フレッシュチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 グルメ.食品, チーズ

モッツァレラチーズ
『フレッシュチーズ』とは、全く熟成させないものや、または、ほとんど熟成させないまま食べるチーズのことです。
分類としては、加熱処理されていない『ナチュラルチーズの1種』ということになりますが、ほかのナチュラルチーズに比べると、水分が多くなっていることが特徴す。
フレッシュチーズの代表的なものとしては、「カッテージチーズ」、「クリームチーズ」、「クワルク」、「パニール」、「フェタ」、「バノン」、「フロマージュ・ブラン」、「マスカルポーネ」、「モッツァレッラ」、「リコッタ」などが挙げられます。
「凝乳」と呼ばれ、チーズの原型となる「カード」を切っただけのものや、クリームを添えてあるもの、乳清を煮出したものや塩水に浸けて発酵を止めたもの、さらにはナッツや果物を混ぜ込んだものなど、いろいろなタイプのフレッシュチーズがあります。
熟成させないため、チーズ独特の風味というのは少なく、その味わいはサッパリとしています。
また、水分が多いことから、やわらかいということもフレッシュチーズの特徴の1つといえるでしょう。
味とにおいにクセがありませんから、チーズが苦手という人にも、比較的食べやすいチーズといえるかもしれません。
フレッシュチーズは、チーズを作る工程の初期段階でできたチーズということができ、残った牛乳などでも手軽に作ることができますから、手作りの自家製フレッシュチーズを楽しむというのも、面白いかもしれませんね。

●AMAZONで探すフレッシュチーズ

モッツァレラチーズ

『モッツァレラチーズ』というのは、イタリア南西部のカンパニア州が原産のフレッシュチーズの一種です。
イタリア語では「Mozzarella」というスペルなので、『モッツァレラ』とか『モザレラ』と呼ばれることもあるみたいですね。
フレッシュチーズですから、味のクセはないんですけど、独特の弾力ある歯ごたえが特徴なので、それを好む人が多いでしょう。
ちなみに、モッツァレラというのは、イタリア語で「引きちぎる」という意味の「mozzare」が語源と言われていて、モッツァレラチーズもカードと呼ばれる材料を引きちぎって作られているそうです。
モッツァレラチーズをそのまま食べても美味しいのですが、クセのない味わいなので、ちょっと物足りなく感じる人も多いかもしれません。
そこで一般的には、ピザやパスタ、それにグラタンなどの材料として使われることが多いようです。
特にピザではよく使われていますし、相性もいいですよね。
モッツァレラチーズ自体にクセがないので、どんな味付けにも合うのが魅力といえるんじゃないでしょうか。
ちなみにイタリアには、「カプリ島のサラダ」という意味の「インサラータ・カプレーゼ」というサラダがあって、生のモッツァレッラチーズをスライスしたものと、トマトのスライス、それにバジリコを添えて食べるそうです。
想像しただけでも、美味しそうですね。
材料は元々、水牛の乳なんですが、牛乳で代用しているものもあるようです。
もちろん、ランクとしては水牛の乳から作られているもののほうが上とされています。

フロマージュブラン

『フロマージュブラン』というのは、フランスの牛乳で作られたフレッシュチーズのことで、『フロマージュ・フレ』とよばれることもあるようです。
フロマージュブランを直訳すると、「白いチーズ」という意味になり、その名の通り、真っ白で優しい味わいが特徴になっています。
なんでもフランスでは、このフロマージュブランが離乳食とし使われているそうですよ。
作り方は、牛乳を固めるだけというシンプルなもので、これはヨーグルトの作り方と似ているんですね。
ですから、味もヨーグルトに近く、いわゆるチーズっぽさのようなものはありません。
それに、形状もヨーグルトをかき混ぜてどろどろにしたような感じなので、中にはチーズだと知らずにヨーグルトだと思って、フロマージュブランを食べていたという人もいるようです。
食べ方も、ヨーグルトのように砂糖などを入れれば美味しくなりますし、はちみつやジャムなどとの相性も抜群です。
それに、フルーツと合わせるのも美味しいですよ。
また、ケーキやお菓子づくりの材料として使われることも多いようですね。
このフロマージュブラン自体にクセがありませんから、どんな味付けにも合いやすいということでしょう。
ただ、ほかのチーズと違って、ワインなどのお酒との相性はあまり良くないようです。
もちろん好みにもよりますが、夜のおつまみと言うよりは、昼のおやつとして食べたほうが良さそうなチーズですね。
ただし、好きな人はついつい食べ過ぎてしまうようですから、そこはご注意ください。

リコッタチーズ

『リコッタチーズ』というのは、南イタリア原産のフレッシュチーズのことで、その名前は、「ri(再び)cotta(似た)」という意味から来ているようです。
その名前の通り、このリコッタチーズは、作る過程の中でできたホエー(乳清)を煮詰めることで出来上がります。
普通のチーズは、原料となる乳を固まらせて、そこから水分をとって作られるのですが、このリコッタチーズは逆に残った水分の方から作られていくということです。
リコッタチーズのルーツを見ていくと、羊の乳を原料としてチーズを作った時に出るホエーが使われていたため、イタリアでは「羊乳製」のリコッタチーズがポピュラーなようです。
ほかに、「山羊乳製」や「水牛乳製」のものなどもありますが、日本に入ってきているのは大半が「牛乳製」で、そこにクリームが添加されていますから味わいもよりクイーミーになっています。
リコッタチーズは、乳糖が多く、脂肪分が少ないので、ほんのり甘くさっぱりとして、口当たりの良い味わいが特徴的です。
ミルクの自然な甘さが楽しめる乳製品ということができるでしょう。
食感は、チーズと言うよりも、裏ごしした豆腐と言ったほうが近いかもしれません。
そのまま食べても美味しいですし、フルーツやハチミツなどとの相性も抜群ですから、デザートとしていただくのもいいですね。
チーズケーキやスフォリアテッレ、カンノーロといったお菓子の材料に使われることもありますし、サラダやパスタなどの料理に使われることもあるようです。
ただ、余ったりした時でも、冷凍保存はできませんので注意しておいてください。

カッテージチーズ

『カッテージチーズ』というのは、オランダが原産のフレッシュチーズの1つで、熟成させないチーズの代表格として、よく知られています。
『コッテージチーズ』や『コテージチーズ』とよばれることもあるようですね。
カッテージチーズの材料には、主に脱脂乳が使われていますので、当然ながら脂肪分は少なく、味わいも淡白なものになっています。
わずかに酸味があって、爽やかな風味が特徴的ですから、いわゆるチーズの味が苦手という人にも食べやすいチーズといえるでしょう。
外見は真っ白で柔らかく、そぼろ状になっていることも、このカッテージチーズの特徴の1つですね。
カッテージチーズそのものを食べるというよりは、パスタやサラダのトッピングとして使われることが多いようです。
もちろん、サンドイッチや洋菓子などにも、よく用いられていますね。
また、ドレッシングの材料としても使われていますから、かなり守備範囲の広いチーズといえるのかもしれません。
牛乳に、お酢やレモン汁を加えて凝固させ、水洗いして酸味を取り、さらに水分を切ってしまえば、家庭でも簡単に作ることができますので、手作りカッテージチーズに挑戦してみるというのも面白いですね。
なんといっても脂肪分が少ないですから、カロリーをあまり心配しなくていいというのも嬉しいところです。
プロセルチーズやカマンベールチーズと比べると、カロリーは約3分の1ということですから、ダイエット中の方でも安心して食べることができますね。

マスカルポーネ

『マスカルポーネ』というのは、イタリア原産のクリーム・チーズのことで、『マスカポーネ』や『マスケルポーネ』と呼ばれることもあるようです。
元々は、イタリアのロンバルディア州というところの特産品なのですが、現在ではイタリア全土で作られているということです。
乳脂肪分が80%前後もあるため、天然の甘味を持っているのが、このマスカルポーネの大きな特徴といえるでしょう。
その味わいから、固めに泡立てた生クリームに似ているという人もいます。
それだけに、塩分や酸味が少ないですので、塩分の多いゴルゴンゾーラなどのブルーチーズに混ぜて食べられることも多くなっています。
また、リゾットを始めとする料理にも使われますし、その甘みを生かしてお菓子作りに使われることも多いようですね。
ただし、一般的なクリームチーズのように、パンやクラッカーに塗って食べるのにはあまり向きませんから、そこは注意しておいてください。
イタリアでは、マスカルポーネを燻製にすることもあるようですし、フルーツを添えたり、シナモンをかけて食べることも多いようです。
ちなみに、日本でマスカルポーネが知られるようになったのは、ティラミスの材料に使われていることが大きな理由でしょう。
意外と、コーヒーや紅茶、それにスパークリングワインなどにも合いますから、かなり守備範囲の広いチーズといえそうです。
中には、その甘い味わいから、マスカルポーネをチーズじゃないと思っている人もいるようですが、明らかにチーズですので、お間違いのないようにしてくださいね。

●AMAZONで探すフレッシュチーズ

スポンサーリンク

関連記事

syoyu

醤油の種類と特徴を詳しくご紹介

醤油のルーツをたどると古代中国で誕生した“醤(ジャン)”にあるというひとつの説があるほど、醤油は

記事を読む

2-5-25

マーガリンは、バターに変更!その理由とは?

バターやマーガリンは、今や日本でも生活に欠かすことのできない食品のひとつとなっています。 バタ

記事を読む

食品の原材料の中の「香料」

食品の原材料の中の「香料」といったい何?安全、危険、心配なし?

食事をするとき、味がおいしいものを食べたいと思うのは当たり前。 ところが実は、「おいしい」と感

記事を読む

2-5-52

大豆製品は有効成分がいっぱい。こんなにすごい大豆パワー!

大豆は別名「畑の肉」とも呼ばれ、古くから栄養素の豊富な食品として知られてきました。 既に一般的

記事を読む

manjyu

日本三大饅頭>柏屋「薄皮饅頭」、伊部屋「大手まんぢゅう」、塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

饅頭はそのまま食べる派ですか、それとも一手間加えて食べる派ですか? 饅頭と言うと贈答物で頂

記事を読む

ウオッシュチーズ

ウォッシュチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『ウォッシュチーズ』というのは、熟成させる過程の中で、塩水やワイン、ブランデー、それにマールと呼

記事を読む

vitamin_b

牛肉の栄養分について調べてみた

コレステロール | 牛肉の栄養素 『コレステロール』というと、生活習慣病や成人病の原因というイ

記事を読む

チェダー

チーズとは・・・チーズの歴史や成分など

「チーズとは何か」と、改めて問いかけられると、どう答えていいのかわからないという方も少なくないの

記事を読む

硬水と軟水

硬水と軟水。その違いや特徴とは

今回、硬水と軟水の違いやそれぞれの水の特徴について見ていきたいと思いますが、その前に1つだけみな

記事を読む

2-5-33

果物はヘルシー?要注意?果物正しい食べ方やタイミング

フルーツが嫌いという人はあまりいないでしょう。 甘く美味しいのにカロリーは低く、ダイエット中の

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑