バイクニュース

公開日: : 最終更新日:2015/07/19 バイク

ハーレー 試作モデルとして電動バイクを発表

2014年6月19日、アメリカはハーレーダビッドソン社が同社としては初となる電動バイクの発表を行った。題して「プロジェクト・ライブワイヤ」。この電動バイクは環境性能への配慮を持つ未来の乗り物とすると同時に、ハーレーならではの独自走行サウンドと優れた加速性能を持ち合わせた個性的なマシンとすることでオリジナリティを確立、新時代のハーレー顧客を狙うとしている。

独自デザイン

プロジェクト・ライブワイヤはウィスコンシン州のデベロップメント・センターにて開発が行われ、先進的なデザインにより懐古的なビッグツインモデルとは一線を画している。また軽いマシンながら重厚感溢れるデザインとし、タッチスクリーン式ディスプレイといった先進アイテムの装備も際立っている。大きくモーターサイクルのスタイリングから異なることは無いが、ハーレーダビッドソンン培ってきたそれとは明らかに異なり、クルーザーというよりもロードスポーツのアグレッシブなスタイリングとなっている。

戦闘機のようなサウンドとパワー

ハーレーといえば独自の排気サウンドフィーリングが1つの魅力として長らくあげられてきたが、発表された試作機にも特徴的な走行音が求められており、それは戦闘機の飛び去る迫力あるサウンドに近いとしている。性能に関してはリチウムイオン電池搭載で発進後約4秒で時速60マイル(約100(キロ)に到達、また航続距離は1回の充電で100マイル(約160キロ)を実現しており、今後の電池技術の進歩に合わせてさらに航続距離を伸ばすことを目標としている。

発売の目処は?

ハーレーダビッドソン社は来年2015年にアメリカ国内をはじめカナダやヨーロッパにて試乗ツアーを行うことでハーレーの電動バイクに対する評価を探り、殿堂バイク市場への参入を決定するとのことだ。コンセプトモデルとして終わるか、ラインナップモデルとなるかは今後の市場評価次第となるが、現時点での話題性は非常に高い。

気になるような、ならないような

自分自身、80年代のちょっと古いハーレーに乗っているもので、正直インジェクション搭載の先進ハーレーには抵抗意識が拭えない。それはやはり独特なサウンドに欠けるという点が大きい。ただ先進モデルがまったくもって嫌いというわけでもなく、SF映画に出てくるような今回の電動バイクは非常に気になる。そして戦闘機のようなサウンド…… という点も、ハーレーらしい憎い試みなのかなと(笑)。買う買わないは別として、未来を担うハーレーモデルとしてラインナップ化を期待したいな。

中高年ライダー増加、各社中大モデル拡充

2014年現在、中高年層のライダーが急増中だ。理由は大型へのステップアップが容易になったことにはじまり、長らく続いていた不景気から景気回復の兆しが見えはじめたことで趣味性の強い乗り物にお金を使いやすくなったこと、また丁度今、子育てや仕事がひと段落したことで趣味に時間を費やしやすくなったなど、様々な理由があげられる。また40~50代のバイクブームに熱せられ、20~30代にも中型以上のバイク需要が高まりつつある。そのような影響を受け、国産メーカーもモデル拡充に精力的になっている。

最も熱いホンダの動き

国産メーカーの中で最も精力的に活動しているのは、何といってもホンダだ。そのラインナップ数は他国産メーカーを大きく引き離している。基本設計を共通化、海外モデルの国産化といった手法を用いてモデル数の拡大に努め、大型ミドルクラスのNCシリーズがまだ記憶に新しいところだがリッターオーバーにF6BやF6Cといった派生モデルを、また快適技術の体感をコンセプトに掲げたCTXフラッグシップのCTX1300を2014年に加えている。またミドルクラスでは先進スタイルを持ったニューフェイス、NM4をはじめ、排気量を拡大した新NCシリーズ、さらにCB650シリーズを、エントリークラスでは2気筒CBモデルを加え、クォータースクーターでは昨年フォルツァSiを加えている。

その他メーカーの動き

ホンダ以外のメーカーも動きを見せている。ヤマハはニューミドルクルーザーのBOLTを加え、立て続けにクロスプレーンコンセプトに基き開発されたニューユニットを搭載したMT-09、MT-07を堂々とデビューさせた。スズキも海外で人気のモデルを国産ラインナップに加えることで充実を図った。逆輸入車として多大な人気を誇っていたメガスポーツの隼をはじめ、V-Strom1000、GSR750が国産ラインナップ化することで親しみやすさを大きく高めた。またクォータークラスにはバーグマンという原付二種と軽二輪ビッグスクーターの間を保管するスクーターを導入している。カワサキは往年のモデル、WシリーズやZシリーズのネームで独自の勝負を続けている。

選択する楽しみが増えた

僕が免許を取得し、ファーストモデルを選択したのは今から10年ほど前のこと。当時は今より選択モデルの幅が狭かった。定番を選ぶか、それとも型落ち中古車を選択するかという人が多かった。今は燃費を考える人も多いのか、現行新車を選択する人が増えたように思う。メーカーサイトでも燃費を大々的に発表しているくらいだ。闇雲にラインナップを増やせば良いわけじゃないという意見もあるだろうが、初心者やリターンがマシンを選択する楽しみが増えたということは、素直にバイクに親しみやすく、のめりこみやすくもなりいいことだと個人的には思う。

スポンサーリンク

関連記事

モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

California 1400 Custom モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデ

記事を読む

ヤマハ(YAMAHA) 2014 バイクモデルカタログ

ヤマハ公式サイトより転載 大型二輪クラス FJR1300AS ダイナミックツーリングを

記事を読む

台湾のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

様々な国の影響を受けて成長した国という性質があってかどうかは分かりませんが、台湾のバイク事情も日

記事を読む

ホンダ(HONDA) 2013 バイクモデルカタログ

国産4大メーカーのうち最も活発なメーカーであるホンダのラインナップは非常に充実です。原付一種を除

記事を読む

モトグッツィ(Motoguzzi) 2013 バイクモデルカタログ

モトグッツィのラインナップは一貫して縦置きV型2気筒エンジンを採用し続けているという大きな特長が

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:普通自動二輪教習 第二段階

基本の法規走行 公道を走るとなると、運転技術だけで二輪車を運転できるようなものではなく、交通法

記事を読む

バイクの外装の仕組みや働きのまとめ

ライダーやパッセンジャーが快適にバイクに乗れるように装着されている部品も外装に分けられます。ハン

記事を読む

スズキ輸出車(逆輸入車) [モトマップ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

2013年、モトマップが取り扱うスズキ逆輸入モデルは、全部で8モデルです。そう多くは無いモデル数

記事を読む

ビー・エム・ダブル(BMW) 2014 バイクモデルカタログ

Tour K1600GTL Exclusive ハイパフォーマンス並列6気筒ユニットを搭載し

記事を読む

イタリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イタリアを代表するメーカーを挙げるのはあまりにも多いため難しいですが、ラインナップの幅を見るとア

記事を読む

金の菊芋の特徴や感想

『糖分』の量のコントロールできていますか。 『金の菊芋』サプリな

ツインバード コンパクトブレンダー『OLALA』の特徴や感想

ツインバードから、太陽の恵みをいただく新ブランド『OLALA』コン

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおい

DAIKIN 空気清浄機の特徴や感想

大きな携帯電話に見えます。 スッキリスマートなデザインです。

Panasonic 衣類スチーマーの特徴や感想

これからお出かけしようとした途端、洋服のシワに気がついて気になって

→もっと見る

PAGE TOP ↑