モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 バイク

California 1400 Custom

モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデザインを一新して登場した「California 1400 Custom」。リッターオーバーの縦置きVツインに各種先進装備も搭載され、デザイン性だけでなく走りのパフォーマンスにおいても魅力的に仕上がっています。

伝統的なアメリカクルーザースタイルを踏襲しつつも、洗練された各ディテールが相まってモダンなニュースタイルを実現しています。タンクに食い込むようなエンジンレイアウトと周辺デザイン、そして左右から伸びるエキゾーストにやや跳ね上がった迫力のサイレンサーを装備。灯火アイテムではヘッドライトにLED式デイライトを、リアにはフェンダーをスマートに見せるテール&ウインカー一体式のLED埋め込みタイプを装備しています。

エンジンは伝統と先進性を融合させた空油冷クランク縦置きV型2気筒ユニットを搭載し、排気量はモトグッツィ歴代モデルユニット最大となる1380cc。ならではのトルクフルな鼓動感を体感でき、スペック的には2750rpm時に120Nmをも発揮。吸気には電子制御インジェクション&ライドバイワイヤを搭載しています。足回りは前後ザックス製サスペンションを備え、ブレーキは前後ブレンボ製を採用。超重量&パワーを支える足回りを確保しています。

ライドバイワイヤによりエンジンコントロールを可能とし、手元のスイッチ操作にて3モードの変更が行われる先進システムを搭載。スポーツモードではスポーツライディングに最適なレスポンスを発揮し、ツーリングモードでは快適なライディング感を重視、レインモードでは雨天などの滑りやすい路面に対する安定性を重視します。その他、長距離ライドを支えるクルーズコントロールにトラクションコントロール、ブレーキにはABSも標準装備と、先進システムが多数組み込まれている点も魅力です。

車体色はバサルトブラック、マーキュリーグレーの2色をラインナップ。車両税込価格は210万6000円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

スポンサーリンク

関連記事

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

バイクについての基礎知識

バイクのジャンルについて バイクはジャンルによって非常に性質が異なってきます。どのようなところ

記事を読む

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ

アプリリア(APRILIA) 2013 バイクモデルカタログ アプリリアはロードスポーツモデル

記事を読む

バイク初心者が必要不可欠な装備・アイテムをご紹介

「バイクを買ったぞ! さぁ、走りに行こう!」という具合に、準備もなしにバイクライフをはじめること

記事を読む

バイクエンジンの気筒数や気筒レイアウトに関する考察

気筒数と気筒レイアウト エンジンが高出力を求めるためには排気量アップが欠かせません。ただし、闇

記事を読む

エンジン内部のパーツの役割や働き

コンロッド ピストンとクランクシャフトを結び、往復運動を回転運動へと変換する役割を担っているの

記事を読む

バイク乗りの僕が「買って良かったな!」パーツや用品を紹介!

バイク関係のパーツに用品。買って良かったものもあれば残念だったものもあります。 まぁ残念な

記事を読む

バイクエンジンの冷却方法と冷却に関連するパーツのまとめ

油冷エンジン バイクのエンジンの定番である4サイクルエンジンには、常にエンジンオイルがエンジン

記事を読む

ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON) 2013 バイクモデルカタログ

ハーレーダビッドソンは常にわが道を進む、そんなスタンスが伝わってくるラインナップを毎年見せてくれ

記事を読む

オランダのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

さてさて、オランダのバイクイメージはといいますと、僕はモペットですね。トモスというモペットです。

記事を読む

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

→もっと見る

PAGE TOP ↑