薬剤師を目指すあなたに・・・薬剤師とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 ビジネス

薬剤師の主な仕事内容と職種について

薬剤師の主な仕事内容は3つに分けることが出来ます。そして職種も3つに分けることが出来ます。
まずは薬剤師の仕事内容について確認して見ましょう。

薬剤士の仕事の内容としては薬剤管理が一番最初に挙げられるでしょう。
薬剤管理を行うことによって患者個人のデータも管理する事になり、これにより飲み合わせ等を全てチェック出来ます。

また薬剤師の主な仕事として疑義照会があります。
これは医師の薬の処方が過剰だと感じた時や、また何か間違いを感じた時にその点を確認して処方すると言うことです。医薬分業ならではのもので医師が過剰に薬を出していないか、または不審な部分が無いかチェックをするのです。
この二重のチェックにより患者への処方ミスを防ぎます。

また、リスクマネジメントも行います。
薬の取り違えなど処方ミスを防ぐことを意識して行います。

主な薬剤師の職場は病院や薬局薬店、行政、そして製薬会社の三つになります。
それぞれ業務の内容も大きく異なり、販売を行う必要があります。また行政では保険関係の仕事を行います。
製薬会社では薬の開発を行います。

このように同じ薬剤師でも就職場所によって職務内容は大きく異なりますが根本的なものは変わりません。
ですから薬剤師になることが出来たら、どのような職場で働きたいのかしっかり考えて置かなくてはなりません。

職場により業務が異なるのですから、自分の最大の特徴を生かせる職業に就きましょう。
勤務時間なども大きく異なるのが特徴です。

薬剤師の仕事と今後の見通し

薬剤師とは具体的にどのような仕事なのでしょうか。

薬剤師は調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する任務者であると薬剤師法第一条で定められています。

また、医療関係者及び医療従事者としての担い手であると医師法第一条の2に定められています。

薬剤師になるためには6年生の薬学部を卒業し薬剤師国家試験を受験し合格しなくてはなりません。

薬剤師は医薬分業の思想の中で生まれ、現在では薬剤師の誕生により医薬分業が進んでいます。
しかし医薬分業が進んだことによって需要は減ってきていると言われており、さらに減少すると予想されています。

これは第二類および第三種類一般用医薬品を販売できる登録販売者がいれば、薬剤師の常駐が不要になるという考えから予想されるものです。

また薬剤師の数は年々増えており、需要と供給のバランスが崩れてきていると言われています。

現に日本の人口1000人あたりの薬剤師率は先進国で最も高くなっており、薬剤師の数は2027年には40万人になると予想されます。

薬学部は多くの学校で新設されており、今後さらに増えて行く見通しです。

かといってマイナス面ばかりではなく専門性の向上と言う意味では薬剤師が担っているものは非常に大きく、医療に貢献していると言えます。

医療技術の高度化によって薬も複雑化していますが薬剤師のおかげで薬に対する一般の人の知識も向上しているのです。

薬剤師の目的

薬剤師の仕事の目的は医薬分業です。

これは医師によって過剰な薬の処方を防ぐ目的もあります。

また薬剤師が医師からの処方箋に目を通すことによって処方ミスを防ぐという目的もあります。

薬剤師が薬を説明してくれるのにはこうした意味もあるのです。

この過剰処方防止と処方ミス防止を目的にした薬剤師の仕事は世界的に行われているものです。

また専門性の向上においても薬剤師の職務内容は非常に重要なものです。

薬学的側面から処方の提案や監査が必要な現代で、薬剤師はその役割を担っていると言えるのです。

医薬品適正使用に関する専門知識が求められる現場が増えているのも事実で、そうした現場によって活躍しているのが薬剤師だと言えるのです。

薬剤師は医薬品の供給に関する全ての分野で活躍しているので、セルフメディケーションに関与する唯一の国家資格者だとも言えます。

薬剤師の仕事は多岐に渡りますが、そのどの場面でも薬剤師からの医薬品の説明が受けられることによって薬学的見地から医薬品が適正使用しているか分かるようになります。

そのため適正使用に不可欠のものです。

平成18年に薬剤師法が改正され、国民による薬剤師の資格の確認及び医療に関する適切な選択に資するよう、薬剤師の氏名等を公表することになったのです。

平成22年には薬剤師の総数が276500人だと言われています。

薬剤師の仕事の目的は医薬分業によるミスを防ぐものであるということをしっかり覚えて置くと役に立ちます。

薬剤師になるには

薬剤師は国家資格です。

薬剤師になるためには薬剤師国家資格に合格する必要があります。

しかし薬剤師国家資格を受験するためには受験資格を満たしていることが必要です。

薬剤師の国家資格は薬学の正規の課程のうち修業年限を6年とする課程を卒業した者と決められています。

ですからまず6年生の薬学部へ入学する必要があります。

薬学部は多くの大学に設けられていますから、しっかり勉強し薬学部へ入学しましょう。

薬学部には夜間部や短期大学はないので注意が必要で、通常の大学よりも2年長く6年生となっています。

薬剤師になるためには薬学部に入学する事がとても難しいと言われています。

薬学部に入学する事を目標に頑張る必要がありますので、少なくとも薬剤師になりたいと思ったら高校生の頃から努力する必要があります。

何故、薬学部への入学が難しいと言われているのでしょうか。

薬剤師国家試験の合格率に秘密があります。

薬剤師国家試験の合格率は70パーセントと非常に高いものになっています。

そのため大学に入学し薬学について学ぶまで、そして学ぶ過程が非常に難しいと言われているのです。

薬剤師免許を取得することで薬剤師と名乗ることが出来ます。

薬剤師免許はライセンスですので免許が無ければ働くことが出来ない部分も非常に多いのです。

薬剤師免許を持つことによって薬剤関係の仕事に就くことが出来るようになります。

薬剤師国家試験は年に1回2日間の日程で行われますので、チャンスは少ないですが勉強する時間は多いので頑張りましょう。

薬剤師資格の難易度と特徴

薬剤師資格は国家試験ですから簡単なものではありません。

しかし、薬学部に進学し薬剤師国家試験の受験資格を得た人、つまり受験者数のおよそ70パーセントが合格しています。

これは高い合格率であることが分かるでしょう。

この国家試験は薬剤師にとって必要最低限の知識を問うているものですから、難し過ぎると言うことはありません。

6年間しっかり学んできた人にとってはしっかり対策をすれば越えられない壁というものではないのです。

試験内容は基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関係法規の4項目です。

薬剤師資格を取得するための試験は毎年3月に2日間行われると言われています。

今後、変動する可能性もありますから日程はご自分で確認するのが好ましいです。

多くの国家試験の難易度を比較しているサイトでは平均的な難易度であると言われています。

最高難易度が5つ星であれば3つ星であるという認識が一般的なようです。

薬剤師資格の特徴は平成18年の改正によってさらに専門的知識を求められると言うことでしょう。

専門的知識を問われることによって合格率が大きく変動したわけではありませんが、内容が専門的なものへと変更されたと覚えておきましょう。

また合格率の高さだけで安易に考えてはいけません。

国家資格で受験資格が必要ですので、どれだけ受験者のレベルが高い事は安易に想像できます。

そのため合格率を安易に信じ込むのはとても危険です。

通常の試験と異なり誰でも受けられるものではないのですから、そこを頭に入れて合格率を参考にしましょう。

薬剤師の主な職場

薬剤師の職場と聞いて思い浮かべるのはどんな職場でしょうか。

実は薬剤師は医薬品に関係するあらゆる場所で働いています。

今回は薬剤師の職場について考えてみましょう。

薬剤師の職場は大きく分けて4つとして考えることが出来ます。

薬局や薬店、病院、製薬会社、保健行政のこの4つが主な薬剤師の職場なのです。

まず薬局や薬店から考えてみましょう。

薬局や薬店ですが、薬局と薬店は似ていますが全く異なっていると考えておきましょう。

薬局は病院の近くにあることが多く医師の処方箋に従って薬を処方します。

しかし薬店では処方箋はなく、お客様の要望に答えて薬を選んだり、別の薬を勧めたりすることがあります。

これが薬局と薬店の大きな違いで薬店はドラッグストアと呼ばれることの方が多くなってきました。

ドラッグストアでは薬に関する相談を受けるだけでなく店の管理なども仕事の内容としてあります。

次に病院ですが、これは薬局と似ています。

医師に処方された薬を処方するのです。

しかし医師に処方された薬を病室に届けて回るなど病院ならではの職務も多いです。

次に製薬会社ですが、これは先に説明した二つとは大きく異なります。

先の二つが販売だとしたら、製薬会社で行うのは研究です。

同じ薬剤師の仕事でも就職先によってこのように大きく異なるのです。

最後に保健行政ですから、これは行政の中での仕事になります。

行政の中で働くのですから、行政ならではの仕事も多いです。

薬剤師はどのような場所で仕事をするかで大きく異なります。

薬剤師に求められる資質

薬剤師に求められる資質と言うものは一体どのようなものなのでしょうか。

薬剤師に求められる資質と言うのは文部科学省によってホームページに記載されています。

それによると求められる資質は10項目になります。

薬剤師としての職責として、豊かな人間性と生命の尊厳についての深い認識を有し、人の命と健康を守る薬剤師としての職責を自覚することが求められます。

患者中心の視点として、患者およびその家族の秘密を守り、薬剤師の義務や医療倫理を遵守するとともに、患者の安全を最優先し、常に患者中心の立場に立つことが求められます。

またコミュニケーション能力として医療情報を適切に収集し、提供することによって、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力をもっているかどうかも必要です。

チーム医療として医療機関や地域における医療チームに積極的に参画し、相互の尊重のもとに薬剤師に求められる行動を適切に取ることが出来る能力も必要です。

科学力として、化学物質としての医薬品と生体との相互作用を深く理解し、薬物治療への応用を計るための基礎科学の能力があるのかどうかも求められています。

総合的な薬物療法の評価と実践能力として、患者の様々な病態における医薬品の使用を包括的に管理し,薬物療法の安全性・有効性を保障する専門的な実践的能力があるのかどうかも問題です。

地域医療として、医療を巡る社会経済的動向を把握し、地域医療の向上に貢献するとともに、地域の保健・医療・福祉・介護および行政等と連携協力する。

さらに街の科学者として国民への医療および科学の普及に努力が出来るかどうかも判断されます。

薬学研究への志向、薬学・医療の進歩と改善に資するために研究を遂行する意欲と基礎的素養を有する事が求められます。

自己研鑽、男女を問わずキャリアを継続させて、生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲と態度を有することを求められます。

教育能力として、次世代を担う人材を育成し、これを通して自らが成長する能力を有することが求められます。

薬剤師のニーズ

薬剤師のニーズについて考えてみましょう。

薬剤師は毎年およそ8000人増えると言われています。

実は薬剤師の需要と供給のバランスは崩れつつあるというのが現状です。

2027年には薬剤師の数は40万人になると言われていますが需要は29万人だと言われていますので11万人の余剰が生まれてしまうのです。

では、薬剤師のニーズはないのでしょうか。

このような問いに関してははっきりとノーと言うことが出来ます。

薬剤師のニーズは高く今後薬剤師は多くの場所で活躍されることになると言われています。

これは高い能力を求められるだけでなく多種多様にコミュニケーション能力を生かすという部分もあります。

以前に比べ薬剤師が必要とされる場所が増えてきたためです。

第一類の医薬品を販売する店或いは医療現場においては薬剤師の存在は必要不可欠です。

第二類及び第三類の医薬品の販売は登録販売者によって行えますが第一類の医薬品の販売は薬剤師のみが出来ます。

そのため第一類の医薬品の販売では必ず薬剤師が必要で、ニーズがあると言えるでしょう。

これはドラッグストアでも薬局でも病院内でも同じことが言えます。

そのため薬剤師のニーズが無くなることは考えられません。

また今後のニーズとして在宅医療の現場が考えられます。

在宅医療が進むと考えられる現在、在宅医療に対応した薬剤師が必要になることは考えられることでしょう。

このように薬剤師のニーズは変化していくことが想像されますが無くなることは考えられません。]]>

薬剤師の主な仕事内容と職種について

薬剤師の主な仕事内容は3つに分けることが出来ます。

そして職種も3つに分けることが出来ます。

まずは薬剤師の仕事内容について確認して見ましょう。

薬剤士の仕事の内容としては薬剤管理が一番最初に挙げられるでしょう。

薬剤管理を行うことによって患者個人のデータも管理する事になり、これにより飲み合わせ等を全てチェック出来ます。

また薬剤師の主な仕事として疑義照会があります。

これは医師の薬の処方が過剰だと感じた時や、また何か間違いを感じた時にその点を確認して処方すると言うことです。

医薬分業ならではのもので医師が過剰に薬を出していないか、または不審な部分が無いかチェックをするのです。

この二重のチェックにより患者への処方ミスを防ぎます。

また、リスクマネジメントも行います。

薬の取り違えなど処方ミスを防ぐことを意識して行います。

主な薬剤師の職場は病院や薬局薬店、行政、そして製薬会社の三つになります。

それぞれ業務の内容も大きく異なり、販売を行う必要があります。

また行政では保険関係の仕事を行います。

製薬会社では薬の開発を行います。

このように同じ薬剤師でも就職場所によって職務内容は大きく異なりますが根本的なものは変わりません。

ですから薬剤師になることが出来たら、どのような職場で働きたいのかしっかり考えて置かなくてはなりません。

職場により業務が異なるのですから、自分の最大の特徴を生かせる職業に就きましょう。

勤務時間なども大きく異なるのが特徴です。

薬剤師の仕事と今後の見通し

薬剤師とは具体的にどのような仕事なのでしょうか。

薬剤師は調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する任務者であると薬剤師法第一条で定められています。

また、医療関係者及び医療従事者としての担い手であると医師法第一条の2に定められています。

薬剤師になるためには6年生の薬学部を卒業し薬剤師国家試験を受験し合格しなくてはなりません。

薬剤師は医薬分業の思想の中で生まれ、現在では薬剤師の誕生により医薬分業が進んでいます。
しかし医薬分業が進んだことによって需要は減ってきていると言われており、さらに減少すると予想されています。

これは第二類および第三種類一般用医薬品を販売できる登録販売者がいれば、薬剤師の常駐が不要になるという考えから予想されるものです。

また薬剤師の数は年々増えており、需要と供給のバランスが崩れてきていると言われています。

現に日本の人口1000人あたりの薬剤師率は先進国で最も高くなっており、薬剤師の数は2027年には40万人になると予想されます。

薬学部は多くの学校で新設されており、今後さらに増えて行く見通しです。

かといってマイナス面ばかりではなく専門性の向上と言う意味では薬剤師が担っているものは非常に大きく、医療に貢献していると言えます。

医療技術の高度化によって薬も複雑化していますが薬剤師のおかげで薬に対する一般の人の知識も向上しているのです。

薬剤師の目的

薬剤師の仕事の目的は医薬分業です。

これは医師によって過剰な薬の処方を防ぐ目的もあります。

また薬剤師が医師からの処方箋に目を通すことによって処方ミスを防ぐという目的もあります。

薬剤師が薬を説明してくれるのにはこうした意味もあるのです。

この過剰処方防止と処方ミス防止を目的にした薬剤師の仕事は世界的に行われているものです。

また専門性の向上においても薬剤師の職務内容は非常に重要なものです。

薬学的側面から処方の提案や監査が必要な現代で、薬剤師はその役割を担っていると言えるのです。

医薬品適正使用に関する専門知識が求められる現場が増えているのも事実で、そうした現場によって活躍しているのが薬剤師だと言えるのです。

薬剤師は医薬品の供給に関する全ての分野で活躍しているので、セルフメディケーションに関与する唯一の国家資格者だとも言えます。

薬剤師の仕事は多岐に渡りますが、そのどの場面でも薬剤師からの医薬品の説明が受けられることによって薬学的見地から医薬品が適正使用しているか分かるようになります。

そのため適正使用に不可欠のものです。

平成18年に薬剤師法が改正され、国民による薬剤師の資格の確認及び医療に関する適切な選択に資するよう、薬剤師の氏名等を公表することになったのです。

平成22年には薬剤師の総数が276500人だと言われています。

薬剤師の仕事の目的は医薬分業によるミスを防ぐものであるということをしっかり覚えて置くと役に立ちます。

薬剤師になるには

薬剤師は国家資格です。

薬剤師になるためには薬剤師国家資格に合格する必要があります。

しかし薬剤師国家資格を受験するためには受験資格を満たしていることが必要です。

薬剤師の国家資格は薬学の正規の課程のうち修業年限を6年とする課程を卒業した者と決められています。

ですからまず6年生の薬学部へ入学する必要があります。

薬学部は多くの大学に設けられていますから、しっかり勉強し薬学部へ入学しましょう。

薬学部には夜間部や短期大学はないので注意が必要で、通常の大学よりも2年長く6年生となっています。

薬剤師になるためには薬学部に入学する事がとても難しいと言われています。

薬学部に入学する事を目標に頑張る必要がありますので、少なくとも薬剤師になりたいと思ったら高校生の頃から努力する必要があります。

何故、薬学部への入学が難しいと言われているのでしょうか。

薬剤師国家試験の合格率に秘密があります。

薬剤師国家試験の合格率は70パーセントと非常に高いものになっています。

そのため大学に入学し薬学について学ぶまで、そして学ぶ過程が非常に難しいと言われているのです。

薬剤師免許を取得することで薬剤師と名乗ることが出来ます。

薬剤師免許はライセンスですので免許が無ければ働くことが出来ない部分も非常に多いのです。

薬剤師免許を持つことによって薬剤関係の仕事に就くことが出来るようになります。

薬剤師国家試験は年に1回2日間の日程で行われますので、チャンスは少ないですが勉強する時間は多いので頑張りましょう。

薬剤師資格の難易度と特徴

薬剤師資格は国家試験ですから簡単なものではありません。

しかし、薬学部に進学し薬剤師国家試験の受験資格を得た人、つまり受験者数のおよそ70パーセントが合格しています。

これは高い合格率であることが分かるでしょう。

この国家試験は薬剤師にとって必要最低限の知識を問うているものですから、難し過ぎると言うことはありません。

6年間しっかり学んできた人にとってはしっかり対策をすれば越えられない壁というものではないのです。

試験内容は基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関係法規の4項目です。

薬剤師資格を取得するための試験は毎年3月に2日間行われると言われています。

今後、変動する可能性もありますから日程はご自分で確認するのが好ましいです。

多くの国家試験の難易度を比較しているサイトでは平均的な難易度であると言われています。

最高難易度が5つ星であれば3つ星であるという認識が一般的なようです。

薬剤師資格の特徴は平成18年の改正によってさらに専門的知識を求められると言うことでしょう。

専門的知識を問われることによって合格率が大きく変動したわけではありませんが、内容が専門的なものへと変更されたと覚えておきましょう。

また合格率の高さだけで安易に考えてはいけません。

国家資格で受験資格が必要ですので、どれだけ受験者のレベルが高い事は安易に想像できます。

そのため合格率を安易に信じ込むのはとても危険です。

通常の試験と異なり誰でも受けられるものではないのですから、そこを頭に入れて合格率を参考にしましょう。

薬剤師の主な職場

薬剤師の職場と聞いて思い浮かべるのはどんな職場でしょうか。

実は薬剤師は医薬品に関係するあらゆる場所で働いています。

今回は薬剤師の職場について考えてみましょう。

薬剤師の職場は大きく分けて4つとして考えることが出来ます。

薬局や薬店、病院、製薬会社、保健行政のこの4つが主な薬剤師の職場なのです。

まず薬局や薬店から考えてみましょう。

薬局や薬店ですが、薬局と薬店は似ていますが全く異なっていると考えておきましょう。

薬局は病院の近くにあることが多く医師の処方箋に従って薬を処方します。

しかし薬店では処方箋はなく、お客様の要望に答えて薬を選んだり、別の薬を勧めたりすることがあります。

これが薬局と薬店の大きな違いで薬店はドラッグストアと呼ばれることの方が多くなってきました。

ドラッグストアでは薬に関する相談を受けるだけでなく店の管理なども仕事の内容としてあります。

次に病院ですが、これは薬局と似ています。

医師に処方された薬を処方するのです。

しかし医師に処方された薬を病室に届けて回るなど病院ならではの職務も多いです。

次に製薬会社ですが、これは先に説明した二つとは大きく異なります。

先の二つが販売だとしたら、製薬会社で行うのは研究です。

同じ薬剤師の仕事でも就職先によってこのように大きく異なるのです。

最後に保健行政ですから、これは行政の中での仕事になります。

行政の中で働くのですから、行政ならではの仕事も多いです。

薬剤師はどのような場所で仕事をするかで大きく異なります。

薬剤師に求められる資質

薬剤師に求められる資質と言うものは一体どのようなものなのでしょうか。

薬剤師に求められる資質と言うのは文部科学省によってホームページに記載されています。

それによると求められる資質は10項目になります。

薬剤師としての職責として、豊かな人間性と生命の尊厳についての深い認識を有し、人の命と健康を守る薬剤師としての職責を自覚することが求められます。

患者中心の視点として、患者およびその家族の秘密を守り、薬剤師の義務や医療倫理を遵守するとともに、患者の安全を最優先し、常に患者中心の立場に立つことが求められます。

またコミュニケーション能力として医療情報を適切に収集し、提供することによって、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力をもっているかどうかも必要です。

チーム医療として医療機関や地域における医療チームに積極的に参画し、相互の尊重のもとに薬剤師に求められる行動を適切に取ることが出来る能力も必要です。

科学力として、化学物質としての医薬品と生体との相互作用を深く理解し、薬物治療への応用を計るための基礎科学の能力があるのかどうかも求められています。

総合的な薬物療法の評価と実践能力として、患者の様々な病態における医薬品の使用を包括的に管理し,薬物療法の安全性・有効性を保障する専門的な実践的能力があるのかどうかも問題です。

地域医療として、医療を巡る社会経済的動向を把握し、地域医療の向上に貢献するとともに、地域の保健・医療・福祉・介護および行政等と連携協力する。

さらに街の科学者として国民への医療および科学の普及に努力が出来るかどうかも判断されます。

薬学研究への志向、薬学・医療の進歩と改善に資するために研究を遂行する意欲と基礎的素養を有する事が求められます。

自己研鑽、男女を問わずキャリアを継続させて、生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲と態度を有することを求められます。

教育能力として、次世代を担う人材を育成し、これを通して自らが成長する能力を有することが求められます。

薬剤師のニーズ

薬剤師のニーズについて考えてみましょう。

薬剤師は毎年およそ8000人増えると言われています。

実は薬剤師の需要と供給のバランスは崩れつつあるというのが現状です。

2027年には薬剤師の数は40万人になると言われていますが需要は29万人だと言われていますので11万人の余剰が生まれてしまうのです。

では、薬剤師のニーズはないのでしょうか。

このような問いに関してははっきりとノーと言うことが出来ます。

薬剤師のニーズは高く今後薬剤師は多くの場所で活躍されることになると言われています。

これは高い能力を求められるだけでなく多種多様にコミュニケーション能力を生かすという部分もあります。

以前に比べ薬剤師が必要とされる場所が増えてきたためです。

第一類の医薬品を販売する店或いは医療現場においては薬剤師の存在は必要不可欠です。

第二類及び第三類の医薬品の販売は登録販売者によって行えますが第一類の医薬品の販売は薬剤師のみが出来ます。

そのため第一類の医薬品の販売では必ず薬剤師が必要で、ニーズがあると言えるでしょう。

これはドラッグストアでも薬局でも病院内でも同じことが言えます。

そのため薬剤師のニーズが無くなることは考えられません。

また今後のニーズとして在宅医療の現場が考えられます。

在宅医療が進むと考えられる現在、在宅医療に対応した薬剤師が必要になることは考えられることでしょう。

このように薬剤師のニーズは変化していくことが想像されますが無くなることは考えられません。

スポンサーリンク

関連記事

yakuzaisi17.7.25-1

薬剤師転職の成功事例と失敗事例

薬剤師転職成功事例1 調剤薬局を併設しているドラックストアでパート薬剤師として働いていたAさん

記事を読む

stockfoto_35311004_M

油圧ショベル(ユンボ)のアタッチメントやバケットの特徴や詳細のまとめ

油圧ショベル(ユンボ)のアタッチメントやバケットの特徴や詳細について 油圧ショベルは、自走式の

記事を読む

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細・特徴・口コミ

リクナビ薬剤師はリクルートグループの株式会社リクルートドクターズキャリアによって運営されていて、

記事を読む

eiyoshi2

管理栄養士の主な勤務先と仕事内容

病院 病院や診療所で働く管理栄養士は、病気の治療、再発防止、合併症予防を目指し、患者の症状や栄

記事を読む

エムスリーキャリア

エムスリーキャリアの詳細・特徴・口コミ

エムスリーキャリアとは、医療関連ビジネスを展開していて東証一部にも上場している企業である「m3.

記事を読む

yakuzaisi17.7.25-2

薬剤師の働き方、アルバイトか?派遣か?正社員か?

アルバイト・パートで働く 薬剤師として働いていて、家庭の事情などがあって転職を考えるとなるとア

記事を読む

shinri1

心理カウンセラーの資格を生かせる職場や分野のまとめ

医療分野 医療分野で心理職に就くためにはどのような知識や資格がいるのでしょうか。 また、医療

記事を読む

薬剤師のお仕事

薬剤師のお仕事の詳細・特徴・口コミ

薬剤師のお仕事は薬剤師に向けた転職サービスであり、レバレジーズ株式会社によって運営されています。

記事を読む

電子チラシってご存知ですか

電子チラシってご存知ですか?今、電子折込みチラシが大躍進しています。

 皆さんは買い物をする時、少しでも安く買い物をして節約をしたいと思っていますか? 昨今、ス

記事を読む

kangoshi3

看護師の資格を取る為の学校とは

高等学校衛生看護科 みなさんは将来の夢の為の進路選択をいつぐらいにしましたか?中学校や高校、大

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑