バイク免許教習所ガイド:卒業検定

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 バイク

卒業検定について

第二段階のみきわめにて、「確実で円滑な運転操作」、「バランステクニック」、「法規に従った走行」の3点の教習ポイントが十分身についていると教官に判断されたら、いよいよ卒業検定に進むこととなる。

教習所の卒業検定

教習所で行われる卒業検定は、教習してきたことが身についているかの判断だけでなく、試験場で行われる技能試験の代わりとして行い免許希望者の能力を判断することとなる。具体的にはみきわめの際に確認したものと共通しており、「運転装置を操作する能力」、「交通法規に従って運転する能力」、「安全な運転姿勢と運転を行う能力」が備わっているかを判定する。

卒業検定の採点基準

検定は乗車から下車までが採点のポイントとなる。そのため乗車時の正しい動作や安全確認、下車も検定が終わってほっとしたと安堵せずに最後まで正しい手順を行わなければ減点ポイントとなる。検定は減点方式で行い、100点を持った状態でスタート、不備があるたびにその都度減点され合格か不合格かが決定する。合格点数は70点以上で、数値的には多少甘く感じられるが課題の失敗等は一発不合格の可能性もある。例えばスラロームのパイロン接触、一本橋落下、急制動の距離オーバーなどが一発不合格となる。

教習所卒業検定の後

卒業検定の後はすぐに合否の発表は行われず、しばらくした後に合格者が呼ばれ教習所卒業となる。卒業後は後日免許センターで免許交付となるわけだが、初の運転免許の場合は学科試験が控えており、それに合格してようやく免許交付となる。

卒業検定不合格となってしまった方の場合は卒業できず、さらに1時限の教習が追加され再び卒業検定に挑むこととなる。追加教習では卒業検定の失敗を元に苦手分野を克服し再挑戦するが、それでもまた不合格となった場合は同じく1時限追加の再検定となる。もちろん教習数と検定数が増えれば費用が嵩み、また合宿教習の場合は日数が増してスケジュールが押してしまうので注意が必要だ。

卒業検定の内容

卒業検定の内容は、これまで教習してきた内容の復習のようなものだ。そのため正しくみきわめをもらっている場合であれば、受ける教習者の100%が合格できるようになっている。だが実際はその場の緊張やうっかりミスもあるため100%合格できるとはいかないが……。

卒業検定のコース

卒業検定にはコースが複数用意されており、教習者はあらかじめ教えられたいくつかのコースを練習し、そのうち1つのコースがランダムに卒業検定コースとして用意される。そのため練習コースをしっかりと叩き込んでおけばコースに迷うことは無い。ほとんどの教習所の場合はAコース、Bコースと2種類用意されており、どちらも大幅に異なるわけではなく多少の課題順番が異なる程度なのでまったく覚えにくいということはない。検定コースは検定当日に発表される。

コースを間違えたことで不合格になることはなく、間違えた場合は検定員にそのことを伝え、正しいコースに復帰することで検定を再開することができる。ただし復帰の際に運転ミスがあった場合は減点、不合格の対象となるため、完璧にコースをマスターしておくことに越したことは無い。

卒業検定の内容

コースの中に設定された課題をクリアすることがポイントなる。課題はスラロームや一本橋、急制動、坂道、踏み切り、クランクなど、これまで教習で学んできた課題が全て組まれている。その他、交差点の進入や進路変更、方向指示器の点灯タイミングなども全てチェックされ、ミスは全て減点の対象となる。

特に注意すべきポイントは、一発不合格となってしまうミスだ。スラロームではパイロンに接触しないことを第一に考え、タイムは目標をクリアできなくても最悪は構わない。タイムオーバーでは減点に留まり一発不合格とはならない。同じく一本橋もタイムに拘る必要が無い。そのため課題よりも些細な点で大きなミスをしないよう注意すべきで、一時停止ミスや停止線オーバーなど、卒業検定の緊張からうっかり行ってしまいがちなミスで不合格という人も少なくない。

合宿免許ランキングサイトの公式ページです


スポンサーリンク

関連記事

モトグッツィ(Motoguzzi) 2013 バイクモデルカタログ

モトグッツィのラインナップは一貫して縦置きV型2気筒エンジンを採用し続けているという大きな特長が

記事を読む

ホンダ輸出車(逆輸入車) [パッセージ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

パッセージが取扱いしているモデルをおおまかに数えますと、30台以上はあります。リッタークラスから

記事を読む

バイク乗りの僕が欲しいけどと悩むパーツや用品

バイクってのはお金のかからない趣味だと思ってライダーデビューした僕(もちろんそれだけが理由じゃな

記事を読む

バイクの燃料タンクの詳細

フューエルタンク エンジンを動かすために必要不可欠な燃料(ガソリン)を蓄えているのがフューエル

記事を読む

免許取得までの流れや心構えなどをご紹介

バイクに乗るに当たって必要不可欠なものは、まず第一に二輪免許です。こんなことは、誰かに改めて教わ

記事を読む

バイクの電装の仕組みや働きのまとめ

昨今の現行モデルの大半はフューエルインジェクションが採用されており、一層に電装の重要度が高まって

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップバッグ編

バイクの免許を取得して愛車を購入。さてツーリングだ! と思うも収納力が乏しいバイクではレインコー

記事を読む

ベスパ(VESPA) 2013 バイクモデルカタログ

ピアジオグループのベスパブランド。ラインナップは当然“ベスパスクーター”が揃っています。正確には

記事を読む

スズキ輸出車(逆輸入車) [モトマップ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

2013年、モトマップが取り扱うスズキ逆輸入モデルは、全部で8モデルです。そう多くは無いモデル数

記事を読む

バイクエンジンの吸気や排気に関するパーツの詳細

バルブ機構:OHCについて 吸気バルブと排気バルブの開閉を行うカムが、一本のカムシャフトにまと

記事を読む

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

→もっと見る

PAGE TOP ↑