看護師の資格の種類と仕事内容のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 ビジネス

専門看護師

看護師の資格を取得すると多くの看護師が保健師や助産師の国家資格を取得する看護師が多く存在します。
より専門的な分野で知識や技術を高め、今後も更に細分化されるであろう医療の分野に対応出来ることが看護師に求められています。
そんな中で最も求められているのが、専門看護師という資格で、認定看護師と同じように日本看護協会が発行している資格です。
専門看護師の分野としては、精神看護、がん看護、地域看護、感染看護、クリティカルケア看護、老人・小児・母性・成人看護などがあります。
これらの分野で特化した看護師として、看護師もしくは保健師や助産師の資格を所有していること、看護系の大学院を卒業していること、実務経験が5年以上ありその内3年は特定の分野での実務経験があり、なおかつその内1年は取得する専門の分野で実務経験があること。
これらの条件を全てクリアする必要があり、これらの条件をクリアして初めて専門看護師の審査資格が与えられます。
認定看護師と比較すると大学院などを修了していなければならないことなどから狭き門とも言えるでしょう。
認定看護師の場合は特化した分野で熟練した技術と知識を持ち、高い水準で看護を行う看護師のことを指し、専門看護師とは、個人や家族・集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するために特定の専門看護分野の知識や技術を高めた看護師を指します。
こういったことから認定看護師よりも遥かに厳しい道のりとなることがわかりますね。
専門看護師になることで病院内でも独立したポジションを与えられるので、看護師を目指す人の中にはこの専門看護師を最終目標として定めてる人も多く看護師の憧れの分野となっているのです。

認定看護師

イタリアンレストランのシェフやフランス料理のシェフ、デザートを作るパティシエなどがいるように看護師にも特定の分野に特化した看護師が存在します。
これを認定看護師と呼び、日本看護協会が認定することによって資格を与えられるのです。
認定看護師になるには看護師資格を所有していること、実務軽々が5年以上あり、その内3年以上は特定の分野での実務経験があること、認定看護師の教育課程を修了していることが条件となっています。
認定看護師の特定の分野としては、救急看護、感染管理、糖尿病看護、不妊看護、新生児集中ケア看護、透析看護、手術看護、乳がん看護、小児救急看護、認知症高齢者看護、訪問看護、がん化学療法看護、重症集中ケアなどがあります。
認定看護師として認定されることによって、職位が上がった、昇給した、お給料に手当がついたなど看護師としてスキルアップすることができます。
看護師の免許と違い、認定看護師の場合には5年ごとの更新が義務付けられており、更新制度を設けることによって看護師の質の向上を図る目的があり、認定看護師として認められる為には厳しい道のりが待っていつのですが、認定看護師としての免許を取得することによって知識、技術共に優れた人材となることが出来るのではないでしょうか。
この一つ上のランクとして専門看護師という立場があり、専門看護師へのステップアップとして認定看護師を取得するという看護師も多く存在しています。

看護師

看護師という言葉を聞きなれない方もいるのではないでしょうか。
医師の補助をしたり、患者さんの手当や身の回りのお世話をする人のことを以前は看護婦さんと呼んでいました。
女性の職業というイメージが強かったことも理由の一つですね。
もちろん男性の看護士も存在しており、現在では男性も女性も名称が統一され看護師と呼ばれるようになっています。
看護師は医師の判断や指示に基づいて患者さんに適正な治療や手当をする他、不測の自体などには自分の判断で患者さんの手当などをすることが出来るもので、厚生労働省から国家資格である看護師の免許を取得しています。
よほどのことがない限りこの免許が消滅することはないので一生ものの免許となり、一度取得すると更新などの手続きはありません。
不況の中でも看護師という職業は売り手市場でもあります。
このことから他業種などで働きながら看護師の資格取得を目指す人もおり、就職難などが理由となっているでしょう。
患者さんのことを第一に考え、人の命を預かる現場での仕事となれば精神的にも肉体的にもタフでなければ務まらないのですが、ここにやりがいを持って毎日の業務に臨んでいる看護師はたくさんいます。
病院などの医療機関だけではなく、企業の保健師として乳児施設の保健師として、福祉施設など看護師が活躍する場は豊富にあり、今後も益々こういった場は増えていくでしょう。
それに伴って看護師という人材も益々需要が伸びていくのではないでしょうか。

准看護師

病院などの医療機関には見た目にはわからないのですが、大きく分けて看護師と准看護師という二つの種類の看護師が存在します。
准看護師は准がついている通り、看護師の下に位置づけられるものですが、実際にはどのように違うのでしょうか。
まず看護師と准看護師はまず持っている免許の発行元が違います。
看護師の場合は厚生労働省の管轄になるのに対して、准看護師の場合には都道府県の知事が免許を発行しているのです。
また業務の中でも、基本的には看護師が自分の判断で治療や手当が出来るのに対して、准看護師の場合には医師や看護師の判断や指示がない限り治療や手当を行なうことができません。
この二つに大きな違いがあるのではないでしょうか。
准看護師の免許としては、高等学校衛生看護科を修了した時などに准看護師の受験資格が与えられ、合格することで免許を取得することができます、これで晴れて医療現場で働くことが可能になるのですが、やはり准看護師の免許だけでは出来ることが限られており、看護師の免許取得の為のステップアップとして考えられているようです。
看護師の免許がなければ大きな病院などではやはり出世やお給料面などにも響いてくることも考えると、看護師へのステップアップは欠かせないでしょう。
また近年では准看護師の制度自体を廃止にしようという動きもあり、今後は看護師という免許にのみになることが予想されますね。
実際の現場では看護師も准看護師も同じように業務をこなしているのが現状で、この辺りは人手不足が原因となっているのではないでしょうか。

訪問看護師

現代では様々医療設備や治療方法が考えられ、それによって治療を受ける側である私たちにも病気や怪我の間どのように過ごすかという選択肢が増えているのではないでしょうか。
その典型的なものが在宅療養であり、名前の通り自宅で療養を行なう方法です。
緊急の治療を要さない人というのが基本で、寝たきりの高齢者や脳疾患によって麻痺が残ってしまった人などが多いようですね。
この自宅療養に欠かせない存在となるのが訪問看護師であり、これも名前のごとく訪問して看護を行なう職業です。
訪問看護師の主な仕事内容としては、血圧や体温、脈拍などの測定などによって患者さんの状態を観察したり、リハビリの指導や食生活などの指導、床ずれ防止や床ずれの手当て、入浴や排泄の介助などがあります。
基本的には患者さんのかかりつけの医師の指導の下行われるのですが、看護師だけで訪問した時などに不測の事態が起こることなどもあり、正確な判断力や洞察力、豊富な知識、臨機応変さなどが求められることがあるので、看護師の資格を持っていても訪問看護師の資格は持っていないという看護師がたくさんいるのです。
また自宅に訪問すると患者さんの家族とのコミュニケーションを図ることもあるので、家族の心のケアなどを行なうことも大切になってきます。
この辺りはコミュニケーション能力や洞察力が必要となってくるでしょう。
看護師資格のワンランク上の資格として非常に難しいと言われているのですが、より多くの人を救いたいという高い志を持って資格取得に励む看護師が多く存在します。

訪問介護

治療を受ける側である私たちも医療技術などの進歩によって様々な選択をすることが出来るようになりました。
その一つが在宅医療や自宅療養と呼ばれるものではないでしょうか。
脳疾患によって体に麻痺が残ってしまった人や高齢者に多い選択肢の一つです。
やはり日常を病院ではなく自宅で送りたいという患者さんの願いから生まれたものであり、急な治療を要さない場合のみ選択することが出来るようです。
ここにも看護師が活躍する場があり、こういった自宅療養を送っている患者さんのお世話をするのが訪問介護、訪問看護です。
かかりつけの医師の指示を聞いて自宅で適切な手当や治療を行なうのはもちろんのこと、訪問介護であれば排泄や入浴、食事の介助などを行います。
またそこにいる家族への助言やケアなども行います。
身寄りのないお年寄りや働く家族のいるお年寄りにとっては心強い味方となっているのです。
訪問介護を専門とする事業所など多くあり、そこから個人宅へ派遣されることによって介護などをしているのです。
急速な高齢化が進む日本では今後も訪問介護などの分野では多くの人手を必要とすることが予想されており、介護士などはもちろんのこと看護師もこの現場で求められているのです。
看護師として病院で働くのが一般的になっているのですが、中には訪問介護や訪問看護という場でスキルアップしている看護師も多くいます。
選択肢の何かと多い看護師という職業は今後も様々な場所で必要とされるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

職場や自分を見つめ直してスキルアップ

今年は仕事の内容や職場での待遇を見直してみましょう。 いつもいる環境があなたに合っているのか確

記事を読む

薬剤師を目指すあなたに・・・薬剤師とは

薬剤師の主な仕事内容と職種について 薬剤師の主な仕事内容は3つに分けることが出来ます。そして職

記事を読む

薬剤師プロの詳細・特徴・口コミ

薬 剤師プロは、総合メディプロ株式会社によって運営されている薬剤師専門求人サイトです。 総合

記事を読む

認定看護師の認定看護分野のまとめ

救急看護 認定看護師の中には救急認定看護師という分野があります。 救急看護認定看護師の職務を

記事を読む

看護師の資格を取る為の学校とは

高等学校衛生看護科 みなさんは将来の夢の為の進路選択をいつぐらいにしましたか?中学校や高校、大

記事を読む

電子チラシってご存知ですか

電子チラシってご存知ですか?今、電子折込みチラシが大躍進しています。

 皆さんは買い物をする時、少しでも安く買い物をして節約をしたいと思っていますか? 昨今、ス

記事を読む

管理栄養士の資格を目指す人の為の基礎知識

管理栄養士とは、主に傷病者に対して、一人一人の症状や体質などを考慮しながら療養に必要な栄養を指導

記事を読む

インテリアコーディネーターというクリエイティブな仕事とは

インテリアコーディネイトとは、その部屋に住む人の好みや趣味、ライフスタイルに合わせて心地よい空間

記事を読む

心理カウンセラーの資格を生かせる職場や分野のまとめ

医療分野 医療分野で心理職に就くためにはどのような知識や資格がいるのでしょうか。 また、医療

記事を読む

看護師の主な勤務先と仕事内容

保険所・事業所 看護師は求められる職場として増えているのが、検診を行なう施設などです。 会社

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑