アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ

公開日: : バイク

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ

アプリリアはロードスポーツモデルからスクーターモデルまで幅広いラインナップを見せています。
ロードスポーツモデルではアプリリアの代表的スーパースポーツモデル、「RSV4」シリーズを筆頭に、過激なストリートファイターモデル「Tuono V4 R APRC ABS」、オートマティックトランスミッションを採用する「MANA 850 GT ABS」、ミドルスポーツの「SHIVER 750 ABS」。
原付クラスフルサイズスポーツ「RS4」シリーズなど、大から小までスポーツが充実です。

スクーターラインナップも、ロードスポーツモデル同様にスポーツテイストの強いラインナップです。排気量はなんと850ccという大型スクーター「SRV 850」がフラッグシップとして君臨し、「SR MAX」「SR MOTARD 125」「SR 50 Purejet」といったスポーツマインドの強いスクーターをラインナップ。一方で、イタスクらしいお洒落感の強い「SCARABEO」シリーズも高い人気を獲得しています。

DORSODURO 750

スーパーモタードスタイルを持つスポーツモデル、「DORSODURO 750」。独自のトラスフレームを骨格とし、先進テクノロジーのライド・バイ・ワイヤ電子制御式スロットルを採用したV2エンジンを搭載。さらに走行シーンに合わせて3種類の出力モードも選択可能。大型ビギナーは安心して、ベテランは痛快なアクションを容易に楽しめるという、走りを純粋に楽しめるモデルに仕上がっています。

メインフレームとエンジンはShiver750がベース。排気量750cc水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒ユニットを搭載し、トルク性能に優れる再セッティングが施されています。これにより最高出力はShiver750よりも若干低くなって入るものの、最高トルク発揮回転数は7000rpmから4500rpmまで下げられています。また、インジェクションにはやはりShiver750同様にライド・バイ・ワイヤが採用されています。フレームはShiver750同様のトレリスフレームにアルミ製サイドメンバーの組み合わせ。車体右側にオフセットしたリアショックといった個性的なスタイリングも共通です。

足回りはDORSODURO専用設計。スーパーモタードらしい装備となっています。ブレーキは前後ともにブレーキング性ウェーブローターを装備し、フロントフォーク、スイングアームもモタード用に調整されています。また、ショーワ製フロントフォークには埔里ロード&ダンピングアジャスターが標準装備されています。また、Shiver750と比べて足付き性が向上しており、数値的にはシート高870mmとなっています。

新車税込価格は109万8000円。車体色にはグラムホワイトとコンペティションブラックを用意しています。

MANA 850 GT ABS

オートマティックトランスミッション採用の異色ネイキッドモデル、「MANA 850 GT ABS」。自動遠心クラッチと電子制御式CVTをドライブトレインとして採用する特徴を持ち、フルフェイス収納スペースを確保するといった斬新なアイデアも搭載。ロングツーリングからタウンライドまで快適便利に楽しむことができる大型モデルです。

一見すると普通のロードスポーツモデルなのですが、実はこのモデルオートマチックトランスミッションを採用する先進モデルなのです。クラッチには自動遠心式を、ミッションには電子制御式CVTを採用しています。またオートマチック走行のほか、7速マニュアルトランスミッション走行も選択可能となっています。ギアチェンジは一般的なフットペダル式に加えて手元のスイッチでも可能です。さらにオートマモードでも出力モードを3つから選択が可能となっています。

エンジンはアプリリアらしいV型を採用。排気量は839cc。気筒数は2気筒で、高回転まで気持ちよく回るショートストロークエンジンです。最高出力的には8000rpm時に76.1psとレースモデルに比べると目移りしますが、ストリートでのスポーツライディングでは十分すぎるスペックです。また、優れたユーティリティ面も魅力的で、通常燃料タンクが置かれる場所はメットインスペースとなっており、内部には12V電源ソケットも備わっています。アドベンチャースタイルらしく、快適オートマロングツーリングを楽しめます。

新車税込価格は129万8000円。車体色はグラムホワイトとアイビスレッドを用意しています。

SR MAX 300

低価格性も魅力的なイタリアンモデルらしいスポーツスクーター、「SR MAX 300」。スポーティーな運動性能を備える車体を実現しながらも50万円を切る低プライスを実現。タウンユースでの軽快な移動手段としてはもちろん、高速ツーリングも快適な乗り心地で楽しむことができる、満足度の高いスクーターです。

スタイリングはアプリリアらしいスポーティな走行性能を映し出しているといったデザインそのものです。端正なフロントマスクをはじめ、スポーツライディングを意識したステップポジション、エルゴノミックデザインシート、そしてRSV4と共通したアンダーカウルロゴが取り付けられています。

エンジンは排気量278cc、ショートストローク型水冷4ストロークユニットを搭載。電子制御フューエルインジェクションと組み合わせ、優れた環境性能を発揮するとともに快適かつ頼もしいトルクフルフィーリングを発揮します。

エキサイティングな走りが楽しめるスクーターではあるものの、スーターらしい快適性も注目です。35mm径の油圧式フロントフォークサスペンションとツインショックリアサスペンション、15インチフロントホイールは安定感の高い走行性能を発揮します。またスクリーンは大型を採用することで低速から高速までライダーに当たる走行風をシャットアウト。人体工学に基づいたシートデザインも、ライダーとパッセンジャーともに長距離ライドでの快適性が重視されています。

新車税込価格は49万8000円。車体色はアプリリアブラックとレーシングホワイトを用意しています。なお、車体構成の一部を除いて共通している「SR MAX 125」は新車税込価格42万8000円となっています。

SR MOTARD 125

モタードイメージがデザインに盛り込まれたスポーティな原付二種スクーター、「SR MOTARD 125」。クラスならではのコンパクトサイズにアプリリアらしいアグレッシブなデザインを施し、趣味性とスポーツ心の強いスクーターに仕上がっています。

スタイリングは、アプリリアらしいスポーツマインドの強い尖りのあるシャープなデザインです。また、ブラック、ホワイト、マットオレンジの3カラーそれぞれに与えられたアグレッシブな配色も、スポーティなイメージを強めています。

エンジンにはピアジオ製の空冷リーダーエンジンを搭載。クラッチは自動遠心タイプとし、ミッションはCVTと、定番のスクーターらしい構成です。サスペンションはフロントに油圧式テレスコピックを採用し、リアにはプリロード調整式のモノショックを採用。ブレーキはフロントに220mmディスクと2ピストンキャリパー、リアには140mm径ドラム式を採用しています。全長は1955mm、車両重量は122kgと、原付二種クラス相応のサイズとなっています。モタードらしさをアピールする前後14インチホイールは、このモデルのために専用開発された装備です。

シート下にはスクーターではお馴染みのヘルメットスペースをしっかり確保しており、フルフェイス1個を収納可能の容量となっています、そのほか、レッグシールド内側には小物スペースも確保しており、日常での使い勝手も十分なスクーターに仕上がっています。

新車税込価格は29万8000円。車体色にはブラック、ホワイト、マットオレンジを用意しています。

RS4 125/50

原付クラスながらフルサイズ車体構成が与えられたスーパースポーツモデル、「RS4 125/50」。フラッグシップのRSV4を踏襲したフルカウルスタイリングの骨格にはレース技術を生かした高剛性アルミツインスパーを採用しパワフルな単気筒ユニットを搭載。気軽なクラスながら、本格的にレース走行を楽しむことができます。なお、125ccモデルは4スト、50ccモデルは2ストエンジンを採用しています。

スタイリングからスペックまで上位クラスに引けをとらないレーサーモデルに仕上がっています。まず外装にアプリリアの誇るスーパースポーツモデルのRSV4を踏襲したフェアリングを装備し、豪華なスタイリングを演出。フレームには高剛性アルミタイプを採用し、サスペンションはフロントに41mm倒立フォークを採用。ブレーキはフロントにラジアルマウント4ピストンキャリパー&ステンレスディスクを装備、さらに前後ブレーキホースにはステンメッシュを採用しています。

エンジンは125ccモデルには電子制御インジェクションを採用した水冷4ストローク単気筒ユニットを搭載し、ECU一体型のスロットルボディにはスポーツライディングのために開発したマップを採用しています。50ccモデルでは2ストローク水冷単気筒ユニットを搭載し、燃料供給にはキャブレターを採用しています。なお、エンジン以外の基本車体構成は125ccモデル、50ccモデルともに共通しています。

新車税込価格は50ccモデルが39万8000円、125ccモデルが44万9000円(アリタリアカラーは3万円UP、SBKカラーは5万円UP)。車体色はサニーイエローとマットブラックを用意。125ccモデルではレーシングブラック、レーシングホワイト、アリタリアレーシング、SBKも用意されています。

RSV4 Factory APRC ABS

アプリリアモデル中、最強性能を誇るフラッグシップモデル、RSV4の豪華モデル、「RSV4 Factory APRC ABS」。ハイスペックモデルにオーリンズ製前後サスペンションなど、数々のハイクオリティパーツを追加。最強性能モデルとしての貫禄をさらに高めています。

基本的な車体構成はベースモデルと共通していますが、各部がハイクオリティ化されています。電子制御には可変インテークダクトを採用し、足回りにはオーリンズ製フルアジャスタブルフロントフォークにステアリングダンパー、ショックアブソーバーを採用しています。ちなみにベースモデルではザックス製が採用されています。またホイールは軽量性を高めた鍛造アルミタイプを採用し、前後マッドガードやサイドカバーはカーボン製が装着されています。

なお、アドバンスドABSにライド・バイ・ワイヤ電子制御スロットルをはじめ、モデル最大の特徴ともいえるAPRCはもちろんベース共通です。APRCは「アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール」の略で、電子制御によって緻密なエンジンマネジメントを行うことによりハイパフォーマンス性能を安心して楽しめるようにしているシステムのことです。具体的にはテールスライドを制御するトラクションコントロール、フロントアップを抑えるウイリーコントロール、ホイールスピンを抑えるローンチコントロール、スムーズなシフトアップを可能とするクイックシフトなどのサポートを発揮します。

新車税込価格は223万円。車体色には、ハイスペックをアグレッシブにアピールするフレイムブラックカラーを用意しています。

RSV4 R APRC ABS

スーパースポーツモデルで名高いアプリリアを象徴するフラッグシップモデル、「RSV4 R APRC ABS」。ハイパフォーマンスを発揮するV角65度V型4気筒ユニットを搭載しながらも2気筒ユニット搭載モデル並のスリムな車体も実現。そしてアプリリアが誇る先進システムのAPRCを搭載。痛快な走行性能はもちろん、安全で快適な走りも楽しめるスーパーマシンです。

車両重量はなんとわずか184kg。その軽量な車体にアプリリアならではのスポーツスピリッツが詰め込まれています。水冷65度V型4気筒ユニットは海外仕様では最高出力は180馬力を発揮、トルクは115Nm。ちなみに日本仕様では106hp&96Nmまで押さえられています。また完全電子制御式スロットルのライド・バイ・ワイヤを採用。インジェクターには1気筒あたり2つを装備。またハンドルに備えられたスイッチを操作することで3つのモードを切り替え、エンジンキャラクターを簡単に変化させることもできます。ドライブトレインにはカセット式6速ミッションなどレーストラックを意識した装備、ランニングシステムにはザックス製前後サスペンションにアドバンスドABSも標準装備されています。

そしてモデル最大の特徴といえるのが、アプリリアの誇る先進システム、AOROです。これはトラクションコントロールシステムを主とした電子制御システムを総合したもので、これによりハイパフォーマンスを誇るマシンを安全に楽しむことができるようになっています。

新車税込価格は174万円。車体色にはグラムホワイト、アプリリアブラック、サンリッドイエロー、マットブラックの4色を用意しています。

SCARABEO 200

ベスパと並んで日本ではお洒落なイタリアンスクーターとして人気のシリーズモデル、「SCARABEO 200」。ネオクラシカルなデザインに大口径ホイールによる安定感の走りを融合。スクーターらしいユーティリティも充実。イタリアンスクーターは高価なイメージがある中、40万円を切る低プライスも魅力まモデルです。

スタイリングは女性にも親しみやすい、美しく柔らかいイタリアンスクーターデザインです。そこに素晴らしい快適性が見事に詰め込まれています。ヘッドライトにフロントグリル、シート下サイドデザインなど、柔らかな丸みを基調としたデザインが施されたフォルムが特徴的で、そしてスクーターらしいフラットスペースも女性がスカートを履いたままでも乗れるという、利便性と優雅を兼ね備えたデザインです。また必要に応じて荷物を積載するスペースとしても活躍します。その他にはアルミニウム製キャリアや小型スクリーンなど、ワンポイントアクセントとして映える快適アイテムが標準装備されています。

スカラベオらしい16インチ大口径ホイールもルックス面で大きな個性を発揮すると同時に、優れた走行安定性を発揮してくれます。フロントには260mmディスク&3ピストンキャリパーブレーキを採用し、リアにもディスクブレーキを採用するなど足回りのサポートも充実。さらにリアブレーキをかけるとフロントにも制動が作動するコンビブレーキを搭載することで、安全性を大きく向上させています。

新車税込価格は38万9000円。車体色はフレアホワイト、コチュールブルー、シルクローズ、ラグジュアリーレッドを用意しています。

SCARABEO 250 i.e.

クラシカルなデザインとラージホイールがアクセントのスカラベオシリーズのインジェクション搭載モデル、「SCARABEO 250 i.e.」。シリーズならではの優雅なスタイリングはそのままで、心臓部にはピアジオ製フューエルインジェクションクォーサーエンジンを搭載。ラージホイールならではの高い安定性に加えてスムーズな加速性と燃費性も実現しています。

何より特徴的なのが、前後ラージホイールです。フロントには16インチを採用し、リアには14インチを採用。日本の同排気量クラススクーターと比べると明らかに大きなサイズは、石畳の多い欧州ならではの土地が大きく影響しています。近年の日本でも走破性の高さと、欧州スクーターらしい優雅なスタイリングをうみ出すラージホイールの人気が出てきています。

そしてイタスクならではのネオレトロルックスも魅力です。スカラベオシリーズの特徴でもある丸型ヘッドライトをはじめ、曲線を見事に活かした車体フォルム。メーターには先進的デザインの多機能メーターが装着されている点が、ただのレトロモデルではない印象を高めています。

国産ビッグスクーターと比べると及ばないものの、ユーティリティ面も充実しています。シートシタにはヘルメット1つに加えてグローブなどの小物も収納できるサイズを備え、フロントには収納式フックを装備。またフットスペース中央に給油工があるためにフラットではありませんが、フックを利用して荷物を置くくらいのことは可能です。

新車税込価格は58万9000円、車体色はクラウドシルバー、コチュールブルー、シャインロッソ、アプリリアブラック、ヴェニスホワイトを用意しています。

SHIVER 750 ABS

アプリリアのミドルクラススポーツネイキッド、「SHIVER 750 ABS」。最高出力95psを発揮するハイパワーなV型2気筒ユニットを搭載し、スロットルには電子制御式のライド・バイ・ワイヤを採用。また走行シーンに合わせた3種類の出力マップの選択が可能など、アプリリアならではの先進テクノロジーも惜しげもなく詰められています。

数多く搭載される最新技術の中でも最も特徴的なのが、ライド・バイ・ワイヤと呼ばれるエンジンマネジメントシステムです。ライダーのスロットル操作に応じてコンピューターが最適な開閉度を導き出し、常に最適な出力特性を発揮することができます。また、スロットルオンだけではなくオフ時にも制御を行うことができ、このシステムは市販車としてはこのモデルが世界初です。なお、出力マップには「スポーツ」「ツーリング」「レイン」の状況に応じた3種類のモードが用意されています。

搭載されるエンジンは排気量750cc水冷90度V型2気筒ユニットで、これはアプリリアが設計してピアジオが生産したオリジナルユニットです。ギアとチェーンを併用する独自構造を採用し、最高出力は9000回転時に95psを発揮します。フレームはトレリス構造のスチールメインフレームとある身サイドプレートで構成するモジュール式。軽量かつ高剛性を実現しています。またリアサスペンションはモノショックを車体右側にオフセットしているのが特徴的で、これによりエキゾーストパイプのレイアウトの自由度を高めています。

新車税込価格は99万8000円。車体色はコンペティションブラックとグラムホワイトの2色を用意しています。

SPORTCITY CUBE 250 i.e.

国産軽二輪スクータークラスのビッグサイズとは異なるコンパクト&スリムボディが人気のアプリリアスクーター、「SPORTCITY CUBE 250 i.e.」。ピアジオ製クォーサーFIエンジンをパワーユニットとし、フロントブレーキにはダブルディスクを装着。名前の通り、街中をスポーティに活躍させる走行性能を持ち合わせています。

車体にはシティでスポーティに走るポイントが詰め込まれています。フロントマスクやショートスクリーン、3連アナログメーターなどはいかにもといったスポーツマインドの高いデザインなのですが、フットスペースはフラットとしてスカートを履いた女性でも跨りやすく、また荷物の積載スペースとして活用可能にしている点は、シティでの実用使用を意識した設計と言えます。また、リアシートとフラットなキャリアは、専用トップケースがアタッチメント無しで取り付け可能な仕掛けが施されています。その他、シート下にはジェットヘルメット1つを収納可能、フロントに荷掛けフック&グローブボックスを装備するなど、定番ユーティリティもしっかり備えています。

足回りの高いスポーツ性も見逃せません。イタリアンスクーターらしいラージホイールは前後15インチを装着し、欧州石畳のような凹凸路の走行時であっても優れた安定走行を可能としています。またブレーキにはフロントに250ccスクータークラスとしては珍しいダブルディスクブレーキを装着しています。シティでのメリハリのある走りをしっかりとサポートするという意図が感じられます。

新車税込価格は47万9000円。車体色はブラックライン、グラムホワイト、エスケープグレー、アプリリアブラック、プラネットブルーを用意しています。

SR 50 Purejet

アプリリアの人気原付一種スポーツスクーターモデル、「SR 50 Purejet」。スーパースポーツモデル譲りのエクステリアデザインをコンセプトとした個性的なスタイリングに、2スト単気筒&フューエルインジェクションを組み合わせ。実用性やお洒落なモデルとはまた違った、スポーツマインドの強い原付一種スクーターです。

スタイリングは、独特なボディデザインにアプリリアらしいレーシングスピリッツを意識したカラーグラフィックが特徴的です。ヘッドライトデザインはRSV1000Rを踏襲。メーターパネルにはアナログタコメーターと水温や走行タイム、ラップタイム、最高速度などを表示できる個性的な多機能オンボードコンピューターを搭載しています。その他、アグレッシブなテールやエキゾーストデザイン、エッジの効いたステップなどを装備。実用性を重視した原付一種スクーターとは比べ物にならない個性と完成度です。

エンジンは2ストロークユニットを搭載しながらも、燃料供給にはフューエルインジェクションを採用しています。2ストロークエンジンならではのパワフルな性能に加えて、排ガス内に含まれる不燃物などは約80%削減に成功、燃費はキャブレターモデルと比べて約50%向上、オイル消費量は約60%に抑えられています。

なお、シート下スペースもしっかりと確保されており、フルフェイスヘルメットが1つ収納可能、そのほかフロントには荷掛けフックも備えるなど、原付スクーターらしい定番ユーティリティは充実しています。

新車税込価格は29万8000円(SBKカラーは31万5000円)。車体色はディアブロブラック、アプリリアホワイト、マットオレンジ、フルーオレッド、SBKを用意しています。

SRV 850

アプリリアならではのレーシングスピリッツが息づく大型スーパースクーター、「SRV 850」。排気量850ccをも備えるV型2気筒エンジンを心臓部とし、スーパースポーツ並の機構も惜しげもなく搭載。スクーターの枠にカテゴライズするのが難しいと思えるほどの痛快モデルとなっています。

外観からしてスポーツマインドの強いルックスです。フロントフェイスはアプリリアの代表的スポーツモデル、RSV4と同様の形状を採用し、その他エッジの強いリアテールにレーシー制をアピールするデュアルサイレンサーにメーターパネルを装備。レーシィなルックスながら、スクーターらしくシート下にはフルフェイスヘルメットを搭載可能なスペースもしっかり確保しています。

ルックスだけでなく、もちろん内部もスポーツ。エンジンには水冷V型2気筒ユニットを搭載し、排気量はなんと839ccという、スクーターとしては類を見ない大排気量となっています。またシリンダーには2プラグ&4バルブを採用するなどにより、優れた環境生徒高出力を実現しています。大排気量の発揮するパワーを支えるべく、従来のスクーターと比べてもはるかに安定性を追及したダブルクレードルフレームを採用。そのほか鋳造アルミスイングアームの採用、ブレーキはブレンボ製、7段階でプリロード調整可能な油圧式モノショック&スプリングプリロードアジャスタブルが採用されています。

新車税込価格は106万8000円。車体色はコンペティションブラックとレーシングホワイトを用意しています。

Tuono V4 R APRC ABS

スーパースポーツモデルのRSV4Rをベースとしたスポーツネイキッドモデル、「TUONO V4R APRC」。スーパースポーツ直系のパワフルなエンジンを専用フレームに搭載し、アプリリアの誇る先進パワーマネジメントシステムのAPRCも搭載。イタリア語で「雷」を意味するTUONOという名前に相応しい過激な走行性能とスタイリングを備えるストリートファイターです。

ベースはフルカウルスポーツのRSV4。簡単に言えばカウルを取り除いたのがこのモデルなのですが、各部オリジナル調整と専用品が使用されています。まずフレームはRSV4からホイールベースを15mm延長。キャスター角も1度寝かすことでトレール量が増しています。またエンジンマウント位置は5mmほど下げられたことで低重心化を図っています。総ずると、レース志向の強い車体構成から、ネイキッドらしいストリートに適した構成に変化しています。

エンジンはRSV4と基本は同じものの、カムシャフトは専用品が装着されています。またバルブタイミングやオーバーラップ量もオリジナルの調整が施され、インジェクションマップも専用となっています。なお、ベース同様に電子制御式スロットルのライド・バイ・ワイヤや、3種類の出力マップ選択、トラクションコントロールを主軸とした電子デバイスのAPRCが備わっています。

新車税込価格は149万円。RSV4と比べて25万円ほど価格が抑えられています。車体色は、サンリッドイエローとコンペティションブラックの2色を用意しています。

スポンサーリンク

関連記事

バイク乗りの僕が欲しいけどと悩むパーツや用品

バイクってのはお金のかからない趣味だと思ってライダーデビューした僕(もちろんそれだけが理由じゃな

記事を読む

インドのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

さてさて、インドは変わった経由で誕生した二輪メーカーが活躍している国です。というのも、元々は欧州

記事を読む

バイクについての基礎知識

バイクのジャンルについて バイクはジャンルによって非常に性質が異なってきます。どのようなところ

記事を読む

トライアンフ(TRIUMPH) 2013 バイクモデルカタログ

100年以上もの歴史を誇るモーターサイクルメーカー、トライアンフ。アメリカはハーレーダビッドソン

記事を読む

バイクの盗難対策は大丈夫?後悔しない為の盗難対策をご紹介!

バイクの盗難事件は、いつになってもなくなる気配がありません。私の身近なところでも、原付が盗まれた

記事を読む

トライアンフ(TRIUMPH) 2014 バイクモデルカタログ

トライアンフ公式サイトより転載 クルーザー Thunderbird Commander

記事を読む

ロシアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

ロシアでのバイクですが、土地の広さとは反対に大きなイメージはありません。ただ軍用スタイルモデルを

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:卒業検定

卒業検定について 第二段階のみきわめにて、「確実で円滑な運転操作」、「バランステクニック」、「

記事を読む

バイクの新車購入!絶対に気にしておきたいチェックポイント!

新車は中古車以上に購入した際の喜びが高いものです。実際、自分も大型バイクの新車をはじめて購入した

記事を読む

バイクの走行装置の仕組みや働き

動力発生装置や伝動装置は動力に関わる役割だけを主に担っていましたが、走行装置は様々な役割を持って

記事を読む

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

ツインバード ワイアレスドアスコープモニター ワイアレステレビドアホンの特徴や感想

今の世の中、ピンポンが鳴ったからと言って気軽にドアを開けることはで

→もっと見る

PAGE TOP ↑