バイク乗りの僕が「買って良かったな!」パーツや用品を紹介!

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 バイク


バイク関係のパーツに用品。買って良かったものもあれば残念だったものもあります。

まぁ残念なものを紹介しても仕方が無いので、こちらでは「買って良かったな!」というオススメできるパーツなり用品を気ままに更新していこうかと思います。「今欲しいアイテム!」同様に簡単なブログ日記的な内容です。

自慢するような話じゃありませんが、僕って結構な拘り君でして、どんな商品でも大満足するようなタイプじゃありません。

何かしら文句をつけて不満を思うような嫌な客です(笑)。でもそんな僕を納得させる商品は、かなりの立派! なのでこちらで紹介された商品は僕的にはかなりのオススメ商品ってことです! たまには残念な商品も紹介するかもしれませんが(笑)。

雨の日も安心のデグナー防水バッグ

年中バイクに乗ってれば、雨にももちろん降られますよ。サンデーライダーじゃありませんからね。ツーリングは雨が降ったら中止ですけど、通勤や買い物は雨が降ったからといって中止なんかできません(笑)。

雨の日に走ると何が辛いかというと、まずカッパを着てバイクに乗るのが億劫でしょ? それから視界は悪いしタイヤがスリップしやすくなるので事故率があがります。それから雨の日に乗った後はバイクを拭いてやらないと錆になったり水垢が出て汚くなります。雨の日に走って得をするってのは、基本的には無いんですよ。辛さ100%です(苦笑)。

それから荷物が濡れてしまうのも厄介ですね。バイクに乗り始めたころはよく通勤時の荷物を塗らしてしまったもんです。当時は400ccクラスのアメリカンで通勤してたんですけど、スクーターみたいにシート下収納はできません。リュックを背負って通勤しては荷物を濡らす。って感じでした。でも、デグナーの防水バッグを使い始めてからは、荷物を濡らしてしまう心配から開放されましたね。

●値段は5000円以下と安いものだったので「防水? とりあえず買ってみようかな?」と大期待はせずに買ってみたところ、完璧な防水性を発揮してくれました。1度だけ転倒事故でバッグを痛めて仕方なく買い換えて新しくしましたが、これまで一度も中身が濡れてしまったってことはありません。

リュックみたいに背負えるだけでなく、タンデムシートやキャリアにくくりつけやすくなっているのも、さすがはバイク用アイテムといったところです。ちなみに過去に北海道ツーリングをした時、こいつを2つ使いました。1つは背負って1つはくくりつけて。それほど多用するくらい気に入ってます(笑)。

●AMAZONで探すデグナー防水バッグ

かれこれ3足目のエルフ製terre01

バイク用ブーツって色々あるから何にしようか迷っちゃうんですよね。で、色々迷った結果選ぶのって、前に履いていたブーツと全く同じだったりするんですよね。だって、すでに履いたことのある靴だが購入して「失敗した~」ってのはありませんから。で、僕にとってそんなブーツが、エルフ製、terre01(テラ01)です。先日も買ってきたのですが、かれこれ3足目です。

●このブーツの良いところは、マジックテープ式のところが一番かな。3本のマジックテープでがっちり固定でき、しかも着脱ははがすだけなので簡単。この簡単さに慣れたら紐ブーツに中々戻れないんですよね(笑)。バイクブーツらしく、くるぶしまでしっかり覆われてるタイプなので万が一転んだ場合も防御力高いです。また、バイク用なんですけど比較的歩いたり走ったりも容易でバイクを降りた後も楽です。

残念なのは、通気性が悪いところかな。夏場なんかはかなり蒸れます。なので足が臭くなっちゃいます(苦笑)。なので僕は毎週洗ってるくらいです。あとは脱ぐ時に「バリバリ!」ってマジックテープの音がするのが恥ずかしいかな(笑)。通称「バリ靴」ってやつですから、安物と勘違いされたり紐が結べない人って思われてる気がしちゃうんですよね(笑)。

これまで紐ブーツしか履いたことが無い人は、ぜひとも1足試しに買ってみてもらいたいですね。履いたり脱ぐのが物凄く楽ですから。デザインは結構シンプルなので、ネイキッドやスポーツはもちろん、クルーザーやレトロなんかも無難に似合いますよ。僕はハーレーに乗るときもこいつを履いてますが、操作に全く支障は無いし見た目のミスマッチ感もそれほどではないと思ってます。

●AMAZONで探すエルフ ブーツ

PCXでも多積載できるキジマ製スライドキャリア

PCXを購入してからずっとキャリアを探していたんですけど、中々購入に至りませんでした。その理由は、後に出っ張りすぎるキャリアが好きじゃなかったから。それでようやく見つけたのが、キジマ製のスライドキャリアでした。恐らくPCXキャリアの中では最も大きく、積載位置も前方よりのアイテムです。

●このキャリアは、リアシート部に乗っかるほどのドカンと大きなキャリアです。もちろんそのままではシートの開閉ができないので、ストッパーを外してキャリアを後にスライドすることでシートの開閉もできるようになります。リアシートを犠牲にするという形で積載位置を前方に寄せているため、見た目的に後に出っ張りすぎてしまうというのを防いでいます。見た目にもそうですが、ハンドリングにも悪影響が出にくくなっているメリットもあります。キャリア&リアボックスを装着すると、結構ハンドルがブルンブルンと震えてしまいますからね。

キャリアサイズは特大なので、かなり大きなものも積載可能です。大きなボックスを載せるのはもちろん、ダイレクトに荷物を積んでロープでくくりつけることもできます。最大積載量は5kg。スクーターのキャリアは大抵3kgが最大というのが多いので、これはそれよりもタフですね。またボックス取り付けに便利なボルト止め用の穴がキャリアに備わっていたりと、嬉しいポイントもあります。

残念なのは、スライド式のために走行中は段差を乗り越えた際に「ガチャ!」と金属がぶつかる音が少し聞こえる点、なんだかんだでハンドルが少しぶれるといった点でしょうか。後は錆が出やすいのも感じてますね。錆止めをしっかり使ったりスライド部をグリスアップしておかないと錆がどんどんでそうな気が。

総合的には満足してます。今はボックスは取り付けておらず、キャリアのみ装着しています。ホームセンターや電気屋で買い物した際に段ボール箱を括りつけて持ち帰るなど大活躍させています。いずれはGIVIボックスでもつけたいですね。ちなみにタンデムする時は取り外してます。

●AMAZONで探すキジマ スライドキャリア

長年愛用している YJ-5II ZENITH

僕って1つのものに固着する癖があるんですよね。例えば、僕はレトルトのグリーンカレーが大好きなものでして、そいつを何十食分もまとめ買いしてストックしていたり、「ゴーヤは健康に良いよ!」と昨年教わって以降、毎朝僕はゴーヤを食べてます。

行動パターンにもそれがあらわれていて、気に入ったお店ばっかり行くんですよね。それから服のブランドも固定していて、例え「これかっこいいな~」と思っても意中のブランドじゃなかったりすると買ったりはしません。新しいものにチャレンジするのは好きですけど、失敗するのはそれ以上嫌いな性格が、固着する癖となってるんでしょうね。

バイクにもその癖が思いっきり出ています。最も顕著なのはヘルメット。僕はゼニスのジェットヘルメット(YJ-5II)を初バイクと同時に購入して被りはじめ、それから猛すぐ10年になりますが、いまだに同じヘルメットを愛用しています。

●もちろん、初めて買ったヘルメットを10年使い込んでいるわけじゃありませんよ。だいたい3年おきに買いなおし、今3代目です。もうそろそろ4代目を買おうかな? と検討しているところです。

このヘルメット以外にもショーエイのジェットタイプを愛用しているんですけれども、そちらはツーリングで活用しています。日常での使用はゼニスが基本です。走行風音低減性なんかは高いヘルメットと比べると差を感じてしまうんですが、お手ごろな値段で気軽に被りやすい設計がフレンドリーなので、えらい気に入ってるというわけです。

●AMAZONで探すYJ-5II ZENITH

スポンサーリンク

関連記事

イギリスのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イギリスはバイク文化にも大きな影響を与えている国です。インドに生産体制を置き、アジアに英国スタイ

記事を読む

ドゥカティ(DUCATI) 2013 バイクモデルカタログ

2013年のドゥカティラインナップは、ディアベルシリーズ、ハイパーモタードシリーズ、モンスターシ

記事を読む

モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

California 1400 Custom モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデ

記事を読む

ホンダ輸出車(逆輸入車) [パッセージ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

パッセージが取扱いしているモデルをおおまかに数えますと、30台以上はあります。リッタークラスから

記事を読む

バイクに快適に乗る為のタイヤメンテナンス

バイクはタイヤが2つしかないためスタンドかライダーが操らなければ倒れてしまう不憫なマシンです。

記事を読む

フランスのバイクメーカーの歴史や特徴のまと

フランスのバイクメーカーのイメージは普通と違っており、というのもモペットというジャンルの車両が日本で

記事を読む

イタリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イタリアを代表するメーカーを挙げるのはあまりにも多いため難しいですが、ラインナップの幅を見るとア

記事を読む

レシプロ・ディーゼル・ガスタービン・ロータリーエンジンの仕組みや特徴

レシプロエンジン エンジンの種類はいくつも存在します。そのうちバイクのエンジンとして定番採用さ

記事を読む

台湾のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

様々な国の影響を受けて成長した国という性質があってかどうかは分かりませんが、台湾のバイク事情も日

記事を読む

オランダのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

さてさて、オランダのバイクイメージはといいますと、僕はモペットですね。トモスというモペットです。

記事を読む

パナソニック ライスブレッドクッカーの特徴や感想

おうちで、お米で、パンを作りましょう。 お米で、パンが作れるので

マイクロプレイン フードグレーターの特徴や感想

切れ味のよりよいキッチングッズに恵まれるか恵まれないかで、その人の

タイガー THE炊きたての特徴や感想

日本のおいしいごはんを追い求めたら『土の火技』にたどり着きました。

ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。

ザ 鉄玉子 南部鉄の特徴や感想

貧血かしら?。 ふっとそんなふうに思う体調の瞬間ありませんか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑