「自己啓発とは一体何なのか?」「どうして必要なのか?」を考える

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 自己啓発

自己啓発 女性
「自己啓発とは一体何なのか?」「どうして必要なのか?」「絶対にやらなきゃいけないこと?」といった、素朴な疑問の答えについて、まずはこちらのコンテンツに目を通してご参考ください。

もし、自己啓発に対して良いイメージを持たれていない方がいるようでしたら、必ずや悪いイメージを払拭する事ができるはずです。それくらい、自己啓発は身近で簡単で、当たり前の内容なのです。

難しい考え方や、偏見的意見はまずは隣においておきましょう。そして、まずは自分が知らないことに純粋に興味を持ち「へぇ~」と感じてください。そうすれば、自己啓発について、素直な感想を抱けるはずです。

では、コンテンツ内に進み、自己啓発の扉を開いてみましょう!

なぜ自己啓発が必要なのか?

まずは、自己啓発とはそのようなものかを、先に簡単に説明しましょう。

自己啓発とは、自分の人生をより良いものにするべく努力することです。向上心を持ち、理想の自分を手に入れようとがんばることです。誰しも、体の奥底に熱く強いパワーを秘めています。それを自己啓発によって開花させ、パワーを発揮するのです。

とても難しいことに思えて、実は凄く簡単な事です。誰だって欲しいものが見つかれば夢中になって努力すると思います。好きな子ができれば振り向かせようと必至になるし、買いたいものがあるとお金を必至に稼ぐでしょう。出世に興味があれば仕事に夢中にもなるでしょう。それら当たり前の努力を支えてくれるのが、自己啓発なのです。

もちろん、自己啓発なんて意識しなくても無条件でがんばれる人は、改めて自己啓発を意識する必要はありません。しかし、人間はちょっとしたことで挫折したり、落ち込んでしまう生き物です。そうなってしまうと、がんばろうという気持ちも削がれてしまいます。そんなときに自己啓発を行い、自らを奮い立たせてがんばる気持ちを取り戻すのです!

今の時代、私たち人間を悩ませる事柄はたくさんあります。朝のニュースでは世界中の不幸な事件が流れ、通勤では渋滞や満員電車によってストレスも溜まります。家事を行う主婦の方にもストレスは多いでしょう。職場で理不尽な思いをすることだってあるでしょう。

そうした不満の種が日常にたくさん散らばっている中で、自分のがんばる気持ちを常に高め続ける事は至難の業です。だからこそ、自己啓発は必要なのです。悩める現代人にとって自己啓発は生き抜く術なのです。

人生とは?

自己啓発のポイントとなるのは、自分の人生をより良くするためということです。そのため、自身の人生の意味を曖昧にしている状態では、自己啓発は正しく効果を発揮してはくれません。自己啓発のはじまりは、自分の人生について深く考えることからはじまるのだともいえます。

人生とは、人間がこの地上に誕生してから地上を去るまでの間に経過する時間や経験を指します。その人がどのような生き方をしてきたかを記す、自分だけの歴史の教科書のようなものです。

人生において目的とすべき事は、人それぞれであるため、一概には何が良い人生かを決めることはできません。楽しむ事を追求することも人生。子孫を残すという自然的本能もまた人生。世間的には悪と見なされる行いをする人たちもまた、それはその人の人生なのです。誰一人、同じ目的を持って生きている事はありえません。微妙なりとも、人生観に違いが絶対にあるからです。

人生観は、その人が見たもの聞いたもの全てが影響して形成されていきます。どのような環境で育ったか、どのような思想や信仰の元育ったか、どのような友達や恋人と過ごしてきたか、どんな音楽を聴いたか、どんな映画を観たか。自分が経験し、考える一分一秒の時間すべてが人生観に関わっているのです。

また、それらすべての情報を自分がどのように捕らえたかによっても人生観に影響します。例えばごみのポイ捨てを目撃したとしましょう。別に気にしない人もいれば「許せない行為だ!」と怒りを感じてしまう人もいるでしょう。得た情報が同じだからといって、その結果得られる感情は違うのです。

人生の長さについての解釈は大きく分かれる事でしょう。長いと感じる人もいれば、短いと感じてしまう人もいます。これもまたどっちが正しいとは言えないことです。どちらに捉えるにしろ「人生は長いのだから生き急ぐな」「人生は短いのだから後悔の無い毎日を送れ」など、前向きに考える必要が、自己啓発には大切となります。

自己啓発を必要とする人

「自己啓発が必要と感じる人」と「自己啓発を必要と感じない人」。実はどちらも、自己啓発が特別必要では無いと私は思います。自身が苦難に陥っている状態で、自己啓発という解決手段そのものが頭に浮かばない人にこそ、自己啓発は必要なのです。

自己啓発が必要と感じている人は、解決に向けて自己啓発という手段を考えているということですから、これはもう成長の一歩を踏み出しているという事です。必要とせずとも成長する事ができる人というのは、自己啓発を意識せずとも無意識に自己啓発が行えているものです。「別に私は何もしてません」という人でも、成功者というのは、自己啓発によって得られる行動力や集中力といったパワーを上手く発揮させているのです。

しかし、自己啓発そのものが解決策として頭に浮かべられない人の場合、苦難を乗り越えられずに成長できない人が残念ながら非常に多いといえます。しかも、そのような人は今の時代増える一方に感じます。

「何をしていいのか分からない」「自分なんかどうせ」という理由で引きこもり、仕事を見つけられない人がいる現状は、自己啓発のような自分を奮い立たせる方法を身につけていないからと言っても過言では無いでしょう。

何をしていいのか分からないのなら、やりたい事を見つける努力を行う。自分なんかどうせと感じるならば、そんな自分を笑い飛ばせるようになるほど自分を磨く。これらは自己啓発です。それができないがために、いつまでもずるずると成長できない自分を引きずって生きてしまうのです。

絶対にやってはいけないこと

自己啓発を行ううえでというよりも、人が人間社会で生きていくうえで絶対にやってはいけないことは多々あります。その中でも特に注意すべきは「物事を否定的に考えない事」、「誰か(何か)を傷つけない事」の2つです。

階段を登るのと降りるのでは、登るほうが大変ですよね。登れば登るほど体は疲労し、息が上がってしまいます。降りる方はスタスタと足早に降りることができてしまいます。でも、降りる方が足には負担が大きくかかり。足を踏み外して転落するリスクもあることから、階段は下りる方が注意が必要なんです。

人間の心も階段と同じです。否定的な考えの下、落ちていくのは簡単ですが、心は塞ぎこみ、良い事も素直に喜べない無気力無関心に陥ってしまいます。前向きに考えて上を目指して成長する事は大変ですが、その分得られるものは大きいものがあります。また否定的な考えは、どんどん重力のように加速して深く深く落ち込んでもいってしまい、抜け出せなくもなってしまうのです。

誰か(何か)を傷つけてはいけないということは当たり前の事ですが、時として人はそれを忘れます。ストレス発散目的に体や頭を働かせて興奮する事は悪い事ではないのですが、その行為によって傷ついてしまう相手ができてしまうことがあってしまえば、それは正しい行いではなくなってしまいます。

暴力を振るわなければ良いという訳ではありません。言葉の暴力や、傷つけるつもりは無くとも間接的に相手に不快を与えてしまえば、それは暴力に値してしまうのです。例えば、クルマやバイクの無謀運転。事故にならずとも、他の誰かが迷惑を感じてしまったとしたら、それは暴力なのです。

人生は人それぞれではあるものの、やはりルールはそこにあるのです。だからこそ人間社会が成り立っているわけであり、何が正義で何が悪かという線引きも行えているのです。世間体では守れているとしても、自分一人のとき、誰も自分を知らないところにいるとき、否定的な考えを巡らせたり誰かを傷つけていないか、注意しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

21f8998ea5703b443a3e451efa223e38_s

自己啓発の鍵となる方法をご紹介!基本的で簡単ですが・・・

自己啓発の方法は、とにかく自分のがんばる気持ちを高めて成長することです。そのための手段はいくつも

記事を読む

ec8e5c8595ea6dd88af99e17fd17b06b_s

自己啓発に挑戦!自己啓発に成功して得られる非日常とは?

自己啓発を行うのは簡単なことですが、それを持続させることは非常に難しいことです。自分の中に硬く強い意

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑