スズキ(SUZUKI) 2014 バイクモデルカタログ

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 バイク

大型二輪クラス

アルティメットスポーツバイクとして世界に名をはせる「隼」が、2014年より国産ラインナップについに登場。多くのスポーツライダー憧れのメガスポーツモデルが一層身近な存在となりました。

メガスポーツの迫力を遺憾なく発揮するスポーティなスタイリングは日本の鎧兜をモチーフとしています。滑らかで力強いスタイルは高い空力特性にも優れ、ライダーへの防風効果が徹底的に追及されており、想像以上の快適高速走行性を実現しています。フロントマスクには個性抜群の縦2灯式ヘッドライトに加え、その左右にラムエアインテークとまとめられたウインカーを配置。リアは鎧兜を大きく表現する流線型カウルとし、テールランプにはLEDを採用しています。

パワーユニットは排気量1339ccを備える水冷直列4気筒ユニット。国内仕様でありながら輸出仕様と同じく最高出力197PS、最大トルク155Nmを発揮。GSR750の国内ラインナップが決まった時同様に、フルパワーということで多くのファンを驚かせてくれました。言うまでも無くハイパフォーマンスなユニットにはS-DMSが搭載され、異なるエンジン制御マップを選択することでライダーの好みに合わせた3つの走行モードを楽しむことができます。足回りにはABSを標準装備しています。

また、国内仕様としては二輪車ではじめてのETC車載器標準装備モデルとなっています(スズキ調べ)。ETCの作動状況はメーターパネル内のインジケーターで確認ができ、車載器本体はシート下に設置。標準装備ならではの外観を損なわない取り付けとなっています。

車体色は・パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト、サンダーグレーメタリック/グラススパークルブラック、パールミラレッド/パールグレッシャーホワイトの3色をラインナップ。車両税込価格は160万9200円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

軽二輪クラス

GSR250S

タウンライドからツーリングまでマルチに活躍するロードスポーツモデルの GSR250 に高い防風効果を発揮するハーフカウルを装着した派生車「GSR250S」。車体価格と維持費に優れ、充実のツーリング性能も持つ満足度の高い軽二輪モデルです。

ベースと比べて豪華なスタイリングとツーリング性能を大いに高めています。フロントには走行試験を繰り返して開発された専用ハーフカウルを装着。ロングスクリーンも備わりライダーとパッセンジャーの快適性を大きく向上させると同時に、クラスを越える堂々としたスタイリングにも貢献しています。ハンドルポジションはベースと比べて上方に約48mm、ライダー側に約66mm引き寄せることによりアップライトな姿勢をライダーに提供しています。またスイッチボックスにはハザードスイッチも設置。

パフォーマンス面はベースと共通しています。エンジンは水冷ロングストローク並列2気筒ユニットを搭載し、ロングストロークらしい優れたトルクフィーリングを発揮。実用域を重視したセッティングによりタウンライドからツーリング高速道路走行まで幅広く快適に走ることができます。ミッションには6速を搭載し、あらゆるシーンでの乗りやすさと低燃費にも貢献しています。

またベース同様の多機能デジタルメーターをハーフカウル内に搭載。充実のコクピットメーターはGSR250シリーズの魅力の1つです。中心にはアナログタコメーターを配置し、エンジン回転インジケーターランプも装備。ライダー向かって左側には視認性の高い各種LEDインジケーターを装備。右側にはアナログタコメーターに食い込む大型液晶ディスプレイを配置。スピードメータに加えて速度計、燃料計、ギアインジケーターなどを表示します。

車体色はトリトンブルーメタリック、パールネブラーブラックの2色をラインナップ。車両税込価格は49万2480円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

バーグマン200

軽量&コンパクトな扱いやすい車体に200ccエンジンを搭載したオートマティック「バーグマン200」。定番ビッグスクーターからワンランクサイズダウンした使い勝手の高い2014年スズキ新星コミューターです。

スカイウェイブシリーズを踏襲したスタイリング。フロントには独立デュアルマルチリフレクターヘッドライトを備え、上部には人間工学に基づいたウインドスクリーンを装着。ロングタイプのスクリーンで高速走行時にもライダーに快適空間を提供します。リアはデュアルテールライトを採用しスタイリング性と高い視認性を発揮。専用新設計シートはライダーのホールド感とパッセンジャーとの一体感も実現。サイズは全長2055mmとスカイウェイブシリーズと比べて200mm以上もショート。ホイールベースも1465mmと100mm以上押さえており、数値からも市街地での取り回し性の高さがうかがえます。

250ccクラスビッグスクーターと比べるとやや控えめながらもユーティリティ面も非常に充実です。シート下には41L容量の収納スペースを確保。ヘルメット2つの収納が可能です。またシートオープンに合わせて自動点灯する証明も備えており夜間の利用に困りません。フロントパネルには2つのボックスを備え、合計で約7L容量を確保。フロントボックスには携帯機器の充電に便利なアクセサリーソケットも用意されています。

エンジンは軽量コンパクトな排気量200ccクラス水冷単気筒ユニットを搭載。実用域での優れた出力性能を発揮し、また高速道路でのタンデム走行といった場面においても十分な性能を実現しています。足回りには前後にディスクブレーキを装備し、リアにはツインサスペンション。安心の足回りを確保しています。

車体色はブリリアントホワイト、クールシルバー、マットフィブロイングレーメタリック、マットブラックメタリックNo2の4色をラインナップ。車両税込価格は52万3800円です。なお、まとめている情報は2014年4月時点で得たもののため、情報が古い場合があります。

スポンサーリンク

関連記事

バイクが登場する映像作品の一挙総まとめ

乱暴者 1953年に公開されたアメリカ青春映画「乱暴者」。監督はラズロ・ベネディク、主演は20

記事を読む

台湾のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

様々な国の影響を受けて成長した国という性質があってかどうかは分かりませんが、台湾のバイク事情も日

記事を読む

ドイツのバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

現在のドイツを代表するバイクメーカーはというと、BMWでしょう。クルマにしか乗らない人は知らない

記事を読む

韓国のバイクメーカーの歴史や特徴のまとめ

韓国のバイク文化は、日本のメーカーからの技術提供のお陰で発展したといっていいでしょう。現在の韓国

記事を読む

バイクの新車購入!絶対に気にしておきたいチェックポイント!

新車は中古車以上に購入した際の喜びが高いものです。実際、自分も大型バイクの新車をはじめて購入した

記事を読む

バイクの走行装置の仕組みや働き

動力発生装置や伝動装置は動力に関わる役割だけを主に担っていましたが、走行装置は様々な役割を持って

記事を読む

バイク免許教習所ガイド:二輪教習体験談

念願の二輪免許取得!(男性17歳時取得) 中学生の時にバイクに興味を持って、高校生となり免許取

記事を読む

初めてのバイク購入!購入先や種類の択び方をアドバイス!

免許を取得したら、いよいよバイクの購入です! 大抵のライダーの場合、何か乗りたいバイクがあ

記事を読む

デルビ 2013 バイクモデルカタログ

SuperMotard DRD125 4T4V デルビが手がける原付二種スーパーモタードモデ

記事を読む

スズキ輸出車(逆輸入車) [モトマップ取扱モデル] 2013 バイクモデルカタログ

2013年、モトマップが取り扱うスズキ逆輸入モデルは、全部で8モデルです。そう多くは無いモデル数

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑