オーストリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

公開日: : バイク


大自然豊かな国という理由からか、オーストリアにはオフロードバイクの名門ブランドが世界的に有名です。この国を代表するメーカー、KTMは1934年に設立され、数多くのロードレースにて好成績を残しています。日本でもオフロード系モデルの愛好者を中心にファンの多いブランドですね。

KTM

KTMは、オーストリアのバイクメーカーです。オフロードバイクメーカーとして長年培ってきた技術は高いほか、近年ではロードレースでも成績を収め、オンロード向けのバイクも充実させています。社名のKTMは、クローノライフ&トゥルンケンポルツ・マッティグホーフェンの頭文字をとった略称となっています。

KTMは、1934にエンジニアであるハンス・トゥルンケンポルツによってオーストリア マッティグホーフェンに設立れました。はじめは従業員20ほどによって日に3台の製造を行っていましたが、19543年に本格的な生産を開始し、KTMブランドを立ち上げました。

1955年にはロードレースに参戦し、1970年には自社開発のエンジンを手がけ、1974年のモトクロス世界タイトルを獲得しています。1991年に一時倒産するも、翌年にはスポーツバイクに焦点を絞った経営で復活しています。以降、レースでの活躍を元に車両開発を行い続けています。

オフロードモデルから、オンロードモデルまで幅広く手がけるKTMですが、どのモデルにもレースの経験をフィードバックし、軽量化、高性能化を考慮して製作されているのが大きな特徴です。市販モデルとはいえ、サーキットやレースでスポーツ走行が堪能できるほどの高い走行性能を持ち合わせており、その、性質が世界中のライダーに受けています。

日本におけるKTMの取扱いは、2002年に設立されたKTMジャパンが行っています。

バイクの歴史は100年以上と非常に古いイギリス。国を代表するトライアンフはアメリカのハーレーダビッドソンと方を並べるほどの歴史を持つ老舗メーカーです。やはり古き良きスタイルを守るモデル(ボンネビルシリーズ)を打ち出しながらも先進的モデルも手がけるという、手広いラインナップを行っています。トライアンフには及びませんが、ノートン、メガリといった個性の強いメーカーもイギリスは抱えています。

スポンサーリンク

関連記事

バイクエンジンの気筒数や気筒レイアウトに関する考察

気筒数と気筒レイアウト エンジンが高出力を求めるためには排気量アップが欠かせません。ただし、闇

記事を読む

ドイツのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

現在のドイツを代表するバイクメーカーはというと、BMWでしょう。クルマにしか乗らない人は知らない

記事を読む

バイク買取体験談、ライダー達のバイクとの別れ経験

バイクを手放してしまうというのは、購入した当時には思いもしなかった出来事です。「一生乗るぞ」って思う

記事を読む

イタリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イタリアを代表するメーカーを挙げるのはあまりにも多いため難しいですが、ラインナップの幅を見るとア

記事を読む

ホンダ(HONDA) 2014 バイクモデルカタログ

ホンダ公式サイトより転載 大型二輪クラス CB1300SB スーパーフォア同様に「CB

記事を読む

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

バイクの盗難対策は大丈夫?後悔しない為の盗難対策をご紹介!

バイクの盗難事件は、いつになってもなくなる気配がありません。私の身近なところでも、原付が盗まれた

記事を読む

バイクのスロットルの種類や働き

電子制御式スロットル スロットルワイヤーによってスロットルの開閉動作を一旦コンピューターへと伝

記事を読む

カワサキ(KAWASAKI) 2013 バイクモデルカタログ

カワサキの特長は、他の国産4大メーカーとは異なりスクーターのラインナップが無い点でしょう。その分

記事を読む

モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

California 1400 Custom モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデ

記事を読む

ツインバード ふろピカッシュEXの特徴や感想

お風呂洗いって大変な家事ですよね。 うっかり怠ると汚れがすぐに目

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

→もっと見る

PAGE TOP ↑