自己啓発の鍵となる方法をご紹介!基本的で簡単ですが・・・

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 自己啓発

セミナー
自己啓発の方法は、とにかく自分のがんばる気持ちを高めて成長することです。そのための手段はいくつもあり、人によってどのような行為が自己啓発の効果を発揮してくれるかも変わってきます。

例えば、音楽を聴いてリラックスしながら行う人もいれば、映画や本で刺激されて自己啓発にする人もいるでしょう。瞑想したり、ただ横になって思考を巡らせたり、散歩する事が自己啓発につながるという人もいます。

ですが、だからといってそれらを真似すれば自己啓発につながるかといえば、そうではありません。大切なのは心と頭です。何で自己啓発を行うかではなく、何で心で感じ、頭を機能させるかが自己啓発の鍵となるのです。

こちらのコンテンツでは、自己啓発の鍵となる方法をご紹介しています。どれも基本的で簡単なことばかりですが、残念な事に多くの人がそれらを蔑ろにしてしまっているのが実情です。

生きがいを見つける

人生において生きがいを見つけるということは、最大にして最もな成長欲求です。生きがいほど、人に豊かな成長をもたらしてくれるものはありません。生きがいなくして成長は望めないと言ってもよいでしょう。

家族を養うという目的の生きがいのような、基本的なものは例外とします。これは当然の義務であり、誰かに尽くす行為は行って当たり前だからです。生きがいとは、もっと別のところから見つけなければいけません。

そう、自分の心を豊かにしてくれる生きがいです。例えば、自分が好きな職を選び、それに生涯没頭することは、誰にでも目指す事ができる生きがいになります。好きな事を仕事とし、そのうえお金までもらえるなんて、ラッキーです。これ以上幸せな事はありません。

仕事で生きがいを見つけられない人もいることでしょう。様々な人生の困難に阻まれ、望みたい職から外れてしまうことも、当然ありますから。でもどうか、それで落ち込まないでください。手に入れられなかったものに思いを残すよりも、自分のできる範囲でまずは、生きがいを見つけるのです。高望みはいけません。

そのために、人間は趣味というものを持っています。趣味は気軽にはじめられ、誰に縛られる事なく自分の力量に合わせて楽しむ事ができる生きがいです。スポーツ、クルマ、バイク、音楽、読書、料理、編み物、ガーデニング、何でも構いません。生涯を通じて没頭できる趣味を見つけて生きがいとしましょう。

どうか生きがいを放棄した人間にはならないでください。それは自ら成長を放棄するようなものですから。しかしだからといって、家族を養うといったような基本的な生きがいを蔑ろにしては絶対にいけません。あくまでも、自分が無理なく行える範囲で見つけるのです。

成功哲学を考える

なにをどうすれば成功するのかという成功哲学を持って生きる事は、効率よく成長する鍵となります。人生の困難に差し掛かったとき、大変な問題を抱えたり選択を迫られたとき、あなた自身の成功哲学を駆使して乗り越えられるようにしましょう。

成功哲学を具体的に説明しましょう。これは、目標を達成するための方式です。勉強の際、覚えやすいように何か工夫をした事はあるでしょう。英単語を覚えるために、数式を簡単に解くために、歴史の年号を覚えるために。そのような勉強の秘訣を見つけて覚えやすくするのと同じです。人生を成功させる方法はいくつもありますが、ある程度パターン化されているものでもあります。そのパターン化された成功する答えを導き出す事ができる成功哲学を見つけるのです。

見つけるためには日々努力が欠かせません。有名人でも身近な人でも、素晴らしいと思える人を尊敬し、その人がなぜ成功に至ったか、どのようにして人生を歩んできたか、興味を持たなければいけません。また、自分自身の過去を振り返り、どんなときが駄目で、どんなときに上手くいったかを見つめなおす事も必要です。外部のものから内部のものまでに目を耳を向け、興味を持たなくてはいけません。

自分の成功哲学を見つけるために心得て欲しい事は、他人の真似事をしてしまわない事です。巷には、成功哲学を解説するセミナーや書籍などはたくさんあります。それらを読む事は大変良いことです。しかし、大量の成功哲学を頭に押し入れても、それを全て実行できる人間にはなれはしません。得た情報は、自分なりに整理して昇華させ、自分だけの成功哲学を導くための糧にしなくてはいけないのです。

自分の中に、強固な成功哲学を見つけるのです。「こんなときはこうする」という答えが持てた時点で成功哲学の探求はやめ、見つけた自分の成功哲学を研ぎ澄ましていくことに集中しましょう。

行動力を高める

行動力のある人になりましょう。失敗を恐れずに何事にも挑戦するのです。そうすればいつか必ず成功し、成長する事ができます。行動なくして人は成長を得られないのです。そう、行動しなければ何もはじまらないのです。

はじまらなければ成長もしませんが、失敗もしません。ですから人間は、行動力を失いがちになるのです。行動力の無さは失敗を恐れるあまり、成長を放棄しているようなものなのです。得る喜びよりも失う怖さが勝ってしまう場合、そのようになってしまうのです。

失敗から学ぶという気持ちを高めてください。人間は一度や二度、いえ、何十回も何百回の失敗を重ねたところで、駄目になるようなものではないのです。駄目と感じるのは、全て心の弱さからくるものです。誰でも内なる熱い心を秘めているものです。それを解き放ち、心の弱さを払拭し、失敗を恐れない自分になるのです。

強い心を持って挑めば、自然と結果はついてくるものです。失敗も少なくなるものです。受験に成功する人と失敗する人、就職が簡単と思える人と難しいと思う人、こういった人たちの差は一体なんだと思いますか? 答えは心の強さの違いです。心の強さは行動力によって支えられています。骨は一度折れると、その部位が寄り強く強固に復活します。心も同じです。行動力によって失敗を経験し、何度も何度も踏まれて傷ついては、より強く強固に復活していくのです。

行動力を高めるのは簡単です。誰にでも、いつでもどこでも思ったその瞬間から行動力は身につくのです、例えば、内気な性格であいさつがなかなかできないという人、思い切って近所の人に「こんにちは」と声をかけてみましょう。「こんにちは」と笑顔で返してくれたら、次から普通に会話できるようになりますね。

行動力を高めるとはそういうことからはじめるのです。いきなり難しい試験に挑んだり、自分を追い込む事をする必要はありません。これまで自分ができなかった当たり前のことから行動していくのです。

集中力を高める

無駄に時間を費やす生き方は美しくありません。ただ時間だけを使い、がんばっているように見せてもそれは意味がまったく無いのです。集中力を高め、いかに時間を効率よく使い、無駄の無い生き方をするかが重要なのです。

運動や勉強、仕事といったあらゆる場面において、人それぞれの集中力の違いは、大きな差を生む要因となります。同じことをしているのに、ある人はてきぱきと短時間にこなせるのに対し、またある人は、だらだらと長い時間をかけて取り組んでしまいます。同じことをやるにしても、集中力の違いで有する時間は大きく異なってくるのです。

学生時代を思い出してみてください。テスト勉強をいくらやっても全然駄目な人は駄目なのに、できる人は授業で先生の言葉を一度耳にしただけで覚えてしまう人もいたでしょう。これは頭の良い悪いや才能の違い云々以前に、集中力の高さが差となってあらわれていたのです。

自分は集中力が無いからといって、あきらめないでください。集中力を高める方法はちゃんとあります。目標意識を持つのです。自分が何かに取り組むとき「なぜやるのか」を考えて取り組むようにしましょう。仕事の集中力に例えてみましょう。「どんどん仕事をこなしてキャリアアップしたい!」「将来は独立するぞ!」「もっと稼ぎたい!」など、目標を持った上で仕事に挑むのです。目標が無ければ、集中力は生まれてこないのです。

しかし、どんな目標を持っていたとしても、人間関係や健康関係など様々な事情が原因となって集中力を阻害してしまうこともあります。そうならないためにも、自分の生活環境そのものをしっかりと改善しておく必要もあります。集中力を高めるため、しいては無駄の無い美しい生き方をするためには、総合的な変化を自分に求めなくてはいけないのです。

決断力を高める

人生のあらゆる場面で、人は大きな決断を迫られることとなります。その決断しだいで、自分の人生が良くも悪くも転じてしまいます。どのような選択が自分にとって最も適しているのか、それを見極める決断力を高める必要があります。

決断力は、気合や勢いで身につくようなものではありません。思い切りとは違うのです。決断力は本来、生まれてから今日までの長い時間をかけて強固に固めてきた自分の意思から生まれるものなのです。一日や二日で突然身につくことはないのです。

昨今、暗いニュースとして話題される引きこもりやニートといった若者たちが増え続けている現状は、この決断力を備えられずに生きてきてしまったことも大きな原因と言えるでしょう。正しい決断力を持っていれば、自分を悩まし苦しませる境遇に陥る選択など、できるわけがないのですから。

自分の決断力に不足を感じているのならば、今すぐ決断力を身につけるべく行動に移しましょう。気がつくことに遅い早いはありません。これまで気がつかなかったことを悔やむより、今、決断力の不足に気がつけた自分を幸と感じてください。

決断力を身につけるためには、日々の生活の中にたくさんの選択肢を設けましょう。そして常に正しい選択を行えるようにするのです。これは自分の欠点探しと欠点改善することにもつながります。自分にとって後々悪い影響となってしまうものの「悪い事なのについやってしまう」という駄目な選択をしてしまうということ、あると思います。それを改善していく事で、決断力が少しずつ高まっていくのです。

最初は困難でしょう。本来は長い年月をかけて養っていくものをこれから身につけようとするのですから、仕方ありません。でも“継続は力なり”です。困難に思えて辛いものも、いずれは当たり前のように感じられるようになります。そしてそのとき、決断力が自分に備わってきたと喜びを感じることができるでしょう。

思考力を高める

どんな行いをするにも、思考力が働かなければ何もできません。思考力を持たずして、理想とする人生を手に入れることはありえないのです。

思考力とは、自分が見たもの聴いたもの触れたもの、全てを感じて豊かな感性を導き出す事です。問題に対する答えを正確に素早く導き出す事も思考力といえます。自分独自の創造性と、常識的な理解の両方を備えていることが、素晴らしい思考力といえます。

勘違いしてはいけないのが、思考力の高めるということは、難しく考える事では無いということです。大切なのは、深く考える事です。自分の知識に追いつかない難しい思考をしたところで、頭は混乱してしまうだけです。今ある知識で理解できる範囲で思考し、物事を深く追求していくのです。

人の知識は、本を読んだり勉強したり、誰かと接したり、生きていればあらゆる要因によって蓄えられていきます。そうすれば、思考力も自ずと高まります。ですから、あせらず自分の理解できる範囲で思考力を働かせて行けばよいのです。

効率よく思考力を高めたい場合は、仕事でも趣味でも、自分がすごく好きだと感じられるものに熱中する事です。熱中したときの人の集中力は凄いものです。楽しい事だと、スポンジのようにどんどん知識を吸い込んでいく事ができるのです。

また、日常の生活において、常に素朴な疑問を持って生きる事です。「なぜ?」という疑問を感じて生きるのです。大人になると、知らない事を恥じてしまうあまり「なぜ?」と、疑問を抱きにくくなってしまうものです。でも、それはやめましょう。知らない事を素直に疑問視、誰かに尋ねる事は、恥ずかしい事ではないのですから。

自分を見つめ直す

時には自分と対話してみましょう。自分を見つめ直すのです。何が好きで、どんな夢を叶えたいと思っているのか。定期的に見つめなおして再確認し、気を引き締めましょう。

人と話す事は多く、相手の事はどんどん知っていくことができるのに、自分の心を忘れていってしまうことが、まれにあるのです。相手の事を考えるあまり、自分の本当の気持ちを疎かにしてしまうのです。このような状態に陥ってしまうのは、周りに自分の心を偽りながら仕事をしている人に多いものです。

自分自身を知ろうとせず、自分を見失い続けていたとしたら、それは大変なことです。いつか心を病んでしまう事でしょう。自分のことは自分が一番知っていると思う事は、大きな間違いです。でなければ、世の中にカウンセリングや救いの手を求める人はいないはずですから。

自分を見つめ直すには、その気持ちだけがあれば誰にでもできます。リラックスできる環境に身をおきながら見つめ直すと良いでしょう。なるべく静かな状態で試みましょう。音楽やTVの音は、雑念を生む元ですから、避けましょう。座禅やヨガといった精神安定を行った後にくつろぎながら行うと効果的です。

見つめ直す際は、明るい気持ちで行いましょう。自分がどんな人間なのか確認しましょう。そして、過去の自分から今の自分を見つめましょう。昔の自分より今の自分がどれくらい成長したかを称えるのです。常に自分は成長している事を確認する事も大切なのです。もし、今の自分が落ち込んでいると感じてしまった場合は、明日の自分は今日以上の自分になれるよう、がんばる気持ちを持つのです。

自分を卑下するような見つめ直し方はしないことです。あくまでも前向きに考えてください。「昔は良かったのに」という、今の自分が過去の自分に負けていると自覚するような見つめ直し方は、自分を追い込み苦しめるだけです。

人間関係を見直す

人間関係を整理するようなことは人聞きが悪いようですが、これも時には必要な事なのです。自分にとって悪影響と思う人から離れる事で自分を守ることは悪いことではありません。相手を傷つけるかもしれないし、自分も葛藤する事もあるかもしれません。でも、成長するためには必要なのです。

周りの人の影響力というのは、想像以上に自分にのしかかってきます。「悪い友達と付き合うのはやめなさい!」と、両親から言われたことがある人もいるのではないでしょうか。その言葉を100%肯定するわけではありませんが、否定することもできません。子どもはまだ友達を選ぶほどの知識も経験もありませんから、両親が子どもにアドバイスする必要があるのです。たとえそれが、子どもの反感を得ようとも。

大人になれば、自分にとってどんな人がふさわしく、ふさわしくないかを理解する事ができるようになります。もちろん、それを理解するべく経験を積んでこない限りはできないことですが。自分と意見が合わない人といつまでも一緒にいても、お互いのためではありません。住む世界が違う人間と仲良くしたところで、深い付き合いを目指す事は難しいのです。やはり、冷たいようですが友達が選べる人は、選ぶべきなのです。

小学、中学、高校の同級生で、腐れ縁という友達も実は要注意です。昔仲が良かったとしても、仕事や生活環境が変わってしまえば、同じような仲ではいられないものです。接点が少なくなってしまった人とはいずれ疎遠となり、付き合いは無くなっていくものです。趣味や仕事が通じてでもいない限り、そうやって別々の道を行くべきなのです。

仕事や趣味が通じて素晴らしい人と出会った場合には、どんどんアプローチしていきましょう。教えてくれる立場にある人と出会えることは幸せな事です。そうすれば類は友を呼びます。同じような性質や趣味を持った者は自然と集まり、自分にふさわしい人間関係が形成されていくのです。

知識を深める

素晴らしい想像力や明確な意見を導き出すためには豊富な知識が必要となります。知識が無ければ世界は広がらず、限定された世界で生きる事にもなってしまいます。世界が狭くなれば、自分の可能性も限定されてしまいます。高い理想を求めるには、知識を蓄える必要があるのです。

知識を深めることの素晴らしいところは、人間としての魅力が増すことです。人の外見は、どうやっても年老いていってしまいます。しかし、中身である心、そして知識はどうでしょうか? これらはいつまでも魅力として高めていく事ができ、自分の中に美しく残り続ける素敵なものなのです。だからこそ“人間は外見ではなく中身”と言われるのです。

知識を身につけるうえで気をつけたいのは、あれもこれも知識を一気に身につけようとしないことです。あれこれ興味を持ってしまい、大量の知識によって頭がパンクしてしまいます。少しずつ少しずつ、興味のあるものを勉強していくのです。足し算をマスターできていないのに、掛け算、割り算に挑戦したって、無理でしょう。それと同じです。1から順に、着実に知識を深めていきます。

また、たくさんの対象に興味を持つことは悪いことではありませんが、そのためにどれも中途半端になってしまうのは良くありません。もし、自分が好きで得意な事があったら、まずはそれを突き詰めましょう。そうでも無い場合は、好きな事をいくつかラインナップし、その中でも特に好きな事にスポットを当てて知識を蓄えていきましょう。

ただ単に知識を身につけていても仕方ありません。身につけた知識を生かす場面を見つけてこそ役に立つ事を忘れないようにしてください。料理でしたら、知人や家族に振る舞い、音楽を趣味としていたら、バンドを組みましょう。読書が好きな人は、感想文をしたためたり、自分で物語を書いてみるのもよいでしょう。知識を生かし、それを発表し、評価される。この流れを最後まで遂げる事が、知識を深めることの目的なのです。

日記を書く

毎日日記を書くというのは素晴らしい行いです。毎日の自分の記録をしっかりと正確に残すことは、自分を見つめ直す際にも役立ち、また、文章を書くということで表現力や知識も身についていきます。

何をどうやって書くかをこだわる必要はありません。その日に思った事、感じた事、行ったこと。素直に書きましょう。上手い文章を心がける必要はありません。ただ、分かりやすい文章を心がけるようにすると、文章力はアップしていくでしょう。

文量はこだわりましょう。文量に決まりをつけておかなければ怠けて「今日はちょっとでいいや」となってしまいますから。1000字ほどがオススメですが、なれないうちは400字(原稿用紙1枚分ほど)からはじめるとよいでしょう。そんなに書けないと感じてもいいんです。文量を埋めようと頭を回転させる事ができるからです。そうすれば「そういえばこんなことがあった!」という思い出しや、言葉の言い回しや表現を思いつくようになり、知識となるのです。

嘘は書いてはいけません。これは絶対です。自分に嘘をついても何のメリットもありません。それに、後々自分がその嘘を読み返したときに本当に起きた事と誤解してしまいます。そうなってしまえば、正しく過去の自分を見つめ直す事ができなくなってしまいます。

書いた日記は、書いたままで終わらせず、定期的に読み返す癖をつけましょう。1週間おき、1ヵ月おきでも構いません。読み返して、日記を書いたときの自分が今の自分までどのような行動をしてきたか、そしてどれだけ成長したかを把握しましょう。成長を感じ、喜びを感じるのです。

良い習慣をつくる

乱れた習慣ほど恐ろしいものはありません。悪い習慣が身についていると自覚している人は、直ちに改善する事です。でなければ、後に大きな後悔が確実に訪れることとなります。

悪い習慣の大きな例としては、生活習慣の乱れがあげられます。暴飲暴食が原因で太ってしまい、太ってしまった事を理由に対人関係が消極的になるということはよく見られることです。海に行こう、温泉に行こうといわれても恥ずかしいから、嘘をついて断ってしまう。こういった人生は寂しいものです。太っている事を気に留めない自分がいるのであれば別ですが、やはり健康的に考えても肥満は望ましくないですよね。

また、すぐにイライラして怒ってしまったり、愚痴を言ってしまうのも悪い習慣です。些細な事も笑って許す事ができる余裕を持たなければ、いずれストレスで心も体もずたずたになってしまいます。ストレスは大きな病の原因にもなってしまいます。他にも、夜更かしに寝坊、平気で嘘をつく、自分の気持ちに正直になれない、タバコやアルコールがやめられない…… 悪い習慣はたくさんあります。

悪い習慣に見に覚えがある人は、どうしてそうなってしまったのかを考えてください。習慣となるには、それにいたる思考と行動が必ずあります。それを絶たない限りは、絶対に習慣は改善できないのです。「なぜこうなってしまったのか?」と自分に問い、原因を突き止めましょう。

原因が分かったら、習慣を変えるべく努力しましょう。習慣はいずれ性格として定着してしまいます。性格はあなたの運命を決める大きな要因となってしまいます。より良い運命を手に入れるためには、良い習慣が必要なのです。

スポンサーリンク

関連記事

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

「自己啓発とは一体何なのか?」「どうして必要なのか?」を考える

「自己啓発とは一体何なのか?」「どうして必要なのか?」「絶対にやらなきゃいけないこと?」といった

記事を読む

ec8e5c8595ea6dd88af99e17fd17b06b_s

自己啓発に挑戦!自己啓発に成功して得られる非日常とは?

自己啓発を行うのは簡単なことですが、それを持続させることは非常に難しいことです。自分の中に硬く強い意

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑