎年見せてくれ

記事を読む

engine8

レシプロ・ディーゼル・ガスタービン・ロータリーエンジンの仕組みや特徴

レシプロエンジン エンジンの種類はいくつも存在します。そのうちバイクのエンジンとして定番採用さ

記事を読む

italy

イタリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イタリアを代表するメーカーを挙げるのはあまりにも多いため難しいですが、ラインナップの幅を見るとア

記事を読む

Indian2014

インディアン(Indian) 2014 バイクモデルカタログ

インディアン公式サイトより転載 Chief チーフ・クラシック 新たに誕生したインディ

記事を読む

roy's-cafe-01

ツーリング情報 カフェ・ルート66 ROY’s cafe(茨城県古河市)

ライダーの集まるカフェ 「この辺ってバイクで集まれるような店が無いから面白くないからなぁ…… 

記事を読む

ducati1

ドゥカティ(DUCATI) 2013 バイクモデルカタログ

2013年のドゥカティラインナップは、ディアベルシリーズ、ハイパーモタードシリーズ、モンスターシ

記事を読む

YJ-5II ZENITH

バイク乗りの僕が「買って良かったな!」パーツや用品を紹介!

バイク関係のパーツに用品。買って良かったものもあれば残念だったものもあります。 まぁ残念な

記事を読む

suzuki2

スズキ輸出車(逆輸入車) [モトマップ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

2013年、モトマップが取り扱うスズキ逆輸入モデルは、全部で8モデルです。そう多くは無いモデル数

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑