インディアン(Indian) 2014 バイクモデルカタログ

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 バイク


インディアン公式サイトより転載

Chief

チーフ・クラシック

新たに誕生したインディアンモーターサイクルのスタンダートクラシックモデル、「チーフ・クラシック」。伝統あるチーフの名を冠し、スタンダートながら豪華な完成度の高いモデルに仕上がっている。車両税込価格は246万2400円。車体色はサンダーブラック、スプリングフィールドブルー(プラス6万4800円)、インディアンレッド(プラス6万4800円)の3色をラインナップ。

インディアンモーターサイクルのクルーザースタイルは、ハーレーダビッドソンのそれとはやや趣が異なる。チーフ・クラシックで最も際だっているスタイリングデザインといえば、前後タイヤに深々と被さったディープフェンダーだ。タイヤの半分近くを覆い隠し、重厚なイメージを演出している。フロントフェンダーにはオーナメントが豪華に備わり、リアはシート下フレームからテールにかけて一体感を演出、その下にはストレートに伸びるロングエキゾーストと、ローロングなスタイリングを大いに演出している。

フロント部にはヘッドライトの左右にポジションランプを標準装備してクラシックムードを高めている。タンクは定番のティアドロップとしメーターはタンクオン。深々と腰を落とすことができる鞍型シートにはスタッドがワンポイントで配され、ハンドルはライダー側に大きくプルバックして快適なライディングポジションを提供している。足元には自由度の高いフットボードを装着している。ホイールはワイヤースポーク、タイヤはホワイトウォールとレトロな選択だ。

パワーユニットには“サンダーストーム111”と名付けられたメガクラス空冷49度V型2気筒エンジンを搭載。排気量は111キュービックインチ(1811cc)も備えることでパワフルな排気サウンドと奏でると共にピークトルクは3000rpm時に161.6Nmを発揮する。エンジンルックスは古風溢れるデザインを意識しつつも完成度は近代的に完全設計が施されており質感と性能を見事に両立。性能信頼性としてはポラリスインダストリーズ社による60年以上にも及ぶ研究開発実績と200万マイルもの実走行試験テストのクリアにより確かなものとして提供されている。ミッションには6速トランスミッション、排気にはスプリット型クロスオーバー・デュアルエキゾースト採用。足回りには安全性を高めるABSを標準装備し、快適性を高めるクルーズコントロールも搭載されている。

チーフ・ビンテージ

チーフ・クラシックのゴージャスなクラシックスタイリングをベースにさらにクラシック性とラグジュアリー性を高めた豪華モデル、「チーフ・ビンテージ」。ウインドシールドとサドルバッグの装着でツーリング性も高めている。車両税込価格は277万5600円とチーフ・クラシックから約30万円のアップ、車体色はサンダーブラック、スプリングフィールドブルー(プラス6万4800円)、インディアンレッド(プラス6万4800円)の3色をラインナップ。

インディアンの長い歴史の中で培われたチーフのクラシックデザインを現代に蘇らせたチーフ・クラシック。チーフ・ビンテージではその名の通りビンテージテイストが高められており、そのポイントはシートとレザーバッグにみられる。セパレート式鞍型シートは前後共に味わい深いブラウンレザーを採用し、アクセントコンチョとフリンジを加えて雰囲気を高めている。レザーサドルも同じくブラウンレザーにコンチョ&フリンジが備わっている。

ビンテージ感の演出だけでなく、利便性も高められているモデルだ。フロントにはアメリカ生まれのクルーザーならではの風の盾“ウインドシールド”が備わっており、ライダーの上半身をすっぽりと覆い隠す。見た目のボリュームアップと同時に高速走行時の防風性を高め、また虫などの飛来物を防ぐことにも活躍する頼もしい盾だ。リアに備わるレザーサドルも収納スペースとして活躍する。ハードケースと比べると実用性に難があるバッグだが、赤茶色の明るいレザーは雨風にさらされることで味わいを増していくこととなる。

パワーユニットには“サンダーストーム111”と名付けられたメガクラス空冷49度V型2気筒エンジンを搭載。排気量は111キュービックインチ(1811cc)も備えることでパワフルな排気サウンドと奏でると共にピークトルクは3000rpm時に161.6Nmを発揮する。エンジンルックスは古風溢れるデザインを意識しつつも完成度は近代的に完全設計が施されており質感と性能を見事に両立。性能信頼性としてはポラリスインダストリーズ社による60年以上にも及ぶ研究開発実績と200万マイルもの実走行試験テストのクリアにより確かなものとして提供されている。ミッションには6速トランスミッション、排気にはスプリット型クロスオーバー・デュアルエキゾースト採用。足回りには安全性を高めるABSを標準装備し、快適性を高めるクルーズコントロールも搭載されている。

チーフ・テイン

インディアンならではの古き良きクラシッククルーザースタイリングをベースとしながらも先進的なカウリングとハードケースを装着した先進バガーモデル、「チーフ・テイン」。2014年モデルではラインナップのトップモデルとして君臨し、車両税込価格は308万8800円、車体色はサンダーブラック、スプリングフィールドブルー(プラス6万4800円)、インディアンレッド(プラス6万4800円)の3色をラインナップ。

チーフ・クラシック、チーフ・ビンテージは共に古き良きインディアンクラシックを追求したモデルで、味わいに趣を置いている。一方のチーフ・テインはというと、ハーレーで言うところのストリートグライドに例えられる先進バガーモデルとなっている。フロントにはウインカー内蔵と電動式ウインドスクリーン、豪華インナーパネルメーターが配されたマスクを装着し、リアには実用性の高いハードサドルケースを装着。ホイールにキャストスポークホイールを選択しているのも、クラシックやビンテージと異なる点だ。

先進的装備を加えられた現代のインディアンモーターサイクルモデルだが、随所にインディアンらしいクラシックテイストが詰め込まれているのも見逃せない魅力だ。フロントフェンダーはチーフ定番のディープタイプで、オーナメントも健在。フロントマスクに備わるクロームメッキデザインやタンクサイドに描かれたインディアンのレトロロゴ、シートにはスタッドやフリンジが備わっている点がインディアンのモデルらしさを演出している。先進装備を身に纏ったとしても、らしさを取り除かないところがインディアン風バガースタイルといったところだろうか。

パワーユニットには“サンダーストーム111”と名付けられたメガクラス空冷49度V型2気筒エンジンを搭載。排気量は111キュービックインチ(1811cc)も備えることでパワフルな排気サウンドと奏でると共にピークトルクは3000rpm時に161.6Nmを発揮する。エンジンルックスは古風溢れるデザインを意識しつつも完成度は近代的に完全設計が施されており質感と性能を見事に両立。性能信頼性としてはポラリスインダストリーズ社による60年以上にも及ぶ研究開発実績と200万マイルもの実走行試験テストのクリアにより確かなものとして提供されている。ミッションには6速トランスミッション、排気にはスプリット型クロスオーバー・デュアルエキゾースト採用。足回りには安全性を高めるABSを標準装備し、快適性を高めるクルーズコントロールも搭載されている。

スポンサーリンク

関連記事

冬の快適ライディングの為のおススメアイテムのご紹介!

ライダーの皆さん、今はどんな季節ですか? 冬?でしたらこちらのコーナーを要チェック! 寒い

記事を読む

バイクのエンジンオイルの種類やエンジンオイルに関するパーツの働き

エンジンオイルの詳細エンジンはいくつもの金属部品同士が組み合わさって構成されています。そしてその

記事を読む

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | サイド&トップボックス編

バイクの収納力は乏しいものです。ビッグスクーターのように収納力抜群モデルやツアラーモデルは別とし

記事を読む

トライアンフ(TRIUMPH) 2013 バイクモデルカタログ

100年以上もの歴史を誇るモーターサイクルメーカー、トライアンフ。アメリカはハーレーダビッドソン

記事を読む

バイクエンジンの吸気や排気に関するパーツの詳細

バルブ機構:OHCについて 吸気バルブと排気バルブの開閉を行うカムが、一本のカムシャフトにまと

記事を読む

ドイツのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

現在のドイツを代表するバイクメーカーはというと、BMWでしょう。クルマにしか乗らない人は知らない

記事を読む

ヤマハ輸出車(逆輸入車) [プレスト取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

ヤマハの逆輸入車はプレストコーポレーションが取扱いを行っています。逆輸入車となると抵抗を感じる方

記事を読む

バイクにおススメの汎用パーツ | 防寒パーツ編

クルマと違ってバイクは体が露出しているため冬は思いっきり寒さを感じてしまいます。素晴らしいバイク

記事を読む

ツーリング 情報 栃木県栃木市 太平山(おおひらさん)

関東平野を一望できる栃木の小山 山というにはやや控えめの小山。栃木県は栃木市にある太平山だ。小

記事を読む

ツインバード ミラーデザインシリーズの特徴や感想

ツインバードから、よりお部屋のインテリアにマッチして、なおなお上品

ツインバード フローズンスィーツメーカー『LULUNA』の特徴や感想

ツインバードから、ゆったりとした夜を味わう新ブランド『LULUNA

ツインバード ジェットサイクロン フキトリッシュNEOの特徴や感想

掃除機で、たぶんゴミは吸い取りきれているけど、足の裏がなんかベタつ

ミヨシ石鹸 素足キレイ泡せっけんの特徴や感想

シトラスミントのニオイが、足の指先からスキッとさせるいい感じです。

iRobot ブラーバの特徴や感想

素足で家の中に入ると、床のざらつきが、意外と気になりませんか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑