アクサダイレクト生命の生命保険のメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 保険, 生命保険

カチッと終身保険

カチッと終身保険の魅力・メリット

  • 保険料の解約返戻金が抑えられている分、保険料の負担が軽くなる
  • 保障が一生涯継続する
  • 加入時の保険料は払い込みが完了するまで変わらない
  • 保険料の支払い方法の選択が可能(15年払、55歳・60歳・65歳払、終身払)
  • 解約返戻金が受け取れるため掛け捨てではなく貯蓄性があり、契約をした年齢や条件次第では払い込んだ保険料より多額のお金が受け取れる
  • 死亡・高度障害の保障額は100万円~、最高額は4,000万円
  • 余命6ヶ月以内と判断された場合、死亡・高度障害の保障額を生きているあいだに受け取れる(全額または一部)リビング・ニーズ特約が無料で追加可能
  • 不慮の事故が原因で、約款に定められている障害状態になった場合、以降は保険料を支払う必要がなくなり、保障だけが続行される
  • 契約時の医師の診査が不要(告知扱い)
  • インターネットからの申し込みが可能

カチッと終身保険の難点・デメリット

  • 保険料の払い込み期間中の解約返戻金が安い
  • 年払いに対応していない(対応しているのは月払い、クレジットカード払・口座振替払)
  • 保険期間・保険料払込期間次第で契約可能年齢に縛りがある(保険料払込期間が15年の場合、契約可能年齢は満20~満64歳、55歳満了の場合は満20~満40歳、60歳満了の場合は満20~満45歳、65歳満了の場合は満20~満50歳、終身の場合は満20~満69歳)
  • 場合によっては契約の際に健康診断の結果などの提出が必要になる
  • 満期保険金・配当金がない

カチッと終身保険はこんな人におすすめ

  • 支払う保険料の負担が軽く、一生涯続く保障が欲しい人
  • 払い込み保険料の総額より高い解約返戻金を受け取りたい人
  • 葬儀やお墓にかかるお金を用意したい人
  • こどもの養育費など家族に関する出費に備えたい人
  • 残された命がわずかとわかったあと、有意義な日々を過ごしたい人
  • 対面型の保険ではなく、手軽で安価な通販型(ネット型)の保険がいいと思っている人

カチッと定期2

カチッと定期2の魅力・メリット

  • 解約返戻金をなくすることにより、保険料の負担が抑えられている
  • 死亡・高度障害保険金の額は500万円~、100万円単位で設定することが可能で、最高4,000万円までの保障が受けられる
  • 災害割増特約を付けることにより、最高4,000万円の死亡・高度障害の保障をプラスすることが可能(主契約と同じ保険金額が上限)
  • 設定した保障金額が高いほど、100万円あたりの保険料単価が割安になる高額割引制度が設けられている(災害割増特約は対象外)
  • 保障期間の選択が可能(10年、55歳、60歳、65歳、70歳満了)で、保障が必要なあいだだけ加入していられる
  • 健康状態などの告知をしなくても、更新で最長80歳まで保障を受け続けられる
  • 保障期間10年の場合、再度告知をし、所定の基準をクリアすると保険料の割引が受けられる健康チャレンジ制度が用意されている
  • 余命6ヶ月以内と認められた場合、死亡・高度障害時の保険金を全額または一部、生きているあいだに受け取ることが可能なリビング・ニーズ特約が無料で追加可能
  • 不慮の事故が原因で、約款に定められている障害状態になった際、以降は保険料を支払いを行う必要がなくなり、保障だけ引き続き受けられる
  • インターネットから申し込みが可能
  • 健康状態などの告知だけでよく、医師の診査が不要

カチッと定期2の難点・デメリット

  • 保障が一生涯続くわけではない
  • 契約を解除した際に受け取ることが可能な解約返戻金が設定されていない
  • 満期返戻金・配当金を受け取ることができない
  • 更新をすることにより保険料の負担額が高くなる(健康チャレンジで再度告知を行い、基準をクリアすれば負担を軽減することは可能)
  • 年払いに対応していない(対応しているのは月払で、クレジットカード払か口座振替払)
  • 加入に際し、健康診断結果などの提出が必要になるケースがある
  • 保険期間・保険料払込期間に応じて契約可能年齢に縛りがある(保険期間・保険料払込期間が10年の場合、契約可能年齢は満20歳~満69歳、55歳満了の場合は満20歳~満44歳、60歳満了の場合は満20歳~満49歳、65歳満了の場合は満20歳~満54歳、70歳満了の場合は満20歳~満59歳)

カチッと定期2はこんな人におすすめ

  • 貯蓄性がなくても構わないのでとにかく保険料を安くしたい人
  • 保障が欲しい期間だけ加入したい人
  • 万が一の場合、家族のためにまとまったお金を残してあげたい人
  • 定期的に加入している保険の見直しを行いたい人
  • 残された命がわずかとわかったあと、有意義な日々を過ごしたい人
  • 災害による死亡リスクに備えたい人

カチッと収入保障2

カチッと収入保障2の魅力・メリット

  • 死亡・高度障害により保険期間満了時まで毎月年金が給付される
  • 年金支払保証期間は2年間か5年間のどちらかを選択することが可能で、死亡・高度障害時に保険期間満了日までの期間と比較して、年金支払保証期間のほうが長い場合、保険期間が満了後であったとしても、年金支払保証期間は毎月年金が支払われる
  • 毎月受給する年金額は5万円~、1万円単位で決めることが可能
  • 保険期間・保険料払込期間の選択が可能(55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了)
  • 不慮の事故が原因となって障害状態になった場合、以降は保険料の支払いが免除される
  • 災害割増特約を付加することで、保障を手厚くすることが可能(災害死亡・災害高度障害保険金の金額は500万円~、100万円単位で設定可能)
  • インターネットからの申し込みが可能
  • 健康状態などの告知を行えばよく、医師の診査が不要

カチッと収入保障2の難点・デメリット

  • 保険期間の経過に伴い、年金受取総額が安くなる
  • 毎月年金を受給するのではなく、未払年金の現価のすべてまたは一部を一時金の形で受給する方法があるものの、総額は毎月年金の形で受給する方法より安くなる
  • 年払に対応していない(対応しているのは月払で、クレジットカード払または口座振替払)
  • 保険期間・保険料払込期間に応じて、契約可能年齢に縛りがある(保険期間・保険料払込期間が55歳満了の場合、契約可能年齢は満20歳~満45歳、60歳満了の場合は満20歳~満50歳、65歳満了の場合は満20歳~満55歳、70歳満了の場合は満20歳~満60歳)
  • 加入に際し、健康診断結果などの提出が求められるケースがある

カチッと収入保障2はこんな人におすすめ

  • 万が一のことがあったとしても、残された家族に安定した生活を送ってほしい人
  • 一括で保険金を受け取る商品だけでは心許ないと感じる人
  • 毎月の保険料の負担を抑えながら、一番お金がかかる、こどもが独立するまでの保障を充実させたい人

スポンサーリンク

関連記事

自動車保険の概要や詳細について

自動車保険の概要 『自動車保険』とは、自動車を運転する上で起こりえる損害を保証するための保険の

記事を読む

第一生命の生命保険のメリット・デメリット

ブライトWay ブライトWayの魅力・メリット 主契約の終身保険に所定の特約を1種類

記事を読む

生命保険の見直しのポイントとは

生命保険を見直すタイミングとは・・・ 家庭を持つ人の多くが加入している生命保険は、加入している

記事を読む

住友生命の生命保険のメリット・デメリット

終身保険 終身保険の魅力・メリット 死亡・高度障害時の保障を一生涯にわたって受けるこ

記事を読む

火災保険の概要や詳細について

やっと念願のマイホームを購入! そこで安心しきっていませんか? マイホームを購入したら、次は

記事を読む

医療保険の概要や詳細について

医療保険とは、健康保険といった公的なものや、民間の保険会社が独自に商品化しているものも含めて、

記事を読む

学資保険の概要や詳細について

学資保険の概要 『学資保険』というのは、子供さんの将来の教育資金のためにかける保険のことで、毎

記事を読む

保険と税金の関係

保険と税金:所得控除 保険に加入していると、「生命保険料控除」といった、税金の所得控除を受ける

記事を読む

AIG富士生命の生命保険のメリット・デメリット

レスキューP E-終身 レスキューP E-終身の魅力・メリット 保険料払込期間中の解

記事を読む

ソニー生命の生命保険のメリット・デメリット

有期払込終身保険(無配当) 有期払込終身保険(無配当)の魅力・メリット 死亡・高度障

記事を読む

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

ツインバード ワイアレスドアスコープモニター ワイアレステレビドアホンの特徴や感想

今の世の中、ピンポンが鳴ったからと言って気軽にドアを開けることはで

→もっと見る

PAGE TOP ↑