チーズとは・・・チーズの歴史や成分など

公開日: : グルメ.食品, チーズ

チーズ
「チーズとは何か」と、改めて問いかけられると、どう答えていいのかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。
チーズそのものは、私たちの食生活にすっかり溶け込んでいますから、特に深く考えるような機会も少ないと思います。
そこで、チーズとは何かを調べてみると、「牛や羊、ヤギなどから取れる乳を醗酵させたり、凝固させることで加工した食品のこと」という答えが出てきました。
歴史を見てみると、何時頃からチーズが作られていたのか、ハッキリとした起源はわからないようですが、一説によると紀元前4000年頃には、チーズの原型のようなものが存在していたようです。
チーズは、加工の仕方によって様々な種類のものが存在していますが、もっとも基本的なものは次のようにして作られます。
乳にレンネットと呼ばれる凝乳酵素や、レモン汁などの酸を加えて、そのまま置いておくとフワフワした白い塊と、乳清と呼ばれる上澄みの水分とに分離します。
この白い塊から、絞るなどの方法で水分を取り除いたものが、フレッシュチーズと呼ばれるチーズの原型にあたるものなのです。
そして、このフレッシュチーズを元にして、様々な加工上の工夫を加えることで色々な味わいのチーズを作り出しているんですね。
それにしても、紀元前4000年の頃から現代まで食べ続けられているのですから、チーズって本当に味わい深い食べ物なんですね。
チーズのことを詳しく知ると、きっとさらに美味しく味わえるようになると思いますよ。

チーズの歴史

チーズは、世界中に数多くある加工食品の中でも、最古のもののようです。
起源は、先史時代にまでさかのぼると言われていますが、チーズ発祥の地を特定するような証拠は見つかっていません。
羊や山羊が家畜化されたのが紀元前6000年前後とされていますので、恐らくその時期がチーズの起源と考えられるでしょう。
紀元前3100年ごろには、サハラの牧草地帯ではエジプト人とシュメール人によって酪農が営まれていたという証拠が発見されているようです。
古代では、反芻動物の胃などが、食料を貯蔵するための容器の役割を果たしていたようですので、チーズもそこに保存されている時にチーズの原型のようなものが発見されたのでしょう。
ただ、最近になってポーランドで人類最古のチーズ製造の痕跡が発見されているようですので、まだまだ詳しいところはわかっていません。
その後、ローマ時代には日常的に食卓に並ぶ食べ物として広まっています。
日本でチーズが広まったのは、やはり明治以降のようです。
江戸時代には白牛酪というバターに似たものがあったようですが、チーズは「西洋事情」という書物で紹介されたくらいで、一般に知られるということはありませんでした。
日本で本格的なチーズの工業生産が始まったのは、1930年台と言いますから、そう考えるとまだまだ歴史が浅いということになりますね。
それでも、ここまで浸透しているのですから、それだけチーズに魅力があるということになるでしょう。

チーズの成分

チーズが乳製品であることはいうまでもありませんが、成分の面から見ても乳に含まれる栄養成分は全て含まれていて、私達の健康にも大変役立ってくれます。
主な成分として、『タンパク質』、『脂肪』、『ミネラル』、『ビタミン』が挙げられます。
タンパク質が、私達の筋肉や細胞、血液などを作る上でとても重要な栄養素であることは広く知られていますね。
チーズには、このタンパク質が豊富に含まれていて、チーズそのものの22~28%を占めていると言われています。
また、脂肪はチーズの25~30%を占めていて、タンパク質と並ぶ主成分です。
脂肪というと太りそうなイメージがありますが、チーズの脂肪はビタミンBを豊富に含み、脂肪の燃焼を助けてくれますので、意外と太りにくいのです。
また、消化に良いということも大きな特徴です。
ミネラルは、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどですが、特にカルシウムは、大変吸収されやすい形で含まれているようです。
そのため、骨粗しょう症などの予防にも効果的とされていますし、さらにはイライラの改善など、心にも良い影響が期待できます。
最後にビタミンですが、チーズには、ビタミンB2とビタミンAが多く含まれています。
ビタミンは、人間の体内では作られませんので食事から摂取する必要があります。
ビタミンCを多く含む野菜とチーズを一緒に食べれば、ビタミンの補給が効率的にできそうですね。
このように、豊富な栄養成分を含んでいますので、ぜひチーズを積極的に食べていきたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

硬水と軟水

硬水と軟水。その違いや特徴とは

今回、硬水と軟水の違いやそれぞれの水の特徴について見ていきたいと思いますが、その前に1つだけみな

記事を読む

2-5-38

カット済野菜は控えよう。カット済野菜のココが問題!

野菜が少し欲しいとき、手軽にサラダが食べたいとき、時間がないけれど炒め物などを作りたいときにカッ

記事を読む

2-5-52

大豆製品は有効成分がいっぱい。こんなにすごい大豆パワー!

大豆は別名「畑の肉」とも呼ばれ、古くから栄養素の豊富な食品として知られてきました。 既に一般的

記事を読む

2-5-46

黒色食品を進んで摂ろう。黒色食品が有効な理由とは?

黒い色の食品と聞いて、どのくらいの食材を思いつくでしょうか。 私たちが普段何気なく食事をしてい

記事を読む

遺伝子組み換え食品は、何が問題

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう。

皆さんは買い物をしている時に食品の原材料に遺伝子組み換えでは無いと表示された食品を目にした事はあ

記事を読む

セミハードチーズ

セミハードチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『セミハードチーズ』というのは、その名の通り「やや固め」のチーズのこと。 色や形などは、その種

記事を読む

2-5-25

マーガリンは、バターに変更!その理由とは?

バターやマーガリンは、今や日本でも生活に欠かすことのできない食品のひとつとなっています。 バタ

記事を読む

2-5-12

肉は良い食べ物?悪い食べ物?ネット上で別れる意見

肉を使った料理は子どもから大人まで幅広い年代に人気のある定番の食材です。 しかしながら近年、「

記事を読む

coffee

世界のコーヒーの種類と特徴をご紹介!

コーヒーは東アフリカに位置するエチオピアが原産地とされ、今では世界60カ国で生産されている嗜好品

記事を読む

54b022d78476cf6eae779d87e5234b55_s

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう

遺伝子組み換えと遺伝子組み換え食品 生物の細胞から有益な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑