認定看護師の資格を目指す人の為の基礎知識

公開日: : 最終更新日:2015/06/12 ビジネス


こちらでは認定看護師の資格と仕事内容について解説しています。
認定看護師とはいったいどのような仕事をするのでしょうか。
また認定看護師の視覚の合格率はどのようなものなのか説明していきます。
看護の仕事を細かく解説していくと共に認定看護分野について考えて行きます。
認定看護師の基礎知識から詳しい仕事の内容まで解説していきますので認定看護師について気になっている方の参考になります。資格取得からその後までを詳しく説明していきます。

認定看護師とは

認定看護師とは日本看護協会の認定看護師検査に合格している看護師のことを言います。
これはある看護分野で看護技術と看護知識を有していることを指しています。
認定看護師は日本国の保健師または助産師、看護師のいずれかの免許を持っている必要があります。
そしてその免許を取得しただけではなく実務経験を5年以上行っていることが条件です。
これらの条件をクリアし認定看護師教育機関で認定看護分野に応じた認定看護師教育課程を修了、試験に合格する必要があります。
認定看護師とは、看護師とはまた異なるものなのです。
認定看護師教育課程は6カ月間で600時間以上ありますし、とても難しいものです。
特定の看護分野とは2010年に特定されているものでは21分野に渡り、認定看護師は専門分野の看護のスペシャリスト出ることが分かります。
水準の高い看護を技術や知識を保有する事により多くの看護現場の看護ケアの向上を考えられた制度です。
また認定看護師は5年ごとに看護実績などを提出し更新の審査を受ける必要があります。
認定看護師は高度化専門化する医療現場でもしっかりと水準の高い看護を行えることから重宝されています。
認定看護師になるためには教育機関へ行く必要があり200万円近い費用が掛かると言われています。
100万円の授業料などに加えてその間の家賃や宿泊費、教材費が100万円掛かると言う計算です。
病院によっては休職扱いであったり、授業料を一部負担してくれるなど制度があります。
これらを上手く利用出来るだけでなく奨学金制度もあります。

受験資格

認定看護師はなりたいと思ってもすぐ簡単になれるものではありません。
認定看護師の試験を受けるためには受験資格が必要で、受験資格をクリアしてはじめて教育機関による教育が受けられ試験を受けることが出来るのです。
認定看護師はそれだけ看護師の中のスペシャリストというわけです。
認定看護師の受験資格は日本国内の保健師、助産師或いは看護師の免許を取得していることが必要です。
また免許を取得後5年以上の実務経験が必要で、うち3年以上は認定看護分野における実務経験であることが条件です。
そして日本看護協会が認定している教育機関で6カ月以上600時間以上の教育を受ける必要があります。
これらの条件をすべてクリアしてはじめて認定看護師の受験資格が得られるのです。
では、日本看護協会の認定している教育機関で教育を受けるためには何が必要なのでしょうか。
それは保健師、助産師または看護士の免許を持っていること、そして実務経験が5年以上そのうち3年以上が認定看護分野における実務経験であることです。
つまり認定看護師になるためには、最短でも6年近く掛かることになります。
それだけ認定看護師は看護のスペシャリストというものなのです。
認定看護師の受験資格を考えるだけでも、その大変さが分かるのではないでしょうか。
受験資格が厳しいからこそ、認定看護師は医師や患者からの信頼もひときわ厚いものになっています。
看護の仕事に誇りを感じている多くの看護師のかたが認定看護の視覚を取得するために頑張っています。

合格率

認定看護師は受験資格も厳しいものですが、合格率はどのようなものになっているのでしょうか。
実は認定看護師の合格率は非常に高く90パーセント程度が合格していると言われています。
これは受験資格が厳しく教育機関で6カ月以上600時間以上しっかりと勉強するためであると言われています。
認定看護師の合格率の高さは教育機関でも勉強がいかに中身の濃いものであるのかを示しています。
また認定看護師だけでなく一般の看護師の合格率も90パーセントですから、しっかり勉強し望むことでクリア出来るでしょう。
認定看護師の場合でも、多くの方が水準の高い看護を行えることになると考えると非常に喜ばしいことでしょう。
この合格率の高さは日本看護協会で認定している教育機関の教育のレベルの高さを感じる事が出来ますね。
認定試験は年に一回ですから集中して勉学に励むことが合格のカギであると言われています。
自分の極めたい分野が自分に向いている分野であるのか確認しておかなくてはなりません。
本当に自分はその分野のスペシャリストになれるのかどうかしっかり事前に確認して置くことが大切です。
認定看護師の試験に不合格になってしまった方の多くが3年以上勤務経験のある職場の分野であったために受けたと答えています。
本当に自分がスペシャリストとしてその分野を専門的に判断しないといけないと言うことです。
しっかりとした気持ちの上で勉強する事で認定看護師への道は開けるのです。
時には認定看護師になるために転職を行うことも必要だということを頭に入れて認定看護師の試験に挑みましょう。

日本看護協会について

日本看護協会とはJapanese Nursing Associationで、保健師・助産師・看護師・准看護師の看護職能団体です。
1946年に連合国軍最高司令官総司令部の指導によりの指示によって複数の職能団体を統合してできました。
日本看護協会がどのようなことを行っているのかと言うと、看護職の専門技能の研修、雇用、労働条件の促進を行っています。
これは一般的な企業に設けられる協会と同じような役割を果たしていると言えます。
また災害時の救護活動や抗最適な協力も行っており、看護の仕事のほとんどすべてに関わっていると言えるでしょう。
また認定看護師や専門看護師の育成にも力を入れており、看護分野の教育に大きく貢献しています。
また196年に統合という形で誕生した日本看護協会は看護とはいいながらも保健師職能委員会、助産師職能委員会、看護師職能委員会と三つの委員会組織に分かれて活動しています。
これは1946年の統合団体のそのままの形を保持しているとも言えます。
日本看護協会は公益社団法人であり、HPも所有しています。
日本看護団体は一人一人の力は小さいけれど力を合わせれば大きな力になるから。
を合言葉に看護職として働き始めた人に向けてPRを行っています。
2010年4月から、新人看護職員研修が努力義務となり、研修の一部を助成にするなど看護師のためによい環境を作っています。
これも日本看護協会の提言活動により制度化されたものでそれまでは、病院独自で動いていたものです。
看護師が長く仕事を続けられるようさまざまな事業を展開しながら日本の看護業界を支えています。

専門看護師と認定看護師の違い

看護師の中には認定看護師だけでなく専門看護師という看護師もいます。
では認定看護師と専門看護師の違いと言うものはどのようなものなのでしょうか。
認定看護師と専門看護師は同じような看護師に聞こえますが、そうではなく全く異なった知識と技術が求められます。
認定看護師はある特定の看護分野で熟練した看護技術と知識が必要とされ水準の高い看護実践の出来るものと定められています。
専門看護師は複雑で解決困難な看護問題を持つ個人及び家族、集団に対し高い看護ケアを提供するための専門看護分野の知識及び技術を持つものとされています。
これだけでは専門看護師と認定看護師の差は分かりにくいでしょう。
しかし専門看護師に求められていることと専門看護師に求められているものが違うことは分かるでしょう。
簡単に二つの違いを説明するとすれば看護職に対しての理解を強く求められるのが認定看護師です。
そして倫理問題の解決などに理解を求められるのが専門看護師です。
つまり認定看護師は看護ケアについて深く学び、専門看護師は看護学の観点から看護を学ぶことになります。
専門看護師と認定看護師の数は大きく異なり専門看護師が200名程度なのに対し認定看護師は2500人程度です。
専門看護師と認定看護師の違いをしっかり把握して置くことで、何を目指していくべきなのかはっきりさせておく必要があります。
専門看護師と認定看護師は求められているものが違うのですから、それは至極当然の結果ですね。

スポンサーリンク

関連記事

専門看護師の資格と仕事

こちらでは、専門看護師についての紹介がされています。 近年では医療技術の進歩によって、高度な治

記事を読む

心理カウンセラーの主な資格のまとめ

認定カウンセラー 日本カウンセリング学会が認定しているのが認定カウンセラーという資格です。

記事を読む

リクナビ薬剤師の詳細・特徴・口コミ

リクナビ薬剤師はリクルートグループの株式会社リクルートドクターズキャリアによって運営されていて、

記事を読む

メドフィットの詳細・特徴・口コミ

メドフィットは薬剤師専門の求人サイトであり、株式会社ゲンテンリンクスが運営しています。 コ

記事を読む

エムスリーキャリアの詳細・特徴・口コミ

エムスリーキャリアとは、医療関連ビジネスを展開していて東証一部にも上場している企業である「m3.

記事を読む

助産師の資格と仕事のまとめ

こちらでは、助産師についての紹介を行っています。 助産師はお産の介助をするのがおもな仕事となり

記事を読む

メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファーマシーのグループ会社です。

記事を読む

管理栄養士の主な勤務先と仕事内容

病院 病院や診療所で働く管理栄養士は、病気の治療、再発防止、合併症予防を目指し、患者の症状や栄

記事を読む

看護師の資格を目指す人の為の基礎知識

高齢化が進む日本では医療の分野でも目覚しい発展をしており、それに伴って医療機関も爆発的に増えてい

記事を読む

看護師の資格の種類と仕事内容のまとめ

専門看護師 看護師の資格を取得すると多くの看護師が保健師や助産師の国家資格を取得する看護師が多

記事を読む

夏の夜長に最適?ほっこり系ホラー漫画

夏といえばホラー。貞子VS伽耶子が話題になっていますが、あまりにも

女子必見!キレイも節約も叶える方法

女子はわがままなんですよね… みなさんは毎月貯金はしています

無料で遊べる!夏にぴったりホラーゲーム

夏といえばやっぱりホラーですよね。動画配信サービスなどでもホラーゲ

節約するならここ!おすすめの銀行口座【3選】

銀行の口座を作る際、どの口座を選べばよいか迷ってしまう人も多い

いまさらながら【NISA】とは?メリット・デメリットを紹介

NISA口座を利用しているという方も多いのではないでしょうか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑