損保ジャパンの生命保険のメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 保険, 生命保険

終身保険 一生のお守り

終身保険 一生のお守りの魅力・メリット

  • 死亡保障・高度障害保障が一生涯にわたって継続する終身保険
  • 解約返戻金が発生するため、貯蓄性が備わっている
  • 保険料払込期間中の解約返戻金額が抑えられているため、保険料の負担を軽減することができる
  • 1~75歳と申し込み可能な年齢が幅広い
  • 保険金額は最低50万円~、10万円単位で決めることができる
  • 設定可能な保険料の払込期間は55歳、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、全期で、10年間の短期払いも可能
  • 不慮の事故が原因で所定の身体障害状態になった場合、以後の保険料の支払いが不要になる
  • 三大疾病保険料免除、リビング・ニーズ特約、指定代理請求特約といったオプションを付加することにより、保障内容を充実させることができる
  • 保険料の支払いができず、払込猶予期間が満了した場合、解約返戻金の範囲内で自動借り入れが行われ、未払い分に充てられる(保険料の自動振替貸付)
  • 解約返戻金の所定の範囲内で融資が受けられる(契約者貸付)
  • 保険料は月払だけでなく半年払、年払で支払いを行うことも可能
  • 保険料の払込方法としては口座振替扱をはじめ、クレジットカード扱、団体扱、送金扱が用意されている(送金扱は月払に対応していない)

終身保険 一生のお守りの難点・デメリット

  • 短期間で解約をした場合、解約返戻金は発生しないか、発生したとしても少額になってしまう
  • 解約をした場合、以後の保障は消滅してしまう
  • 病気・ケガが原因での入院・手術に対する保障には対応していない
  • 対面販売のみの取り扱いになっており、通信販売には対応していない
  • 保険料の自動振替貸付や契約者貸付を使った場合、利息が発生する

終身保険 一生のお守りはこんな人におすすめ

  • 万が一のことがあった場合、残された家族の生活を守りたいと思っている人
  • 掛け捨てではなく、貯蓄性のある保険商品を希望している人
  • 保障内容をカスタマイズしたい人
  • 保険料払込期間中の負担を軽くしたい人
  • こどもや高齢でも申し込みが可能な保険を探している人

特定疾病前払式終身保険

特定疾病前払式終身保険の魅力・メリット

  • がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になった場合、保険金の一部前払いが行われ、以後の保険料の払込が不要になる
  • 死亡保障・高度障害保障が一生涯にわたって続く
  • 特定疾病保険金の支払事由(所定の状態)で、被保険者が責任開始期前を含め、はじめてがん(悪性新生物)を引き起こしたと医師が診断確定した場合、特定疾病保険金が受け取れる
  • 特定疾病保険金の支払事由(所定の状態)で、被保険者が急性心筋梗塞を引き起こし、はじめて医師の診療を受けた日から、この日を入れて60日以上労働を制限しなければいけない状態が続いたと医師が診断した場合、特定疾病保険金が受け取れる
  • 特定疾病保険金の支払事由(所定の状態)で、被保険者が脳卒中を引き起こし、はじめて医師の診療を受けた日から、この日を入れて60日以上言語障害などの他覚的な神経学的後遺症が続いたと医師が診断した場合、特定疾病保険金が受け取れる
  • 特定疾病保険金の支払割合は、基準保険金額に対し10~50%の範囲内で、10%刻みで選択することが可能
  • 一定の保障額までであれば医師の診査は不要で、告知書への記入だけで申込みを行うことが可能

特定疾病前払式終身保険の難点・デメリット

  • 特定疾病保険金の支払事由(所定の状態)で、上皮内がん、悪性黒色腫以外の皮膚がん、責任開始日から90日以内に診断確定された乳がんは対象外となっている
  • 特定疾病保険金の支払事由(所定の状態)で、急性心筋梗塞だけが対象になっており、狭心症などは対象外となっている
  • 申込みの際、必ずしも告知書のみでいいとは限らず、既に加入している契約があると別に医的資料の提出や医師の診査が求められる場合がある
  • 対面販売での取り扱いのみとなっており、通信販売には対応していない

特定疾病前払式終身保険はこんな人におすすめ

  • 日本人の死因トップクラスの病気のリスクに備えたい人
  • 前払いの形で保険金を受け取りたい人
  • 申込みのハードルが低い保険商品を求めている人

終身保険

終身保険の魅力・メリット

  • 保険料払込期間満了後も、死亡・高度障害保障が一生涯にわたって続く
  • 解約返戻金が発生するため、貯蓄性が備わっている(掛け捨てではない)
  • 保険料の負担が比較的軽い無配当か、責任準備金などの運用実績次第で5年ごとに契約者配当金が受け取れる、5年ごと利差配当付終身保険のいずれかを選択できる
  • 保険金額を500万円以上に設定した場合、高額割引制度の適用を受けることができ、保険料の負担を軽減することができる
  • 定期保険特約を付加することで、死亡保障を厚くできる
  • 災害死亡特約を付加することで、不慮の事故が原因での死亡に備えられる
  • 養老保険特約を付加することで、満期保険金の受け取りが可能になる
  • リビング・ニーズ特約を付加することで、余命6ヶ月と判断された場合、生存中に保険金が受け取れる
  • 介護前払特約を付加することで、所定の要介護状態になった場合、保険金が支払われる
  • 保険料払込期間満了後の年単位の契約応当日に年金移行特約を付加することで、責任準備金などを元手にした年金の受給に切り替えられる

終身保険の難点・デメリット

  • 定期保険特約、養老保険特約は、無配当の終身保険にしか付加することができない
  • 短期間で解約をすると解約返戻金が発生しないか、発生したとしても少額になってしまう
  • 無配当を選択した場合、配当金を受け取ることができない
  • 5年ごと利差配当付を選択した場合は保険料の負担が増加し、条件次第では配当金が受け取れないことがある
  • 保険金額を減らすなど、契約内容をいじることにより高額割引制度の適用が受けられなくなる
  • 解約をした場合、契約だけでなく保障も一緒に消滅してしまう
  • 対面販売のみの取り扱いで、通信販売には対応していない

終身保険はこんな人におすすめ

  • 万が一のことがあった場合、残された家族の生活を守りたいと思っている人
  • 貯蓄性のある保険で老後の資金を確保したい人
  • 保障内容をカスタマイズすることで、保障ニーズに合った保険にしたい人

連生終身保険

連生終身保険の魅力・メリット

  • 夫と妻など、二人に対する保障が同時に受けられるタイプの商品
  • 個々に死亡・高度障害保障が一生涯受けられる終身保険
  • 第一死亡・高度障害保険金、第二死亡・高度障害保険金の割合を変更することにより、ライフスタイルに合った保障内容に設定することが可能
  • 生存祝金ありを選択した場合、保険料払込終了時点以後、二人が亡くなったり高度障害状態になったりしていなければ、5年ごとに生存祝金を受け取ることが可能
  • 生存祝金の使途は不問で、好きなように使うことができる
  • 保険料の払込期間のあいだ、片方が亡くなったり高度障害状態になったりした場合、以後の保険料の支払いが不要になる
  • 片方が亡くなったり高度障害状態になったりした場合でも、残された側の保障は一生涯継続する
  • 保険料の払込期間は60歳など、契約年齢などによって設定することが可能

連生終身保険の難点・デメリット

  • 生存祝金ありを選択した場合、二人のいずれかが亡くなったり高度障害状態になったりしたあと、残された側の生存祝金が以後発生することがない
  • 第一死亡・高度障害保険金と第二死亡・高度障害保険金の支払割合を慎重に検討しなければ、残された側が十分な保険金を受け取ることができない
  • 配当金が発生しないタイプの商品のため、受け取ることができない
  • 解約返戻金が発生しないタイプの商品のため、受け取ることができず、貯蓄性の面では弱い
  • 満期保険金が発生しないタイプの商品のため、受け取ることができない
  • 対面販売のみの取り扱いになっており、通信販売には対応していない

連生終身保険はこんな人におすすめ

  • 夫婦で一緒にひとつの保険に入りたいと思っている人
  • 生存祝金を受け取ることで、毎日を充実させたい人
  • 自分に万が一のことが起こった場合、残された側にまとまった資金を残してあげたいと考えている人
  • 一生涯にわたって保障が継続する保険商品を希望している人

無配当定期保険

無配当定期保険の魅力・メリット

  • 一定の期間のみ大きな死亡・高度障害保障が受けられる定期保険
  • 契約の更新が可能な年満了タイプか、更新が行われない歳満了タイプのいずれかを選択することが可能
  • 年満了タイプは健康状態に関係なく90歳までの自動更新が可能
  • 契約者配当金が支払われない分、保険料の負担が抑えられている
  • 保険金額を3,000万円以上に設定すると、保険料の高額割引制度が適用されて、負担がさらに軽減できる
  • 健康体料率特約で、被保険者の喫煙状況や健康状態などの基準をクリアすると、保険料の割引が受けられる
  • 定期保険特約で死亡保障を厚くできる
  • 災害死亡特約で不慮の事故が原因での死亡に備えられる
  • 養老保険特約で満期保険金が受け取れる
  • リビング・ニーズ特約で、余命6ヶ月以内と判断された場合、生存中に保険金を受け取ることが可能

無配当定期保険の難点・デメリット

  • 解約返戻金が発生しないため、貯蓄性がない
  • 配当金が設定されているタイプの商品ではないため、受け取ることができない
  • 満期保険金が設定されているタイプの商品ではないため、受け取ることができない(養老保険特約を付加することで解決可能)
  • 年満了タイプを選択した場合、自動更新が行われることにより保険料の負担が増加してしまう
  • 非喫煙者健康体保険料率での割引率は高いものの、喫煙者健康体保険料率での割引率は大したことがない
  • 自動更新後の契約では健康体料率特約が付かない
  • 対面販売のみの取り扱いになっており、通信販売には対応していない

無配当定期保険はこんな人におすすめ

  • 費用負担の軽い保険で、大きな保障を受けたい人
  • 必要な期間だけ必要な保障を受けたい人
  • 万が一のことが起こった場合、残された家族の生活を守ってあげたい人
  • 将来的に保険の見直しをしたいと思っている人
  • 特約と組み合わせることによって、自分に合った保険をつくりあげたい人
  • 健康状態に自信がある人
  • 非喫煙者の人

無解約返戻金型定期保険

無解約返戻金型定期保険の魅力・メリット

  • 一定期間のみ大きな死亡・高度障害保障が受けられる定期保険
  • 解約返戻金がない分、保険料の負担が抑えられている
  • 保険期間は55~80歳まで5歳単位で設定可能
  • 加入年齢が低いほど月々の保険料負担額が安い
  • 健康体料率特約により、所定の喫煙状況や健康状態の基準をクリアすると保険料の負担がさらに軽くなる
  • 法人契約を交わすと払込保険料を全額損金に算入することができる
  • 定期保険特約を付加することによって、死亡保障を厚くできる
  • 災害死亡特約を付加することによって、不慮の事故が原因での死亡に備えられる
  • 養老保険特約を付加することによって、満期保険金が受け取れる
  • リビング・ニーズ特約を付加することによって、余命6ヶ月以内と判断された場合、生存中に保険金が受け取れる

無解約返戻金型定期保険の難点・デメリット

  • 加入年齢が高いほど毎月の保険料の負担額が高い
  • 掛け捨て型の保険のため、保障が一生涯にわたって続くわけではない
  • 解約返戻金が発生するタイプの保険商品ではなく、貯蓄性がない
  • 保険期間の設定はニーズに合わせやすいものの、15年以上の保険期間は設定しなければならない
  • 配当金が設定されているタイプの保険商品ではなく、受け取ることができない
  • 非喫煙者健康体保険料率での割引率は高いものの、喫煙者健康体保険料率での割引率は大したことがない
  • 喫煙状況の確認のため、ニコチン検査を受ける必要がある
  • 対面販売のみの取り扱いになっており、通信販売には対応していない

無解約返戻金型定期保険はこんな人におすすめ

  • 必要な期間だけ、必要な保障を受けたい人
  • 万が一のことがあった場合、残された家族の生活を守ってあげたいと思っている人
  • 将来的に保険の見直しを行おうと思っている人
  • 特約を付加することにより、自分に合った保険にしたい人
  • 健康状態に自信がある人
  • 非喫煙者の人
  • 保険料の負担が抑えられている商品を希望している人

スポンサーリンク

関連記事

生命保険の見直しのポイントとは

生命保険を見直すタイミングとは・・・ 家庭を持つ人の多くが加入している生命保険は、加入している

記事を読む

住友生命の生命保険のメリット・デメリット

終身保険 終身保険の魅力・メリット 死亡・高度障害時の保障を一生涯にわたって受けるこ

記事を読む

生命保険で将来の”もしも”に備える事ができます

生命保険には、掛け捨て型と貯蓄型があり、貯蓄型の中には、銀行の定期預金的なものもあれば、ファンド

記事を読む

個人年金保険の概要や詳細について

公的年金だけではゆとりのある老後を迎えることが出来ないと考えられている現代では、様々な形で 老

記事を読む

自動車保険や特約の補償内容の詳細

対人賠償保険とは、どのような保険でしょう? 『対人補償保険』は、任意保険の中でも一番重要なもの

記事を読む

火災保険の概要や詳細について

やっと念願のマイホームを購入! そこで安心しきっていませんか? マイホームを購入したら、次は

記事を読む

朝日生命の生命保険のメリット・デメリット

保険王プラス 保険王プラスの魅力・メリット 各保障(ユニット)が独立しているため、必

記事を読む

保険と税金の関係

保険と税金:所得控除 保険に加入していると、「生命保険料控除」といった、税金の所得控除を受ける

記事を読む

生命保険の種類の概要や詳細

「定期保険」の概要や詳細のご紹介 生命保険にもいろいろな種類のものがありますが、その中でも『定

記事を読む

かんぽ生命の生命保険のメリット・デメリット

終身保険 新ながいきくん(定額型) 終身保険 新ながいきくん(定額型)の魅力・メリット

記事を読む

ツインバード ミラーデザインシリーズの特徴や感想

ツインバードから、よりお部屋のインテリアにマッチして、なおなお上品

ツインバード フローズンスィーツメーカー『LULUNA』の特徴や感想

ツインバードから、ゆったりとした夜を味わう新ブランド『LULUNA

ツインバード ジェットサイクロン フキトリッシュNEOの特徴や感想

掃除機で、たぶんゴミは吸い取りきれているけど、足の裏がなんかベタつ

ミヨシ石鹸 素足キレイ泡せっけんの特徴や感想

シトラスミントのニオイが、足の指先からスキッとさせるいい感じです。

iRobot ブラーバの特徴や感想

素足で家の中に入ると、床のざらつきが、意外と気になりませんか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑