カワサキ(KAWASAKI) 2013 バイクモデルカタログ

公開日: : バイク


カワサキの特長は、他の国産4大メーカーとは異なりスクーターのラインナップが無い点でしょう。その分ラインナップ数は控えめにはなっているものの、ロードスポーツモデルは十分に充実したラインナップを見せています。

とりわけ目立つのは昨今何かと注目度の高い軽二輪クラスモデルの充実さです。フルカウルを備えるニンジャ250にストリートファイタースタイルのZ250の2台をはじめ、デュアルバーパスではKLX250にD-トラッカーX、レトロ系ではエストレヤに250TRと、非常に多様なモデルを揃えています。

しかし、逆に中型と大型は物足りなさを感じます。中型にはニンジャ400RにER-4nと2台のみ。他4大メーカーのようにクルーザーがありません。大型はラインナップ4台のみ。カワサキの大型モデルとなると、定番のニンジャやZ系モデルは逆輸入車でのラインナップとなってしまうため、華やかさに欠けます。
ただ、ビッグネイキッドのZRXシリーズにW800といった不変の人気を持つトラディショナルスタイリングモデルは目立っています。

250TR | 軽二輪クラス

軽量スマートな車体によりフリースタイルなライディングを楽しむことが出来るストリートモデル、250TR。ロングストローク型単気筒ならではのトルクフィーリングと、初心者でも扱いやすいパワーフィーリングも魅力的です。

直立したエンジンにシングルフレードルフレームという基本はエストレヤと共通しながらも、外装を軽量にまとめあげることで見た目のスマート感を高め、さらに146kgという軽量スペックも実現しています。

シートには肉厚のタックロール型フラットシートを採用して快適性を確保。アップタイプのハンドルはブリッジが装備されています。ダート走行を意識した長めのサスペンションセッティングにフロントにはアップタイプフェンダーを装着し、タイヤは専用のキャラメルパターンブロックタイヤを装着しています。

直立するエンジンはエストレヤ同様に車体のアイデンティティとなっています。フューエルインジェクションにより安定した始動性を燃料供給を確保し、ロングストローク型エンジンは力強いトルクを発生することで実用域での頼りがいと楽しさを提供してくれます。エキゾーストにはアップタイプのメガホンマフラーを装着。クラシカルの極みを素直に追求したエストレヤとは違い、ダートやストリートに映えるスポーティなイメージを彷彿とさせます。

車両税込価格は41万8000円、車体色はキャンディゴールドスパーク、エボニーの2色をラインナップしています。

D-トラッカー125 | 原付二種

カワサキ原付二種のスタイリッシュ&アクティブスタイルを持つモタードマシン、D-トラッカー125.兄貴分のD-トラッカー譲りのモタードスタイルをしっかりと踏襲し、各部に本格装備が施されています。

原付二種という手軽なサイズでありながらもフルサイズに近い完成度を持っています。ホイールサイズはモタード定番の17インチから14インチへと小径化されてはいるものの、専用設計の軽量コンパクトなフレームを骨格としてフロントには35mm径の剛性の高い倒立フォークを採用し、飛び石などからインナーチューブを守るフォークガードも装着されています。

フューエルタンクは7Lとクラスでは十分な容量を確保。各種センサーにより的確な燃料供給を行うフューエルインジェクションシステム搭載の空冷単気筒エンジンはカタログ調べで53.5km/Lの燃費ということもあり、長距離航続性は非常に高いです。

車両重量は113kgと上位モデルデュアルバーパスと比べれば非常に軽量。シート高も805mmと、兄貴分のD-トラッカーXと比べても55mmも低く抑えています。さらにコンパクト性を生かして痛快なタウンユースに活用させる他、ライディングテクニックや遊び用としても好まれやすいモデルの1つです。原付二種という維持費の安いクラスというのも、遊び用としての選択に大きく貢献しています。

車両税込価格は33万9000円、車体色はライムグリーンとブライトホワイトの2色をラインナップしています。

ER-4n | 中型二輪クラス

ストリートファイター的なアグレッシブスタイリングを持つネイキッドモデル、ER-4n。縦2灯式ヘッドライトを備えるフロントマスクにウインカー内蔵のシュラウド、車体下部に納まるショートサイレンサーなど、独特な個性を発揮するボディに加え、2気筒ならではのトルクフルフィーリングが魅力です。

フロントに際立つ縦2灯式ヘッドライトが特に個性的で、またメーターも縦2段にレイアウトされているのがまた面白いです。上段にはアナログ式スピードメーターを、下段にはデジタル多機能メーターを配置して、タコメーター他、オドメーター、トリップメーター、燃料系、時計を表示します。

その他、ウインカー内蔵のシュラウドを左右に備え、ニンジャ400R同様にサイレンサーを下部に配置することでリアのスマートスタイリングをアピールしています。フラットで自由度の高いシートはソロはもちろんタンデムにも優れ、タンデマーの安心度の高い大型アルミ製クラブバーを装備しています。

フレームやエンジンといった基本構造は同じく中型クラスのニンジャ400Rと共通しており、実用域での優れたトルクと吹け上がりを発揮し、また独特なラインが美しいトレリスフレーム、十分な制動装備によって安心走行を可能としています。また、ニンジャ400R同様にABSモデルもラインナップしています。

車両税込価格は通常モデルが62万9000円、ABSモデルは69万9000円、車体色はともにエボニーのワンカラーをラインナップしています。

エストレヤ | 軽二輪クラス

シンプルながら上質な完成度を誇るレトロモデル、エストレヤ。直立した単気筒エンジンにシングルクレードルフレームを骨格に、そして美しい外装を纏った車体は見た目に美しいだけでなく、小柄で扱いやすさにも優れます。

単気筒エンジンを採用するレトロモデルは数あるものの、直立スタイルという堂々とした姿はエストレヤならではのものです。エキゾーストはレトロなキャブトン型です。環境規制に対応すべくフューエルインジェクション化を果たすことでより優れた安定性と始動性を確保、さらにボア66mm×ストローク73mmというロングストローク型あらではのトルクフィーリングも発揮します。

外装はレトロモデルらしく基本に忠実なまとまりをしています。シンプルなエンジンと骨格を過剰に飾ることが無いものの、前後ワイヤースポークホイールにクロームメッキフェンダー、ボリューム感のある容量13Lフューエルタンク、スチール製サイドカバーにトラディショナルなレンズカットヘッドライト、その上には丸型2眼メーターを装着。スリムで小型なスタイリングながら、シートはライダー側のみならずタンデムライダーのホールド性もしっかりと確保したツーシートを採用。シート高735mmという低さ、車両重量160kgというスペックは、女性のような小柄なライダーにも人気の所以となっています。

車両税込価格は51万8000円、車体色はパールスターダストホワイト、キャンディミスティックブルーの2色をラインナップしています。

KLX125 | 原付二種

フルサイズに引けをとらないカワサキ原付二種デュアルバーパス、KLX125。軽量コンパクトで扱いやすい上に維持費メリットの大きいモデルです。マニュアル操作を駆使して痛快に街中を楽しむのはもちろん、オフロードへの進入も存分に味あわせてくれます。

各種センサーによって的確な燃料供給を可能とするフューエルインジェクション搭載のシンプルな空冷単気筒に5速マニュアルトランスミッション、軽量コンパクトを追求したスチール製ぺリメターフレームなどは同クラスのD-トラッカー125と共通です。

兄貴分の軽二輪モデルを踏襲したデュアルバーパススタイルは全体的に1サイズダウンというイメージです。フロントは19インチホイールを採用し、リアは16インチサイズ。フロントフォークはKLX250が倒立式であったのに対し、35mm正立式となっています。しかし、前後ホイールにはしっかりとブロックタイヤを装着し、飛び石などからインナーチューブを保護するフォークブーツを装着、自由度の高いフラットシートなど、オフロードに挑戦するに必要なスペックは十分に備えています。

車体価格を抑えつつも各部にまでこだわりを求めているのもポイントです。D-トラッカー125同様に燃料容量は7Lを確保し、優れた燃費性能と相まって長距離航続を実現しています。ヘッドライトには35W型マルチリフレクターを作用、デジタルメーターにはスピード&タコの他、オドにトリップ、燃料警告灯、実用に役立つ時計なども装備されています。

車両税込価格は35万9000円、車体色はライムグリーンとエボニーの2色をラインナップしています。

ニンジャ250 | 軽二輪クラス

クラスを超えたインパクトを放つフルカウルスポーツモデル、ニンジャ250。新しく生まれ変わったデザインはよりアグレッシブにニンジャを主張し、エンジンは扱いやすさから積極性にまで優れる水冷並列2気筒を搭載。また、ルックスパフォーマンス以外にもツーリング性能の高い快適面も特徴的です。

ツアラー的雰囲気が強かった前モデルと比べて、シャープ感が増したデザインが特徴的です。厳ついマルチリフレクターヘッドライトがフロントに構え、ウインドスクリーンは低く構えることで十分な空力を発揮しつつフロントのスマートさを演出しています。細かい点ではウインカーやフェンダー、異形断面形状サイレンサーといった各部までシャープなイメージが追及されています。

ルックスでは非常にスポーツ感が強いものの、軽二輪サイズというコンパクト軽量ボディは非常に扱いやすく、さらに高さと幅を調整されたセパレートハンドル、幅を絞ることで足つき性を高めているシートと相まって快適なライディングポジションとなっています。パッセンジャーの快適性や荷物の積載性にも優れるタンデムシート形状、テールカウル部の似掛けフックなど、ツーリングを快適に楽しむための趣向もしっかりと考えられています。

車両税込価格は通常モデルが53万8000円、エボニーとパールスターダストホワイトの2色。スペシャルエディションモデルは55万3000円、ライムグリーン×エボニーの1色。ABSモデルは60万3000円でメタリックムーンダストグレー×エボニーとパッションレッド×パールスターダストホワイトの2色をラインナップ。

ニンジャ250R | 軽二輪クラス

2013年より発売が開始された新型ニンジャ250の初代モデル、ニンジャ250R。表記の違いとして、初代では車両名の後ろにRが付いています。フルカウルを備える本格軽二輪スポーツモデルとして人気を獲得。アグレッシブなカウルスタイルでありながら快適なツアラーとして高い評価も獲得しています。

現在の日本は様々な軽二輪ロードモデルが人気の的を得るという一大軽二輪ブームが巻き起こっていますが、その火付け役となったと言っても過言ではないモデルが、このニンジャ250Rでした。

フルカウルを備えたルックスはもちろん、搭載される水冷DOHC並列2気筒エンジンならではの低中速域でのトルクフル性に高回転域までスムーズに吹け上がるフィーリングも気持ちよさと頼もしさを発揮します。

そして、人間工学設計により誕生したシート、ハンドル、各種スイッチ類の配置にメーターの視認性などあらゆる面から快適性を追求したことにより生まれた親しみやすさも、大きな魅力です。また、タンデムシート下に車載工具やETCユニットの搭載、U字ロックの収納といった細やかなユーティリティ面もしっかり確保されているのが嬉しいところです。

車両税込価格は通常モデルが53万3000円、ライムグリーンとパッションレッドの2色。限定色モデルが54万3000円、メタリックスパークブラックの1色。スペシャルエディションモデルでは55万3000円、キャンディバーントオレンジ×メタリックスパークブラックの1色をラインナップ。

ニンジャ400R | 中型二輪クラス

排気量400ccクラスでは珍しいフルカウリングを装着したスポーツモデル、ニンジャ400R。快適性にも優れるカウルに加え、並列2気筒ならではのトルクフィーリングが魅力です。通常モデルに加えABSモデル、さらに特別グラフィックを採用するスペシャルエディションモデルも同時ラインナップしています。

デュアルヘッドライトを備えるフロントカウルは高めのウインドスクリーンを装着し、スポーツイメージの強いアグレッシブなルックスながらツアラー的な快適要素も秘めています。アップライトなハンドルに自由度の高いシートはタンデムライダー部までしっかりと肉厚を持たせ、大型クラブバーも装着しています。

エンジンは水冷並列2気筒ユニットを搭載し、ツインならではのトルク性により実用域での安定感ある走行を可能とし、コンパクトなエンジンサイズによりスリムな車体ルックスにも貢献しています。サイレンサーは車体下部に配置させることであえて主張を抑えてスマートなイメージに、性能的にはマスの集中化、低重心に貢献しています。

フレームは高張力鋼菅トレリレスフレームを採用することで優れた剛性を発揮、外観的にはサスペンションからスイングアームまでのラインが特徴的です。ブレーキはフロントに外径300mmダブル、リアには外径220mmのシングルを採用。十分な制動力を備え、さらにABSモデルを選択することで安全性はさらに高めることが可能です。

車両税込価格は通常モデルが64万9000円、キャンディライムグリーンとキャンディプラズマブルーの2色。ABSモデルでは71万9000円、キャンディライムグリーンの1色。スペシャルエディションは66万9000円、メタリックムーンダストグレー×パールスターダストホワイトをラインナップしています。

バルカン900クラシック | 大型二輪クラス

懐古主義スタイルの完成度が自慢のカワサキが手がけるクルーザーモデル、バルカン900クラシック。タンク上部からスイングアームへと流れるバルカンラインと呼ばれる骨格にV型2気筒ユニット、豪華なクラシック装備を完成したその姿は堂々と美しく、また高い快適走行性と鼓動感を楽しむことができます。

バルカンならではの美しいフレーム&スイングアームに備わる20Lの大容量フューエルタンク。中心にはクロームメッキが美しく輝くメーターパネルを装備。このタンクオンメーターの恩恵によりハンドル部はすっきりとさせることができ、大口径クラシックヘッドライトの存在感を高めると同時にライダーの視界を広げることにも貢献しています。

ホイールはクラシック定番のワイヤースポークを採用し、リアは180mmのワイドタイヤを装着。フェンダーもタイヤに深く被さるディープタイプを選択と教科書通りです。足元にはフットボードを装着。豪華な鞍型シートとワイドなアップハンドルと相まって快適なライディングポジションを実現しています。

搭載されるエンジンはリッター以下クラスの排気量902ccを備える水冷V型2気筒ユニット。V型ならではの鼓動フィーリングが魅力なのはもちろん、ブラックパウダーコートとクロームメッキ、フィンエッジのポリッシュのコントラストが見るものを魅了する美しさを放っています。吸気にはデュアルスロットルバルブ搭載のフューエルインジェクション、エキゾーストには独立型2本出しスラッシュカットマフラーを装着しています。

車両税込価格は86万9000円。車体色はパールメテオグレー×ポーラホワイトの1色をラインナップしています。

W800 | 大型二輪クラス

英国車風レトロテイストモデルとして名高いカワサキWシリーズ。その現行モデルとしてラインナップされているのが、W800です。Wシリーズならではの直立バーチカルツインエンジンを素朴なダブルクレードルフレームに搭載、前後にはワイヤースポーク大口径ホイール、そして各部上質感を高める装備を加えることでレトロルックスを見事に再現しています。

そのルックスの完成度は余計な小細工ではなく、シンプルさと各部の上質感を高めることで実現しています。フレームにエンジン、ホイールといった装備は全て基本に忠実といったデザインとし、マフラーもオーソドックスなキャブトン型、フェンダーも往年のスタイルに習うクロームメッキフェンダー、メーターもクラシックな二眼アナログタイプとしています。

伝統スタイルに忠実なスタイリングゆえ、そのライディングポジションはフレンドリー。人間工学によって更に突き詰められたハンドル位置にシート形状。これらはライディングの快適さだけでなく、ライダーが跨って走る姿の美しさにも大きく貢献しています。

エンジンは性能から外観まで美しさが際立つ直立型バーチカルツイン。時代の流れや始動性に安定性の向上の為フューエルインジェクションこそ採用していますが、空冷を当然のように選択。クロームメッキが輝くエキゾーストパイプからキャブトン型左右出しマフラーは低中速域での性能向上に務め、ならではの心地よいサウンドも奏でます。

車両税込価格は通常モデルで85万円、車体色はエボニーとメタリックマグネシウムグレーの2色をラインナップ。スペシャルエディションモデルでは価格が88万円、車体色はキャンディカーディナルレッドの1色をラインナップ。

Z250 | 軽二輪クラス

2013年に登場し、カワサキラインナップのみならず軽二輪クラスの盛り上がりに大きく貢献した期待のニューフェイス、Z250。Zの名に相応しいストリートファイタールックスに加えて、ニンジャ250譲りの基本設計による優れたパフォーマンス。低プライスという魅力も備えて文句の付け所がありません。

堂々としたスタイリングはまさしくZ。異形ヘッドライトにエッジの強いシュラウドからアンダーカウル、そしてリアテール。異形断面形状マフラーも存在感を存分に発揮しています。実際に跨ってみればコンパクトなものの、堂々としたインパクトは大型モデルのZシリーズに決して引けをとらないものがあります。

エンジンは同クラスの新型ニンジャ250Rと共通で水冷並列2気筒ユニットを搭載。排気量248ccを備え、実用域でのトルクフルから高回転域での吹け上がりを発揮。軽快さを生かして街中を駆け回ることから、積極的なスポーツライディングまで痛快に楽しむことが出来ます。

骨格はダイヤモンドフレームとし、サスペンションにはフロントに正立37mm径テレスコピック、リアにはリンク式ユニトラックを採用、優れた安定性とショック吸収性能を発揮します。ブレーキは前後ともにシングルタイプを採用。フロントには290mm大口径を採用し、自然かつ安定感のある制動力を発揮しています。

車両税込価格は48万8000円、車体色はフラットエボニー、パールスターダストホワイトの2色をラインナップしています。

ZRX1200DAEG | 大型二輪クラス

ネイキッド定番の水冷並列4気筒ユニットをトラディショナルなダブルクレードルフレームに搭載したカワサキビッグネイキッド、ZRX1200DAEG。リッターオーバーならではの頼りがいのある性能を思い通りに操り、一体感を感じさせてくれるマシンです。

定番ビッグネイキッドのデザインながら無骨と表現できる男らしさを感じる車体はいかにもカワサキといったイデタチです。フロントには個性の要になっているビキニカウルを装着しています。主要部位のレイアウトは伝統的ネイキッドスタイルですが、ヘッドライトにはマルチリフレクター、ウインカーレンズにはクリアが採用され、テールランプにはLEDを採用するなど、灯火類には現代的な選択です。

エンジンは水冷並列4気筒ユニットを搭載し、オートファストアイドル機構により優れた安定性と始動性を発揮するフューエルインジェクションを採用。ZRX1200Rベースのラジエターは軽量化を量りながらも冷却性能を向上、さらに送風量を増加させることでファン稼働時間を短縮、これにより静寂製の工場も獲得しています。エキゾーストは4-2-1と集合して右後方の極太径サイレンサーへ。O2センサー、触媒といった環境装備を備えつつもビッグネイキッドならではの太く心地よいサウンドを奏でます。

ミッションには6速トランスミッションを採用し、ギア比のクロス化によりショックの少ないスムーズなシフトフィーリングを実現しています。フレームにはトラディショナルスタイルながら旋回性に取り回し、ハンドリングに優れており、高級感の高いゴールドアルマイト仕上げのハンドルバーのセッティングも相まって親しみあるライディングポジションを実現しています。

車両税込価格は114万円。車体色はメタリックスパークブラック、キャンディインペリアルブルーの2色が用意されています。

ZRX1200DAEG 40AVE | 大型二輪クラス

カワサキリッターネイキッドのZRX1200DAEG。このモデルをベースとして、カワサキZ生誕40周年記念の特別装備が施されたモデルが、ZRX1200 DAEG 40AVEです。

ベースモデルと比べての変更点は、まずカワサキイメージを主張するゴールデンブレイズドグリーンが各種外装に採用されています。さらに、メーターパネルにはZ生誕40周年記念特別エンブレムを採用しています。その他にも、前後ホイール&ブレーキキャリパーのゴールド塗装、フロントフォークアウターやスイングアームのファントムシルバー塗装など、要所に上質カラーを採用しています。

また、外観の変更だけでなく、リアショックには専用設計が施されたオーリンズ社製が採用されています。圧側20段階、伸側30段階の調整機能、さらに車高調整機能を装備、リザーバタンクは大容量ビッグボアサイズとし、さらにコンプレッションアジャスターにゴールド色を採用して特別感を高められています。

シートも上質化されており、特別仕様のタックロール型を採用しています。また、シート高はベースモデルと比べて5mm低く設定されており、790mmとなっているのも特徴です。特別カラーにサスペンション、シートの変更点の他は、ベースモデルと共通しています。

車両税込価格は124万円。車体色は特別カラーのゴールデンブレイズドグリーンのワンカラーのみ。なお、こちらのモデルは300台限定となっております。

スポンサーリンク

関連記事

ツーリング情報 カフェ・ルート66 ROY’s cafe(茨城県古河市)

ライダーの集まるカフェ 「この辺ってバイクで集まれるような店が無いから面白くないからなぁ…… 

記事を読む

バイクの燃料タンクの詳細

フューエルタンク エンジンを動かすために必要不可欠な燃料(ガソリン)を蓄えているのがフューエル

記事を読む

イタリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イタリアを代表するメーカーを挙げるのはあまりにも多いため難しいですが、ラインナップの幅を見るとア

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:二輪教習体験談

念願の二輪免許取得!(男性17歳時取得) 中学生の時にバイクに興味を持って、高校生となり免許取

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップボックス編

バイクの収納力は乏しいものです。ビッグスクーターのように収納力抜群モデルやツアラーモデルは別とし

記事を読む

カワサキ輸出車(逆輸入車) [ブライト取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

カワサキ逆輸入車は、株式会社ブライトが取扱いを行っています。国産ラインナップではZRX1200が

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップバッグ編

バイクの免許を取得して愛車を購入。さてツーリングだ! と思うも収納力が乏しいバイクではレインコー

記事を読む

日本のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

日本のバイクメーカーの筆頭は四大メーカーと称される、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ。ですがそれ

記事を読む

フランスのバイクメーカーの歴史や特徴のまと

フランスのバイクメーカーのイメージは普通と違っており、というのもモペットというジャンルの車両が日本で

記事を読む

ツーリング 情報 栃木県栃木市 太平山(おおひらさん)

関東平野を一望できる栃木の小山 山というにはやや控えめの小山。栃木県は栃木市にある太平山だ。小

記事を読む

薬剤師の勤務先・・・特徴や内容のまとめ

こちらでは、薬剤師の勤務先について特徴やその仕事内容などについてま

ツインバード ミラーデザインシリーズの特徴や感想

ツインバードから、よりお部屋のインテリアにマッチして、なおなお上品

ツインバード フローズンスィーツメーカー『LULUNA』の特徴や感想

ツインバードから、ゆったりとした夜を味わう新ブランド『LULUNA

ツインバード ジェットサイクロン フキトリッシュNEOの特徴や感想

掃除機で、たぶんゴミは吸い取りきれているけど、足の裏がなんかベタつ

ミヨシ石鹸 素足キレイ泡せっけんの特徴や感想

シトラスミントのニオイが、足の指先からスキッとさせるいい感じです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑