住友生命の生命保険のメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 保険, 生命保険

終身保険

終身保険の魅力・メリット

  • 死亡・高度障害時の保障を一生涯にわたって受けることができる
  • 5年に1度の利差配当があるため、株・債券などの市場環境に問題が生じなければ配当金を受け取ることができる
  • 特約は医療関連のものが多くを占め、成人病やがん、女性疾病、生活習慣病など特定の病気に重点をおいて備えることも可能
  • 医療系の特約を付加することで、怪我や病気によって入院・手術をする場合に給付金を受け取ることができる
  • 解約返戻金や保険金は死亡時の備えのほか、教育資金、老後資金、相続対策などさまざまな用途に活用できる
  • 契約可能年齢は、15~70歳と幅広い
  • インターネット上で各種手続きや入出金取引、契約内容照会などを行うことができるため、利便性が高い

終身保険の難点・デメリット

  • 一定期間ごとに利差配当があるが、株や債権などの市場環境が良好でない場合は、受け取れないこともある
  • がん薬物治療特約を除外すると通院治療が対象外となる特約がほとんどで、入院よりも通院治療がメインとなることが多い最近の流れからすると、特約のみだとカバーできない場合がある
  • 特約を多く付加するとそれだけ保険料は高くなってしまうので、解約返戻金が保険料を下回る可能性が高まってしまう
  • 返戻率に関しては、他社の類似プランと比較すると、やや低い傾向にある
  • 特約をいくつか付加した場合の割引などは存在しない
  • 利回りについては、国債・社債より低い設定となっているため、貯蓄性は低い

終身保険はこんな人におすすめ

  • 一生涯にわたって、充実した保障を受けたいと考えている人
  • できるだけ高額の解約返戻金額を受け取りたいという人
  • 掛け捨てではない保険を探していて、貯蓄をしたいと考えている人
  • 自分に万が一の事態が起きた場合に、家族に必要な分の保険金を残したいと考えている人
  • さまざまな特約から、ニーズに即したものを選択したり、組み合わせたりしたいと考えている人

終身保険(一時払)

終身保険(一時払)の魅力・メリット

  • 契約してから死亡保険金は一定の金額で、保険料の払い込みが終われば保障は一生涯にわたってつづく
  • 5年ごとの利差配当があり、市場環境に問題が生じなければ配当金を受け取れることがある
  • 一時払保険料より高額な死亡保険金額を受け取ることが可能
  • 一定期間過ぎたあとに解約返戻金額が一時払保険料より高くなるため、そこで得た資産をさまざまな用途につかうことができる
  • 特約は医療に関連するものを中心に、入院・手術した場合に備えられるさまざまなタイプのものが用意されている
  • 成人病や女性疾病、生活習慣病、がんなどの特約も充実しており、発症すると給付金を受け取ることが可能
  • 保障が一生涯にわたって継続されるため、どのタイミングで相続が発生しても相続対策として活用することができる
  • 契約可能年齢は15~80歳と幅広い
  • インターネット上で各種手続きや入出金取引、契約内容照会などを行うことができる

終身保険(一時払)の難点・デメリット

  • がん治療に関する特約が充実しているものの、通院治療が対象に含まれていないものが多く、現在がん治療の主流となっている通院治療への備えが不十分
  • 特約を付加しすぎると保険料は高くなり、解約返戻金が保険料を下回る可能性が高くなる
  • 利差配当はあるが、市場環境によっては受け取れない可能性がある
  • 他社の類似タイプと比較すると返戻率がやや悪い傾向にある

終身保険(一時払)はこんな人におすすめ

  • 一生涯にわたって、安定した保障を受けたいと考えている人
  • できるだけ多くの解約返戻金額を受け取りたいという人
  • 第二の人生に向けて、資金を運用・形成していきたいという人
  • 掛け捨てではない保険に加入して、貯蓄をしたいと考えている人
  • 万が一の事態が起きたときに、家族に十分な保険金を残したいと考えている人
  • 多様な特約から、自分のライフプランに合ったものを選択したいと考えている人

バラ色人生

バラ色人生の魅力・メリット

  • 死亡・高度障害時の保障を一生涯にわたって受けることができる
  • 保険料払込期間中の解約返戻金が低額に設定されているため、比較的リーズナブルな保険料で保障を受けることができる
  • 決められたの範囲内であれば保険料払込期間満了年齢を自由に決めることができ、さらに保険料払込期間満了後の解約返戻金を受け取ることが可能
  • 保険料払込期間満了後の解約返戻金は、一時金受取り以外に「終身保障コース」「年金コース」「終身保障+年金コース」から選択することができるため、より柔軟に活用することができる
  • 保険料払込期間満了後に年金支払移行特約を付加することで、一生涯の死亡・高度障害保障の全部または一部にかえて年金受取りが可能となる
  • インターネット上でさまざまな手続きや入出金取引、契約内容照会などを行うことが可能

バラ色人生の難点・デメリット

  • 解約返戻金を通常の終身保険の金額を抑えて設定しているため、保険料の払い込み完了前に解約すると一般的な終身保険よりも損失額が大きくなる
  • 契約時の年齢が20・30代なら問題ないが、40・50歳の時点で契約すると、保険料払込完了直後の返戻率は悪くなってしまうので注意が必要
  • 選べる特約が限られているため、医療に関する保障を充実させたい場合などはほかの医療保険を契約しなければいけない
  • 解約返戻率が他社のプランと比べると低い傾向にある

バラ色人生はこんな人におすすめ

  • 万が一の事態に備えて、家族に保険金を残したいと考えている人
  • 毎月の保険料をできるだけ安く抑えたいという人
  • 保険料払込期間満了年齢を、自分のライフプランに合わせて決めたいと考えている人
  • もしものときの保障に加えて、資産形成もしていきたいと考えている人
  • 人生設計に合わせて、保険料払込期間満了後の解約返戻金の方法を決めたいと思っている人
  • 掛け捨てではなく、貯蓄性のある保険に加入したいと考えている人

バリューケア

バリューケアの魅力・メリット

  • 死亡・高度障害時の保障が、解約しない限り一生涯にわたって継続される
  • 介護が必要となった場合にも保障を受けることができる
  • 保険料の払い込みが終了するまでの約返戻金を抑えることで、保険料をリーズナブルな価格に設定し、解約返戻率を高めている
  • あらかじめ決められた範囲内であれば保険料払込期間満了年齢を自由に設定でき、さらに保険料払込期間満了後の解約返戻金を活用することができる
  • 解約返戻金は、一時金受取り以外に「終身保障コース」「年金コース」「終身保障+年金コース」から受取方法をお選びいただくことが可能
  • 介護をする人や家族を対象に、あらゆる疑問や不安などに、ケアマネージャーなどの介護のプロフェッショナルが電話や訪問で答えてくれるサービスを受けることができる
  • 解約返戻金があるため、掛け捨てタイプの保険ではない

バリューケアの難点・デメリット

  • 低解約返戻金型の終身保険のため、保険料の払い込み終了前に解約すると損失が大きくなるので注意が必要
  • 死亡保険金の対象には介護も含まれるが、要介護レベルによっては受け取れない可能性もある
  • 付加できる特約の種類が少ない
  • 解約返戻率に関しては、他社を下回っている
  • 利回りはあまりよいとは言えず、貯蓄性の面では社債や個人向け国債に劣る

バリューケアはこんな人におすすめ

  • 万が一の事態に備えて、家族に保険金を残したいと思っている人
  • 死亡や高度障害時だけでなく、介護状態となったときに十分な保障を受けたいという人
  • 介護状態となったときに、ケアマネージャーなどのサポートを受けたいという人
  • ライフプランに合わせて、保険料払込期間満了年齢を決めたいと思っている人
  • 解約返戻金の受け取り方法を選択したいという人
  • 掛け捨てではなく、保障を受けながら貯蓄もできる保険を探しているという人
  • 充実したセカンドライフに向けて、貯蓄をしたいと思っている人

記念日宣言

記念日宣言の魅力・メリット

  • 生存給付金を受け取ることができる定期保険のため、死亡時に給付される死亡保険金のほかに、一定期間ごとの生存確認で受け取ることが可能となる記念日ボーナスが付加されている
  • 死亡に至らないまま満期を迎えた場合、満期保険金の支払いが行われる
  • 死亡時だけでなく、高度障害時にも保険金を受け取ることが可能
  • 入院や手術に関する特約、先進医療を保障する特約、がんに関する特約など、特約が充実しているため、自分に必要な内容を選択することができる
  • 契約年齢が0歳~70歳と幅広い設定となっている
  • 更新時の年齢が65歳以下の場合は、1回のみ自動更新することが可能で再契約の必要がない
  • 40歳以上の場合は逓増定期保険特約も付加することができる
  • 保険料の払い込み期間について、15年、20年、25年、30年のなかから選択することが可能で、自分のニーズに合わせて払い込み期間を決めることができる
  • 払い込み方法が年1回払、年2回払、月払から選択できる
  • 保険期間は最長で30年まで延長可能となっているため、長期で利用することもできる

記念日宣言の難点・デメリット

  • さまざまな特約から自分に合ったものを選べる反面、割引などは存在しない
  • 生存給付金があるため、その分は差し引いたとしても実質的な保険料がやや高めの設定となっている
  • 満期時ボーナスは申し出を怠ると、あらかじめ指定された利率で積み立てられ、配当金は5年ごと利差配当のみに限られる

記念日宣言はこんな人におすすめ

  • 教育などに要する資金を準備したいという人
  • 死亡時や高度障害時に充実した保障を受けたいという人
  • 万が一の事態が起こった場合に、家族に保険金を残したいと思っている人
  • 一定期間ごとに給付金を受け取りたいという人
  • 女性疾病に関する特約を付加したいという人
  • さまざまな種類の特約から自分のライフプランに合わせて適したものを選択したいという人

定期保険

定期保険の魅力・メリット

  • 一定期間内に死亡に至ると死亡保険金を受け取ることができる
  • 5年ごとの積み立て配当金があるため、債券市場が好調であれば配当金を受け取ることが可能
  • 死亡保障のほか、三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)や先進医療、女性疾病など、さまざまな特約を付加することができる
  • 加入可能年齢が15歳~65歳と比較的幅広い設定となっている
  • 一定期間の保障を、比較的リーズナブルな価格で受けることができる
  • 終身保険と比べて保険料が安く設定されているため、同じ保険料を支払う場合、より充実した保障を受けることが可能
  • 保障が必要だと思われる期間に限定して、充実した保障を受けることができる
  • 健康状態に左右されることなく、一定の年齢まで更新することができる
  • 積み立てなどがないため、ライフプランが変更されたときに気軽に保険を見直しをはかることができる

定期保険の難点・デメリット

  • 保険料は更新ごとに上がっていくため、少しずつ家計への負担が増大する
  • 終身保険ではないため、保険期間を過ぎると保障を受けることができない
  • 特約はさまざまな内容から選ぶことができるが、保険料の割引項目は存在しない
  • 死亡時に5000万円の保険金が支払われることを考えると保険料は比較的安価と言えるが、他社の同様の保険と比較するとやや割高
  • 一定期間ごとに積み立て配当金が給付されることになっているが、市場が好調である場合に限られ、生存給付金のように確実に受け取れるとは限らない

定期保険はこんな人におすすめ

  • できるだけ安い保険料で充実した保障を受けたいという人
  • 必要な期間にだけ必要な保障を受けたいと考えている人
  • ライフプランの変化に合わせて柔軟に保険の見直しをはかりたいと思っている人
  • 余分のないシンプルな保険を探しているという人
  • もしもの事態に備えて家族に保険金を残したいと考えている人
  • さまざまな特約から自分にあったものを選択したいという人

Grand Passport(グランド パスポート)

Grand Passport(グランド パスポート)の魅力・メリット

  • 低解約返戻金期間中の解約返戻金が低額設定されているため、比較的リーズナブルな保険料で保障を受けることができる
  • それぞれの人生設計に合わせて、保険料払い込み期間満了年齢を柔軟に決めることができる
  • 保険料払込期間満了後の解約返戻金が支払われる
  • 解約返戻金は一時受け取り以外に、いくつかの方法を選択することができる
  • 死亡や高度障害時に受けられる保障が98歳まで続く
  • 死亡時には死亡保険金を受け取ることが可能
  • 加入可能年齢が男性15~70歳、女性15~75歳と幅広い
  • がん長期サポート特約や指定代理請求特約、保険料払込免除プラン(介護型) などさまざまな特約が用意されているので、必要なものを選ぶことができる
  • がん長期サポート特約とリビングニーズ特約を組み合わせることで、治療費の多くをカバーすることができる

Grand Passport(グランド パスポート)の難点・デメリット

  • 子供の教育費目的としても推奨されているが、学資保険を提供する他社と比べると返戻率の面でやや劣る
  • 返戻率よりも死亡保障を重視したい場合は、より充実した保険を選択したほうが無難
  • 解約返戻金を一定期間のみに限って抑えることで保険料を安価に設定し返戻率を高くする仕組みのため、早期解約をした場合の損失は大きくなりやすい

Grand Passport(グランド パスポート)はこんな人におすすめ

  • 長期的に充実した保障を受けたいという人
  • 人生設計に合わせて保険料の支払い期間を決めたいと思っている人
  • 万が一の事態に備えて、家族に保険金を残したいと考えている人
  • できるだけ安価な保険料で、保障を受けたいという人
  • 必要な期間のみ保障を受けたいと考えている人
  • 低解約返戻金期間満了後のキャッシュバリューをできるだけ多く受け取りたいという人
  • いくつかの選択肢から自分の希望にそった特約を選択したいという人

エンブレム

エンブレムの魅力・メリット

  • 死亡・高度障害時に一億円の大型保障を受けることができる
  • 貯蓄性が高く、解約返戻金を退職慰労金への活用、事業保障資金の準備などに利用することができる
  • 保険金の半分を損金にできるため、福利厚生と節税を両立させることが可能
  • 付加可能な特約は多岐にわたり、生活習慣病保障をはじめとして傷害特約・入院一時金特約・女性疾病特約・ガン入院特約などいろいろ用意されているので、それぞれの希望やライフプランに合わせて最適なものを組み合わせることができる
  • がん入院保障やがん診断特約、がん薬物治療特約などがん治療に関連する特約が充実している
  • 女性疾病入院特約を付加することで、所定の女性特定疾病やがんによる入院する際の保障を充実させることが可能
  • 保険加入年齢が20~74歳と幅広い
  • 法人向けの保険商品のため、個人向けの生命保険と比べて、加入手続きが簡易的であることが多い
  • 個人のライフプランに合わせて保険期間を選ぶことができるため、より少ない負担で大きな保障を得ることが可能
  • 勇退退職する場合に、退職金に充当することができる

エンブレムの難点・デメリット

  • 長期ではなく、短期に解約すると払込保険料を大きく割り込む確率が高まる
  • 保険料を毎月何年にもわたって長期的に払うことになるため、法人の現金が減少してキャッシュフローが悪化する傾向にある
  • 解約時には解約返戻金を受け取ることができるが、返戻率は解約するタイミングによって大きく異なるため、タイミングを誤ると受け取り金額が大幅に減ることがある

エンブレムはこんな人におすすめ

  • 社員に万が一のことが起こった場合に手厚い保障を受けさせたいと考える経営者
  • 企業の福利厚生を充実させて節税にもつとめたいと考える人
  • さまざまな特約から各自のライフプランに合ったものを選びたいという人
  • 長期にわたって大型死亡保障や勇退時の退職慰労金を準備しておきたい経営者

エンブレム新長期プラン

エンブレム新長期プランの魅力・メリット

  • 死亡・高度障害におちいった場合に一億円の大型保障を受けることが可能
  • 長期型の死亡保障プランなので、98歳まで受けることができる
  • 貯蓄性に優れているため、解約返戻金を退職慰労金へ活用、事業保障資金の準備などに利用することができる
  • 保険金の半額を損金に利用することが可能なので、福利厚生と節税のどちらにも役立たせることが可能
  • 生活習慣病保障や傷害特約・入院一時金特約・女性疾病特約・ガン入院特約などさまざまな特約を選択可能なので、ニーズに合わせて最適と思われるものを選んだり組み合わせたりすることができる
  • リガード特約やVガード特約など、三大成人病や生活習慣病への備えとなる特約が充実しているため、もしものときにも安心
  • 女性疾病入院特約を選択することができるので、女性がかかりやすい病気への備えとなる
  • 加入可能な年齢が20~75歳と幅広い
  • 勇退退職する際に、退職金として活用することが可能
  • 法人向け保険商品なので、個人向けの生命保険と比較して加入手続きが簡易的な場合が多い
  • 従業員の人生設計や環境に合わせて保険期間を選ぶことが可能なため、できるだけ少ない負担で保障を受けることができる

エンブレム新長期プランの難点・デメリット

  • 長期型の保険のため、短期間で解約してしまうと払込保険料を大きく割り込む可能性がある
  • 保険料を長期間にわたって支払うため、法人の現金が少なくなりキャッシュフローが悪化する可能性がある
  • 解約時には解約返戻金が支払われるが、返戻率は解約するタイミングによってちがってくるため、タイミングを誤ると受け取り金額が大幅に減る場合がある

エンブレム新長期プランはこんな人におすすめ

  • 社員に不測の事態が起こった場合に手厚い保障を受けさせたいと思っている経営者
  • 企業の福利厚生を充実させて節税にもつとめたいと考える人
  • できるだけ長い期間、充実した保障を継続したいと考える人

エンブレムGP

エンブレムGPの魅力・メリット

  • 死亡・高度障害時に、一億円の大型保障を受けることができる
  • 低解約返戻金期間満了後に解約返戻金が支払われるので、退職慰労金などに充当することが可能
  • 保険金の半分を損金にすることができるため、福利厚生と節税の両面で役立つ
  • リビング・ニーズ特約やがん長期サポート特約、保険料払込免除プラン、保険料払込免除プラン(介護型)などからニーズに合わせた特約を選択することができる
  • 保険料免除に関する特約が充実しているため、万が一のときにも金銭的な不安が少なくなる
  • 保険加入が可能である年齢が、男性の場合は20~70歳、女性の場合は20~75歳と幅広い
  • 法人向けの保険商品であるため、個人向けの生命保険よりも加入手続きが簡単であることが多い
  • 勇退時の退職慰労金の準備に適している
  • 長期的な保障を受けることができる

エンブレムGPの難点・デメリット

  • 長期的に契約を継続することが前提となったプランのため、短期に解約すると払込保険料を大きく割り込む可能性がある
  • 保険料の支払いが長期にわたるため、法人の現金が少なくなってキャッシュフローが悪化することがある
  • 解約時には解約返戻金を受け取ることが可能だが、返戻率は解約する時期によって大きく異なるため、まちがったタイミングで解約してしまうと受け取り金額が大きく減少する場合がある
  • 解約返戻金をお受け取るためには契約を解約する必要があるため、それ以降の保障は受けることができない

エンブレムGPはこんな人におすすめ

  • 社員に万が一の事態におちいった場合にできるだけ手厚い保障を受けさせたいと考える経営者
  • 企業の福利厚生を充実させるとともに、できるだけ節税もしていきたいと考えている経営者
  • できるだけ多くの解約返戻金を受け取りたいと考えている人
  • 大型死亡保障や勇退時の退職慰労金を準備しておきたい経営者
  • 充実した保障を長期にわたって受けたいと考えている人

スポンサーリンク

関連記事

daiichi

第一生命の生命保険のメリット・デメリット

ブライトWay ブライトWayの魅力・メリット 主契約の終身保険に所定の特約を1種類

記事を読む

aflac

アフラックの生命保険のメリット・デメリット

未来の自分が決める保険WAYS 未来の自分が決める保険WAYSの魅力・メリット 掛け

記事を読む

seimei2

保険と税金の関係

保険と税金:所得控除 保険に加入していると、「生命保険料控除」といった、税金の所得控除を受ける

記事を読む

orix

オリックス生命の生命保険のメリット・デメリット

ネット専用定期保険Bridge(死亡保険) ネット専用定期保険Bridge(死亡保険)の魅

記事を読む

asahi

朝日生命の生命保険のメリット・デメリット

保険王プラス 保険王プラスの魅力・メリット 各保障(ユニット)が独立しているため、必

記事を読む

sonpo

損害保険の種類(法人向け)の詳細をご紹介!

毎日は順調でも、偶然のリスクによって思いもよらない損害を受けることがあります。 そんな事態をカ

記事を読む

akushi2

各保険会社の学資保険の特徴を徹底比較

朝日生命の学資保険の特徴をご紹介 朝日生命には、学資保険(子供保険)として2種類の保険商品があ

記事を読む

sonpo-japan

損保ジャパンの生命保険のメリット・デメリット

終身保険 一生のお守り 終身保険 一生のお守りの魅力・メリット 死亡保障・高度障害保

記事を読む

nenkin

個人年金保険の概要や詳細について

公的年金だけではゆとりのある老後を迎えることが出来ないと考えられている現代では、様々な形で 老

記事を読む

sony

ソニー生命の生命保険のメリット・デメリット

有期払込終身保険(無配当) 有期払込終身保険(無配当)の魅力・メリット 死亡・高度障

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑