オーストリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

公開日: : バイク


大自然豊かな国という理由からか、オーストリアにはオフロードバイクの名門ブランドが世界的に有名です。この国を代表するメーカー、KTMは1934年に設立され、数多くのロードレースにて好成績を残しています。日本でもオフロード系モデルの愛好者を中心にファンの多いブランドですね。

KTM

KTMは、オーストリアのバイクメーカーです。オフロードバイクメーカーとして長年培ってきた技術は高いほか、近年ではロードレースでも成績を収め、オンロード向けのバイクも充実させています。社名のKTMは、クローノライフ&トゥルンケンポルツ・マッティグホーフェンの頭文字をとった略称となっています。

KTMは、1934にエンジニアであるハンス・トゥルンケンポルツによってオーストリア マッティグホーフェンに設立れました。はじめは従業員20ほどによって日に3台の製造を行っていましたが、19543年に本格的な生産を開始し、KTMブランドを立ち上げました。

1955年にはロードレースに参戦し、1970年には自社開発のエンジンを手がけ、1974年のモトクロス世界タイトルを獲得しています。1991年に一時倒産するも、翌年にはスポーツバイクに焦点を絞った経営で復活しています。以降、レースでの活躍を元に車両開発を行い続けています。

オフロードモデルから、オンロードモデルまで幅広く手がけるKTMですが、どのモデルにもレースの経験をフィードバックし、軽量化、高性能化を考慮して製作されているのが大きな特徴です。市販モデルとはいえ、サーキットやレースでスポーツ走行が堪能できるほどの高い走行性能を持ち合わせており、その、性質が世界中のライダーに受けています。

日本におけるKTMの取扱いは、2002年に設立されたKTMジャパンが行っています。

バイクの歴史は100年以上と非常に古いイギリス。国を代表するトライアンフはアメリカのハーレーダビッドソンと方を並べるほどの歴史を持つ老舗メーカーです。やはり古き良きスタイルを守るモデル(ボンネビルシリーズ)を打ち出しながらも先進的モデルも手がけるという、手広いラインナップを行っています。トライアンフには及びませんが、ノートン、メガリといった個性の強いメーカーもイギリスは抱えています。

スポンサーリンク

関連記事

ベスパ(VESPA) 2013 バイクモデルカタログ

ピアジオグループのベスパブランド。ラインナップは当然“ベスパスクーター”が揃っています。正確には

記事を読む

バイクのスロットルの種類や働き

電子制御式スロットル スロットルワイヤーによってスロットルの開閉動作を一旦コンピューターへと伝

記事を読む

イギリスのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イギリスはバイク文化にも大きな影響を与えている国です。インドに生産体制を置き、アジアに英国スタイ

記事を読む

初めてのバイク購入!購入先や種類の択び方をアドバイス!

免許を取得したら、いよいよバイクの購入です! 大抵のライダーの場合、何か乗りたいバイクがあ

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:二輪教習体験談

念願の二輪免許取得!(男性17歳時取得) 中学生の時にバイクに興味を持って、高校生となり免許取

記事を読む

バイクについての基礎知識

バイクのジャンルについて バイクはジャンルによって非常に性質が異なってきます。どのようなところ

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップバッグ編

バイクの免許を取得して愛車を購入。さてツーリングだ! と思うも収納力が乏しいバイクではレインコー

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップボックス編

バイクの収納力は乏しいものです。ビッグスクーターのように収納力抜群モデルやツアラーモデルは別とし

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:卒業検定

卒業検定について 第二段階のみきわめにて、「確実で円滑な運転操作」、「バランステクニック」、「

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:普通自動二輪教習 第二段階

基本の法規走行 公道を走るとなると、運転技術だけで二輪車を運転できるようなものではなく、交通法

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑