薬剤師転職の為に重要な事

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 ビジネス

薬剤師転職市場の現状は

薬剤師の資格は専門性の高いものであるため、さまざまな職場で人手が求められています。

業界としては転職先が多いことも特徴になっていて、いつまでも現役で働くことができる仕事です。

女性でも育児で忙しい時期を終えてから薬剤師として現場に戻るケースは少なくなく、職場に困らないという利点があります。

基本的に安定している業界であるということはできますが、その転職市場にまったく変化がないというわけではありません。

2014年の時点ではいわゆる「売り手市場」というように、現場における薬剤師の不足が問題視されている状況です。

新卒としてあらたに働き始める薬剤師よりも、一定の経験を持っている中途採用の人材が好まれている傾向にあります。

ただ2015年以降の転職事情については、中途採用が厳しい方向に向かうと懸念されているところもあります。

その理由としては、2006年度に行われた薬剤師養成機関の法制改正による影響が小さくありません。

教育機関の薬学部課程が4年から6年へと長くなったことによって、新卒の薬学生に大きな変化が生じたのです。

そのため、変更後に新卒の薬剤師が少なかった時期もあり、中途転職者の採用が積極的に行われていたところもありました。

移行時期を終えた現在では、再び募集元が新卒者へ目を向ける傾向も強まってきています。

ドラッグストアの出店ラッシュなど職場自体の増加という動きもありますが、この動きと人材が増加するペースのどちらが上回るかはまた注目されるところです。

薬剤師転職市場の今後の推移予想は

最近は薬剤師でも、より自分に合う職場を求めて転職するという人が増えてきています。

働き方が多様になってきていることも関係していて、ライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができるようになってきているところもあるのです。

薬剤師にはさまざまなところで需要があり転職を考える人も多いため、各所でも採用活動が活発に行われています。

ここまでの薬剤師転職市場には大変な活気があり、インターネット上での医薬品販売やドラッグストアで扱われる商品の増加といったことなどにともなって、薬剤師の需要も増加してきました。

転職市場における今後の推移予想としては、なお活気が続いていくものとして考えられています。

高齢化が進む中で医療のニーズにともない調剤薬局も増えていますし、製薬関連企業などでも活発な事業展開がなされています。

それだけ薬剤師の人材も必要とされていますから、転職市場の規模は小さくありません。

何といっても薬剤は薬剤師の資格がなければ取り扱うことのできないものが多く、絶対的な必要があるのです。

企業や公的機関においても、薬剤師がいなければ保有し扱うことのできない薬剤が多くあります。

薬を飲む必要がある人は多くいますから、正しい知識によって薬の処方から服薬指導までを行い、安心して毎日を過ごすことができるようにしたいところです。

薬剤師にはその手助けをする役割があり、求められるところが大きい中で今後も転職市場はにぎわっていくと予想されます。

“”

挨拶

薬剤師が転職を成功させることができるかどうかについては、面接が大きな勝負の場となります。

履歴書からわかる経歴や資格、また持っている知識やスキルも大切ですがその上で、面接で自分がどれだけ役に立つことのできる薬剤師であるかというアピールをしなければなりません。

そして、その第一歩が挨拶です。

挨拶は、その人の人柄が見えてくるというほどに大切なものであるのです。

職場によって薬剤師は接客や患者さんへの応対をしなければならないこともあり、やはり当たり前の挨拶をすることができなければなりません。

面接の最初に行われる挨拶の印象が良ければ、面接官もこの人の話を聞いてみようという気持ちになります。

逆にそれが悪い印象であると、その後は形式的な話をするだけということになるかもしれません。

面接は、名前を呼ばれて部屋に入るところからスタートしています。

部屋へ入るときにはまずノックをして、「どうぞ」と言われてから入室するときに「失礼いたします」と挨拶します。

それから静かにドアの方を向き静かに閉め、もう一度面接官の方を向いてから名乗り、よろしくお願いいたしますと挨拶します。

緊張する場面ではありますが、笑顔で軽く会釈をしながら挨拶をすれば、良い印象になります。

薬剤師として実際に仕事をする場面での、シミュレーションにもなる瞬間です。

もちろん面接が終わってからの挨拶も大切であり、薬剤師として転職するために面接してくれたことに対し、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えてありがとうございましたと一礼します。

座り方・姿勢

薬剤師にも転職をしようとするときには、必ず面接があります。

その前には書類審査もありますが、採用担当者と実際にはじめて対面する場となる面接での印象が、採用か不採用かを決めるところも大きいのです。

目で見た印象を少しでも良く見せるためには、面接での応答だけでなく座り方や姿勢も大切です。

薬剤師として活躍してきた職歴や経験、知識、スキルはもちろん大切な要素ですが、面接でのふるまいで良くない印象を与えてしまうと、どれだけ資質として優れていてもマイナスになってしまうのです。

良い印象を与える座り方は、背筋が伸びていて凛として見える姿勢です。

椅子の背もたれには寄りかからず足もしっかりそろえて膝をつけ、女性であれば少し横に流して手は膝の上に置きます。

ひじかけがある椅子でも、腕を乗せるようなことはしません。

足を組むこと、膝だけをつけて足先は開いていることなどもだらしがない印象になるため、気をつけなければなりません。

背中が丸くなっていることや肩が前に出ていることも、印象を悪くします。

薬剤師という仕事では患者さんやお客さんと接する機会も多く、職場によってはほかのスタッフとのコミュニケーションも大切です。

転職となると即戦力として活躍する人材が求められますから、面接での座り方や姿勢からも求める人材であるかどうかを見極めるところがあります。

コンサルタントから良い姿勢や座り方について指導を受けるということも可能であり、自分自身でも鏡に写すなどして研究するなど確認することが必要です。

言葉使いやしゃべり方

薬剤師が転職活動をする上で欠かすことのできない面接では、採用の確率を高めるためにいくつかのポイントがあります。

受け応えをする内容に加えて言葉使いやしゃべり方も評価の対象となり、採否の決定に大きな影響を及ぼすのです。

もちろんもっとも大切なことは、答える内容そのものです。

ですがその内容について面接担当者へ正しく伝えるためには、またより良い印象によって受け取られるためには、言葉使いやしゃべり方を意識しなければなりません。

薬剤師として仕事をするにあたっても薬局のお客さんや病院の患者さんと接しますから、人前での対応に問題のない言葉使いやしゃべり方である必要があります。

自分自身の考えていることを正確に伝えるためには、何をおいてもはっきりと話さなければなりません。

口はしっかりと開き発音を一語ずつ明確にして、元気良く答えます。

口ごもったようなしゃべり方をしていると相手にとっても聞き取りにくくなり、内容が伝わりにくいだけでなく消極的な印象も与えることになります。

特に、語尾までをはっきり発音するよう心がけることが大切です。

尻すぼみにならず、薬剤師として採用すれば貢献してくれるだろうという印象を与えなければなりません。

また、緊張していると言葉は早口になりがちですが、これも注意したいポイントです。

話す内容も延々と長く続けるのではなく、自分の考えていることは短い文章の中で簡潔にまとめて話すことがより良く、それには練習することも求められます。

そして、質問に対して回答が的確であることは言う間でもありません。

即戦力を求める転職者の面接では、薬剤師として必要とされるコミュニケーション能力の有無もチェックされています。

笑顔で目を見て話す

志望動機

薬剤師の転職活動は、面接にまでたどり着けば大詰めということになります。

そして、採否を決める上でも面接は最大のポイントとなります。

面接においてはさまざまな質問がなされ、短い時間の中で回答する内容や話し方から性格や薬剤師として持っているスキルなど、さまざまなことが判断されます。

転職を実現させたい人にとっては、自分の持っている力や人間性などについて大いにアピールすることができるチャンスでもあります。

その中ではっきりさせなければならないポイントのひとつが、志望動機です。

どれだけ高い能力を持っているとしても、職場を志望して面接に来た動機について明確でなければ、採用するに至らない可能性が十分にあります。

薬剤師として採用しようと思われるためには、志望動機が採用する側の求めている人物像と一致していなければなりません。

さまざまな職場から応募先を選んだ理由について、明確に志望動機として答えることができるような準備をしておく必要があります。

そのためには職場の就労条件や給料、休日なども含めて待遇や仕事の内容などもよく研究しておくようにします。

求人票で記載されている以外のことも研究し、求められている人物像を把握することによって、的確な回答をすることもできるようになります。

そして自分が必要な人材であること、自分の持っているスキルが性格が職場に適していることをアピールします。

専門職である薬剤師にとって自己アピールは苦手な分野であるかもしれませんが、それでも自分なりの考えをもって臨むことによって、充分に伝えることはできます。

希望の働き方や職種を明確に

薬剤師として転職するにあたっては、面接の場で希望の働き方や職種を明確に説明することも大切です。

面接は、相手に自分を知ってもらう上で欠かすことのできない場です。

うまく活用することができれば、転職の成功にもつながります。

転職面接ですから面接官からは必ず転職を希望する理由、前職を退職した理由について尋ねられます。

このときに、薬剤師として今後どのように働きたいかということを伝えなければなりません。

前の勤務先では叶わなかった職種の仕事にたずさわりたくて転職を希望していること、そして希望している勤務条件の詳細について面接で説明することは、採用されてからのトラブルを防ぐことにもなります。

薬剤師としてスキルアップしたい、希望している仕事に必要な勉強をしているといったことは、大きなアピールになります。

薬剤師として成長するために望んでいる環境があれば薬剤師として興味のある処方課目がある、臨床現場のチーム医療へ貢献したいといったようにより具体的な内容を説明することで、説得力も強まります。

もちろん職種の希望だけでなく勤務時間、家庭と仕事を両立させたいというように働き方の希望も伝えます。

以前の職場から転職してまであらたな環境に飛び込んで働きたいということを明確に説明すれば、面接官にもしっかり伝わります。

自分のことを知ってもらうためにも、自分の気持ちがわかりやすく伝わるようあらかじめシミュレーションすることで、面接にも落ち着いて臨むことができます。

スキル・自分をアピール

薬剤師として転職するにあたっては、必ず面接を受けることになります。

面接官は職場のカラーに見合っている人材であるのか、しっかりお客さんや患者さん、スタッフなどとも接することができそうな人間であるのかということを面接の中で判断していきます。

薬剤師として転職を成功させるためには、面接で自分自身やスキルを効果的にアピールすることができるよう覚えておかなければいけないことがあります。

まず、何といっても面接で気をつけなければいけない点は、遅刻をしないことです。

交通機関に乱れがあって予期しないトラブルが起こることもありますから、時間に余裕を持って出かけるようにします。

万が一遅れそうなことがあれば早いタイミングで連絡して、到着予想時間を知らせておきます。

面接会場では、自分の順番になるまで待っている間の態度も見られています。

面接本番では、面接官の目をしっかり見ることもアピールになります。

目を合わせて話に聞き入り、質問にも答えます。

笑顔で明るく素直な返答をすることが理想であり、その中で持っているスキルも伝えていきます。

十分に自分をアピールするためには前もって、薬剤師になった理由や応募先を選んだ理由についてすぐに答えることができるようにしておきます。

自分の長所や短所、これからしたいことについても、あらかじめ答えを用意しておくべきです。

職場で必要とされるスキルを持っていることは最低限の条件であり、職場の情報も調べておいて意気込みをアピールすることができなければ、面接官に気持ちは伝わりません。

履歴書の書き方・注意点・心がけ

薬剤師が転職活動をする上で、履歴書は人気のある職場へ応募するにも採用側が重要な判断材料にする書類です。

募集は活発に行われていますが応募する薬剤師も多いため、ほかの応募者よりも抜きん出たところがなければ簡単には採用されません。

採用担当者が応募者について注目する点は身だしなみや第一印象、態度などですが、その前に書類選考を通らなければなりません。

履歴書の書き方、書かれている文字の丁寧さなどによって、その人の印象は大きく変わります。

自分をアピールするために絶好のツールですから、履歴書を有効に活用しなければ損をすることにもなってしまいます。

ただ、応募する職場によっても注意する必要があり、それほどの専門性があるわけではない職場ですと、薬剤師としてのあまりに突っ込んだ内容を書き込んでも伝わらない可能性があります。

たとえば近年になってコンビニエンスストアで医薬品の販売が認められるようになったこともあり、結婚や出産などで退職した薬剤師がパートとして勤務しているケースもあります。

ただこのような場合に薬剤師としてのキャリアを履歴書でアピールしても、本来は専門外であるわけですからあまり意味をなしません。

一方いくつもの調剤薬局を経験してきたといった場合には、すべてをわかりやすく丁寧に記載することで信頼につながります。

職場を頻繁に替えて落ち着かない印象があるところでも、働きたい意志が伝わるよう前向きに誠意を持って書くことが大切です。

職務経歴書の書き方・注意点・心がけ

薬剤師が転職活動をする際には職務経歴書の書き方や注意点として、心がけておかなければならないことがあります。

何といってもこれまでに経験してきた職歴の中で、身につけてきたことを簡潔にまとめて書くように心がけます。

職務経歴書の書き方は、大きくふたつに分けられます。

ひとつは時系列に沿って業務内容をまとめて書く書き方、もうひとつは職務分野ごとにまとめていく書き方です。

社会人としての経歴が浅く、業務でのスキルアップをアピールしたい場合には時系列順が適しています。

経歴が長い場合ですと、時系列順に記載していくと書類に収まらない可能性があります。

書き方のポイントとしてはいつどこで何をという3点をおさえた上でどのくらい、誰に対して、どのような立場で何をしたかについて過不足なく記載します。

それに加えて職歴の中で得られた実績やエピソードも添えると、さらにわかりやすくなります。

スキルに関しては薬剤師として転職する上で適している専門的なスキル、またほかの職種にも応用することのできるスキルも挙げておきます。

注意点についてはレイアウトが整っていること、具体性や客観性があることも求められます。

ビジネス文書として、簡潔な文体に整えることがポイントです。

そもそも職務経歴書とは、履歴書だけで伝えきることのできない職歴を記載するための書類です。

それだけ職歴をわかりやすく書き、情報量を充実させるとともに読みやすくすることが心がけとして重要です。

薬剤師として応募先に対して自分が担当してきた仕事、働いてきた職場などを紹介し、自分が役立つ人材であることをアピールするためのものであるのです。

求人先のニーズを理解して

薬剤師として転職を希望するにあたっては、求人先から求められているニーズについて理解した上で求人情報を収集、分析する必要があります。

薬剤師の転職先としては調剤薬局や病院、ドラッグストアなどといった一般的な職場がまず挙げられます。

漢方薬局もありますがそれほどニーズは高くなく、漢方医のもとで勉強していく仕事でもあるという特殊性があるため、相当の情熱がなければ続けていくことができません。

最近は西洋医学と漢方を融合させていこうという試みがあり、若い人材を育成することに力を入れている漢方薬局が増えてきているため、これからニーズが増える可能性はあります。

そのほかの職場としては製薬会社や医療機器メーカーの研究開発職、化粧品メーカー、教育機関、コールセンターなども挙げられます。

全体的に薬剤師のニーズは高く、安定していることがわかります。

元々薬剤師は転職、離職、復職というサイクルが珍しくない職種ですから、ニーズが安定しています。

職場においても、あらたに入職する人材に対して理解があります。

同じ職場に勤続している人が、むしろ少ない傾向にあるのです。

薬の知識を活かして働くことのできる職場が増えてきたことから、生涯の仕事としても十分に選ぶことができるようになってきました。

ドラッグストアを筆頭として医薬品を扱う店舗も増えてきているため、専門職としてのニーズが急激に増加したことも関係しています。

ドラッグストアと調剤薬局が併設されている場合も増えてきていて、調剤以外の薬に関する知識や接客スキルを身につけるにも向いています。

転職でプラスに繋がる資格

薬剤師は、医療現場などの薬剤にかかわる分野で活躍することができます。

キャリアアップを考えて転職活動に取り組む人も多いのですが、そのとき転職でプラスに繋がる資格を持っていると、あらたな仕事の幅もまた違ったものになります。

積極的に医療分野で力を尽くしたいということであれば、キャリアアップに関する資格として、日本人第一の死亡原因となっているがん治療へ貢献するがん薬物治療認定薬剤師があります。

また、病原菌の発生を抑制する目的で知識について専門的に学ぶ感染制御専門薬剤師の資格制度もあります。

直接薬剤にかかわるということではなくても、たとえば日本糖尿病治療指導士や日本褥瘡学会認定師などの資格を持っていれば、薬剤師としてすでに持っている知識と治療に関する知識を併せ、高度な対応をすることも可能になります。

さらに薬剤師以外に関する専門知識を学ぶことも、活動する分野を広げる良い機会になるのです。

化粧品や食品の開発にかかわる資格、各種のカウンセラー資格などが、その最たる例です。

サプリメントアドバイザーの資格は健康管理に必要な栄養などの知識を持っている証明になるものであり、健康ブームの中でかなりの需要があります。

ドラッグストアなどでも医薬品とサプリメントをともに扱っている店舗は多いため、採用選考では大きなプラスになります。

転職を考える上で資格の取得に力を入れることも、キャリアを得るための大きなきっかけになります。

薬剤師求人サイトを利用しよう

薬剤師求人サイトのメリット

薬剤師が転職したいという場合には、ナースセンターのナースバンクを利用することもできます。

ナースセンターというと看護師が利用するというイメージもありますが、ナースバンクには薬剤師の資格を持っていて就職先を探している人、人材を求めている病院や施設もそれぞれ登録して成立しています。

薬剤師として看護協会を利用する転職活動のメリットは、ナースバンクへの登録も職業紹介も無料で利用することができるという点です。

一度登録すれば、半年間は更新する必要もありませんから手間がかかりません。

また厚生労働大臣による認可を受けている職業紹介ですから、安心して利用することができます。

相談会や講習会、合同採用説明会といったイベントも実施されています。

求人情報についても、インターネット上からいつでも確認することができます。

その一方でナースセンターのナースバンクにもデメリットはあり、民間で運営されているナースバンクとは違って、自分で条件の交渉などを行わなければなりません。

自分でしなければならないことが多い分だけ、転職を実現させるまでに時間がかかります。

相談にあたっても、薬剤師として就職する先の提案はあったとしても、あくまでも相談にとどまり物足りなさが感じられる場合もあります。

どうしても情報の数は、常に営業活動をしている民間機関に比べて少なくなっています。

それでも、安定性という面ではおすすめです。

看護協会に登録している病院や施設しか紹介されないわけですから、紹介される先について不安を感じることはありません。

薬剤師求人サイトのデメリット

薬剤師として転職するにあたって効率的に求人募集を見つける上では、ハローワークよりも最近は薬剤師求人サイトが多くの人から選ばれています。

薬剤師求人サイトでは常にあらたな求人情報を各所から収集していますから、良い環境の職場で働くことのできるチャンスが多く得られる可能性もあります。

ハローワークでは当然ながら薬剤師だけの情報が扱われているわけではなく、多くない求人の中で自分が求めている条件に合う職場を見つけることは困難です。

その点薬剤師求人サイトでは、薬剤師という専門職としてふさわしい好条件の非公開求人も扱われています。

転職活動に関する不安に対してもスケジュールの調整、面接に備えてのアドバイスなどのサポートがあり、万全の状態が得られます。

ただその一方でデメリットがないというわけではなく、時間を問わずに情報収集や応募をすることのできる魅力がある反面、必ずしも質の良くない職場情報が含まれている可能性もあります。

結果的に労働環境の悪い職場を選んでしまうという危険性も、否定することはできません。

そのため確実に良い職場を見つけたいということであれば、複数のサイトで利用登録をすることがより安全でもあります。

また、電話連絡をする中で情報交換が行われる機会も多いことから、電話でのやりとりがあまり得意でないという人にとっては、あまり望ましくない点でもあります。

自分にとってのメリットやデメリットもしっかり把握することで、利用しやすくなるのです。

非公開求人を詳しく

薬剤師は専門職ですから、転職を考えるとなるとそれまでよりも良い就労条件の職場で働きたいという希望は当然でもあります。

勤務時間や給与面などについて良い条件が整えられている職場を見つけるためには、一般に薬剤師求人サイトが保有している非公開求人を確認することができれば効率的です。

非公開求人の割合は少なくなく、職場の幅もかなり広くなっています。

製薬会社で新薬を開発にあたる業務やMR、医療現場における最前線でもある病院での勤務までさまざまです。

薬剤師求人サイトの利用登録をすることで、非公開求人の紹介を受けることができるようになります。

ただそこでも、自分が職場に希望する条件はしっかりと明確にしておかなければなりません。

それでなければ非公開求人が紹介されるとしても、自分が望んでいるものに見合っているとは限りません。

また、非公開情報であるということに甘えていると、的確に仕事の内容を把握していない中で転職せざるを得ないということにもなりかねません。

非公開求人というかたちで求人募集をしている募集元にも、理由はあります。

もちろん優秀な薬剤師が欲しいと希望しているわけですが、そこで門戸を広げすぎてしまうと採用選考が難しくなるリスクもあります。

条件を限定することによって、採用にかかる時間やコストを削減しているというところもあるのです。

また、きったん採用した薬剤師が短期間のうちに退職するリスクを避ける目的もあります。

キャリアカウンセラー(相談員)をうまく使う

薬剤師は、活躍することのできる職場がとても多くあります。

自分に合っている職場を選ぶことは大切ですが、転職するチャンスとなる選択肢も広く、情報寮によっては手間になるところもあります。

そこで最近は薬剤師求人サイトの数が増えてきていて、キャリアカウンセラー(相談員)をうまく使うことで効率的に良い職場を見つけることも可能です。

キャリアカウンセラーの力を借りるメリットは、自分の求める条件に合っている職場を見つけることができるという点です。

応募先との仲介役になってもらうことができ、転職活動の基本となる履歴書や面接に関する指導、アドバイスを受けることもできます。

自分の力だけで転職活動を進めていると、薬剤師としての適性に応じて職場に向きや不向きもあり、職場でのミスマッチにつながってしまったという失敗の事例もあります。

その点キャリアカウンセラーから紹介される求人募集は、人物分析を踏まえて適当な職場のものになっています。

その一方で、キャリアカウンセラーを通じての転職活動にもデメリット面はあります。

薬剤師の求人に対する人気は高く、紹介された案件に応募が殺到していることも珍しくはありません。

また、キャリアカウンセラーにも知識やスキルの差がありますから、それによって職場がスムーズに決まらないという場合もあります。

転職活動が長期戦となってしまう可能性も、踏まえておかなければなりません。

一部では紹介料を支払う必要があるといったことにも、気をつける必要があります。

スポンサーリンク

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インテリアコーディネーターというクリエイティブな仕事とは

インテリアコーディネイトとは、その部屋に住む人の好みや趣味、ライフスタイルに合わせて心地よい空間

記事を読む

yakuzaisi17.7.25-2

薬剤師の働き方、アルバイトか?派遣か?正社員か?

アルバイト・パートで働く 薬剤師として働いていて、家庭の事情などがあって転職を考えるとなるとア

記事を読む

jyosanshi2

助産師の資格と仕事のまとめ

こちらでは、助産師についての紹介を行っています。 助産師はお産の介助をするのがおもな仕事となり

記事を読む

ヤクジョブ

ヤクジョブ.comの詳細・特徴・口コミ

ヤクジョブ.comは、クラシス株式会社が運営している薬剤師の転職支援サイトです。 クラシス

記事を読む

kangoshi4

看護師の主な勤務先と仕事内容

保険所・事業所 看護師は求められる職場として増えているのが、検診を行なう施設などです。 会社

記事を読む

stockfoto_35311004_M

油圧ショベル(ユンボ)のアタッチメントやバケットの特徴や詳細のまとめ

油圧ショベル(ユンボ)のアタッチメントやバケットの特徴や詳細について 油圧ショベルは、自走式の

記事を読む

kangoshi3

看護師の資格を取る為の学校とは

高等学校衛生看護科 みなさんは将来の夢の為の進路選択をいつぐらいにしましたか?中学校や高校、大

記事を読む

eiyoshi2

管理栄養士の主な勤務先と仕事内容

病院 病院や診療所で働く管理栄養士は、病気の治療、再発防止、合併症予防を目指し、患者の症状や栄

記事を読む

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細・特徴・口コミ

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」や「マイナビ転職」といったサイトでよく知られている株式会社マイナビ

記事を読む

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本調剤グループの株式会社メディカ

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑