台湾のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

公開日: : バイク


様々な国の影響を受けて成長した国という性質があってかどうかは分かりませんが、台湾のバイク事情も日本や他の国からの影響を強く受けています。台湾大手のキムコやSYMはホンダからの技術提供を受け、PGOはイタリア大手のピアジオと提携を行っています。小さな島国ということもあり、ラインナップは250cc以下の小さなモデルが中心です。

キムコ

キムコは、台湾のバイクメーカーの一つです。台湾国内では非常に大きなメーカーであり、主に排気量50ccから250ccクラスが充実しています。日本ではスクーターのメーカーとして知名度がありますが、本国ではネイキッドやクルーザースタイルのバイクも取り扱っています。

1963に設立後、翌年には日本の二輪メーカーの本田技研工業から技術提供を受けて二輪生産を開始しました。1970年には年間30万台もの生産力を誇る工場を完成させ、その後工場の増設を行い生産力を高めてゆきます。1986年にはホンダブランドの輸出も開始し、ホンダの事業拡大に大きな力添えを果たしています。

1992年より、自社ブランドのキムコを立ち上げ、オリジナルの二輪開発を行い始め、1995年には本田技研工業との提携を解消し、以降自社ブランドでのバイクを生産し、国内から輸出までを行うようになりました。

海外には世界51カ国もの国々に輸出を行い、幅広いネットワークを確立しています。特にヨーロッパのように実用性の高い二輪が求められる国ではキムコブランドは大いに受け入れられており、非常に高い販売シェアを獲得しています。

キムコは、台湾国内において初めて4ストロークエンジンの開発を行った実績も誇っています。現在では、地球環境問題や騒音問題を考慮した二輪開発も行っており、電動二輪の研究も精力的に行っています。

日本におけるキムコの取扱いは、埼玉県八潮市に本社を構える株式会社イーケィエーが行っています。

PGO

PGOは、台湾のバイクメーカーの一つです。独自で車両の開発・生産を行う台湾バイクメーカーであり、国内に向けてだけでなく海外に向けても積極的な輸出を行っています。ラインナップは小排気量のスクーターが中心ですが、バギーといった車両も手がけています。

1964年に創立後、1972年から1982年に渡ってイタリアの大手メーカー、ピアジオ社と提携を行い、ライセンス販売を行うとともに技術を積み重ねていきました。その後、自社独自のスクーターの開発を行うようになり、1996年にはPGoブランドを立ち上げ、個性的なモデルを持って国内のみならず世界に輸出を行い高い評価を受けています。

主な取扱いラインナップは、排気量250cc以下のスクーターです。頼もしいパワーユニットを搭載し、実用性が優れているのはもちろん、スポーツ感溢れるデザインが魅力の「G-MAX」や「TIGRA」といったスポーツスクーターを中心に、ユニーク感やお洒落感が強い「iBuBu」といった一般スクーターもラインナップしています。その他としては、トライクやATVの生産も行っています。

台湾国内での勢力はキムコやSYMに比べて劣る面はあるものの、個性的なスポーツスクーターが受け、他の国内メーカーのみならずヨーロッパや日本においても唯一の存在感をアピールしています。

日本におけるPGOの取扱いは、埼玉県戸田市に所在する有限会社ナーベルフォースが行っています。

SYM

SYMは、台湾のバイクメーカーの一つです。ラインナップは小排気量のスクーターが中心ですが、ネイキッド等も手がけています。スクーター大国と呼ばれる台湾の中でも高い性能とコストパフォーマンスが売りとなり、1、2を争う人気を誇っています。輸出も積極的に行っており、日本にも多くのスクーターが迎えられています。

創業50年以上の歴史を持つSYMは、1954年に自転車用発電式ライトの製造メーカーとして台北で創業したことではじまりました。1962年にはホンダの技術提供によって二輪の生産を開始しました。2002年にはホンダとの提携を解消し、韓国のヒュンダイと提携し、日本市場にも参入を果たしています。

SYMは台湾二輪メーカーの中でも歴史業績ともにトップクラスを誇っています。特にスクーター大国と呼ばれる台湾国内のみならず、世界50カ国以上にも輸出を行っており、海外にも工場を設立しています。

台湾という国内事情をあらわしているように、ラインナップは小排気量のスクーターが中心となっています。国内の高いスクーター需要から快適性と利便性を十分に備えたスクーターを製造しており、日本や欧州のスクーターとはまた違った外観特徴という個性も備えています。

スクーター以外のバイクも手がけており、やはり小排気量ではあるものの、それを生かした実用性の高い痛快なネイキッドモデルとなっています。初心者から玄人というあらゆる台湾ライダーに受け入れられています。

日本におけるSYMの取扱いは、神奈川県横浜市に所在する株式会社エムズ紹介が行っています。

東南アジアの国々の1つ、タイ。山や川に恵まれた豊かな国ですが、昨今は経済成長も目覚しいものがあります。首都はバンコクで、タクシー活用されるトゥクトゥクが走り回ってるイメージが僕には強いですね。トゥクトゥクというのはバイクとクルマの中間みたいな乗り物で、3輪車です。日本にもこのマニアが結構いるようで、街中でも何度かトゥクトゥクを見かけたことがありますよ。

スポンサーリンク

関連記事

バイクの外装の仕組みや働きのまとめ

ライダーやパッセンジャーが快適にバイクに乗れるように装着されている部品も外装に分けられます。ハン

記事を読む

バイクの電装の仕組みや働きのまとめ

昨今の現行モデルの大半はフューエルインジェクションが採用されており、一層に電装の重要度が高まって

記事を読む

モトグッツィ(Motoguzzi) 2013 バイクモデルカタログ

モトグッツィのラインナップは一貫して縦置きV型2気筒エンジンを採用し続けているという大きな特長が

記事を読む

バイクについての基礎知識

バイクのジャンルについて バイクはジャンルによって非常に性質が異なってきます。どのようなところ

記事を読む

ロシアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

ロシアでのバイクですが、土地の広さとは反対に大きなイメージはありません。ただ軍用スタイルモデルを

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップバッグ編

バイクの免許を取得して愛車を購入。さてツーリングだ! と思うも収納力が乏しいバイクではレインコー

記事を読む

バイクの2ストローク・4ストロークエンジンの特徴や行程について

2ストロークエンジン 現在のバイクのエンジンは、4ストロークエンジンがほとんどです。ですが、過

記事を読む

インドのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

さてさて、インドは変わった経由で誕生した二輪メーカーが活躍している国です。というのも、元々は欧州

記事を読む

高価買取期待大のバイク大紹介!

中型アメリカン一番人気 DSC4 DSC4の特徴 エントリークラスながらハーレーサイズのロー

記事を読む

バイクの燃料タンクの詳細

フューエルタンク エンジンを動かすために必要不可欠な燃料(ガソリン)を蓄えているのがフューエル

記事を読む

タイガー ホームベーカリー土鍋焼きの特徴や感想

感動のおいしさ届けるタイガーのGXシリーズから、ホームベーカリーが

アーロンチェアの特徴や感想

背中がメッシュ素材だから、1日中椅子にかけていても、ベタベタ感がな

日本三大鶏>比内鶏、薩摩地鶏、名古屋コーチン

日本にはさまざまなジャンルの三大○○があります。食に関する三大括り

象印 コーヒーメーカー 珈琲通の特徴や感想

コーヒーでなく、珈琲を飲みたいときってありますよね。 日曜日の昼

UCC DRIP PODの特徴や感想

チェリーレッド、カフェブラック、ハニーホワイト。 ポット本体の色

→もっと見る

PAGE TOP ↑