カワサキ輸出車(逆輸入車) [ブライト取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

公開日: : バイク


カワサキ逆輸入車は、株式会社ブライトが取扱いを行っています。国産ラインナップではZRX1200がトップモデルとして君臨していますが、大型クラスは正直寂しさが否めません。国産カワサキの中心は、いまやZ250やニンジャ250が彩る軽二輪クラスが中心となっています。そんなカワサキの大型の“穴”を、逆輸入車が見事に埋めているといえますね。

カワサキといえばニンジャ! ところが国産ラインナップでは400ccモデルと250ccモデルしかありません。アグレッシブな“Ninja”の大半は、逆輸入としてラインナップされているのです。排気量1400ccを備えるNinja ZX-14Rを筆頭に、1000ccモデルやミドルクラスNinjaも充実。大きな“Ninja”が欲しい方は、逆輸入車ラインナップを観てみましょう。もちろん、その他モデルも魅力たっぷりです。

1400GTR

カワサキメガスポーツのZZR1400がベースのメガツアラーモデル、1400GTR。ZZR1400ベースのフレームとエンジンを採用し、カテゴリ初となる可変バルブタイミングシステムの搭載に加えてツアラーならではの快適性も充実。大陸横断スピードツアラーと呼ぶに相応しいモデルです。

1400ccクラスのパワーユニットはZZR1400の並列4気筒ユニットがベース。圧縮比やスロットルボディの調整により最高出力こそZZR1400と比べてダウンしているものの、中低速といった実用域は逆に強化され、ツアラーらしい快適な出力特性となっています。また、ZZR1400には備わっていなかった可変バルブタイミング機構、スーパースポーツモデル同様のラムエアシステム、安定走行をサポートするKTRCなどが搭載されています。

ランニングシステムもZZR1400譲りでメガパワーを十分に支えるスペックとなっています。骨格には高剛性アルミモノコックフレームとし、リア周りはシャフトドライブ化されるといった変更点も見られます。フロントにはラジアルマウントキャリパーを採用して強力なブレーキ性能を発揮、サスペンションには伸側減衰力とプリロード調整機構倒立43mm径フォークを採用。また、通常ABSに前後連動ブレーキングシステムを加えたK-ACT ABSも搭載。なおK-ACT ABSは、ハイコンバインモードとスタンダードモードが選択可能な上、状況に応じて連動機能がオフになるといった配慮もされています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は168万円です。2013年カラーにはメタリックスパークブラックをラインナップしています。

ER-6n

排気量650ccクラスのカワサキミドルツインネイキッド、ER-6n。シンプルながらエッジの効いたデザインやミッドシップサイレンサーが映えるストリートファイタールック。エンジンには実用域でのトルクフィーリングに優れるパラレルツインを搭載。サイズ性能共にフレンドリーなミドルモデルです。

ネイキッドバイクならではの美しさを追求してデザインが施されたというだけはあり、非常にまとまりの良い印象のストリートファイタールックスです。特徴的なのはカワサキ650ミドルモデル共通のオフセットレイダウンリヤサスペンションで構成されたシャシー。そしてフロントに備わる二段構造ヘッドライト。フロントを屈強アピールするフォークカバーもアクセントとなっています。車体下部のエッジの効いたアンダーカウルと、ミッドシップサイレンサーも静かに個性を放っています。

エンジンには排気量649ccパラレルツインを採用。インラインフォーとは違ったフィーリングとトルクフル性が魅力的です。シャシーには高張力鋼管を使用したダブルパイプフレームを骨格とし、スイングアームもパイプデザインが施されています。車体外観をシンプルに演出しながらも個性を大いに発揮しています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、79万8000円です。車体色は、キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラックとファイアクラッカーレッド×メタリックフラットスパークブラックをラインナップしています。

KSR 110

本格的なスーパーモタードスタイリングを備える原付二種ミニモデル、KSR110。クラスならではのコンパクトボディサイズでありながらも、倒立フロントフォークに前後ディスクブレーキを搭載し、ハイスペックをアピール。ちょっとしたタウンライドから遊び目的まで幅広く楽しませてくれます。なお、自動遠心式クラッチの採用により、AT限定免許でも乗車が可能となっています。

ミニモデルならではのコンパクトサイズで、全長は僅か1725mm。その小柄なボディとは裏腹に、エッジの効いたフロントマスクにシュラウド&サイドカバー、フォークカバーを備える倒立フロントフォークを採用するなど、ミニモデルとは思えない本格装備が備わっています。コンパクトな車体ながら容量7.3リットルものフューエルタンクを装備している点は実用的に嬉しいポイントです。フューエルタンクやシュラウドはニーグリップが行いやすい形状となっている点も、楽しみやすさを大いに高めています。

そしてこのモデルの特長は、クラッチ不要の自動遠心クラッチを採用している点です。そのためAT限定免許でもギアチェンジを伴うスポーツ走行を楽しむことができます。もちろんMT免許所持者であっても、容易な操作性を大いに楽しむことができるモデルです。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、28万8000円です。車体色はライムグリーン、ファンキーピンク、ブライトホワイトをラインナップしています。

Ninja 650

アグレッシブなニンジャフルカウルスタイリングを備えるミドルスポーツ、Ninja650。トルクフルなパラレルツインを心臓とすることで、扱いやすい車格と性能を実現。性能を無理なく引き出して走ることが楽しめ、ソロからタンデムまで快適なツーリングにも活躍。あらゆる場面にて気軽に楽しむことができるニンジャモデルです。

アグレッシブなデュアルヘッドライトを備えるニンジャらしいフルカウルはミドルクラスとはいえ、デザイン性の高さのみならず風洞実験による優れたウインドディフレクション効果を発揮します。ウインドスクリーンはボルト式の3ポジションアジャスト式を採用し、最大60mmの高さ調整が行えます。

エンジンはスリムなパラレルツインを搭載。排気量は649cc。180度クランクを採用することで低中回転域では心地よいパルス感を楽しむことができ、またスロットルを大きく開けば高回転までスムーズに吹けあがります。なお、バランサーを装備することで不快な振動をカットし、心地よい振動のみが味わえます。フレームは独特なダブルパイプペリメタースタイルフレームを採用し、スイングアームにもダブルパイプ型を採用。リアサスペンションにはオフセット・レイダウン・シングルショック。カワサキミドルクラス特有のシャシースタイルもまた魅力の1つです。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、81万9000円です。車体色は、キャンディライムグリーンとパールスターダストホワイトをラインナップしています。

Ninja 1000

Z1000をベースにフルカウルを装着させた、ブランニュースポーツモデル、Ninja 1000。ツーリングもできるスーパースポーツというコンセプト通り、痛快な運動性に実用的な機能が見事に備わり、親しみやすいモデルに仕上がっています。なお、安全性を高めたABS搭載モデルも用意されています。

カワサキ、そしてニンジャらしいとひと目で分かるアグレッシブなフルカウルデザイン。サイドフェアリングには走行風をマネージメントするスラットスタイルデザインを採用し、サイドボリュームはスリムな印象としつつも形状を工夫することでエンジン熱がライダーに与える影響も低減しています。リアはコンパクトかつスリムに押さえることでスタイリッシュ性を演出。マフラーは主張を抑えたショートタイプを採用。スマートなリア周りとしつつマスの集中にも貢献しています。

排気量1043cc水冷並列4気筒ユニットを搭載し、セッティングは常用回転域を重視。ギアレシオもスポーツ走行からツーリングまでマルチにこなせるギア比に設定されています。シャシーは高剛性アルミニウムフレームを骨格とし、高度なマスの集中化により痛快な走行性と安定性を実現、足回りはスーパースポーツ並の充実が図られています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、通常モデルが123万9000円、ABSモデルが130万2000円です。車体色はキャンディライムグリーン×メタリックスパークブラックとパールスターダストホワイト×メタリックスパークブラックをラインナップしています。

Ninja ZX-6R

2013年モデルより排気量を636ccへと拡大して生まれ変わったカワサキミドルスポーツ、Ninja ZX-6R。排気量だけでなく最新鋭テクノロジーを惜しげもなく搭載し、総合的な性能アップを果たしています。サーキットでの痛快性はもちろん、ストリートでも存分に楽しむことができるマシンへと進化しています。

アグレッシブな新作フェアリングデザインはルックスの向上のみならず放熱性も高めることに成功。また、ブラックパーツを多用することでボディサイズをスリムに見せるといった工夫も凝らされています。ヘッドライトはプロジェクターランプを採用、フロントウインカーはカウルに埋め込むことでシャープ感を増しています。足つき性を向上すべく、シートは前部が狭められています。

エンジンは2013年モデルより排気量を636ccへと拡大。これにより全回転域での性能向上を果たしています。特に低中回転域のトルクが強化されています。また、排気量拡大に伴い、吸排気ポート、カムシャフト、ピストン、コンロッドといった各部にまで変更が行われている他、吸気面ではエアクリーナーボックスの容量拡大も行われています。また、2013年より次世代のフロントフォークSFF-BPを搭載、フロントブレーキにはものブロックキャリパーを新たに採用するなど、排気量アップ以外の面でも大幅な強化が行われています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、124万6000円です。車体色はライムグリーン×メタリックスパークブラックをラインナップしています。

Ninja ZX-10

サーキットでの最速パフォーマンスを追求するリッタークラススーパースポーツモデル、Ninja ZX-10。数々の先進テクノロジーを搭載し、2013年モデルではオーリンズとカワサキ共同開発による電子制御ステアリングダンパーも新たに搭載。サーキットパフォーマンスを極め続けるアグレッシブモデルです。安全性を高めた超高精度ABS搭載モデルも同時ラインナップしています。

一切の無駄を感じさせない風を切るスタイリングはまさにサーキットで活躍するモデルらしい姿です。エンジンもスタイリング通り強力なユニットが搭載。コーナー進入から立ち上がりの全開使用での特性に細心の注意を払った開発が行われた排気量998cc水冷並列4気筒ユニットに仕上がっています。スロットルボディには47mm大径メインバルブを採用して出力と操作性を向上、アイドル自動調整ISC、セカンダリーフューエルインジェクターなどを搭載しています。

先進のトラクションコントロール機構にも注目。S-KTRC を搭載。3つのモードとオフを選択することであらゆる路面状況や走行スタイルに合わせることができます。また、2013年モデルより、オーリンズとカワサキの共同開発による電子制御ステアリングダンパーも搭載。適切な減水力コントロールを行い、コーナー進入や急激な加減速時に高い安全性を発揮します。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、通常モデルが162万6000円、ABSモデルが173万1000円です。車体色はライムグリーン×メタリックスパークブラックとパールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック(ABSのみ)をラインナップしています。

Ninja ZX-14R

カワサキフラッグシップメガスポーツ、Ninja ZX-14R。圧倒的なパワーと運動性能に加えて、トラクションコントロールシステムといった先進技術も搭載し、さらに快適なツーリング性も備えるという、究極のメガモデルに仕上がっています。通常カラーモデルに加えて特別カラーを施したSPモデル、またABS装着モデルも用意されています。

フロントカウルには4眼タイプのプロジェクターヘッドライトを備え、リアにはボリューム感あるテールカウルに五角形デザインが施された極太デュアルサイレンサーを装着。排気量1400ccクラスに相応しいインパクトの強いボリューム感となっています。スポーツタイプながら、前後肉厚が十分なダブルシートを装着し、クラブバーも標準装備。1400GTSほどではありませんが、ツアラー要素もバッチリ詰め込まれています。

搭載されるエンジンは排気量1441ccを誇る並列4気筒ユニット。全回転域にて強烈なトルクを発生。快適なクルージングから怒涛の加速フィーリングも楽しむことができます。カワサキ最新機構のKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール)を搭載している点にも注目です。3つのモードを使い分けることで、あらゆる場面での安定性を実現しています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、SPカラーモデルが158万8000円(通常)と165万4000円(ABS)、スタンダートカラーモデルは、156万4000円(通常)と163万2000円(ABS)で車体色はSPカラーモデルがメタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーンカラー、スタンダートカラーモデルにはメタリックミッドナイトサファイアブルーとパールスターダストホワイトをラインナップしています。

Versys

Ninja650やER-6nと並ぶカワサキ650シリーズの末弟、Versys。コンパクトで実用域でのフィーリングに優れるパラレルツインをユニットとし、スタイリングにはロングストロークサスペンションに前後17インチホイールを装着。欧州の道路状況を考慮したアドベンチャー系ロードスポーツスタイリングに仕上がっています。

軽快感溢れるVersysの最も特徴的なデザインは、フロントに備わる異型縦2眼ヘッドライト。ひと目でモデルが分かる特長を放つうえ、十分な光量も確保して安全性も高めています。ライト上部にはツーリング性向上には欠かせないウインドスクリーンがそびえています。肉厚のシートは体重移動を考慮しつつも肉厚で前後とも快適な居住空間を提供。マフラーを車体中央下部に収めている点も個性的で、低重心化にも大きく貢献しています。

エンジンは兄弟モデルであるER-6n同様の排気量649ccパラレルツインを搭載。兄貴分がZ1000譲りのインラインフォ-を搭載したハイスペックモデルであるのに対し、こちらは良い意味で扱いやすいフィーリングが観直となっています。シャシーは鋼菅トレリスフレームを骨格とし、前後にロングストロークサスペンションを装着。前後ホイールは17インチを採用。オンロードで出会う様々な悪路を快適に走るセッティングとなっています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、88万2000円です。車体色は、キャンディサンダーブルー×メタリックスパークブラックをラインナップしています。

Versys 1000

オールマイティな走破性を備えるカワサキストリートサーファー、Versys 1000。ダイナミックなサスペンションを備えるアクティブスタイリングに搭載されるエンジンはZ1000譲りのハイスペックユニット。さらにKTRCといった先進システムも搭載。欧州で大活躍する人気のアドベンチャーモデルです。

フロントカウルとサイドフェアリング、そして無断会長性可能なアジャスタブルウインドスクリーンが高い防風性を発揮。シートは厚みを持たせてクッション性をもたせ、表皮にフィット感の高い材質を採用し、ホールド性を高めるために前後シートを段付き形状としています。フレームには高強度スチールフレームを採用し、多積載やペアライドにも十分対応。フューエルタンクは容量21リットル大容量とし、キャリアの標準装備やシート下収納スペースを確保するなど、快適ロングラン性が車体に詰め込まれています。

エンジンはZ1000譲りの排気量1043cc並列4気筒ユニットを搭載。最高出力ほど引き下げられているものの、低中回転域でのトルク性が強化されています。さらに新世代トラクションコントロールシステムの3モードKTRCを搭載して優れたトラクション性を獲得しているほか、世界最小最軽量の高精度ABSユニットを採用。優れたパフォーマンスに加えて優れた安全性も魅力的なモデルに仕上がっています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、129万8000円です。車体色は、キャンディバーントオレンジ×エボニーをラインナップしています。

Z800

2013年より新たにラインナップに加わったミドルストリートファイター、Z800。Z750をベースに排気量を拡大し、シャシー性能も向上。そして生まれ変わったスタイリング。全面的に魅力アップを果たしていながらも、生産拠点をタイとすることでコストダウンにも成功しています。

アグレッシブをテーマにデザイナーの自由な発想により完成したスタイリングは、生き物のような躍動感を持つデザインを実現しています。Zらしい睨みつけるようなフロントフェイスは相変わらずで、精悍な表情を醸し出しています。捕食する肉食動物をイメージしたシュラウドとアンダーカウルを装備。リアテールはシャープにまとめられ、LEDテールライトを採用。フロントシートにはZパターンを施すなど、随所に拘りが見られます。

エンジンはZ750のユニットをベースに排気量を拡大。全回転域での性能向上。特に実用域での向上が素晴らしく、より親しみやすい走りを実現しています。また、ファイナルギヤのショート化により加速力も強化されています。シャシーは高いスポーツ性を意識しつつも、ビギナーに優しい親しみやすさも追求。路面追従性を向上することで、出力アップのみならず安心して走りやすくも進化しています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、88万円です。車体色は、フラットエボニー×メタリックスパークブラッとパールスターダストホワイト×メタリックスパークブラックをラインナップしています。

Z1000

アグレッシブなスタイリング&パフォーマンスが追及されたカワサキストリートファイター、Z1000。刺激的なスタイリングの心臓にはスーパースポーツ譲りのパワーユニットを搭載。ジャパンメーカーが手がけるストリートファイターモデルの代表格的存在のモデルです。

スタイリングはこれぞZと言わんばかりのアグレッシブ。エッジの効いたフロントマスクにはラインビームヘッドライトを搭載。その他、シュラウドやアンダーカウル、リアテール、Zならではの4本出しショートサイレンサーなど、全てがスピード感とエネルギーに溢れるデザインとなっています。車両重量やシート高も極力親しみやすいスペックに抑えている点もポイントです。特に車両重量は弟分のZ800よりも11kg低く抑えています。

エンジンには並列4気筒ユニットを搭載し、レッドゾーンまで吹け上がる刺激的特性を実現。また2次バランサーシャフトの採用によりエンジン振動を軽減し、快適性と操縦性をしっかりと高めています。フレームには業剛性と軽量化を両立したアルミツインチューブを採用。サスペンションにはフロントに圧側減衰力調整機構付き倒立41mmフォークを、リアには新設計のホリゾンタルバックリンクサスペンションを採用。スポーツ性と快適性を両立したセッティングのシャシーとなっています。

株式会社ブライト発表の車両税込価格は、113万4000円です。車体色は、ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラックとフラットエボニーをラインナップしています。

スポンサーリンク

関連記事

スペインのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

スペインで歴史が古いメーカーはというと、創業は1922年まで遡ることができるデルビでしょう。最も

記事を読む

スズキ輸出車(逆輸入車) [モトマップ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

2013年、モトマップが取り扱うスズキ逆輸入モデルは、全部で8モデルです。そう多くは無いモデル数

記事を読む

どうせ売るなら高く売りたい!バイクを高く売るコツ!

どうせ売るなら高く売りたい! というのは、当然のことです。自分が愛着を持って所有してきたバイクが

記事を読む

モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

California 1400 Custom モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデ

記事を読む

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

バイクのスロットルの種類や働き

電子制御式スロットル スロットルワイヤーによってスロットルの開閉動作を一旦コンピューターへと伝

記事を読む

バイク買取体験談、ライダー達のバイクとの別れ経験

バイクを手放してしまうというのは、購入した当時には思いもしなかった出来事です。「一生乗るぞ」って思う

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:普通自動二輪教習 第二段階

基本の法規走行 公道を走るとなると、運転技術だけで二輪車を運転できるようなものではなく、交通法

記事を読む

バイクの走行装置の仕組みや働き

動力発生装置や伝動装置は動力に関わる役割だけを主に担っていましたが、走行装置は様々な役割を持って

記事を読む

高価買取期待大のバイク大紹介!

中型アメリカン一番人気 DSC4 DSC4の特徴 エントリークラスながらハーレーサイズのロー

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑