白カビチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 グルメ.食品, チーズ

白カビチーズ
『白カビチーズ』というのは、ナチュラルチーズの一種で、チーズの表面に白カビを植え付け、その白カビが内側に向かって熟成していくというものです。
熟成の度合いによってチーズの味わいも変わってきますから、風味が刻々と変わっていくのを楽しむことができます。
青カビチーズなどに比べるとクセは強くありませんから、チーズ初心者の方でも安心して楽しめる種類のチーズと言えます。
最初のうちは、チーズの中央に硬い芯が残っていてクリーム色をしているのですが、熟成が進むに従って表面に茶褐色の斑点が見えるようになり、それと同時に芯も柔らかくなります。
この辺りが、白カビチーズの一番の食べごろでしょう。
ですが、これを過ぎてしまうと苦味や酸味が出てきますし、アンモニア臭もするようになってきますから、完熟が過ぎないように食べてしまうほうがいいですね。
白カビチーズの味の特徴としては、口当たりがクリーミーでマイルド、そしてチーズ独特のクセは控えめだということが挙げられます。
特に、脂肪分が高めのものはmより食べやすいということで、初心者の方にも人気です。
食べ方は、そのままお酒のおつまみとして食べてもおいしいですし、スライスしてフルーツなどに乗せてみるのもいいですね。
代表的な白カビチーズには、「カマンベール」や「ブリー」、「サンタンドレ」、「クロミエ」、「ヌーシャテル」、「バラカ」、「ボニファッツ」、「サン・マルスラン」、「シャウルス」などがあります。

●AMAZONで探す白カビチーズ

カマンベールチーズ

『カマンベールチーズ』というのは、フランスのカマンベールで作られている白カビチーズの一種です。
やわらかい質のチーズの表面に白カビを植え付けて熟成させるもので、「チーズの女王」と呼ばれることもあるほど人気の高いチーズです。
カマンベールチーズは、1791年頃にマリー・アレルという女性によって発明されたと言われていて、フランス革命中に、ある僧侶をかくまう代わりに、助言を受けてカマンベールの製法を発展させたとされています。
チーズの女王と呼ばれるだけあって、色々な食べ方で楽しまれていますが、コクと旨味があるため、特に赤ワインとはよく合うようです。
また、様々な料理にも使われていますが、衣を付けてフライにしてみたり、サラダに入れてみたりと、いろいろと工夫もできるようですね。
カマンベールチーズは白カビチーズですから、熟成の度合いによって味わいもかなり変わってきます。
まだ熟成が進んでいない若いカマンベールでは、淡い香りで味わいやコクも軽く、比較的硬いという特徴を持っているのですが、十分に熟成されたものになると、チーズらしい力強い香りと、とても濃厚なコクを堪能できるようになり、さらに切ったときに中身が溶け出すほど柔らかくなります。
このため、赤ワインと合わせるときにも、若いカマンベールは軽めの赤ワインを、熟成の進んだものはそれに見合うだけのフルボディの赤ワインがいいとされていますね。
熟成の度合いによって、このような楽しみ方ができるのも、カマンベールチーズの大きな魅力といえるでしょう。

サンタンドレチーズ

『サンタンドレチーズ』というのは、フランスの アキテーヌ地方で作られている白カビチーズの一種です。
生乳と生クリーム、それに食塩を原料として作られているのですが、クリーミーでトロトロとしたやわらかいチーズです。
脂肪分は、75%とかなり高めになっていて、口当たりは、まるでバターのように濃厚でなめらかなものになっています。
ですから、トーストにバター代わりに塗って食べると、絶品の味わいを楽しむことができるんですね。
もちろん、クラッカーなどに塗っても美味しくいただけます。
このサンタンドレチーズは、元々輸出用として作られていたとか。
そのせいか、チーズ独特のクセのある味は抑え目になっていて、だれにでも食べやすく作られています。
リンゴなどの果物と合わせるのもいいですし、そのままで珈琲や紅茶などと一緒に食べるのも美味しいですよ。
もちろん、ワインとの相性は抜群ですから、フルーティな味わいのものをチョイスすると、最高の楽しみ方ができるでしょう。
一度食べると、まずはバターのような味わいに驚く人が多いようですが、ほとんどの人は、このサンタンドレチーズを気に入ってしまいます。
中には、ハチミツをかけたり、メイプルシロップをかけたり、あるいは生ハムなどと合わせたりして楽しんでいる人もいるようですよ。
なんといっても、クセがありませんから、どんな食べ方もできますので、自分だけのオリジナルの楽しみ方を見つけるのも面白そうですね。

ヌーシャテルチーズ

『ヌーシャテルチーズ』というのは、フランス北部のノルマンディ地方で作られている白カビチーズの一種です。
日本で見かけるヌーシャテルチーズは、ほとんどがハート型のものです。
そのため、ヌーシャテルチーズという名前は知らなくても、ハート型のチーズといえば、ピンとくる人も多いのではないでしょうか。
形がハート型だけに、バレンタインの贈り物としても人気が高いようです。
ちなみにヌーシャテルチーズは、すべてがハート型というわけではなく、樽栓型やレンガ型、それに正方形などもあるのですが、やはり一番インパクトがあるのはハート型でしょうね。
実は、このヌーシャテルチーズには長い歴史があり、100年戦争のときには、敵軍の兵士と恋に落ちた娘が、ヌーシャテルチーズを贈ったという悲しくも美しい言い伝えも残っているようです。
そういったところから、ハート型が主流になっているのかもしれませんね。
ただ、その可愛らしい外見とは違って、白カビチーズの割には塩気が強めになっていますので、食べてみるとビックリするかもしれません。
若いときには、やや穏やかな風味になっていますが、大体1~3ヶ月くらいで熟成し、白カビが少し茶色がかったときが一番の食べごろと言われています。
その頃には、チーズ全体がトロリとやわらかくなり、豊かな芳香と、コクのある味が楽しめるようになりますよ。
ただし、あまり熟成させすぎると風味が落ちてきますから、おいしい間に食べきるようにしてみてください。

バラカチーズ

『バラカチーズ』というのは、フランスのイル・ド・フランス地方で作られている白カビチーズの一種です。
「バラカ」というのは、馬の蹄(ひずめ)のことを指している言葉で、その名の通りバラカチーズも馬の蹄の形をしています。
フランスでは、この馬の蹄はとても縁起がいいものとされているみたいで、『幸運を呼ぶチーズ』として、大切な人への贈り物にもなっているようです。
白カビチーズですから、濃厚でクリーミーな味わいが特徴と言えますね。
塩味も強めなのですが、このクリーミーな味わいが上手に塩気を包み込んでいて、とても食べやすいチーズと言えるでしょう。
バラカチーズは、基本的にはこってりとした味わいなのですが、口の中に入れるとしたの上でふんわりと溶け、とっても軽い口当たりになります。
ですから、ついついたくさん食べてしまいやすいので、気をつけたほうがいいかもしれませんね。
クリーミーということで、ミルクの風味も強いですから、コーヒーや紅茶との相性は抜群です。
午後のひとときに、バカラチーズでお茶を飲むのも、リッチな気分を味わえますよ。
また、ブドウやリンゴなどの果物と合わせるのもいいと思います。
特にバラカチーズが好きな人は、レーズン入りのパンと一緒に食べるとか。
そこに、軽めのフルーティーな赤ワインや、辛口の白ワインなどを合わせると、最高の味わいが楽しめますよ。
もちろん、パンなしで、ワインとバラカチーズだけでも、十分楽しむことができます。

ブリーチーズ

『ブリーチーズ』というのは、フランスのブリー地方で作られている白カビチーズの一種です。
ブリーチーズは1000年以上も前から作られているといわれ、特にモー村の「ブリー・ド・モー」が有名なようです。
ブリー・ド・モーは白カビチーズですので、比較的クセはなく、それでいて濃厚な味わいを持っているため、フランスはもちろん、世界中でも人気の高い定番のチーズとされています。
他に、セーヌ川上流のムランで作られている「ブリー・ド・ムラン」という種類もあり、こちらはブリー・ド・モーよりも赤褐色を帯びていて、より濃厚な味わいを持っています。
ちなみに、このブリーチーズの製法が200年前にカマンベール村に伝わり、そこからカマンベールチーズの生産が始まったといわれていますので、ブリーチーズがカマンベールチーズのルーツなんですね。
また、フランス革命の後にルイ16世が国外へ逃げるとき、捕らえられたときに「何が食べたいか」と聞かれ、ブリーチーズを要求したといわれています。
それに、ナポレオンに対抗するために開催されたウィーン会議では、なぜかどこの国のチーズが一番かという議題になり、その結果、ブリーチーズが一番になったというエピソードも残っています。
このようなところからも、ブリーチーズが多くの人に愛されてきたことが分かりますね。
ちなみに、カマンベールチーズは「チーズの女王」として親しまれていますが、そのルーツであるブリーチーズは、「チーズの王様」と呼ばれています。

●AMAZONで探す白カビチーズ

スポンサーリンク

関連記事

牛肉はうまい!「すきやき」「やきにく」の歴史とは・・・

日本の牛肉食の歴史 日本で牛肉食が始まったのは、明治維新以降というイメージをお持ちの方も多いと

記事を読む

3時のおやつのおススメ№1はアーモンドなどのナッツ類

適度なおやつを摂ることは、結果的に無駄なカロリーの摂取を抑えたり、午後の集中力を高めたり、食事で

記事を読む

日本三大饅頭>柏屋「薄皮饅頭」、伊部屋「大手まんぢゅう」、塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

饅頭はそのまま食べる派ですか、それとも一手間加えて食べる派ですか? 饅頭と言うと贈答物で頂

記事を読む

マーガリンは、バターに変更!その理由とは?

バターやマーガリンは、今や日本でも生活に欠かすことのできない食品のひとつとなっています。 バタ

記事を読む

ウォッシュチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『ウォッシュチーズ』というのは、熟成させる過程の中で、塩水やワイン、ブランデー、それにマールと呼

記事を読む

セミハードチーズの特徴や作り方代表的な銘柄のご紹介!

『セミハードチーズ』というのは、その名の通り「やや固め」のチーズのこと。 色や形などは、その種

記事を読む

食品の原材料の中の「香料」

食品の原材料の中の「香料」といったい何?安全、危険、心配なし?

食事をするとき、味がおいしいものを食べたいと思うのは当たり前。 ところが実は、「おいしい」と感

記事を読む

大豆製品は有効成分がいっぱい。こんなにすごい大豆パワー!

大豆は別名「畑の肉」とも呼ばれ、古くから栄養素の豊富な食品として知られてきました。 既に一般的

記事を読む

世界のコーヒーの種類と特徴をご紹介!

コーヒーは東アフリカに位置するエチオピアが原産地とされ、今では世界60カ国で生産されている嗜好品

記事を読む

遺伝子組み換え食品は、何が問題なんでしょう

遺伝子組み換えと遺伝子組み換え食品 生物の細胞から有益な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの

記事を読む

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

Dyson pure coolの特徴や感想

ダイソン ピュアクールは、空気清浄機の代名詞です。 そして全世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑