バイク乗りの僕が欲しいけどと悩むパーツや用品

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 バイク


バイクってのはお金のかからない趣味だと思ってライダーデビューした僕(もちろんそれだけが理由じゃないけど)ですが、いざ乗り始めてみたらそんなこと無いってすぐ分かりましたよ。維持費は仕方が無いものとしても、すぐに欲しいパーツや用品が出てきてしまうもんですから。毎日が「欲しいけど、どうしようかな?」と悩んでばっかです。お金に余裕があれば悩まずすむんですけどね(苦笑)。

こちらのコーナーは僕が思うたびに更新していく“欲しいものリスト”みたいなものです(笑)。実際に欲しくなって買ったものもあれば、欲しいなで終わってしまうものもあるでしょう。ブログ日記的なもので不定期に更新していきますので、気ままに覗いてやってください(笑)。

充電装備はツーリングの友

この間のツーリングの帰宅中、ウォークマンの充電が切れて物足りなくなってしまった。音楽聴きながらまったり走るのが好きだからさ、どうもそれが無いと寂しくて仕方が無い。十分に充電してこなかったのがいけなかったな。

ウォークマン以外にも、つい出先で充電切れさせてしまうものがある。携帯電話。僕って滅多に携帯電話は使わないもんだから気が付いたら電池が1本とかざら。でもってツーリング中は待ち合わせの確認電話したりネット使ったり地図確認したりで電池をどんどん消費してしまう。それでツーリング途中で電池切れだ。もしこれが一人でのツーリングで山の中でガス欠とかだったらゾッとするね。「電話かけられない! 助けよべないじゃん!」って(苦笑)。

いやね、前のバイクには充電器つけてたのよね。でも1年前に今のバイクに乗り換えたもんで、それから充電器を付けて無くって。しばらくロングツーリングは無いからいいかって思ってたら1年も経っちゃった。昔は毎年北海道とか行ってたくらいの旅ライダーだったから、充電器はもちろんナビとかもつけてたのよ。

今はまだやっぱ遠出する余裕は無いけど、日帰りツーリング程度でも充電できないと不便ってことがこのところ多い。というわけで次のツーリングまでには取り付けておこうかな? やっぱ充電装備はツーリングに欠かせない友だ(笑)。

ちなみに充電器はネットや量販店で物色したけど、これが一番かな? 前のバイクにもつけていたNEWING製の充電器。商品名は「防水電源アダプター5V USB端子 USBステーション」。電源ソケットじゃなくてUSBステーションだから余計なシガーソケットタイプのコネクタが不要。容量は1A・5Vだけど十分でしょ。

商品名にあるように、防水ってのがありがたい。前のバイクはハンドル周りにつけてて思いっきり雨に晒されてたけど、ゴムキャップのお陰でショートすることは無かったな。雨天時の使用はさすがに厳禁だったけど、何度か大雨の中ナビのケーブルさしっぱなしとかやっちゃったけど意外と大丈夫だった。まぁオススメはしないけど(苦笑)。

値段は2000円ちょい。ちょっと高いかなと思わなくも無いけど、他の類似品もそう変わらない価格だし、以前使ってた信頼があるからまたこれでいいか。

●AMAZONで探す充電器

やっぱりナビの方が便利かな?

バイクに乗り始めた10年前は、まだナビは定番といえるほど定着はしていなかった。僕も地図とにらめっこして迷いながらツーリングを楽しんだ。そして大型バイクデビューに合わせてナビもデビューして大感動したっけ(笑)。ただ、そこからまたしばらくすると地図のアナログ感に先祖がえりした。で、今は再びナビが欲しくなってる(笑)。

一時期、古風な旅に憧れてナビを手放して地図に嵌っていたのだ。だが、遠出したり知らない土地から迷わず家路に着きたいなんて時は、やっぱりナビがあると便利だなと何度も感じてしまったわけだ。多少遠回りであったり理不尽な道を通らされたとしても、ルート選択に頭をいっぱいにして走らなくてすむというのは、とても楽なのだ。

そんな風に気持ちが早代わりするなら、前持っていたナビを手放さなければ良かったよ。もういらないってことで、知人に1000円で売っちゃったんだよね。今更返してなんてダサいこと言いたくないし(苦笑)。大人しく新しいのを買わなきゃ。

バイク用ナビといっても、その数は膨大だ。その膨大な中でも特に興味を持ってるのが、ユピテル製の「バイクナビMCN45si」。バイク専用設計ということで、性能からサイズまでライダー満足度の高いナビだ。つい先日、職場の同僚がこのナビを購入しており、良い評価を耳にした。

丁度良いサイズのディスプレイは当然グローブ装着でも操作可能のタッチパネル。またライダーが直感で見やすいグレースケールマップやオプションのレーザー探知機能、ブルートゥースでワイヤレス音声や音楽を楽しめるなど、バイク用ならではの機能が十分。振動に強く落下しにくいマウントに、防水防塵で全天候型。余計なナビケースも必要なしだ。

しかし価格がちょっと(苦笑)。それだけの性能はあるんだろうが、ナビで6万というのは気軽に買えるレベルじゃない。ちなみに僕が前に使っていたナビは2万円位だった。その3倍だ。お金に余裕があれば迷わず買ってしまうが、あんまり余裕が無い。

でもどっちかというと欲しい。とりあえずこのナビを装着してる同僚のバイクをレンタルして操作感を体験してみるとするか。それで気にいったら、思い切ろう!

●AMAZONで探すバイク用 ナビ

ハーレーに装着したいデグナーレザーサドルバッグ

僕の乗ってるハーレーはサドルボックスが装着されているツアラーではないので収納力はゼロ! なのでいつもリュックを背負って走ってます。ちょっとした街乗りでもツーリングでも。入りきらないときはシートにくくりつけてます。

短時間走る分にはそう辛くは無いんですけどね、長距離ツーリングとなるとリュックのベルトが肩に食い込んで余計な疲労になっちゃうんですよね。ツーリングの次の日なんかは肩が痛んでしまうこともあります。そういう理由もあってか、なんだかハーレーに乗り始めてからというもの肩こりが酷くなったような(苦笑)。

いえね、サドルバッグでも装着すれば問題は解決なんですよ。それは分かってるんですけれども、あんまり車体にモノを加えてごちゃごちゃさせたくなかったものですから……。でも、さすがに肩が限界! ということで、とうとう妥協してサドルバッグを購入しようかと考えるようになりました。で、目をつけたのがデグナーのレザーサドルバッグでした。

正式名称はアメリカンサドルバッグ。本革ということで結構な値段ですが、まぁ一度購入すれば10年20年使える代物ですからね、初期投資と考えればそう高いことも無いでしょう。

デグナーに目をつけた理由は、シンプルデザインなところ。あんまり派手なレザーバッグは好きじゃないものですから。ほんと学生カバンみたいのでいいな~って感じですから。で、色々探してみたらデグナーがシンプルですし、値段も超有名ブランドと比べたらお手ごろなほうなのかなと。まぁ、もっと安いバッグもありますけど、あんまり安いと所有欲ありませんから(笑)。

ちなみに、カラーはブラックとタンの2カラーっぽいのですが、どっちを選ぶかまだ考え中です。ブラックは無難に合うと思うんですけど、タンカラーを使い込んで味を出すってのもおもしろそうなんですよねぇ。

●AMAZONで探すデグナーレザーサドルバッグ

寒くなると欲しくなるグリップヒーター

いやぁ、寒いですねぇ、冬のライディング。通勤で毎日バイクに乗る僕には冷えが体にこたえます。ということで通勤用のPCXの防寒性を高めたいなってことでグリップヒーターでもつけようかなって計画中です。毎年それは思ってるんですけど、今年はもう我慢の限界です(笑)。

今のところ狙ってるのが、上記のキジマ製、グリップヒーター GH04 プッシュ式スイッチ。いつも利用してるバイクブロスショップで25%オフ(2013年12月現在)なものだから、安いしいいかなって。タイプは汎用なので問題なくPCXに取り付けできるでしょう。インプレを見る限り、ヒーター性能も申し分なしみたいですね。温度は5段階で調整可能で、LEDインジゲーターで現在状態が記されます。

ちなみに同じくキジマ製でダイアル式スイッチのグリップヒーターもあるんですけど、こっちは数百円高くなってますね。温度段階は12段階なうえ、低電圧になると自動カット機能までついてるみたい。しかもダイアルの見た目もプッシュ式より品質が高い感じ(笑)。でもまぁ、別に多機能すぎたりルックスも別に気にしたりもしないんで、僕はプッシュ指揮でいいかな? そっちの方が温度調整操作もやりやすそうだし。

問題は、冬意外はまず使わないってことなんですよねぇ。だったら巻きつけタイプのグリップヒーターの方が安いし便利だと思うんです。ただ、そっちだとグリップが太くなってしまうデメリットがあるんですよね。それは嫌なものですから、やっぱりちゃんとしたグリップタイプヒーターをつけようかと思う次第です。

●AMAZONで探すグリップヒーター

ハーレーのローダウンに悩む…

最近は寒くて全然ハーレーに乗ってないんですよね。天気が良い休日でも、バイクに乗ろうと駐輪場に行けば、快適なPCXを選んじゃいます(笑)。でも、ハーレーのカスタムだけは常に考えちゃうんですよね。乗らないくせに、いじりたくなってしまう。やっぱ好きなんだなぁ(笑)。で、今考えているのが愛車ダイナのローダウン。車高を下げようかなって。

ハーレーのサスペンションラインナップは社外でいくらでもあるのですが、性能をうたうオーリンズやプログレッシブ製はとてもじゃありませんが貧乏ハーレーオーナーの僕には手が届きません(汗)。ということで、まぁとりあえずローダウンできて車高の低さを演出できればいいかなと考えた僕は、上記の安~いサスを選択(笑)。いずれは高いサスに交換すればいいかなって。

ブランドはキジマで、値段はバイクブロスだと1万7066円。定価より2000円近く安くなってますね。まぁ、2本1セットで2万円を下回るサスはかなり安いほうなのでは? そりゃあ探せば中古で数千円はありそうですが、さすがに中古はちょっと(苦笑)。カラーはクロームなので、車体に違和感は無く合うでしょうね。デザインもシンプルです。意外とシンプルなカラー&デザインが好きだったりする僕です。オーリンズとかアピール感が強くてちょっと苦手。憧れちゃうけど(笑)。

サスペンション長は11インチ。確か僕のダイナ(FLD)のノーマルリアサスペンションは13インチだったと思うので、2インチもダウン! つまり約5cmのダウンですね。これならば車高はグッと下がります。そして足付き性も大幅向上。ただしそれと引き換えにカーブでステップを擦りやすくなるというおまけつき。ま、そんなのを気にするようならばローダウンは端から考えませんよね(笑)。

●AMAZONで探すリアサスペンション

コミネのプロテクターが欲しい!

最近はプロテクターを装備してツーリングするのが当たり前になってきましたなぁ。安全意識が高まった証拠ですね。最近教習所を卒業した友だちも、教官にプロテクターの購入を強く勧められたとのこと。そういうところからも、安全意識の高まりを感じますね。ということで、僕もそろそろプロテクターデビューをしようかと考え中です。

とりあえず現段階で気になってるのが、コミネ製、SK-674 セーフティジャケットα。1万5000円と結構良い値段ですけど、まぁこれで上半身全てをカヴァーできるならば安いほうなのかなとも思います。なんせ初プロテクターなので相場が良く分かりません(笑)。ちなみに、「1万円もあれば全身プロテクター買えるでしょ?」とか最初は思ってました。すいません(笑)。

すでにプロテクターデビューを果たしている友達いわく、「コミネはリーズナブル価格で質もなかなかだよ」とのことです。コミネには他にも部分別プロテクターもあるんですが、どうせいずれは一式揃えようと考えているので、これで良いかなと注目してます。後は下半身のプロテクターも買えば完璧! ……ですが、財布の都合でとりあえず上半身だけ先です(笑)。

そういえば先日、バイク友だちが急なクルマの飛び出しのせいで転倒してしまう事故にあってしまいました。転倒後しばらく地面を滑ってしまい、肘に装着していたプロテクターは摩り下ろされてしまい、グローブも穴が空いてしまいました。彼は腕を剥離骨折。でもそれだけですんだのは、しっかりした安全装備のお陰でした。やっぱり重要ですね……。

●AMAZONで探すバイク用 プロテクター

盗難対策の強い味方、キタコロック!

怖いですよ…… バイク盗難。僕もほんと気をつけなくちゃなって思ってます。中古購入とはいえ、新車価格200万超えのハーレーを所有しているんですからね。盗まれたら何も残りませんもん。あ、間違えました。ローンだけは残りますね。嬉しくない(苦笑)。

バイク盗難なんて人事って思ってるライダーは多いと思います。だって僕もハーレーを買うまでは盗難なんて一切気にしませんでしたからね。出先じゃハンドルロックくらいしかしてませんでしたよ、国産400ccに乗っていたころなんか。盗難に気をつけるようになったのは、ほんとハーレーを買ってからです。だって盗難率が超高いハーレーですからね(苦笑)。

しかも自分の知り合いにハーレーが盗まれたって人がいるもんですから、穏やかじゃありません。もうすでに「狙われてるんじゃないか……」と、ここ最近気が気じゃありません。なものですから、もうちょっと盗難対策を強化しようかと思い、キタコロックに手を出そうかと検討中なんですよ。

キタコロック、ハーレーオーナー御用達の人気バイクロックです。人気の理由は当然、屈強なロックだから! 「キタコロックで盗難対策をがっちり固めたお陰で夜ぐっすり眠れるようになったよ」という知人もいます。いや冗談抜きで(笑)。

まぁ、それだけ信頼性の高いロックなものですから、当然安く手に入るわけがありません。僕が狙っているウルトラロボットアームの金額はなんとメーカー希望小売価格で約10万円! 10万円あれば余裕でそこそこ良いマフラーが買えちゃいます(汗)。

でも、盗難対策は車体価格の10%分はかけたほうが良いってどっかで聞いたことがありますからね、200万越えのハーレーには10万円位のロックで守ってやるくらいのことは当たり前なんでしょうね、きっと。

●AMAZONで探すキタコロック

手元の防寒にはハンドルカバーが一番!

昨年末に購入したスーパーカブ。冬の間、通勤や街乗りに大活躍してくれた。寒い中ご苦労さんだった。ウインドシールドを納車してすぐに装着したから快適だった。それまでスクーターばっかのタウンライドだったが、そっちよりも断然快適だったな。

ウインドスクリーンもそうだが、上記のラフロ製ボクサーハンドルカバーライトも大活躍してくれた。この手のアイテムは“ダサイ”ため敬遠していたのだが、「カブならいいだろ(笑)」ってことで12月にバイクブロスで購入した。

装着してみて、違和感というのはあまりなかった。カブはどちらかというとビジネスモデルイメージが強い。なのでルックスをあまり気にする必要が無いからかもしれない。だが試しにPCXの方に取り付けてみても…… そこまで変ではない。「ハンドルカバー=カッコワルイ」というのは勝手な悪いイメージだったんだな。まぁ、ハーレーにそれはちょっと抵抗があるが(笑)。

ルックス面はさておき、肝心の防寒性能はというと、抜群だ。ウレタン素材のシート1枚のみなので防寒防風性能はあるのかと疑ったが、十分だった。通勤や街乗り程度の時間距離では薄手のグローブと組み合わせるだけで非常に快適だった。長距離ライドとなるとまた話は変わってくるかもしれないが。

雨に関しては、残念だった。防水性は無い。雪も同じくダメ。外すのが面倒で雨雪の日も装着したまま使用していた。でも結局は帰って外してストーブの前に置いて乾かす必要があったので、外さなきゃいけなかった。それがちょっと厄介だったかな?

まぁでも、年中雨雪が降るわけでも無いし、たまにそれくらいだったらそこまで億劫でもない。総合すると、満足感の方が大きい。たかだた2000円ちょっとでお手てがぬくぬくになるなら、安いもんだ。まだルックスを気にして抵抗がある人は、ぜひとも試してみよう。きっと快適で病みつきになるよ(笑)。ま、若干操作性は悪くなるけどね。

なお、紹介商品は生産終了や商品売切といった理由でリンク先での取り扱いが終わっている可能性があります。また仕様等が変更されていることもあると思います。

●AMAZONで探すハンドルカバー

サンバイザー付ヘルメットが欲しい!

通勤中の朝日や帰宅中の夕日、眩しくて結構危なっかしいんですよね~。ツーリング中も真夏の陽射しで目が痛かったり……。最近じゃサンバイザー装着ヘルメットを装備するライダーも増えてきた。で、僕もそろそろサンバイザー付が欲しいなってことで、ワイズギア製の「YJ-14 ZENITH」なんかお手ごろでいいかな~なんて。安いし(笑)。

値段はメーカー希望小売価格で1万2600円。ジェットヘルメットでこの値段はかなり安いほうですよ。僕がメインで使ってるショーエイジェットなんて確か4万くらいしましたからね。まぁ、値段の差による性能の差は確かにありますが、手始めにサンバイザーをって位であればまずはこれくらいでいいかと。

サンバイザーは開閉式で、UVカットハードコート採用により日焼け防止やシールドの傷つき防止性が高いとのこと。スモークシールドに換装すればサンバイザーは要らない気もするんですが、スモークでは夜間が怖いんですよ(苦笑)。かといって昼間と夜間でシールド交換するのは面倒ですし邪魔ですし、となるとサンバイザーがいいんですよね、やっぱ。今頃になってようやくこのシステムが浸透してきたってのは、遅い気がするくらいですね(笑)。

お手ごろ価格ですからね、来月あたり給料が入ったら買ってくるとしましょうかね。まぁ、お金に余裕があればショーエイのサンバイザー付きネオテックが欲しいんですけどねぇ(笑)。

なお、紹介商品は生産終了や商品売切といった理由でリンク先での取り扱いが終わっている可能性があります。また仕様等が変更されていることもあると思います。

●AMAZONで探すヘルメット サンバイザー

カブの純正マフラーが欲しい

通勤からツーリングまで活用している愛車のスーパーカブ90。先月、春の突風で停車中に派手に倒れてしまってマフラーがガリガリに削れてしまった。そのときは「まぁいっか」と思っていたのだが、毎朝見るたびに気になってしまう傷だ。

転倒した時にチェックして気がついたんだけど、エキパイもなにやら状態が怪しい。小さな亀裂らしきものがあったのだ。これは転倒によるものなのか、中古購入した時に既にあったのかは分からないけど、どっちかっていうとこっちの方が心配かも。ここが穴空いてしまって排気漏れでもしたら性能に関わるし、何よりうるさくてたまらない。毎朝マンションから出発するのにけたたましい排気音を奏でるのはいかがなものか(苦笑)。

中古購入した時は意外と綺麗だと納得したのだが、10年以上も前のカブだ。マフラーは保管状況で腐食もしやすく穴が空くこともあるらしい。いい機会だから新しい純正マフラーに交換しようかな?

「でも純正マフラーは高い!」……という頭があったのだが、調べてみるとかなり安くてびっくりした。よくお世話になってるバイクブロスでは何と4000円ちょっとだ。1万以上は最低でもすると思っていただけに、嬉しい誤算だ。製品メーカー名はMAD MAXとなっているが、純正品を大量に仕入れて販売しているってことなのだろうか?

ちなみにハーレーのマフラーなんかだと10万クラスは平気でいく。純正となると10万クラスどころじゃないかもね。まぁ安物のドラッグパイプとかもあるけど。そういえば前に乗ってた大型バイクが事故をもらって保険金見積もりのために純正マフラーを調べたら、約30万円だったなぁ(苦笑)。みんなマフラー交換するのがカスタムの定番だけど、純正品ってコストも性質も非常に高いものなんだよね。

カブの社外マフラーも調べてはみたが、やはり通勤用も兼ねているマシンなので少しでも排気音量が上がってしまうのは望ましくない。デザイン的にはキャブトンが好きだが、やはり音量を考えてまた純正とする。純正のメガホンデザインもそう悪くないし、音質も穏やかで心地いい。いずれ来る補修用のために、早速ぽちっと(笑)。

●AMAZONで探すカブ 純正マフラー

パンク修理キットは常備したい!

先月、通勤中にスーパーカブのフロントタイヤがパンクしてしまった。正確には前日か? 朝カブを押したらどうも重く感じたから、そのとき既に空気が抜け始めてたはず。原因は釘がタイヤに刺さってたからだ。

釘を抜いたら一気に空気が抜けて会社から帰れないと思い、とりあえず刺さったままで帰路につこうと思ったのだが…… 500m位走って、「あ、だめだこりゃ」ってなってしまった。安定感が無くなって危なかった。無理して走って空気が完全に抜け、タイヤやホイールをだめにしてもいけないので、仕方なく押して歩き始めた。

でも運よく押し始めたところに自転車屋を発見。ダメ元で修理できないかと訪ねてみると、オーケーだった。専門は自転車屋だが、カブやスクーターも取り扱ってる店だったのだ。15分くらいでさくっとおじさんが直してくれた。めでたしめでたし(笑)。

でもやっぱバイクってのはパンクするとおしまいだなと改めて思った。ツーリング中にパンクしたらもっと最悪だったろうなぁ。それも山の中とかで。友達にパンク修理キットを常備してるのがいるけど、やっぱそういうの必要なのかもな。

というわけで、ネットで取り急ぎパンク修理キットを物色して購入(笑)。購入先は毎度お世話になってるバイクブロスショップ。購入したのはProTools製「スーパーパンク修理キット ボンベ付」。ちょいと良い金額だったけど、出先でのパンク修理に必要なアイテムが全部揃ってるってのを考えれば安かったかな?

付属品は、パンク修理剤5本、GLUE10cc、パンク穴整え工具1本、挿入工具1本、カッターナイフ、ボンベ2本、バルブ、パッチ5枚、タイヤレバー2本。タイヤレバーとボンベが付いてるってのがありがたい。パンク修理しようと思ってもこの2つを忘れてたら話しにならないからね(笑)。持ち運びに便利な専用バッグにまとめておけるから、ツーリングの際も積み込みが億劫じゃない。

これでカブで通勤やツーリングに行くのも安心だ。ビッグバイクも持ってるけどそっちはキャストホイールだからなぁ。そっちはそっちでチューブレスタイヤ用のパンク修理キットを買わなくちゃ。1回パンクすると次が怖くてたまらない(苦笑)。

●AMAZONで探すバイク用 パンク修理キット

はじめてのタイヤ交換準備!

昨年末、カブを衝動買いしてしまった。正確にはスーパーカブ90カスタム。いつかはカブを1台欲しいとは思っていたのだが、たまたま行きつけのお店に激安車両が有ったものだからつい(笑)。まぁ、後悔はしていない。

後悔はしていないが、安い分あちこち問題があることに購入後に気がついた。スプロケットは尖っているしチェーンはだるだる。エンジンは絶好調だが、そのため走りがイマイチ。しかしそれよりも問題だったのがタイヤだ。前後ともにタイヤの山がほとんど無い。交換サインはとっくに出ている。こりゃ危ない。

そもそもそんな問題あるバイクを売るのはどうなんだ? というものだが、その点については問題を感じていない。というのも、最小限のメンテナンス車両を格安で提供するという形のお店だからだ。それを了承して購入したわけだから、「ボロ売りつけやがって!」なんてことは言えない。というか言うつもりも無い。

「まぁ、買ってもすぐにはろくに乗らないだろう」という思いだったのだが、意外と楽しいもんで、通勤や買い物にしょっちゅう乗るようになった。ということでタイヤとスプロケチェーンくらいは早急に直そうか…… ということになったわけだ。

まずは手始めにタイヤ交換だ。チェーンの方は張り調整したら随分マシになったので後回しで大丈夫そうだ。タイヤは前後交換しなくてはパンクや滑ってしまう恐れが高い。要交換だ。

タイヤ交換…… ながらくバイクに乗っているが、実は一度も自分で行ったことが無い。ある程度のメンテナンスは自分でやっているのだが、タイヤ交換だけはどうも……。なんか失敗しそうな気がして(苦笑)。でもまぁカブはタイヤが細いから簡単と周りの人は言う。だから今回いよいよ自分でタイヤ交換に挑戦してみようと思う!

というわけで、とりあえずタイヤ交換の準備として必至工具のタイヤレバーをバイクブロスで購入した。ビートクリームは友達からもらい、タイヤはまた後でバイクブロスか量販店で買うとしよう。まだどのタイヤにするか決めかねているため(笑)。

タイヤ交換情報はいずれそのうち。

なお、紹介商品は生産終了や商品売切といった理由でリンク先での取り扱いが終わっている可能性があります。また仕様等が変更されていることもあると思います。

●AMAZONで探すバイク用 タイヤ

そろそろ地図も買い換えようか

現在、ナビを買うかを検討中。安物は興味ない(前の安物のナビは不満が多かったもんで)から、ユピテルのバイク専用ナビ「MCN45si」がいいかなって? 6万もするからなかなか買えないでいるけど(苦笑)。ただ、ナビも欲しいけど地図も新しいのが欲しいんだよな。

現在ツーリングで利用している地図は、かれこれ10年も使ってる地図だ。僕がバイクの免許を取得した時に買ったもんだからバイク歴とほぼ同じだ。免許センターの帰り道にコンビニで買ったっけ。「これからこの地図を頼りにツーリングをたくさんやるぞ!」ってさ。いい思い出が詰まった10年物の地図だ。

思い出深い地図なのはいいが、10年も経てば道は変わるし建物も変わる。あったはずのコンビニやスタンドが無くて困ったり、新しくできた道がなかったりでルート選びにも困ってしまうことがしばしば。圏央道なんか全然載ってないからね。周辺の道もがらっと変わってしまった。

これからの10年のため、地図を新しくしようかと、先日ふと思ったわけだ。10年おきに地図を更新していくってのはちょうどいいかもな。毎年買い換えてる地図マニアも周りにはいるけど(笑)。

というわけで、ライダー用として定番の地図といえばこれ「ツーリングマップル」。僕のツーリング範囲は専ら関東内中心なのでとりあえずは関東甲信超で十分。道は詳しく載っているし情報量もツーリング向きで多く、またサイズがA5と丁度良い。

ライダー定番の地図とか言っておきながら、僕が10年使ってきた地図はツーリングマップルじゃなかったけどね(笑)。A4サイズのデカイ地図だった。見やすいけど、持ち運びには不便だった。友達のツーリングマップルを見て「次はこれ買おう」と何度も心でつぶyあくものの、お金をケチってこれまで買わず仕舞いだった。今回はいい機会だ。

ちなみに「ナビ買うなら地図はいらないじゃん」という考えはナンセンスだ。ナビはあっても地図はいる。広域を確認したいときは地図の方が便利なんだ。それに暇なときに地図を開いて旅心を膨らませる、なんていうこともできるんだ。地図は持っていて損は無い。

●AMAZONで探す道路地図

ウエストポーチが欲しいぞ

ツーリングで活躍してるハーレーのマイダイナ。なんだかんだで大排気量にものを言わせた走りは快適だ。走行風がもろに当たって辛い時もあるが、高速道路を80~100km/hくらいだったら1日300kmのツーリングは余裕だね。毎月1、2回はそれくらいのツーリングを行ってる。

ただ、毎度収納力の無さに困ってしまう。ハーレーお馴染みのサドルバッグも装着していないため、ポケットに財布やら携帯電話を入れるしかないのだ。工具やちょっとした荷物が必要な時はバックパックを背負ってる。これは肩が凝るんだ。

なんでサドルバッグをつけないかというと、あまり車体を重々しくしたくないのだ。バッグは以前デグナー製のナイロンサドルを買ったのだが、結局数回使用して友人にプレゼントしてしまった。装着したスタイルがあまり気に入らなくて。あくまでも個人的にだ。

キャンプなどの大量積載時は、リアシートに括りつけてしまっている。そこまでの荷物になればもう開き直って見た目はどうでも良くなる(笑)。問題はちょっと日帰りで走る際の小物を煩わしくなく持ち運びたいってことなのだ。

リュックは肩が凝るからやだ。ってことで思いついたのがウエストポーチだ。そういえばライダーはよく装着してるなってのを思い出して「これでいいじゃん」となった。これならどこも凝らないだろう。上の商品はコミネの「ツーリングウエストバッグ3D」。コミネ製は好きだからこれでいいかな? 値段も3000円少々とお手ごろ。さっそく注文して現在到着待ち。

クルーザーらしくレザーポーチなんかもいいなって思ったのだが、それは高いし使い勝手も良くない。利便性は合成繊維製の方が圧倒的に高いのだ。ちなみにコミネのそれは容量3.3L。携帯電話に財布、デジカメなんかを入れとくには丁度良いサイズだ。ポケットも複数あるし。

ルックス的には、確かにレザーアイテムの方が高い。ハーレーにレザーは良く似合う。ちょっと前まではレザージャケットやレザーグローブ、レザーチャップスなんかも使ってたっけ……。でも防寒性の高さを重視したら、みんな合成繊維に変えてしまった。レザーで身を固める硬派なハーレーライダーには、僕はなれないな(笑)。

●AMAZONで探すレザー ウエストポーチ

頭の汗と髪型の乱れを防ぐキャップ

ライダーの悩みの大きなものの1つとして、ヘアスタイルの乱れというのがある。ヘルメットを長時間被ってると、ヘアスタイルも何もなくなる。ぺちゃんこだ(笑)。

僕はというと、それが嫌で髪の毛を短くしている。ただそれでもヘルメットを被ると頭に跡がついてしまう。これ滅茶苦茶恥ずかしいのよね。バイク関係の店に行くならまだしも、全く関係ないとこに行くと寝癖以上に恥ずかしいもの(苦笑)。何度かバイクで買い物にでかけ、帽子を忘れたことに気がついて家に帰ったことも。

それから夏はヘルメット内の汗も悩みもの。僕は汗っかきだから長時間走った後にヘルメットを脱ぐと髪の毛がぐっちょり……。次に被るときが不快だし衛生的にもどうなんって感じさ。

ということで、今更ながらこういうのを買おうかなと。ヘルメット内に被るインナーキャップ。上に紹介したのはRSタイチ製のアイテム。友人が使ってるアイテムで、「良いよこれ」とオススメされた商品だ。値段は2000円前後とまずまずで、似たようなのがホームセンターで数百円で売ってるというのはあるが、値段だけの価値はあるでしょさすがに。

インナーキャップを被っていればヘアスタイルが潰れることがない…… ということはない。でも変な潰れ方をすることが無い分、あったほうがましではある。頭の発汗対策もバッチリで、不快な思いをすることがなくなるだけじゃなく、ヘルメットの衛生も悪くならずに済む。汚いヘルメットは頭を汚して脱毛の原因にとか考えると怖いもんさ(苦笑)。

ただ1つ気になるのが、インナーキャップを被ってるとヘルメットのベンチレーション効果って無くなるんじゃないかな? ということ。これはヘルメットに設けられた穴を開放することで中に風を取り込んで涼しくするって仕組みなんだけど、キャップ被ってると頭に風が届かないから暑くて汗が出やすい気が……。

まぁ、この辺は後日友達に聞いてみよう。購入はそれから。

●AMAZONで探すヘルメット インナーキャップ

出先に便利なハーフカバーがいいな

ツーリング先にバイクカバーを持って行くのって難しい。だって荷物になるからね。バイクカバーって収納袋に入れてもかなりかさばるものだし。

でも出来るのであれば持って行きたいもの。特に泊まりのツーリングの時はね。まず防犯的に出先でカバーをかけておくと防犯率が高くなるし。自宅で厳重にしておきながら、出先のキャンプ場とかではハンドルロックだけしかしないでふらっと持ってかれちゃう…… なんてことが無いとも言えないし。カバーがあると警戒されるし、どんなバイクか分かりにくいから盗まれにくくもなるし。

防犯目的以上にカバーがあると嬉しいのが、バイクが濡れたり傷つけられることを防止できること。宿泊ツーリングで朝、バイクの元に行ってみると朝露でびしょびしょというのはよくあること。キャンプツーリングだとほんと定番。北海道ツーリングした時なんか、朝早く出発したいのに、まずは車体を拭いてからじゃないと乗れなかったんだもん。それから知らぬ間に猫がシートに乗っかってガリガリ…… なんてことも考えられる。実際に1度やられたことあるし。

うん、携帯用カバーは必要だ(笑)。

そこでバイクブロスショップでバイクカバーを調べてみたところ、いいのがヒットした。デイトナの「ポータブルハーフカバー」。定価は5000円ちょっとだけど、サイトでは3000円台まで値下げされてた。カバーの中じゃ安いほうだと思う。それにデイトナ製だから酷く粗悪ってことも無いと思うし。

サイズは名前の通りハーフで、フロントのヘッドライト周り、タンク、シート、リアテール部を覆い隠すサイズで、タイヤやエンジン、マフラーまでは覆わない。収納するとなると、普通のカバーと比べて半分どころか3分の1くらいに収まると思うから、携帯には非常にイイサイズだ。カバー裾部位には強力ゴムバンドが備わっているので固定も簡単。ほんと多い被せるだけだから出先で煩わしいこともなさそう。

「半分だけじゃ、効果も半分くらいなんじゃないの?」と思う方は大間違い。実はハーフカバーって昔1度使ってたことあるんだけど、半分だけでも朝露や雨から大いに守ってくれたから、ありがたさ的には普通のカバーとどっこい。残念ながら昔使ってたハーフカバーは僕のミスで破いちゃって捨てちゃったんだけど。

しばらくツーリングはやってなかったし改めて買うことは無かったんだけど、これからはバイク熱も上がってきたことだし分からない。ロングーツーの準備として買っとこうかな?

●AMAZONで探すバイク ハーフカバー

ツーリングの前にジャケット新調か?

今は梅雨の時期であんまり暑さを感じることは無いんだけど、たまに雲が抜けて太陽が元気良く顔を出した時は肌をじりじり焼いてくれるよ。それだけでもう腕をバイク焼けしてるんだから、本場になったら大変だよ毎年。

安全面を考えると、半袖でのライディングは危険だしモラル的にどうなん? ……ってのは分かってるんだけど、チョイノリとか軽いツーリングだったら「まいっか!」って気持ちになってしまう。風が気持ちいいし、時期ならではの開放感だから分からなくもないことでしょ?

ただ、暑くてもちゃんとしたジャケットを着なくちゃなって時はある。ロングツーやスピードをそこそこだす時、高速道路走行なんかとくにだね。なんだけど、今ちょうど夏用のジャケットが1着も無いんだよね(苦笑)。3年くらい使ってたラフ&ロードのメッシュジャケットを出っ張りに引っ掛けて春に破いちゃったもんだから。だから変わりのジャケット買わないと夏にまともなツーリングにいけないよ(汗)。

というわけでお馴染みバイクブロスショップで検索。で気になったのが「GSM12410 GWS コットンマルチライダー」。価格は定価が2万超えのところ、1万9000円台まで落ちてる。量販店で買うよりはちょっぴり安いってくらいだけど、目当てのサイズとカラーが揃ってるってのはネットショップの良いとこだよなぁ(笑)。ライコとかナップス行っても、MサイズとLサイズってすぐなくなるんだもん。カラーも人気なのはすぐなくなるし。

ちなみにだけど、僕はジャケットならゴールドウィンって決めてるところがある。だから前の夏用ジャケットはラフロだったけど、今回はゴールドウィンしか考えて無い。理由はデザイン。ゴールドウィンってのはカジュアル性を高く設定してるんだよね。バイクを降りても着ていて違和感が無いデザインってこと。僕はいかにもバイク野郎って感じのロゴが入ってたりレザーは好まないからさ、ゴールドウィンのそれがしっくりくるのよ。

ということで今のところこのジャケットが有力かな? でも今は金欠だからもうちょい我慢。夏のボーナスを待とう…… って、僕の働いてるとこってボーナス無いじゃん(笑)!

●AMAZONで探すライダージャケット

こりゃまた便利そうなレインコートだ

先日、雨の日にレインスーツを着てカブで出かけた。レインスーツは上下セパレートタイプの定番品。ゴールドウィン製で価格もそこそこしたし、性能としては何一つ不満がない良品だ。

しかし1つだけ難点があった。これはセパレートタイプなので仕方が無いことなのだが、出先で脱ぐ際にブーツを脱ぎ、パンツを脱ぐという非常に面倒なうえに駐輪場でいそいそとするのが恥ずかしい思いをするのだ。これを見た4輪ドライバーの視線を感じ「クルマ無いの? かわいそうに」という被害妄想が発生して惨めになる(苦笑)。実際雨の日のライダーは惨めなもんさ。

対雨を考えるとセパレートタイプが一番優秀な効果を発揮する。もちろんちゃんと装備していなけば浸水するし、メンテ不足ならば質も低下するが。だがちょっとした買い物等でスクーターに乗る時はそこまで厳重に固めなくても良い。コートタイプで羽織るようなアイテムで十分なのにと思うことがこれまで多々あった。

そこで今、スクーター用のコートタイプが気になっている。紹介するのはラフ&ロードの「ラフレインコート」。価格は定価で7000円少々と、高すぎず安すぎずといったところ。あまり安すぎても信頼性に欠けるのでこれくらいの価格が丁度良い気がする。特徴はコートということで、前後セパレートではなく羽織ることで膝下までカバーされる。また膝下の対雨性を高めるセパレートスパッツも備わっているのが嬉しい。

これであれば店先等で面倒になることもいそいそと恥ずかしい思いをすることがない。スッと脱いでスッと着て去ることが出来る。いいじゃないか(笑)。

対雨性も文句なしならばツーリングもこれでいいじゃないかとなるのだが、やはりセパレートタイプと比べると下半身は濡れてしまいやすいようだ。「長時間走行したら股間周辺がお漏らししたみたいに……」というレビューもあった。だがちょっとした通勤や買い物、小雨の中だったら十分だろう。

●AMAZONで探すバイク用 レインスーツ

スポンサーリンク

関連記事

gros plan du moteur d'une moto de légende

バイクの動力発生装置(エンジン)の仕組みや役割のまとめ

バイクの動力発生装置(エンジン)の仕組みや役割のまとめ バイクを走らせる動力を発生させるだけで

記事を読む

kyosyu2

バイク免許教習所ガイド:普通自動二輪教習 第一段階

二輪の取扱い方 二輪教習のはじめの一歩は、安全な運転を行うために、エンジン停止状態での二輪車の

記事を読む

dsc4_001

高価買取期待大のバイク大紹介!

中型アメリカン一番人気 DSC4 DSC4の特徴 エントリークラスながらハーレーサイズのロー

記事を読む

box

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップボックス編

バイクの収納力は乏しいものです。ビッグスクーターのように収納力抜群モデルやツアラーモデルは別とし

記事を読む

YJ-5II ZENITH

バイク乗りの僕が「買って良かったな!」パーツや用品を紹介!

バイク関係のパーツに用品。買って良かったものもあれば残念だったものもあります。 まぁ残念な

記事を読む

Motocross boots and protective helmet for motorcycle riding isolated on white

バイク初心者が必要不可欠な装備・アイテムをご紹介

「バイクを買ったぞ! さぁ、走りに行こう!」という具合に、準備もなしにバイクライフをはじめること

記事を読む

aprilia2

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ アプリリアはロードスポーツモデル

記事を読む

ducati1

ドゥカティ(DUCATI) 2013 バイクモデルカタログ

2013年のドゥカティラインナップは、ディアベルシリーズ、ハイパーモタードシリーズ、モンスターシ

記事を読む

kyosyu3

バイク免許教習所ガイド:普通自動二輪教習 第二段階

基本の法規走行 公道を走るとなると、運転技術だけで二輪車を運転できるようなものではなく、交通法

記事を読む

triumph

トライアンフ(TRIUMPH) 2013 バイクモデルカタログ

100年以上もの歴史を誇るモーターサイクルメーカー、トライアンフ。アメリカはハーレーダビッドソン

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑