モトグッツィ(Motoguzzi) 2014 バイクモデルカタログ

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 バイク

California 1400 Custom

モトグッツィのベストセラークルーザーシリーズのデザインを一新して登場した「California 1400 Custom」。リッターオーバーの縦置きVツインに各種先進装備も搭載され、デザイン性だけでなく走りのパフォーマンスにおいても魅力的に仕上がっています。

伝統的なアメリカクルーザースタイルを踏襲しつつも、洗練された各ディテールが相まってモダンなニュースタイルを実現しています。タンクに食い込むようなエンジンレイアウトと周辺デザイン、そして左右から伸びるエキゾーストにやや跳ね上がった迫力のサイレンサーを装備。灯火アイテムではヘッドライトにLED式デイライトを、リアにはフェンダーをスマートに見せるテール&ウインカー一体式のLED埋め込みタイプを装備しています。

エンジンは伝統と先進性を融合させた空油冷クランク縦置きV型2気筒ユニットを搭載し、排気量はモトグッツィ歴代モデルユニット最大となる1380cc。ならではのトルクフルな鼓動感を体感でき、スペック的には2750rpm時に120Nmをも発揮。吸気には電子制御インジェクション&ライドバイワイヤを搭載しています。足回りは前後ザックス製サスペンションを備え、ブレーキは前後ブレンボ製を採用。超重量&パワーを支える足回りを確保しています。

ライドバイワイヤによりエンジンコントロールを可能とし、手元のスイッチ操作にて3モードの変更が行われる先進システムを搭載。スポーツモードではスポーツライディングに最適なレスポンスを発揮し、ツーリングモードでは快適なライディング感を重視、レインモードでは雨天などの滑りやすい路面に対する安定性を重視します。その他、長距離ライドを支えるクルーズコントロールにトラクションコントロール、ブレーキにはABSも標準装備と、先進システムが多数組み込まれている点も魅力です。

車体色はバサルトブラック、マーキュリーグレーの2色をラインナップ。車両税込価格は210万6000円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

スポンサーリンク

関連記事

バイク買取体験談、ライダー達のバイクとの別れ経験

バイクを手放してしまうというのは、購入した当時には思いもしなかった出来事です。「一生乗るぞ」って思う

記事を読む

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

バイクのジャンルや種類、特徴とおススメはこんな方!

バイクのジャンルはびっくりするくらいたくさんあります。しかも性能は同じバイクとして括っていいもの

記事を読む

ホンダ(HONDA) 2014 バイクモデルカタログ

ホンダ公式サイトより転載 大型二輪クラス CB1300SB スーパーフォア同様に「CB

記事を読む

タイのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

タイのバイクは日本と非常に大きな関わりがあります。というのも日本の四大ブランドがタイにてオリジナ

記事を読む

イギリスのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

イギリスはバイク文化にも大きな影響を与えている国です。インドに生産体制を置き、アジアに英国スタイ

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:普通自動二輪教習 第二段階

基本の法規走行 公道を走るとなると、運転技術だけで二輪車を運転できるようなものではなく、交通法

記事を読む

バイクの電装の仕組みや働きのまとめ

昨今の現行モデルの大半はフューエルインジェクションが採用されており、一層に電装の重要度が高まって

記事を読む

インドのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

さてさて、インドは変わった経由で誕生した二輪メーカーが活躍している国です。というのも、元々は欧州

記事を読む

初めてのバイク購入!購入先や種類の択び方をアドバイス!

免許を取得したら、いよいよバイクの購入です! 大抵のライダーの場合、何か乗りたいバイクがあ

記事を読む

夏の夜長に最適?ほっこり系ホラー漫画

夏といえばホラー。貞子VS伽耶子が話題になっていますが、あまりにも

女子必見!キレイも節約も叶える方法

女子はわがままなんですよね… みなさんは毎月貯金はしています

無料で遊べる!夏にぴったりホラーゲーム

夏といえばやっぱりホラーですよね。動画配信サービスなどでもホラーゲ

節約するならここ!おすすめの銀行口座【3選】

銀行の口座を作る際、どの口座を選べばよいか迷ってしまう人も多い

いまさらながら【NISA】とは?メリット・デメリットを紹介

NISA口座を利用しているという方も多いのではないでしょうか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑