ギャンブル依存症ってどのような病気なのか?私のギャンブル依存症体験談

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 健康・病気, ギャンブル , ,

ギャンブル依存症
みなさんはギャンブル依存症という病気をご存知でしょうか?聞いたことはあるけれどよくわからないとおっしゃる方もいることでしょう。
そこで今回”ギャンブル依存症とはどのような病気なのか、私のギャンブル依存症体験談に基づいて触れていきたいと思います。

ギャンブル依存症の治療法“も参考にして下さい。

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症とはその言葉通りギャンブルに依存した生活を送ってしまう精神的な病気なのです。
特徴としてはギャンブルをしたいという衝動をいつしか自分自身の力では制御できなくなり、やがて借金をしてしまう。

借金をしてしまい、自分でもギャンブルを辞めなければならないとわかっていてもやめられない病気なのです。
この病気は当事者だけでなく家族も経済的・精神的に苦しくなってしまう病気である。

精神科などへ行き、”ギャンブル依存症”であることが伝えられると最初に家族はある疑問を抱きます。
それは「なぜ遊戯施設(競馬場や馬券場、パチンコ店など)に行かないという簡単なことが出来ないのだろうか?本人の意志が弱いからではないか?」という疑問です。

それができたら簡単ですが、それは非常に難しいことです。
それに本人の意志が弱いからではありません。知らず知らずのうちに脳までもがギャンブルにしか反応しないように変化しているのです。

更にギャンブル依存症者の特徴として挙げるとしたらだいたいの人は少なくても一度は”大きな勝ち”を経験したことがあるということです。
ですから借金をしてしまってもまた「あの時のように大きく勝ったら返せる」と思ってしまうのです。

どのような人がギャンブル依存症になりやすいのか?

みなさんはどのような人がギャンブル依存症に陥りやすいと思いますか?
うつ病患者や何らかの精神的な病気を患っている人に多いのではないかと思う方もいることでしょう。
しかし違います。

およそ8割の人が元々は会社員や主婦、学生といったごく普通の生活を送っている人なのです。
そして残りの2割の人はうつ病やそのほかの精神疾患を患っている人なのです。

ここで言いたいのはいつだれがこの病気になってしまってもおかしくないということなのです。
ですからこの病気は”一度だけならいいか”という気持ちからやめられず、やがて借金をしてしまう病気なのです。

ここまでギャンブル依存症について病気そのものの特徴について見ていきましたが、実は私はギャンブル依存症の当事者なのです。
ですからここからは実際の私の体験談についてお話していきたいと思います。

私のギャンブル依存症体験談

私は大学1年生のころに友達と一緒に競馬場に初めて行ったのがきっかけだ。その日はビギナーズラックもあり、5000円ほどプラスで終えました。
それからは友達が競馬に行かなくても一人で競馬場やWINSに毎週土曜日と日曜日に行っていました。

そして競馬をはじめて1カ月ほどたった時にたまたま1日で20万円ほど儲け、友達にご飯をご馳走したり、実家で暮らしている妹にお小遣いをやったりしました。

その時の快感から自分は”競馬の天才”なのではないかと錯覚してしまい、かける金額も増えていく。

それで負けても「何とかなる。次は勝てる。」と思ってしまい親からの仕送りをすべて競馬に費やすようになり、それでも足りなくなると親に何かと理由をつけて数十万円も要求するようになっていった。

そうやって競馬に依存した生活を送っていき、大学1年の春休みのことであった。
春休みはおよそ2カ月あり、平日も暇なので街を歩いていると地方競馬の場外馬券場を見つけたのです。

そこから毎日のように通ってしまいましたので毎日が競馬中心の生活になってしまいました。
春休みが終わっても地方競馬をやる生活になってしまったので3年生に進級できる最低限の単位を取る分ぐらいしか学校に行かない生活になっていった。

そのころはまだ一応ある程度学校に行っていたので親も気づかなかったのだが、3年生になると1か月1度も学校に行かないときもざらにありました。

それで親に気づかれ、夏休みのころに私の部屋に来たのだった。
その時私はちょうど高校時代の後輩の家に泊まっていたので部屋にはいなかったが、その時にクレジットカードの借金を見つかってしまった。

それで部屋に帰った時、母親がいていったん実家に帰ることになった。そこでもうやらないと約束し、クレジットカードの借金である約20万円ほどを払ってもらった。

しかし、まだまだクレジットカードの借金があった。実は3枚クレジットカードを持っていたが、親に見つかったのはそのうちの1枚だった。

それから毎週のように親が来ていたのだが、競馬を辞められず、また逃げるかのように後輩の家に泊まる毎日が1カ月ほど続いた。

しかし、久しぶりに帰ると親がいてまた実家に帰らされることになり、そこで新たに見つかったクレジットカードの未払いを払ってもらった。

その時にやっと自分でももしかすると依存症なのではないかと思い、親に連れられ精神科医のところに行き、3か所行ったのですが3か所とも診断結果は”ギャンブル依存症”でした。

私は学生会館に住んでいるのですが、その寮費以外は出さないようにしてもらい、友達と外に食べに行くといった遊ぶお金は自分自身で稼ぐようにしている。

また、信頼している大学の教授の助けを借り、今は学校へ行く普通の毎日を送っています。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今ギャンブル依存症で苦しんでいる方、またはその家族の皆さんにぜひ依存症について理解していただきたく書かせていただきました。
ギャンブル依存症はなってしまったら一生付き合っていかなければいけない病気です。

ですから良い方向へ向かえるように誰かの手を借りることも大切です。
少しずつでも良い方向へ行くことを祈っております。

スポンサーリンク

関連記事

歯医者が怖い理由って何だろう!

歯医者さんと聞いてすぐに思い浮かぶのが、あの「キィーーーン」という何とも言えない耳障りな音。

記事を読む

骨粗しょう症にお勧めは、牛乳?豆乳?

骨の中がスカスカになり、もろくなってしまうのが骨粗しょう症です。 骨がもろいのでほんの少しの転

記事を読む

サラッセ・ミョウバンスプレーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

サラッセ・ミョウバンスプレーとは、株式会社CBから発売された汗、体臭、わきが対策用の商品です。

記事を読む

情緒不安定、イライラ改善には「カルシュウム」が有効!

カルシュウムが健康に良いというのは今では多くの人が知っていることです。 筋肉や神経の活動といっ

記事を読む

セカンドオピニオンの利用法

セカンドオピニオンの利用法!成功例とそのポイントとは?

ある病院で医師から診断を受けても、それが絶対の診断とは限りません。 腑に落ちない診断だった

記事を読む

セレウス菌

食中毒に要注意!セレウス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

これまで7回にわたって食中毒の原因菌について見てきました。 これまでの記事を読んでくださった方

記事を読む

百草水の特徴や感想

緑茶もいいけど、気軽に飲めるお茶がポットや冷蔵庫にいつもあったら簡単に喉を潤すことができますね。

記事を読む

薬を砕いたり、カプセルから出して飲んではいけない。

錠剤やカプセルといった固形の薬は、うまく飲み込めなかったり喉に違和感が残ったりすることがあります

記事を読む

フェロモンについて考える

フェロモンについて考える!人間にもあるのか?感じるのか?

フェロモンと聞くと、なぜか甘酸っぱいほのかな香り、香水のような香りをイメージしますが、フェロモン

記事を読む

お酒を飲んだら、摂ってはいけない薬とは

お酒を飲んだら摂ってはいけない薬があります。 アルコールそのものに中枢神経抑制や血管拡張の作用

記事を読む

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

Dyson pure coolの特徴や感想

ダイソン ピュアクールは、空気清浄機の代名詞です。 そして全世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑