認定看護師の認定看護分野のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 ビジネス

救急看護

認定看護師の中には救急認定看護師という分野があります。
救急看護認定看護師の職務を救急看護、或いは救急看護認定看護師を略称として救急看護と呼びます。
2005年のデータでは救急看護の認定看護師は168名です。
救急看護の分野は認定看護師の分野の中でも一番最初に認定された分野で、重要性が高いと言われています。
救急看護の認定看護師に求められているのは救急看護の現場で臨機応変に必要な看護を計画、実施する能力です。
救急看護の現場は増えていますし、またその場での看護師の職務内容の重要性は年々高まっています。
救急看護とはいったいどのようなものなのでしょうか。
簡単に考えるためには救急車等で緊急に医師の診断が必要な病気または事故による疾病や外傷の看護のことです。
例えば、脳卒中や心筋梗塞、食中毒や事故による外傷または火災による火傷等が挙げられます。
救急看護の現場では、緊急的な処置が必要な現場になりますから、それに合わせた看護を判断していく能力も必要になります。
確実な看護が求められ、状況も毎回異なるため非常に計画力や実戦能力の問われることになります。
緊急看護が認定看護師の特定分野の中で一番最初に認定されているのには、このような救急看護の必要性また重要性が非常に高いためでしょう。
緊急看護認定看護師になるためには認定看護師の試験を受ける際に救急看護を選ぶことです。
最低3年間は緊急看護の現場では働く必要もあります。
緊急看護認定看護師は緊急看護のスペシャリストであるという意味ですから、緊急看護を専門的に学びたい場合に認定看護師になるというのは素晴らしい判断です。

皮膚・排泄ケア

皮膚・排泄ケアというのは人工肛門のケアや失禁のケア、また創傷のケアのことを指しています。
皮膚・排泄ケアの分野は認定看護師の分野の一つとして認められています。
それまでは海外研修や海外からの教育を受けることでストーマケアの専門職とされていました。
人工肛門の場合、排泄による皮膚の炎症などが起こることは珍しいものではなく、しっかりとしたケアが求められます。
皮膚・排泄ケアの分野では排泄物による皮膚の障害だけではなく、そのケアが潰瘍等のケアに役に立つと言われています。
人工肛門を取りつけた人たちをオスメイトと呼びますが、そのオスメイトの日常的な問題から人工肛門による新しい日課などのスペシャリストです。
皮膚・排泄ケアの認定看護師の仕事は生活に根付き、生活をサポートする重要な職務です。
オスメイトの方々が快適な日常生活を送れるようにケアを行います。
人工肛門では皮膚のかぶれや人工肛門による精神的な問題に必ずと言っていいほど直面します。
その問題を専門的な知識と経験、そこから生まれる質の高い看護によって解決していく必要があります。
日本ではいまだ馴染みの少ないストーマ外来、人工肛門外来で活躍しているのが皮膚・排泄ケアの分野の認定看護師なのです。
皮膚や排泄に抱えるトラブルは専門的な知識、専門的なケアによって改善されるものが多いのです。
ですからしっかりと看護を行うことにより以前の悩みが解決されたという患者も多くいます。
皮膚・排泄ケアの分野は個人個人に合わせたケアを行うことが出来る必要があり、より患者とのコミュニケーションも大切になってきます。

緩和ケア

認定看護師の分野の一つに緩和ケアがあります。
緩和ケアとは看護現場の中でも心理社会的問題、スピリチュアルな問題といった心理的なケアが求められる分野です。
実践し指導し、また相談に乗る機会も多いのが特徴的です。
緩和ケアを受ける患者と家族に対し、水準の高い看護を行うことになります。
緩和ケアはがんの患者に対しても看護を行いますが、多く誤解があるようにがんに特化したものではありません。
緩和ケアを必要とする様々な病気、あるいは外傷の看護を行うのが緩和ケア分野の認定看護師の職務です。
緩和ケア分野の認定看護師に必要なのは全人的苦痛に合わせたケアの能力です。
さらに病気の進行とともに大きな心理的トラブルを抱える患者も少なくは無く、その過程に寄り添う看護が必要になります。
緩和ケアでは苦痛症状をどのようにやわらげて行くべきなのかもしっかり判断しなくてはなりません。
これは今後も日本で発展していく可能性が非常に大きなことですが、患者への心理的な観点からのケアも行います。
これは女性であれば化粧をしたいと考える患者もいますから、それらを許容することも必要です。
例えば、ファンデーションでは顔色の変化が捉え辛いですが、口紅なら可能である等専門的な知識を活用し患者の欲求に答えて行くものです。
緩和ケア分野はこれからますます発展すると言われています。
緩和ケア分野は倫理的な側面が大きい分野ですから、患者について患者の立場から考えられるような人物に向いていると言われています。
しかし仕事と生活を分けて考える能力も必要になることは、分かりやすいでしょう。

がん化学療法看護

がん化学療法看護とは認定看護の分野の一つです。
がん化学療法看護とはその名の通り、がんの化学療法に特化した看護のことです。
がん化学療法を受ける本人、また家族を支えて行くのががん化学療法看護の重要な任務です。
がん化学療法看護は、がんの患者を対象としその中でも化学療法を行っている患者に特化しています。
つまりそれだけ専門的な知識と、専門的な経験、実践が必要とされている分野なのです。
がん化学療法看護の現場では、その治療法を患者や家族が理解するのが難しいと言われています。
これは専門的な知識を持った看護師がしっかりと患者や家族に対して説明を行う必要があるということです。
また、がんの化学療法の現場では治療による副作用に悩まされる方も非常に多くなるでしょう。
また副作用によって危篤な状態になったり死にいたる危険性もありますから、看護の現場でそれを防がなくてはなりません。
がんの化学療法では副作用が強く出ることは珍しいことではないため、患者や家族にその説明も必要になります。
しかしこの説明により危篤な症状を見逃すことが無いようにケアすることも大切です。
化学療法で利用される薬は副作用も大きく毒性が高いものでもあります。
薬物に対し専門的な知識や技術が必要不可欠になります。
このような専門的なケアが必要だからこそがん化学療法看護は認定看護師であると言えるでしょう。
実戦能力を高め患者に寄り添った看護能力が求められます。

がん性疼痛看護

がん性疼痛看護は認定看護師の分野の一つです。
認定看護師の分野の中にはがん化学療法看護分野がありますが、これはがん性疼痛看護とは異なります。
このようにがんでは、がんに特化した看護ではなくがんの症状に特化した看護が求められるのです。
それだけ専門性が高くなることは間違いがありません。
がん性疼痛はがん患者の多くが経験し、末期がん患者であれば70パーセントが悩まされる症状です。
がん性疼痛看護ではこれら症状の原因をしっかり考えるところから始まり、患者やその家族を支えて行くことになります。
がん性疼痛の全人的ペインアセスメントする能力や薬物療法の適切な使用と管理及びその効果をしっかり認識することが求められます。
これはがんの症状に沿った看護の重要性から、このように症状に特化した看護になっているのです。
がん性疼痛看護の主な職務は末期がん患者と向き合うことになります。
末期がん患者の痛みを少しでも軽減してあげるというものです。
ですから、死と向き合う機会が多いのもがん性疼痛看護の特徴であると言えます。
患者と寄り添った看護が必要な一方、仕事と生活を切り放して職務を遂行する能力も必要不可欠です。
がん性疼痛看護では患者の痛みを少しでも取り除くことが仕事になっています。
残された時間の苦痛を少しでも和らげるという意味でも、がん患者数の増加によってもがん性疼痛看護は必要な看護なのです。
患者と向き合うことの多い看護になりますから、年々注目は高まっています。

訪問看護

訪問看護は在宅医療の一つで、患者宅や老人ホームに看護師が訪問することです。
疾病や障害があっても自宅で生活が主体的に送ることが出来るように地域で支える看護を行うのが訪問看護です。
訪問看護は認定看護師の中の分野の一つとして認められています。
在宅ケアのスペシャリストと呼ぶことが出来るでしょう。
在宅ケアとは自宅や老人ホームで闘病また療養している人の健康観察や日常的な入浴や排泄のケアを行うことをさします。
また訪問看護では患者宅また老人ホームに訪問し使用している薬の説明や健康状態の説明を行うことがあります。
そのため訪問看護を行うためには薬の説明を含め求められた質問への回答を行う知識が必要になります。
もちろん看護の現場ですから医師の様な診察は行いませんが、薬や身体的な問題に対する知識はより深いものを求められます。
訪問看護がこのように知識を求められるのは訪問時のトラブルを相談出来る相手が近くにいない事が挙げられます。
また訪問時間が限定されていることから、その場での対処や説明が求められるためです。
また訪問看護が認定看護師の分野の一つとして認定されている理由は上記のような問題からだけではありません。
訪問看護は病院外での介護ですから薬剤や看護用品の物資が少ないです。
そのため医学の総合的な知識だけでなくコミュニケーション能力、予測力や指導力が求められます。
緊急時の現場での判断力など高い専門能力が必要とされる職務なのです。

感染管理

感染管理は認定看護師の分野の一つで感染管理認定看護師と呼ばれます。
感染管理認定看護師は感染管理を主な職務とします。
患者、家族、現場で働く人々を感染から防ぐのが仕事で、患者だけでなく医療現場にいる方全員を感染から防ぐことが必要になります。
感染管理認定看護師は様々な医療現場で仕事をすることになります。
そのため病院内の様々な方と協力できる協調性も求められています。
院内感染の防止に努め、日本では感染管理認定看護師のことを感染症対策看護師と呼ぶこともあり、これらは同一です。
2000年から認定看護師の一つの分野に認定され、現在では1500人以上の感染管理認定看護師がいます。
感染管理認定看護師の活動は2000年に認定看護師として認められてから評価が非常に高まっています。
感染対策を行い効果的な感染管理を行うことが必要になります。
感染の疑いのある病気では中心的活動を行うことになり、判断力が重要視されています。
院内感染など感染を防ぐことが仕事ですがそれだけではありません。
感染症についての相談を受けることも感染管理認定看護師の仕事です。
感染予防についてのスペシャリストであると考えられます。
感染管理認定看護師はその症状や感染するウイルスや病原菌の特性について十分理解し、感染を防ぐための計画性や実践力が求められています。
専門的知識を駆使し、実践的な職務を遂行する事が必要だと言われています。
感染管理認定看護師は感染を防ぐための効果的な計画を常に新しく保持する必要があります。

糖尿病看護

糖尿病看護とは名前の通り糖尿病患者の看護に特化した認定看護師です。
糖尿病看護認定看護師は糖尿病に特化した看護を専門的に学び実践するスペシャリストです。
糖尿病患者は欧米の食生活が進む現代で日本での発症率も増え続けています。
糖尿病という名前は病気を軽視してしまいがちですが糖尿病とは恐ろしい病気の一つです。
患者に糖尿病の危険性を説明していくのも糖尿病看護認定看護師の大きな仕事の一つです。
糖尿病患者はこのままでは2025年に3億8000万人に達すると言われていますが、糖尿病看護認定看護師の数はまだまだ少ないのが現状です。
2000年に認定看護師の分野の一つに認定されていますが、需要が高いのにも関わらず認定看護師の数は他の分野に比べて極端に少ないのです。
糖尿病看護認定看護師は糖尿病に特化した看護師ですから、糖尿病に特化した技術が求められます。
血糖パターンマネジメント技術、糖尿病ケアシステム立案技術、フットケア技術がその代表的なものです。
血糖パターンマネジメント技術は患者の血糖値のケアを行う技術です。
生活によって血糖値の増減は変わっていきますから、生活パターンや血糖値の数値をパターン化し考えることで血糖管理を行います。
また糖尿病ケアシステム立案技術とは糖尿病のケアシステムの構築技術です。
フットケア技術は、自己管理への指導能力を指しています。
糖尿病看護認定看護師は糖尿病についての専門的な知識とそれを生活の中に溶け込ませる計画性、実践力が非常に重要になります。
糖尿病の患者のケアのスペシャリストですから、糖尿病への理解や糖尿病での生活について倫理的な問題に直面する事もあります。

不妊症看護

不妊症看護とは不妊症に特化した看護のことで認定看護師の分野の一つです。
日本だけではなく現在では多くの国で不妊に悩んでいる方は増えていると言われています。
不妊症看護認定看護師は不妊症患者の全人的なケアを行うことが求められています、相談、指導を行い、患者の倫理的な問題に直面するケースも多いのが不妊症看護認定看護師です。
つまり精神的ケアの側面も大きい看護現場だといえます。
そのため専門的な知識や高い実践力が求められます。
不妊症の医療現場の患者は長期間にわたって治療を行う方が多く、患者の知識量は非常に多いと言われています。
ですから専門的な知識や高い実践力は必要不可欠だと言えます。
また不妊症は現在でも大きく研究が進められている分野ですから、その情報の移り変わりも非常に大きなものになります。
不妊症は非常にナイーブな問題であるとも言われ、患者に寄り添うことが非常に重要です。
不妊症治療の現場では、精神的な負担も大きく、また経済的な問題身体的な問題が大きいです。
そのため適切な看護は重要視されつつあり、不妊症の医療現場でスペシャリストの活躍が期待されています。不妊症看護認定看護師は不妊症についてのスペシャリストですから、専門的な医学的知識だけでなく倫理的なケアを行う必要性もあります。
不妊症看護では生命の誕生の喜びを大きく感じる事が一方、長年の治療でも子供を授からないということも多くあります。
その時にどのような言葉を掛けるべきであるのかも、認定看護師の勉強の中で分かっていくものです。
先の見えない治療ですが、それを支えて行くのが不妊症看護認定看護師です。

新生児集中ケア

新生児集中ケアは2003年に認定看護師の分野の一つに認定されました。
新生児集中ケア認定看護師の需要は高まっています。
新生児集中ケア認定看護師とは新生児の身体的な活動、新生児の神経行動学的発達と親子関係形成についての専門的な知識を持った看護師です。
不妊治療の増加に伴い新生児集中ケアに対する重要性も高まっています。
2003年に認定看護師の分野になりましたが新生児集中ケアは現在、医師の数の不足も問題視されています。
今後、さらに不妊治療の増加や医療の発展に伴い新生児集中ケアの現場は重要視されると言われています。
新生児集中ケアでは新生児の得中的な問題を理解し、専門的な知識や経験に基づいた早急な対処が求められるのです。
状況に応じた判断力が強く求められる現場です。
また新生児集中ケアの現場では危機理論の視点が非常に重要になります。
個別化したケアを行うために子供を亡くした親の喪失感や、子供が障害を持っていた場合の受け止め方などをしっかり学んでおく必要があるのです。
新生児集中ケアの現場では、新生児だけでなくその母親、家族に対する精神的ケアも行う必要があります。
個別ケアとはこのように新生児だけではなく心理的な問題から家族のケアを行う必要があるということなのです。
新生児集中ケアでは専門的な知識を必要とする場面が多く、スペシャリストとして活躍するためには多く勉強することが多いです。
そのため需要も高まり、より水準の高い看護を行う必要があるのです。

透析看護

透析看護とはその名の通り透析に特化した看護を行う認定看護師のことです。
透析看護認定看護師に求められる能力は看護の実践能力だと言われています。
看護の現場では透析患者は他の患者と異なり透析の現場は大変だと言われています。
これは透析を行う現場が専門的な知識や倫理的な問題を大きく抱えているためです。
透析看護認定看護師は透析看護のスペシャリストということになります。
透析看護の現場は特殊なものが多く、透析看護の現場は難しいと考えている看護師は多いです。
透析患者は多くのことを強制的に行えない状況が続いているため信頼関係をしっかり築いて行くことが必要になります。
精神的、身体的な負担の大きな患者に寄り添うことが透析看護にとって一番重要なことでしょう。
透析患者の多くは、透析なしに生きることが出来ないということから、生死感に大きな疑問を抱いている人も多いです、透析看護では専門的な透析の知識だけでなく倫理的側面から患者と接触していくことが多いです。
個別な対応が求められるのはもちろんです。
そのため非常にやりがいも大きく、患者に合わせた看護を行うことによって看護の必要性を強く実感できるようになるのです。
透析看護認定看護師は知識も十分に必要ですが、患者に重要視されるのはその経験と実践です。
多く針を指す患者にとって針の刺し方というのは透析看護認定看護師以上に重要なものになるのです。
透析看護認定看護師はこのような問題を乗り越えてこそ、なれるものです。

手術看護

手術看護認定看護師は、手術看護の分野において専門的な知識と熟練した能力が必要とされる認定看護師です。
手術看護認定看護師は手術を行う患者に対して体温管理などを管理します、また手術についての疑問など相談に応じるのも手術看護認定看護師の仕事です。
また手術では、患者の精神的なサポートを行い、患者の状態を細かく把握していくことが必要になります。
手術看護認定看護師は手術中だけでなく、手術前、そして手術後も患者を看護することになります。
手術前から患者御不安な気持ちや健康状態をチェックします。
また手術後には経過観察を行いながら、術後のケアを行うことになります。
手術看護認定看護師は手術看護の専門性を十分に理解し、手術内容についても知識を深めることが大切です。
2003年に認定看護師の分野のひとつになり注目を集めていました。
また、2009年に教育機関のカリキュラムが変更になるなど教育基準が変更したことから、再び注目を集めています。
手術看護はまだまだスペシャリストも少ない分野ではあります。
しかしその重要性は非常に大きく、看護の現場の中でも重要視されているものです。
手術に合わせ看護計画を立てることから、その後の経過回復を観察していきます。
このことからも術後の経過データ等の観点からも手術看護の職務内容は今後の医療にとって価値あるものです。
さらなる医療の発展に大いに貢献する事の出来る分野ですから、今後も人気が衰えることは無いでしょう。

乳がん看護

乳がん看護とはがんの中でも乳がんに特化した看護です。
乳がん看護は認定看護師の分野の一つで、乳がん看護の認定看護師を乳がん看護認定看護師と呼びます。
乳がんとは内分泌環境、遺伝の影響がみとめられているがんで、女性に多くみられます。
乳がんは転移が起こりやすいがんだと言うことで知られています。
乳がん患者は年々増加していると言われており、今後の衣装現場の中で乳がん看護認定看護師は非常に重要なポジションになると言われています。
乳がん患者ではがんの告知を行うことが多いので患者本人や家族への精神的なケアも重要視されます。
質の高いケアが求められますが、これは専門的知識の伴う実践、また倫理的問題への対応といった部分が多く含まれています。
患者や家族としっかりとしたコミュニケーションをとることが出来ることががん患者への看護の中で求められているのです。
乳がん看護認定看護師は情報を医師と多く共有し、またその症状を患者と共有することが大切です。
身体的精神的なケアを行うことから、乳がんの医療現場では看護師の役割は非常に大きくその責任も大きくなります。
乳がん看護認定看護師はこのように、大きな責任と役割のある仕事です。
がんの中でも乳がんに特化しているとはどのようなことであるのかを一から考えてみることが出来る人が向いていると言われています。
これは乳がん特有の乳房の切除等、多くの事に根ざしているものなのです。
乳がん患者と寄り添うためにはなぜ、乳がんに特化した看護を行うのかをしっかりと考える能力が無くてはなりません。

摂食・嚥下障害看護

摂食・嚥下障害看護とは患者の摂食、食事に関わる看護のことです。
認定看護師の一つの分野として認められており、摂食・嚥下障害看護認定看護師と呼びます。
摂食・嚥下障害看護は患者の食生活に大きく影響し、患者の食べたいと言う気持ちをサポートします。
体力の低下やまたは喉の疾患、腕の疾患により食事を行えない患者に食事の介助をします。
食事は生活の中の楽しみの一つですから、摂食・嚥下障害看護は生活を支えているとも言えるのです。
様々な障害によって食事を行うことが出来ない状態ですが、食事をするということは生命維持にとって欠かすことが出来ません。
それだけでなく食には楽しみがありますから、その楽しみを支えることにもなるのです。
摂食・嚥下障害看護が認定看護師の分野として認められたのは遅く2004年になってからです。
しかし摂食・嚥下障害看護認定看護師の数は認定されたからの時期を考慮すると少ないとは言えません。
それだけ多くの看護師が、摂食・嚥下障害看護の重要性を理解していると言えるでしょう。
摂食・嚥下障害看護では食事の介助だけではなく食事を行う訓練を行います。
それにより食事を行う必要性や喜びを感じてもらうのです。
また摂食・嚥下障害看護の現場では意欲的な方も多い半面、状況を上手く整理できない場合も多いのです。
ですから食事を行う大切さ、生活の質の向上において摂食・嚥下障害看護認定看護師は口からものを食べることの大切さの理解を深めることが大切になります。
患者がよりよい生活を送るために重要な食事ですから、それを改善していく摂食・嚥下障害看護は重要な看護になります。

小児救急看護

小児救急看護は救急看護の中でも子供に特化した看護の事を指します。
小児救急看護認定看護師は高度な知識と判断能力が必要だと言われています。
また小児科医師の不足とともに症に救急看護認定看護師の数の少なさが指摘されています。
背景には医療現場の複雑な事情がありますが、経験を積むのが難しい現場であるのもその一つです。
2010年にはこの問題が重要課題とも言われており、医師や看護師の不足は問題になっています。
日本では小児の死亡率が高いわけではありませんが、小児の現場は非常に忙しいと言われています。
小児救急看護ですから時間外の診察を主に考えて行く必要があります。
小児の時間外診察は多いということを理解して置きましょう。
そのうちの3割程度は重症の場合が多く適切な判断が求められます。
子供の場合、容体が急変したりそれだけでなく病状が隠れている事も多いのです。
また子供の場合予測できない事故や事態も非常に多いので経験だけではなく専門的な知識から、様々なケースを想定して置くことが常に求められます。
小児救急看護認定看護師の需要は非常に大きいです。
重症の患者の状態に早く気が付かなくてはなりません。
ですから小児救急看護では判断力が一番の重要なポイントになります。
また小児救急看護認定看護師の仕事はハードだと言われています。
ですから子供が好きであるなど熱い心が必要になっていきます。
何よりも医療現場の状況などを考えしっかりとした看護が出来るようにしておかなくてはなりません。

認知症看護

2025年には高齢者の人口が3500万人に達すると言われている昨今、認知症看護は非常に重要なことになります。
認知症看護認定看護師の仕事はその名の通り認知症患者の看護です。
認知症患者は在宅ケアや入院するケースなどケースは様々ですが長期的な看護が必要な分野です。
認知症患者の認知症のケアだけでではなく、認知症患者の患ってしまった病気へのケアも必要です。
これは認知症患者が病気の特性上、自分の健康状態を正しく把握できない事が多いためです。
的確で長期的な認知症介護の計画性も求められます。
認知症看護認定看護師は認知症患者が表現出来ない苦痛や感情を把握できる必要があります。
これらは個人によって異なりますから個人個人をしっかりと把握した個別のケアが求められると言うことです。
また認知症の状況や状態をしっかり家族に伝えられる必要があり、認知症への専門的な知識も必要です。
また認知症とは別に加齢による疾患、尿失禁や食事の介助も必要であれば行います。
環境に合わせた看護を行う必要があり、ケースバイケースな一面も非常に大きくその判断力は重要になります。
認知症看護認定看護師は、認知症を通して個人の看護を行うと言うことを忘れてはいけません。
また家族との間で倫理的問題に直面することも多いです。
適切なケアを行うことで認知症患者の安全管理を行う計画も必要になります。
認知症患者の看護では予期せぬ事態というのが非常に多いので、様々な状況に対応出来る経験も必要です。

脳卒中リハビリテーション看護

脳卒中リハビリテーション看護とは認定看護師の分野の一つです。
その名前の通り脳卒中のリハビリ看護を行うのが脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の主な仕事です。
脳卒中リハビリテーション看護とは脳卒中により後遺症が発生した場合に必要な看護です。
これは入院期間中だけでなく、在宅での看護を行う場合もあります。
脳卒中により命が助かった場合でも後遺症が残ってしまうことは珍しい事ではありません。
後遺症に発展する可能性のある病気は脳卒中だけではありません。
しかし脳卒中によって後遺症が残った場合、その後の看護によってリハビリの成果に大きな差があるという研究もあり認定看護師の一つの分野になりました。
脳卒中リハビリステーション看護認定看護師は患者の予後の為に重要な看護です。
脳卒中により寝たきりになってしまったり、生活に馴染めずうつ病になってしまう患者は少なくありませんでした。
脳卒中リハビリテーション看護ではこのような患者をしっかりと看護し生活の質を向上させることを目的としています。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は異常をいち早く発見し、リハビリによって何らかの病変が起こることを回避しなくてはなりません。
また脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、長期的なリハビリ計画と目標を設定することで患者のリハビリをスムーズにしましょう。
歩行訓練や握力の改善など、その人の体力や能力に合わせた個別の看護が求められます。
また精神的な不安を改善するためにもコミュニケーション能力は重要なものなのです。
またリハビリをとして患者の体調をしっかり把握する能力も求められます。

がん放射線療法看護

がん放射線治療看護は認定看護師の分野の一つです。
がんを完治させるためには手術か放射線治療しかありません。
放射線治療が行える施設は非常に少なかったのですが、現在日本でも放射線治療の行える病院は増えています。
しかしまだまだがんの放射線治療については患者もその後家族も理解が少ないです。
そこでがん放射線療法看護認定看護師はがん放射線療法について患者やご家族に専門的な知識を分かりやすく説明する能力が問われています。
がん患者の精神的肉体的な問題を支えるのもがん放射線療法看護認定看護師の仕事です。
また治療に対する不安を専門的な知識からやわらげていくのもがん放射線療法看護認定看護師の仕事でしょう。
放射線治療に対しての知識はもちろん、その際の実践力も求められます。
それだけではなく、がん患者への精神的なケアも行うのですから、非常に重要で責任も役割も大きい事が分かりますね。
がん患者とどのように向き合うべきなのかといった倫理的な問題にも必ず直面します。
しかし今後、がんの放射線療法が日本でも広く浸透していくと言われていますし、また主流になること考えられます。
これから需要も高まり看護が必要な患者数も増えることが予想されます。
ですから、しっかりとがん放射線療法看護について学びがん放射線療法看護認定看護師になることはがんと向き合う中でも重要な事でしょう。
どのような姿勢で看護を行っていくべきなのか、またがん患者とどう向き合えばいいのかを日ごろから考えて置くべきです。

慢性呼吸器疾患看護

慢性呼吸器疾患看護は認定看護師の分野の一つです。
慢性呼吸器疾患看護は呼吸器に慢性の疾患を抱えている患者に対する看護のことを指しています。
喫煙や老化、その他疾患による呼吸器の疾患で、息切れや呼吸がしにくいなどの症状があります。
肺の機能を維持させ、呼吸を上手く行えるよう看護する必要があります。
慢性呼吸器疾患は、とても苦しい症状であると言われており、酸欠の状態が続くなど時には一番苦しい症状であると言われています。
呼吸は生命維持にとって最も重要ですから、その看護もまた重要なものです。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師は慢性呼吸器疾患のスペシャリストですから、専門的な知識は欠かすことが出来ません。
呼吸を整えると言うことはその人の生活に大きく影響し、生活の質にも関わります。
その中で考えておきたいのは慢性呼吸器疾患の自己管理の実現でしょう。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師は、慢性呼吸器疾患を向上させることに重点を置くことも重要なのです。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師は2012年に設けられた非常に新しい認定看護師の分野です新しい分野ではありますが、既に慢性呼吸器疾患看護認定看護師として活躍されている方は多いです。
慢性呼吸器疾患の看護の向上のために様々な勉強を行うことで介護現場で非常に役に立っていると言われています。
自宅で生活を送れるように、ケアを行っていくのは非常に重要なことでしょう。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師は今後さらに注目を高める分野です。

慢性心不全看護

慢性心不全看護は2012年に新たに認定看護師の分野に加わった新しい認定看護師の分野です。
慢性心不全看護認定看護師の試験は出来てからまだ日が浅いですが慢性心不全看護認定看護師として活躍している方はいます。
慢性心不全とはあらゆる心疾患であると考えるのが簡単でしょう。
心筋梗塞はもちろん、狭心症なども含まれます。
これらが最終的に慢性的な心不全になるので、心臓に何らかの疾患がある場合、いずれ慢性的な心不全になる可能性があると考えられます。
また糖尿病患者や喫煙患者では慢性心不全の危険因子を持っていると考えておいてもいいでしょう。
慢性心不全看護認定看護師はこのような慢性心不全に対するスペシャリストなのです。
病気とどのように付き合い生活の質を向上していくのかを考えて行く看護とも言えます。
慢性心不全は完治する事はありませんので、良い状態と悪い状態を繰り返していくことになります。
慢性心不全看護認定看護師はこれらの症状をよく観察し専門的な知識を活用しながら患者を看護していきます。
慢性心不全看護認定看護師は慢性心不全という病気の特性上、長く患者と付き合うことが予想されます。
患者の状況を把握し看護を通して患者の精神的不安なども完全することが求められています。
2012年に新しく出来た分野で、まだまだ道だと感じているかたも多いでしょう。
しかし慢性心不全は昔からある病気ですし、そこに長く関わっている間に慢性心不全について知識を身に付けている方もいます。
新しい分野ではありますが、需要も高く、さらに看護についてより深く学べることになります。

スポンサーリンク

関連記事

職場や自分を見つめ直してスキルアップ

今年は仕事の内容や職場での待遇を見直してみましょう。 いつもいる環境があなたに合っているのか確

記事を読む

メディカルプラネットの詳細・特徴・口コミ

メディカルプラネットは薬剤師の転職支援エージェントであり、株式会社メディカルプラネットによって運

記事を読む

ブラック企業とは?これまでにブラック企業として名前が出た企業のその実態とは!?

社員に対して、劣悪な環境を強いる企業、いわゆるブラック企業が社会的な問題になっています。 実際

記事を読む

薬剤師のお仕事の詳細・特徴・口コミ

薬剤師のお仕事は薬剤師に向けた転職サービスであり、レバレジーズ株式会社によって運営されています。

記事を読む

リクナビ薬剤師の詳細・特徴・口コミ

リクナビ薬剤師はリクルートグループの株式会社リクルートドクターズキャリアによって運営されていて、

記事を読む

インテリアコーディネーターというクリエイティブな仕事とは

インテリアコーディネイトとは、その部屋に住む人の好みや趣味、ライフスタイルに合わせて心地よい空間

記事を読む

薬剤師転職の成功事例と失敗事例

薬剤師転職成功事例1 調剤薬局を併設しているドラックストアでパート薬剤師として働いていたAさん

記事を読む

エムスリーキャリアの詳細・特徴・口コミ

エムスリーキャリアとは、医療関連ビジネスを展開していて東証一部にも上場している企業である「m3.

記事を読む

薬剤師を目指すあなたに・・・薬剤師とは

薬剤師の主な仕事内容と職種について 薬剤師の主な仕事内容は3つに分けることが出来ます。そして職

記事を読む

薬剤師の働き方、アルバイトか?派遣か?正社員か?

アルバイト・パートで働く 薬剤師として働いていて、家庭の事情などがあって転職を考えるとなるとア

記事を読む

金の菊芋の特徴や感想

『糖分』の量のコントロールできていますか。 『金の菊芋』サプリな

ツインバード コンパクトブレンダー『OLALA』の特徴や感想

ツインバードから、太陽の恵みをいただく新ブランド『OLALA』コン

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおい

DAIKIN 空気清浄機の特徴や感想

大きな携帯電話に見えます。 スッキリスマートなデザインです。

Panasonic 衣類スチーマーの特徴や感想

これからお出かけしようとした途端、洋服のシワに気がついて気になって

→もっと見る

PAGE TOP ↑