トライアンフ(TRIUMPH) 2014 バイクモデルカタログ

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 バイク


トライアンフ公式サイトより転載

クルーザー

Thunderbird Commander

2014年にトライアンフクルーザーの新星として加わった「Thunderbird Commander」。超大排気量に加えて優れた乗り心地とハンドリング性能、そしてトライアンフならではのパラレルツインクルーザースタイル。それぞれが熟成されたパワフルなモデルです。

パワーユニットに関しては既にラインナップされていたサンダーバードストームと共通しています。排気量1699ccをも備える水冷DOHCパラレルツインエンジンは現行量産モデルとしては世界最大の並列2気筒排気量ともされています。その絶大な排気量が発揮する図太いトルクは2950回転時に156Nmを発揮し、実用域にて怒涛の力強さを感じることができます。また組み合わされるミッションには6速を選択することで高速巡航と燃費性も優れた魅力を発揮します。

エンジンとは対照的にフレームをはじめポジショニングに関わる装備等は大きく見直されているのがポイントです。骨格には新設計ツインスパインを迎え、エンジンも強度メンバーとして使用。フロントジオメトリーの変更に剛性の最適かも行われています。サスペンションにはデュアルレートスプリング式、ブレーキはフロントダブルのリアシングルに加えABSも標準装備。自然なポジションも実現しており、シートは長距離ライドを考慮した専用設計で、足元にはフットボードを採用。パッセンジャー側の安定安心感も求められています。

スタイリング面では、ボリューム感溢れるワイルドな印象です。足回りの前後ファットタイヤに加えてフロントにはフォークカバーが屈強さをアピール。基本に忠実なワイドハンドルにティアドロップタンクという選択に、左右シリンダーからそれぞれ後方に排気される左右2本エキゾーストスタイルはパラツインならではの美しさ。またヘッドライトはデュアル式としており、ハーレーのファットボブと似た個性を備えています。

車体色はクリムゾンサンセットレッド/ラバレッド、ファントムブラック/ストームグレーの2色のツートーンをラインナップ。車両税込価格は198万8000円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

Thunderbird LT

2014年にサンダーバードコマンダーと同時にラインナップに加わったトライアンフツアラークルーザー「Thunderbird LT 」。超大排気量ユニットを備えるロングボディに豪華ツーリング装備が加えられた、トライアンフ自慢のロング志向クルーザーに仕上がっています。

パワーユニットに関しては既にラインナップされていたサンダーバードストームと共通しています。排気量1699ccをも備える水冷DOHCパラレルツインエンジンは現行量産モデルとしては世界最大の並列2気筒排気量ともされています。その絶大な排気量が発揮する図太いトルクは2950回転時に156Nmを発揮し、実用域にて怒涛の力強さを感じることができます。また組み合わされるミッションには6速を選択することで高速巡航と燃費性も優れた魅力を発揮します。

エンジンとは対照的にフレームをはじめポジショニングに関わる装備等は大きく見直されているのがポイントです。骨格には新設計ツインスパインを迎え、エンジンも強度メンバーとして使用。フロントジオメトリーの変更に剛性の最適かも行われています。サスペンションにはデュアルレートスプリング式、ブレーキはフロントダブルのリアシングルに加えABSも標準装備。自然なポジションも実現しており、シートは長距離ライドを考慮した専用設計で、足元にはフットボードを採用。パッセンジャー側の安定安心感も求められています。

スタイリングはワイルドなコマンダーをベースにラグジュアリーなツアラーへと変貌しています。フロントには走行風を真っ向から防ぐウインドシールドを備え、ヘッドライトはコマンダーの横デュアル式からワンタイプに変更。変わりに左右にフォグランプとその下にウインカーという正当なツアラールックを与えられています。リアには左右レザーバッグを備え、パッセンジャーの居住性を大幅に高めるシーシーバーバックレストも加えられています。

車体色はカスピアンブルー/クリスタルホワイト、ラバレッド/ファントムブラックの2色のツートーンをラインナップ。車両税込価格は210万円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

America

ネーミングから分かるとおり“アメリカンスタイル”が追求されたトライアンフクルーザー「America」。先行デビューしていたスピードマスターをベースとし、より重厚で頼もしく、またクラシカルなスタイリングに変貌しています。

そのスタイリングはエンジン形式を除けば完璧なロー&ロングなクラシカルアメリカン。エンジン高が大きくなりやすい並列式であるものの独自のデザインにより美しく低いボディを実現。エキゾーストが各シリンダーから左右後方までスマートに流れる様はならではの魅力ポイントです。ハンドルはワイドに、フロント16のリア15インチホイールとファットタイヤ、そしてディープフェンダーの組み合わせ、シートは後方へと落ち込みリアフェンダーに沿って跳ね上がるデュアルタイプ。これら各デザインもクルーザーならではのセンスが映えています。シート高は690mmと極低を実現しているのもポイントです。

どっしりとした風貌ではあるものの、エンジン排気量は865ccとミドルクラスに抑えられています。ユニットはボンネビル系の空冷並列2気筒が与えられているものの、クランク角を270度に変更することでクルーザーの魅力である不等間爆発による鼓動感を強調しています。またスペック的にも実用域のトルク性が高められています。ミッションには5速を採用。高速巡航性においては兄貴分の超大排気量&6速ミッション搭載のサンダーバード系には劣るものの、ミドルクラスならではの、日常シーンでの取り回しや実用性においては決して劣らぬパフォーマンスを提供します。

シャシーはクルーザーらしいトラディショナルなセッティングで、骨格にはスチールクレードルフレームを採用、サスペンションにはフロントに41mm正立テレスコピックフォークとリアに左右式カバヤショックの組み合わせ。ブレーキシステムはフロント310mmのリア285mmのシングルディスクとニッシン製2ピストンキャリパーとの組み合わせです。

車体色はファントムブラックのワンカラーをラインナップ。車両税込価格は99万3600円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

America LT

クラシカルクルーザーのアメリカをベースに“ライトツーリング”の名を与えられた豪華モデル「America LT」。ツーリングアイテムを各種標準装備することで利便快適性を高め、同時にスタイリングもボリュームアップ。満足度の高いミドルクラシックツアラーに仕上がっています。

ミドルクラスながら堂々としたパラレルツイン式クルーザーボディを実現したアメリカに各種ツーリングアイテムが備わったスタイリングは、一気に豪華度を高めています。フロントにはツーリングクルーザー必至のウインドシールドを備えて走行風を大幅軽減。またシールドはレバー操作にて簡単な着脱が可能です。リアには左右レザーパニアを備え、十分な積載容量を確保すると同時にクラシカルなイメージもアップ。パッセンジャーの快適性を高めるバックレストも装備されました。

メカニズムに関してはベースのアメリカと共通です。どっしりとした風貌ではあるものの、エンジン排気量は865ccとミドルクラスに抑えられています。ユニットはボンネビル系の空冷並列2気筒が与えられているものの、クランク角を270度に変更することでクルーザーの魅力である不等間爆発による鼓動感を強調しています。またスペック的にも実用域のトルク性が高められています。ミッションには5速を採用。高速巡航性においては兄貴分の超大排気量&6速ミッション搭載のサンダーバード系には劣るものの、ミドルクラスならではの、日常シーンでの取り回しや実用性においては決して劣らぬパフォーマンスを提供します。

シャシーはクルーザーらしいトラディショナルなセッティングで、骨格にはスチールクレードルフレームを採用、サスペンションにはフロントに41mm正立テレスコピックフォークとリアに左右式カバヤショックの組み合わせ。ブレーキシステムはフロント310mmのリア285mmのシングルディスクとニッシン製2ピストンキャリパーとの組み合わせです。

車体色はパシフィックブルー/サファイアブルーのツートーンを用意。車両税込価格は114万500円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

スポンサーリンク

関連記事

韓国のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

韓国のバイク文化は、日本のメーカーからの技術提供のお陰で発展したといっていいでしょう。現在の韓国

記事を読む

どうせ売るなら高く売りたい!バイクを高く売るコツ!

どうせ売るなら高く売りたい! というのは、当然のことです。自分が愛着を持って所有してきたバイクが

記事を読む

バイクについての基礎知識

バイクのジャンルについて バイクはジャンルによって非常に性質が異なってきます。どのようなところ

記事を読む

デルビ 2013 バイクモデルカタログ

SuperMotard DRD125 4T4V デルビが手がける原付二種スーパーモタードモデ

記事を読む

日本のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

日本のバイクメーカーの筆頭は四大メーカーと称される、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ。ですがそれ

記事を読む

イギリスのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イギリスはバイク文化にも大きな影響を与えている国です。インドに生産体制を置き、アジアに英国スタイ

記事を読む

台湾のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

様々な国の影響を受けて成長した国という性質があってかどうかは分かりませんが、台湾のバイク事情も日

記事を読む

スペインのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

スペインで歴史が古いメーカーはというと、創業は1922年まで遡ることができるデルビでしょう。最も

記事を読む

イタリアのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イタリアを代表するメーカーを挙げるのはあまりにも多いため難しいですが、ラインナップの幅を見るとア

記事を読む

ビー・エム・ダブル(BMW) 2014 バイクモデルカタログ

Tour K1600GTL Exclusive ハイパフォーマンス並列6気筒ユニットを搭載し

記事を読む

タイガー ホームベーカリー土鍋焼きの特徴や感想

感動のおいしさ届けるタイガーのGXシリーズから、ホームベーカリーが

アーロンチェアの特徴や感想

背中がメッシュ素材だから、1日中椅子にかけていても、ベタベタ感がな

日本三大鶏>比内鶏、薩摩地鶏、名古屋コーチン

日本にはさまざまなジャンルの三大○○があります。食に関する三大括り

象印 コーヒーメーカー 珈琲通の特徴や感想

コーヒーでなく、珈琲を飲みたいときってありますよね。 日曜日の昼

UCC DRIP PODの特徴や感想

チェリーレッド、カフェブラック、ハニーホワイト。 ポット本体の色

→もっと見る

PAGE TOP ↑