バイクの盗難対策は大丈夫?後悔しない為の盗難対策をご紹介!

公開日: : バイク


バイクの盗難事件は、いつになってもなくなる気配がありません。私の身近なところでも、原付が盗まれたり、ハーレーが盗まれたりと、バイクの種類問わず、盗難事件が発生しています。

そしてそのような現状にもかかわらず、盗難対策を疎かにしているライダーは少なくありません。ハンドルロックもかけずにバイクからちょっと離れ、戻ってきたらもうバイクが無かったなんてことだってあるのです。

これからバイクを迎える、もしくは迎えたばかりの初心者ライダーさんのみなさんに強く言っておきたい事は、自分のバイクを守るのは、自分の役目だということです。

「自分がしっかりとしていれば……」などと、盗まれてから後悔したって何の役にもなりません。自分のバイクが盗まれ、悔しがっている自分を想像し、それが現実のものにならないよう、自分が出来る限りの盗難対策を行なってください。

こちらのコンテンツでは、一般的なバイクの盗難対策をご紹介しています。どんな盗難対策があるのかをよく知り、最悪の事態を避けるべく備えてください。

チェーンロック

バイク用ロックの中でも最も一般的なものが、チェーンロックです。定番の盗難防止アイテムなので、一つは持っておいて損はありません。

チェーンロックといっても、盗難防止効果はピンキリです。はっきりいって、自転車に取り付けるような安物は、ホームセンターにあるような工具で楽々カットできてしまうので盗難防止効果は皆無といっても過言ではありません。

チェーンロックを購入する場合は、それなりに信頼性が高いメーカーの、それなりに高いチェーンロックでなければ、意味が無いということを覚えておきましょう。太くて材質の強度が高いロックほど、盗難防止効果は高くなります。

ただ、出先でもチェーンロックを活用したいという場合は、携帯用の軽量コンパクトのチェーンロックを一つ持っておいてもよいでしょう。盗難防止効果は低くとも、ロックが付いているだけで盗む時間は長くなってしまうため、窃盗団から狙われにくくなります。

お金に余裕があるのであれば、自宅保管用と出先用のチェーンロックを1つずつ持っておくと良いでしょう。

チェーンロックを取り付ける部位は、タイヤのホイールが一般的です。前輪後輪どちらでも構いませんが、後輪のほうが盗難防止効果は高いとされています。というのも、前輪にチェーンロックをしていても、前輪のタイヤを浮かせて地面との間にローラー付きの台座をはさんで動けるようにして盗むという方法があるからです。

バイクのフレームにチェーンロックを通すというのも効果ありです。前輪後輪は、最悪ホイールを車体から外してしまえばチェーンロックの意味はなくなってしまいますが、フレームは外すなんて無理ですからね。

ちなみに、チェーンロックをしたままうっかり発進なんていうミスは起こさないようにしましょう。修理代がとんでもなく高くついてしまいますよ。

U字ロック

U字の形をしているからU字ロックと言います。これもチェーンロックに並んで一般的で定番のバイクロックです。

ただ、このU字ロックの防犯効果は気休め程度と認識しておきましょう。お金に余裕があるのであれば、もっと盗難防止効果が高いロックを購入することをおすすめします。

いくつもロックを多用して盗む手間を省かせたい場合は、U字ロックも加えてみても良いかもしれませんが、やっぱり気休め程度でしょう。

出先用として利用するのであれば、そこそこ便利なロックではあります。特に、原付や原付二種クラスの車両は、車体にU字ロックの取り付け部が備わっていることもあり、常に携帯しておけばちょっと車両から離れる時も安心感が高まるでしょう。

原付や原付二種クラスの小型のスクーターは、窃盗団というよりも、若者が悪戯して盗んでいくというケースが多いです。そういった相手からの盗難防止を望むのであれば、U字ロックでも十分相手を警戒させることができます。

それでも、盗む人は盗んでいきます。U字ロックは所詮、ホームセンターで売っているような工具で簡単に切ることが出来るものなのです。

ちょっとお粗末なアイデアかもしれませんが、U字ロックを複数取り付けるなんていう盗難防止方法もあります。安いU字ロックをたくさんつけて相手が盗むのを面倒に感じさせるのです。これならば盗難防止効果は高いかもしれませんが、出先だと非常に恥ずかしいですね。

チェーンロックと同じく、U字ロックを取り付けたまま発進しないようにご注意を。安いU字ロックのせいで修理代が高くついてしまっては、笑えませんからね。

ディスクロック

ディスクブレーキのブレーキローターに取り付けるロックが、ディスクロックです。他のロックに比べて小型なので、出先で利用するロックとしても便利です。

ディスクローターとは、ホイールのに取り付けてある丸いお皿のような部品です。このディスクローターは、ホイールが回ると一緒に回るため、この部分にディスクロックがあれば回転を防止することが出来るため、盗難防止効果を発揮するのです。

さらに、不審な振動を察知するアラーム機能を搭載するディスクロックもあり、二重の盗難防止を発揮することができます。

ロックは、ディスクローターを挟み込むように取り付け、ローターに穴にロック棒を通して固定します。

現在のバイクのほとんどはローターに放熱性を高める穴が空いていますが、古いバイクによってはローターに穴が空いていない場合もあり、そういった場合にはディスクロックが取り付けできません。

また、当然ですがディスクブレーキではなく、ドラムブレーキを採用しているバイクであっても、ディスクロックは取り付けできません。ディスクロックを購入してから「あ!」と気が付かないようにしましょう。

ディスクロックは、ロックの中でも特に、解除を忘れて発進してしまう事故が起こりやすいです。小型ロックという特徴が仇となってしまう訳です。

解除し忘れの予防として、ディスクロックからストラップを伸ばしてハンドル周りに取り付けるという方法があります。そうすれば、うっかりというトラブルを防ぐことが出来るでしょう。

小さいロックなので、ディスクロックは持ち運びには非常に便利です。盗難防止効果も比較的高いため、自宅でも出先でも、十分な活躍が望めます。ぜひ、一つは購入しておきたいアイテムです。

キタコロック

初心者には少々手が出しにくいロックですが、現在最強と呼ばれるロックもご紹介しておきましょう。その名はキタコロックです。

株式会社キタコから発売されているこのキタコロックは、高級バイクのハーレーダビッドソンのオーナーが最終的に「これしかない!」と言うほどの圧倒的な強度を誇るロックです。

キタコロックのラインナップにはディスクロックやチェーンロック、ロボットアームロックがあり、価格は数万円から、最強クラスではなんと10万円台。値段が高い分、盗難防止性能はお墨付きです。

最強クラスの10万円台のチェーンロックの重さは22kg。まさに鉄の塊です。内径20mmの極太チェーン部分は船舶や工業用の商品を扱うメーカーによって製作されたもので、あらゆる破壊行為をものともしません。

とあるハーレーショップの店員の話に寄れば、何件かキタコロックを切断してハーレーの窃盗を試みたというケースがあるようなのですが、まったく歯が立たなかったという痕跡だけが残っていたとのことです。

私の知る限りでは、このキタコロックが盗難防止ロックの最終手段です。ですが、正直初めてのバイクでこのキタコロックを購入するつわものはそうそういないでしょう。

よほどお金に余裕があったり、いずれハーレーダビッドソンのような高級バイクを購入する予定があるのであれば、購入しても後悔は無いかもしれません。

しかし、キタコロックのような最強アイテムを装備していても、盗まれないという確証を100%得られるとは言い切れません。悲しくも悔しくも、それが現状です。

カバー

バイク用カバーは雨風埃からバイクを守ってくれるだけでなく、防犯効果も十分に発揮してくれます。カバーを毎日かけているかかけていないかでは大違いです。

バイクカバーがかけられてあると、何のバイクだかぱっと見では判断できません。さらに、カバーを誰かが外すとなると音が生じるため、人目にも付きやすいです。カバーがあれば、窃盗団がバイクに狙いをつけにくく、盗む手間も考えて諦めやすいのです。

しかし、カバーがかけてあるからといって盗難対策がバッチリかといえばそうではありません。プロの窃盗団の場合、カバーがかけてあるバイクでも、何日も放置されている状態だと判断すると盗む対象に加えてしまいます。

時折、理由も無くバイクのアラームを鳴らせたり、カバーにバイク買取業者のチラシを貼り付けたりされている場合は要注意です。窃盗団が狙っている可能性が大です。

それら悪戯をされても変化がなかった場合、窃盗団は事を実行します。しかも白昼堂々と盗みを働くこともあるのです。あたかもバイク引取り業者を装い、レッカーに積んで持ち去ってしまうのです。

もし、自分のバイクに不審な変化があった場合は、バイクの置き場所を変えるなり、盗難対策を高めるなど、対策に努めましょう。

バイク用カバーを選ぶ際は、しっかりと車体を覆えるサイズのものを選び、チェーンロック等が通せる穴を設けてあるものを選びましょう。外見からバイクロックがしっかりと取り付けられていることをアピールされていると、盗む側も煩わしさを気にして狙いから外しやすくなります。

イモビアラーム

夜はそこにバイクがあったのに、朝確認したら無かった。音も無く知らぬ間に窃盗団がバイクを持ち去ってしまっていた…… というケースは少なくありません。

そんな盗難ケースを防ぐために役立つのが、イモビアラームです。盗難防止装置が働いてエンジンの始動を阻止するイモビライザー機能に加え、車体が不審な振動を察知した再に大音量で周辺に異変を知らせるシステムです。

この機能が備わっていれば、夜眠っている間に音がして異変に気が付き、起きて部屋の電気をつけたりバイクの様子をうかがいに行けば、窃盗団は諦めて逃走します。

これはバイクの盗難事情が問題視される昨今では、全てのバイクに取り付けてあって欲しいくらいの盗難防止システムです。車両によってはすでに搭載されているものも珍しくありません。

イモビライザーのみ搭載の車両もありますが、大抵の場合はオプションでイモビアラームがラインナップされています。余裕があれば購入と同時に取り付けを行なっておくとよいでしょう。アラームがあるのと無いのとでは、安心感が段違いです。

ただし、このアラーム機能が仇となって盗難されてしまう可能性も無くはありません。窃盗団が狙いをつけたバイクのアラームをわざと作動することがあるのです。そうやってオーナーの反応や、バイクの下へどれだけの時間で訪れるかを判断し、盗めるかを判断するのです。「アラームが鳴ればみんな逃げるだろう」という安心感は無いことを忘れないようにしましょう。

また、稀にアラームが鳴って窃盗団と鉢合わせになってしまう恐ろしい事態もありえます。追い詰められた人は何をしでかすか分かりません。無理に捕まえようとして人的被害を受けてしまっては敵いませんので、感情的になって犯人を追い詰める行為は避けるべきです。

置き場所の工夫

バイクの盗難対策として、まずは置き場所を工夫しましょう。どこにバイクを保管しているかによって、盗まれる確立を大幅に下げることができます。

とにかくポイントとしては、誰かの目に入らないところに置くことです。家の前を通る人にすぐバイクがあると分かってしまう場所に置いてあると、窃盗団等に目をつけられやすいのです。

そして、バイクを簡単に持ち出せない場所に置くこともポイントです。広々とした駐車場にぽつんとバイクを置いているような状況だと、盗みを働く人はバイクに悪さをしやすく持ち運びやすい環境となってしまうのです。

以上2点を守るだけでも、盗まれる心配を少なくすることができます。目に付きにくく持ち出されにくい場所に毎日保管するというのは、少々億劫ではありますが、盗まれるよりはましですよね。

自分が億劫に感じる場所に保管するという事は、それだけバイクを盗もうとする人も億劫だということです。つまり、億劫な場所に置けば置くほど盗まれにくいと言えます。ですが、あんまり酷い場所に置くと今度はバイクに乗る気も無くなってしまうので、その辺はバランスを考えてくださいね。

「今日は疲れてるし、ここでいいや」なんていう理由で、自宅前の路肩に置きっぱなしにしてしまうようなことは、絶対にやめましょう。窃盗団は、そんな隙を狙ってバイクを盗んでいくのです。

住宅事情によっては、人の目に付きにくく、持ち出されにくい場所に保管せざるを得ない人もいることでしょう。自宅に駐車場が無く、自宅前の路肩にバイクを申し訳なく置いている人も、結構いますよね。

そういう場合の人は、自分のバイクが盗まれやすい状況下にあることをよく理解し、ロックやアラーム等で、可能な限り盗難対策に努めてください。

ガレージ

バイクロックに車両追跡に盗難保険…… 色々とバイク盗難対策を行なう人もいれば、その必要が無い場合もあります。それは、ガレージ保管です。自宅にガレージがある場合は、そこにバイクをしまってしまえば、盗難の恐怖にはさよならができます。

中には、バイクを購入したことを理由に自宅にガレージを作ってしまう人もいるくらいです。盗難対策にこりだしたらキリがありません。それにお金をかけるのであれば、ガレージを建ててそこにバイクを保管したほうが良いという考えです。

建てるガレージは、何も大きなものである必要はありません。バイクが一台収納できるスペースで十分です。量販店でバイク用ガレージが置いてある場合もあるので一度見てみてください。

もちろん、ガレージ保管の上、ロック等で盗難対策を行なっていれば、もう完璧です。安心して毎日眠る事ができるでしょう。

ただし、ガレージの扉を開けっ放しにしていたり、鍵を忘れていたらガレージ保管としての意味はありませんよ。窃盗団に盗む隙を与えないように毎日戸締りは行なってください。

また、ガレージがあると、盗難対策以外にもメンテナンスやカスタムをする際にも大助かりです。「今日は天気が悪いから、バイクは触れないな」と、残念がることもありません。どんなときでもバイクを触れる状態じゃないと気が済まないなんて人にも、ガレージは絶対お勧めです。

残念ながら、アパートやマンション住まいであったり、自宅の土地に余裕が無い方はガレージ保管なんて夢のまた夢です。もし今、バイクに興味があってこれからマイホームを手に入れる計画があるのであれば、ぜひともバイクガレージが設置を考慮しておきましょう。

貸し倉庫

「憧れのガレージでバイクを保管したいけど、土地が無い……」と落胆している方、そんなに落ち込まないでください。貸し倉庫を利用すれば、ガレージ保管と同じ位の安心感を得ることができますから。

自宅に荷物が置けないことを理由に利用される貸し倉庫ですが、その中にはバイク用に考えられているものもあり、バイクガレージとして利用する人は少なくありません。

自宅から離れた場所に愛車を保管するという不安感はあるかもしれませんが、自宅に保管スペースが無く、路肩に申し訳無さそうに止めているようなレベルであれば、圧倒的に貸し倉庫のほうが安心感は高いといえるでしょう。

ネックとしては、自宅からバイクの元まで移動しなくては乗ることができない点でしょう。極端に遠い場所に保管するはめになってしまうのは考えものなので、歩いて通える範囲内に貸し倉庫があれば、願ったりです。そのような倉庫が身近なところにある場所に引っ越すというのも手です。

毎日手軽に乗りたいという場合には、貸し倉庫の保管は不向きです。晴れた休日のみというサンデーライダーであれば、貸し倉庫の利用価値があります。

毎日乗るような人の場合、盗難リスクは大幅に下がります。週に1、2回しか乗らない人の場合ですと、次に乗るまでの日数が大きく開いてしまいがちなので、窃盗団も狙いやすいのです。

しかし、貸し倉庫とはいえ、100%盗難を防げる訳ではありません。うっかり倉庫の鍵を忘れてしまえばその隙を狙われてしまいますし、倉庫内に高級車やレア車がしまっていると知られれば、追跡されて盗難の機会を伺うプロもいるのです。

もし盗まれてしまったら…

盗難対策を施したけど、盗まれてしまった。しかも車両追跡システムも反応はせず、盗難保険も入っていない。警察に盗難届けを出したが、もう何ヶ月も連絡が無い……

実に、笑えない話です。自分が出来る限りの盗難対策を施していたにもかかわらず盗まれてしまったというのは、実に悔しく腹立たしいものです。感情の矛先は、窃盗団だけでなく、満足に捜査をしたのかと警察にまで向けてしまいがちです。

しかしそのような感情を抱いても、バイクは帰ってくるわけではありません。はっきり言っておきましょう。もし自分のバイクが盗まれたら、それはもう諦めるしかありません。無事手元にバイクが帰ってきたという話は、奇跡的なお話なのですから。

ただ、盗まれるにしても、万全の対策で盗まれたのと、自身の油断が原因で盗まれたのとでは話が変わってきます。「もしあの時、ハンドルロックをしていれば」「もしあの時、面倒に感じて自宅前に置きっぱなしにしていなかったら」という、理由のもと盗まれたとしたら、その後悔はずっと長く付きまとうことでしょう。

「あれだけやって盗まれたんじゃ、仕方が無い!」と思えと言っても、なかなか難しいでしょうが、盗まれてしまったらそれくらいの気持ちになれるくらいじゃないと立ち直れません。いつまでも負の感情を引っ張って、周りにもそれを振りまいてしまったらみんなが嫌な思いをしてしまいますから。

そういう後悔を持たないためにも、バイクの盗難対策はしっかりとすべきなのです。盗まれないためだけではなく、盗まれても後悔しないため! ちょっとばかり論点からずれた考えではありますが、私は盗難対策はそのようなものだと考えています。

車両追跡、位置情報システム

バイクを盗まれてしまっても、全てを諦めるにはまだ早いです。車両追跡、位置情報システムのサービスを受けていれば、盗まれたバイクが今どこにあるかを知ることができます。

盗まれたと分かったら、直ちにサービスを受けている会社に連絡をします。すると、衛星によってバイクがある場所を特定し、携帯電話やパソコンを通して持ち主に所在を教えてくれます。この情報を警察に連絡して盗難した人物を追い詰めれば逮捕となり、無事愛車も帰ってきます。

場所の特定は、時間が勝負です。プロの手にかかれば、車両追跡、位置情報システムが搭載されているかのチェックは当然行なわれます。搭載されてあると分かれば、すぐにカットされてしまい、位置情報を知ることが不可能となってしまいます。

車両追跡、位置情報システムを提供しているのは、セコムの「ココセコム」をはじめ、多々あります。会社によってサービスや価格は違いますので、検討して選ぶとよいでしょう。

ハーレーを盗まれた私の知人は、位置情報システムを起動しましたが、深夜に盗まれて気が付いたのは朝方で時間が経っていたため、位置情報確認はできませんでした。その後の調べでプロの窃盗団の仕業と分かりましたが、結局バイクは手元に戻りませんでした。車両追跡、位置情報システムのような最先端の盗難防止を行なっていても、盗まれてしまう事はあるのです。

バイクの盗難防止は、合わせ技が最も有効です。狙われにくい場所に保管して通常のロックでバイクを固め、決め手として車両追跡、位置情報システムを搭載。とにかく窃盗団に「盗むのが面倒だ」と思わせることが重要なのです。

盗難保険

バイクが盗まれた! という万が一の事態に活躍するのが、盗難保険です。まさに備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖といったものですね。

盗難保険の加入先により保障は異なりますが、盗まれた車両額の全額保障、カスタムパーツの保障、部分的盗難の保障、悪戯の保障など、高い水準の盗難保険もあります。盗まれた愛車には申し訳無いかもしれませんが、盗まれても良かったと十分安心できます。

盗難対策を十分にしても、まだまだ安心できないという方は、ぜひとも盗難保険の加入をお勧めします。保険料は決して安くはありませんが、それに見合うサービスは受けることができます。

ただし、盗難保険に加入しているからといって盗難対策を全く行なわないのもいけません。盗難保険にはルールがあり、必要な条件をクリアしていないと保険金が下りないというケースもあるのです。

例えば、大手バイクチェーン店のレッドバロンの盗難保険では、レッドバロンオリジナルのチェーンロックを使用しており、ハンドルロック等の自己防衛を行なっていないと保険適用外となってしまいます。

盗難保険に加入する場合は、十分に盗難保険が適用される条件を理解し手おく琴が必要です。でなければ、保険金の支払いがが無駄金となってしまいます。

盗難保険に入るかは、自分のバイクが盗難リスクが高い車種か調べてみて、盗難率が高いようでしたら加入を考えると良いでしょう。バイクの盗難と聞くと高級車が狙われるイメージが強いですが、マイナーなレア車や海外で人気の車種であったり、需要の高い原付クラスでも盗まれる事はあるのです。

スポンサーリンク

関連記事

バイク免許教習所ガイド:はじめる前の心構え

セーフライダーを目指して 自動二輪教習をはじめる前の心構えとして、“セーフライダー”を目指すこ

記事を読む

トライアンフ(TRIUMPH) 2013 バイクモデルカタログ

100年以上もの歴史を誇るモーターサイクルメーカー、トライアンフ。アメリカはハーレーダビッドソン

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | 防寒パーツ編

クルマと違ってバイクは体が露出しているため冬は思いっきり寒さを感じてしまいます。素晴らしいバイク

記事を読む

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:卒業検定

卒業検定について 第二段階のみきわめにて、「確実で円滑な運転操作」、「バランステクニック」、「

記事を読む

レシプロ・ディーゼル・ガスタービン・ロータリーエンジンの仕組みや特徴

レシプロエンジン エンジンの種類はいくつも存在します。そのうちバイクのエンジンとして定番採用さ

記事を読む

日本のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

日本のバイクメーカーの筆頭は四大メーカーと称される、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ。ですがそれ

記事を読む

スズキ(SUZUKI) 2014 バイクモデルカタログ

大型二輪クラス 隼 アルティメットスポーツバイクとして世界に名をはせる「隼」が、2014年よ

記事を読む

バイク初心者が必要不可欠な装備・アイテムをご紹介

「バイクを買ったぞ! さぁ、走りに行こう!」という具合に、準備もなしにバイクライフをはじめること

記事を読む

スズキ輸出車(逆輸入車) [モトマップ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

2013年、モトマップが取り扱うスズキ逆輸入モデルは、全部で8モデルです。そう多くは無いモデル数

記事を読む

ミヨシ石鹸の特徴や感想

ここに、純粋せっけんにこだわる会社があります。 『ミヨシ石鹸』で

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

→もっと見る

PAGE TOP ↑