生命保険で将来の”もしも”に備える事ができます

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 保険, 生命保険


生命保険には、掛け捨て型と貯蓄型があり、貯蓄型の中には、銀行の定期預金的なものもあれば、ファンド的な運用を行うものなど形態が様々に有ります。
この貯蓄性を考えて、将来の”もしも”に対する準備資金としての備えにする事が出来ます。

生命保険で相続に備えよう!

相続問題のために、それまでは思ってもいなかったようなトラブルが起きるということは少なくありません。
元々、家族や親類という近い関係の人間同士のために、一度こじれると修復不可能になるということも、よく聞く話ですね。
そこまでひどい状況にならなかったとしても、相続には相続税というものもかかってきますから、イザという時にあわてないように、予備知識を持っておくことは大切といえるでしょう。
相続に備えるという意味でも、生命保険は活用されます。
そもそも生命保険では、受取人を指定して契約しますので、自動的に保険金を誰が受け取るのかを前もって決めることができます。
ですから、遺産を相続させたい人を受取人にしておけば、余分なトラブルも起こさずに済むでしょう。
また、遺産が不動産などであった場合には、換金したり遺族で分配したりすることが難しくなってしまうものですが、生命保険なら現金で受け取れますから、必要に応じて分割することも可能です。
それに現在の税法では、保険金受取人が相続人の場合には、一定の金額が非課税になっていますので、その点でも有利といえるでしょう。
ただし、今後税法が改正されることも考えられますので注意は必要です。
保険金として、まとまった金額を受け取ることができれば、相続税などの支払いに充てることもできますし、その後の家族の生活費として使うこともできますから、相続に備えるという意味では大変心強いものといえます。

生命保険で介護に備えよう!

高齢化が進んでいる日本ですが、自分自身に介護が必要となった時のために準備をしている人は、意外に少ないようです。
元気なうちには想像しづらいものですが、年齢とともに身体の不調は起こりやすくなりますし、ケガや病気は誰にでも起きる可能性があります。
「備えあれば憂いなし」という通り、介護に備えておくことも必要といえるでしょう。
公的な介護保険というものもありますが、それらは介護サービスを受けるというような形で支給されるケースが多く、金銭的な備えにはなりにくいようです。
そこで注目されるのが、民間の介護保険ですね。
生命保険に入っている人は多くても、介護保険に入っている人はまだまだ少ないでしょうから、一度ご自身の保険を見なおしてみるといいかも知れません。
民間の介護保険には、それそのものが『主契約』となっているタイプのものと、通常の生命保険などに『特約』として付加するタイプのものがあります。
どちらが良いかということは一概には言えませんが、必要だと思える保障が受けられるようにプランを組み、後は保険料の支払いに無理がないように考えて、最善の状態を作ることが大切です。
また、契約する時には『保証の期間』を十分確認するようにしてください。
意外と、終身で介護保障を得られる保険は少ないともいわれています。
本当に必要になった時に、保証がなくなるというケースもあるようですから、事前に十分な確認をしておくようにしましょう。

生命保険で万一の場合に備えよう!

自分自身に万一のことがあったら、残された家族はちゃんと生きていけるのか。
これは、一家の主であれば誰もが心配なところだと思います。
平成22年度の調査によると、死亡時の遺族の生活資金に対して不安を感じるという人は、約7割にも及んでいましたの、やはり大半の人が心配なようですね。
その内訳を見ていくと、「遺族年金等の公的保障だけでは不十分」というものをトップに、遺族の生活資金や教育資金、それに住宅ローンなどに関しての心配を抱えている人が多いようです。
平均寿命が伸びているとはいえ、誰もがその年齢まで確実に生きられるという保証はありませんから、やはり生命保険の存在価値というのは大きいといえるでしょう。
実際に、男女ともに約8割の人が生命保険に加入しているというデータもありますから、万一の場合の備えとしてはポピュラーでもあり、安心感も高いものといえるようです。
もちろん、元気で長生きできれば、それが一番なのですが、何かが起こってしまってからでは遅いですので、なるべく早い時期から加入しておくほうが良いでしょう。
若い時期に加入していれば、支払う保険料の面でも負担が少なくなることが多いですからね。
最初は、基本的な生命保険のみに加入しておき、結婚や出産など、大きなイベントをキッカケに様々な特約を付加していくという人も多いようです。
いずれにしても、将来のために準備しておいて損になることはありませんから、万一の場合にあわてることのないように、生命保険を活用することは大切だと思います。

生命保険で病気やケガに備えよう!

どんなに注意して毎日を過ごしていたとしても、病気やケガをしてしまう可能性は誰にでもあります。
特に、現代人の場合は食生活の乱れや運動不足なども目立ちますから、病気やケガの可能性は高いといえるでしょう。
そんなところから、生命保険でも病気やケガに焦点を合わせたものが数多く存在しています。
代表的なところでは、『医療保険』や『ガン保険』、それに『特定疾病保障保険』などが挙げられますね。
一般的な病気やケガには、『医療保険』で十分だと思いますが、ガンや急性心筋梗塞、脳卒中などが家系的に心配だという人には『ガン保険』や『特定疾病保障保険』に入っておくほうが良いかも知れません。
ただ、通常の『医療保険』に関しては、死亡時には保険金が受け取れなかったり、少なかったりすることも多いようですから注意してください。
これらの保険は、いわゆる『主契約』として加入するものですが、通常の生命保険に追加する『特約』という形で準備することも可能です。
『特約』の場合は、生命保険会社によって様々なプランがあり、呼び方も微妙に違っていたりしますから、加入している保険会社に確認してみるといいでしょう。
『主契約』の場合でも『特約』の場合でも、保障を手厚くすればするほど支払う保険料は高くなってしまいますので、そこには注意が必要です。
現在の生活を圧迫しない範囲で、十分な保障も確保できるようにバランスを考えて契約するようにしましょう。
中には、将来のために保険料を払いすぎて生活費が足りなくなったという、まるで冗談のような話もあるようですから。

生命保険で老後に備えよう!

高齢化と少子化が進んでいる現代の日本では、老後の生活に対する不安を持つ人もかなり増えてきているようです。
国民年金や厚生年金などの公的年金も破綻が囁かれるようになって久しいですし、実際に年金の支給額が減らされたり、支給開始年齢が引き上げられたりしていますから、その不安はますます増してくることでしょう。
それに、年齢が高くなればなるほど、医療費なども必要となってきますから、公的年金だけでは足りなくなることは、どう考えても明らかなことです。
そこで、生活費や、医療費の自己負担分を心配しなくても済むような「自助努力」というものが必要になってきます。
そのための手段の一つが『生命保険』ということになりますね。
各生命保険会社も、老後の生活に不安を持たなくても済むよう、様々なプランを提供していますから、ご自身の希望に沿ったものを選んで加入しておくと安心できることでしょう。
すでに基本的な生命保険に加入している方なら、特約という形で老後のための積立を追加させることもできますし、まだ加入していない方なら、老後の生活までを見越したプランで、最初から契約することも可能です。
ただ、あまりにも保障を手厚くし過ぎると、毎月支払う保険料が高くついてしまいますので、「本当に必要な生活費や医療費はいくらぐらいなのか」ということをしっかりと確認したうえで、適切なプランを選ぶことが大切です。
「老後は、これだけのお金が必要」というような情報も飛び交っていますが、あまりそれらを鵜呑みにするのではなく、自分自身に必要な金額を算出するようにしましょう。

生命保険で住宅の購入に備えよう!

人生で一番大きな買い物といえば、なんといっても『住宅の購入』ということになるでしょう。
ほとんどの方は住宅ローンを組んで購入されると思いますが、この住宅ローンには『団体信用生命保険』というものがついています。
これは、住宅ローンの契約者に万が一のことがあった時にローンの残金を保険金で返済するというものですね。
団体信用生命保険に加入していれば、残された家族が住宅ローンの返済で困るということはなくなります。
ですが、団体信用生命保険に入ってさえいれば大丈夫なのかというと、残念ながらそうではありません。
というのも、これはあくまでも住宅ローンだけに対する備えですから、残された家族の生活費などは別途必要になります。
ですから、通常の生命保険に加入しておくことは必須といえるでしょう。
また、本当に怖いのは死亡した時ではなく、病気療養中の返済負担だという声もあります。
病気療養の場合には、当然ながら死亡保障を受け取ることはできませんので、『医療保険』や『ガン保険』、それに『特定疾病保障保険』などに加入して、備えておくことも必要と言えます。
もちろん、健康で長生きできるのが理想なのですが、人生の中では、いつ何が起きるかは誰にも予測できませんので、できる限りの備えをしておくことは大切なことでしょう。
住宅ローンを支払いながら、保険料も支払っていくのは負担になりますが、逆にいえば、保険料も見越したうえで無理のない住宅ローンを組むことが必要なのかも知れません。

生命保険で教育に備えよう!

子供を一人育てるのに必要なお金は、基本的な養育費だけでも約1600万円と言われています。
そこに、教育費が加わってくるのですが、もっとも安くても約4000万円、高ければ6000万円以上も必要になるというデータが出ています。
つまり、約5600万円~7600万円のお金が必要になるということですね。
もし、子供が成人する前に自分が死んでしまったらと考えると、生命保険に加入することは必須といってもいいほど大切なことでしょう。
また、自分に万が一のことがなかったとしても、莫大なお金が必要になるのは分かっているのですから、そのための備えとして学資保険などに加入しておくことも必要になってきます。
計画的に教育費を貯蓄できる自信があるのなら良いのですが、そうでない場合には保険料を支払うことで自動的に教育資金が積み立てられていく学資保険は、とても便利なものといえるでしょう。
高校や大学の入学時期など、節目となる時に一時金を受け取ることも出来ますから、何かと物入りな時期には助かることも少なくないでしょう。
もちろん満期になれば満期保険金を受け取ることが出来ますから、満期を18歳に設定しておけば、大学の入学金や授業料などに充てることもできます。
自分に万が一のことがあった時に子供が路頭に迷わないようにするための生命保険と、教育資金を積み立てるための学資保険、この2つは子供が生まれたら、ぜひとも加入しておきたい保険と言えます。

生命保険で出産に備えよう!

出産が女性にとって、もっとも大きなイベントであることは言うまでもないでしょう。
新たな生命を生み出すわけですから、その神秘さは計り知れないものがあります。
ですが、現実面を見ると、出産にもお金がかかりますから、そのための準備は必要になります。
出産費用そのものをカバーする保険というのは、あまり見当たらないようですが、妊娠や出産に伴う疾病で入院したり手術を受けたりするのであれば、医療保険を使えるというケースもあるようです。
ただし、妊娠してから医療保険に加入しようと思っても難しくなるケースが多いようですので、加入するのであれば結婚直後のほうが確実でしょう。
とはいえ、本当にお金が必要になるのは出産した後、つまり子供を育てていくためのお金のほうが重要でもあり、金額的にも大きくなります。
そう考えると、出産だけを視野に入れて生命保険に加入するのではなく、その後の養育費や教育費も念頭に置いて検討することが大切と言えそうですね。
自分自身や、ご主人に万が一のことがあっても子供が生きていけるようにするための生命保険や、教育資金を積み立てるための学資保険などは、子供が生まれたら欠かせない保険といえるでしょう。
また、子供さんがケガや病気をした時のための医療保険も必要になってきます。
可能性としては、様々な状況が考えられますから、今の生活を圧迫しない範囲で、できるだけ多くのアクシデントに備えられるよう検討しておくことが大切でしょう。

生命保険で結婚に備えよう!

結婚資金そのものをカバーする保険というのはないようですが、学資保険の満期保険金を結婚資金の援助に充てようと考えている親御さんは多いようです。
学資保険は、基本的には教育資金のために加入するものですが、必ずしも誰もが大学に進学するとは限りませんし、比較的教育費が安くて済むという場合もありますから、親心としては結婚資金に充てたいと思うのも自然なことなのかも知れません。
特に、満期を22歳に設定している場合は、その傾向が強いようです。
結婚する本人にとっては、生命保険で結婚に備えると言うよりは、結婚をキッカケに生命保険を見直すというケースのほうが多いようですね。
独身の間は、保険の必要性を感じていなかったとしても、結婚すると責任が生じてきますから、まだ保険に加入していないのであれば新規加入を真剣に考える人も増えてきます。
すでに加入している人でも、伴侶ができることや、将来子供が生まれた時のことなども視野に入れて、プラン変更などの見直しも必要になってくるかも知れません。
できるだけ、あらゆる状況を想定して保障を手厚くしたいところですが、それも行き過ぎると保険料がかさんでしまい、現在の生活を圧迫してしまいます。
特に、若い時期は収入もそんなに多くはないでしょうから、負担にならない範囲で保険を見なおしていかないといけませんね。
収入が増えるに従って保障も増やすなどして、無理のない生活設計ができるよう工夫していきたいものです。

保険見直し無料相談の公式ページです


スポンサーリンク

関連記事

kanpo

かんぽ生命の生命保険のメリット・デメリット

終身保険 新ながいきくん(定額型) 終身保険 新ながいきくん(定額型)の魅力・メリット

記事を読む

iryo

医療保険の概要や詳細について

医療保険とは、健康保険といった公的なものや、民間の保険会社が独自に商品化しているものも含めて、

記事を読む

sony

ソニー生命の生命保険のメリット・デメリット

有期払込終身保険(無配当) 有期払込終身保険(無配当)の魅力・メリット 死亡・高度障

記事を読む

aflac

アフラックの生命保険のメリット・デメリット

未来の自分が決める保険WAYS 未来の自分が決める保険WAYSの魅力・メリット 掛け

記事を読む

aig-fuji

AIG富士生命の生命保険のメリット・デメリット

レスキューP E-終身 レスキューP E-終身の魅力・メリット 保険料払込期間中の解

記事を読む

eimei

生命保険の種類の概要や詳細

「定期保険」の概要や詳細のご紹介 生命保険にもいろいろな種類のものがありますが、その中でも『定

記事を読む

daiichi

第一生命の生命保険のメリット・デメリット

ブライトWay ブライトWayの魅力・メリット 主契約の終身保険に所定の特約を1種類

記事を読む

asahi

朝日生命の生命保険のメリット・デメリット

保険王プラス 保険王プラスの魅力・メリット 各保障(ユニット)が独立しているため、必

記事を読む

nenkin

個人年金保険の概要や詳細について

公的年金だけではゆとりのある老後を迎えることが出来ないと考えられている現代では、様々な形で 老

記事を読む

orix

オリックス生命の生命保険のメリット・デメリット

ネット専用定期保険Bridge(死亡保険) ネット専用定期保険Bridge(死亡保険)の魅

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑