自己啓発に挑戦!自己啓発に成功して得られる非日常とは?

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 自己啓発

自己啓発 男自己啓発を行うのは簡単なことですが、それを持続させることは非常に難しいことです。自分の中に硬く強い意志を持ち、揺るがない心で何事にも挑むという事は、やはり困難なものです。入り口は広くとも、出口が狭いのが自己啓発なのです。

では、自己啓発を長く行うためにはどうしたらよいのかというと、ずばりそれは、大きな衝撃をもたらしてくれるものに触れることです。人は心に稲妻が落ちるような衝撃を受けたとき、それは目から涙がこぼれるほど感動し、深く心と頭にそれを刻み、断固たるパワーに変換する事ができるのです。

残念ながら、日々の日常生活でそれらを感じる場面に出会う事は多くはありません。もしそのようなことが日常生活で転がっているようでしたら、人間は疲れてしまいます。大スターや戦場の兵士が非日常続きで心を病んでしまうと同じことになってしまいます。

出会うためには、自らが非日常を求める必要があります。
そして、そこから得られた衝撃を原動力として、本当の意味で自己啓発に挑戦する必要があるのです。といっても、スターになったり兵隊になろうというのは無茶な話ですからね(笑)。手ごろな所で得られる非日常を、いくつかこちらでご紹介していきましょう。

自己啓発書を読む

自己啓発書とは、自己啓発に関連した、成功の秘訣や能力向上の鍵といった内容が書き綴られた書籍の事です。悩める現代人が多い世の中を表しているかのように、書店では多くの自己啓発書が並んでいます。ベストセラー、ロングセラーを記録している書籍も少なくありません。

目的としているのは、自己啓発セミナーと同じです。それよりも手軽で気楽に自己啓発の手段を学ぶ事ができるのが、自己啓発書のよいところです。セミナーとなると、抵抗を感じて参加する勇気が出ない人もいるでしょうから、そんな人にとっては書籍の方が好まれるでしょう。

一口に自己啓発書といっても、種類は多くてどれを読んでよいのか悩んでしまいます。ビジネス関係の自己啓発から、精神論を書き綴っているものスピリチュアル関係を話題としたものもあります。まずはその中から、自分がピンと来た書籍を選び、読破するとよいでしょう。どの本を選ぶか、評判を参考にしても良いですし、運命のめぐり合わせに任せても良いでしょう。

手軽さゆえ、たくさんの自己啓発書を読んで学ぶ事ができるのは良い事ではあるのですが、本来の目的を失わないようにしましょう。自己啓発に一番必要なことは、自分自身が自己啓発するために必要な手段を見つけることです。自己啓発に関して詳しくなることではありません。「これだ!」と思える、自分の中に強い力が芽生える瞬間を感じたときは、本を閉じ、生活の中でそれを生かしていくのです。

カウンセリングを受ける

カウンセリングとは、悩みや問題を抱える相談者に、カウンセラーが専門的な知識や技術を用いて解決のサポートを行うものです。

心に問題を抱えている場合、それによって人は成長が妨げられてしまうことがあります。いくら努力しようとも、心の問題が邪魔をして前に進めないのです。この状態では、自己啓発の力も上手く発揮できません。自己啓発のためにも、まずはカウンセリングによって心の問題を解決する必要も時にはあるのです。

カウンセリングで目的とされるのは、カウンセラーにより解決策を教えてもらい、それに従うというわけではありません。自分自身に備わっている力を持って、問題を解決できるべく、カウンセラーはサポートを行うのです。一人では見つけられないその力をカウンセラーは見つけ出すのです。そして、自分自身で解決できる力を覚醒させるのです。

カウンセリングには癒しの効果もあります。人は誰かに悩みや問題を打ち明けると、心が楽になります。人間は一人で考え込んでしまうと、保守的な考えになってしまいます。その考えは毒となって心を蝕んでしまいます。誰かに打ち明ける事で、その毒を吐き出して浄化する事ができ、癒しを得る事ができるのです。

人に話す事で癒される事ができれば、それだけで十分心の問題の解決に近づく事ができます。前向きに考えられるようになれば、人は成長することができるのです。

誰かに打ち明けたい気持ちがある場合は、カウンセラーではなく、誰か身近な頼れる人に相談するのもありです。思い切って告白してみましょう。すると相談したその人ならではの人生経験による思いがけないアドバイスを受ける事ができるかもしれません。問題解決や自己啓発の鍵は、そういったところからも突然見つかるのです。

自伝を読む

自己啓発セミナーはもちろんのこと、自己啓発書も手を出す気にならないという
人もいることでしょう。そんな人にオススメなのが、自分が好きな成功者の自伝を読む事です。好きな人の話ならば、楽しく読め、心にも素直に響いてきます。それまでまったく知らなかった人の成功論や人生学を学ぶよりも、よっぽど効果があります。個人的に一番オススメする自己啓発の手段です。

どんな分野の成功者でも構いません。ミュージシャン、ハリウッドスター、更生した元犯罪者といった方でも、何でも構いません。書店で探ってみるのも良いですし、今好きな人がいるようだったら、その人が自伝を書いて無いか調べてみると良いでしょう。

個人的に私が読んだ成功者の自伝を少々ご紹介しましょう。マイケル・ジャクソンさんの自伝『ムーンウォーク』です。彼の誕生から、1980年代の活躍までを自身の字で書き綴った、彼の唯一の自伝です。いかに彼が苦悩し、どのような心構えで仕事に挑んでいたか、何が好きで、何が許せないかまで、詳細が書かれています。彼は天才である以上に努力の人であることが分かる、とても素晴らしい本です。

読めば、彼の偉大さと愛を感じると同時に、仕事に対して熱意を傾けることの大切さといった、人生学までも学ぶ事ができます。意味も無く毎日働き、食べて暮らしている自分が恥ずかしくなってしまうくらいの感想が持てます。人類史上再興のエンターテイナーな書き綴った言葉ですから、これ以上無い自己啓発の本とも言えるのでは無いでしょうか?

彼が1988年に発表した名曲「マン・イン・ザ・ミラー」に、とても素敵な言葉があるので引用します。

“まず鏡の中の男から始めているんだ
 生き方を変えろと彼に言っているんだ
 こんなにはっきりしたメッセージは今まで無かった
 もし世界を良くしたいと思うなら
 自分自身を見つめなおして
 自分を変えるんだ”

心に響く歌詞だと思いませんか? 自伝からもこの歌詞のメッセージがひしひしと伝わってきました。私にとって彼の自伝はいまや、聖書のようなものです。

そんな素敵な本を、みなさんに見つけてもらいたいです。本音を言いますと、迷ったときや困ったときに力を与えてくれる本が1冊あるだけで、自己啓発はそれで十分だと私は思います。

自問自答する

自問自答は、自己啓発の手段の中でも特に手軽で容易です。自身の心次第では、まるで魔法にかかったかのように一瞬で生まれ変わった気持ちになれることもあるくらいです。

毎日同じような繰り返しの生活を送っていると「なにやってるんだろう」「なにがしたいんだろう」と、自分の存在意義を疑問してしまうことがあるものです。そのような疑問がマイナスに働いてしまうと、自分の価値観を疑ってしまい、やる気や生きる気力そのものが低下してしまう事態に陥ってしまいます。もし、そんな気持ちになってしまったら、一度思い切り悩むのも手段の一つなのです。

なぜ、答えがマイナスに陥ってしまうかというと、答えを出せずに曖昧にしているからなのです。人生は“起承転結”の物語の繰り返しです。“起”で物事がはじまり“承”で話が進む。“転”では、大きな困難が訪れます。そして“結”では見事ハッピーエンドです。答えが出せない状態にいるということは“転”から先に進めずにいるということなのです。ですから、疑問を持ってどうしようもなくなってしまったとき、一度その疑問に真剣に立ち向かい、その先にある答えに進まなくてはいけないのです。

でも、答えを難しく考える事はありません。心の悩みの答えはどれもすぐそこにあるものなのです。「なにやってるんだろう」「なにがしたいんだろう」という答えなんて特に簡単なはずなのです。

ではなぜ、答えを出せないのかというと、答えを曖昧にしておきたい自分がいるからです。答えを出して先に進むことは、ある意味自分から逃げ道を塞ぐ事になるのです。それは結婚であったり、出世であったり、転職であったり。どれも自分を先に進める問題にもかかわらず、現状維持で疑問を抱えたままでいいという甘い心があって、答えを出させないでいるのです。

一度真剣に疑問に立ち向かいましょう。1日2日、それが無理なら1時間2時間でも構いません。とにかく本気で自問自答してください。そして答えを出して先に進むのです。いつまでも疑問に苛まれている人生は美しくありません。

自己啓発セミナーに参加する

自己啓発セミナーとは、自分探し、可能性の探求、癒し、成長の後押しといった自己啓発に必要なもの手に入れることができる講座のことです。1970年前後にアメリカで誕生し、以降世界中に広まっているセミナーです。

セミナーの内容は様々ですが、どれも自分の人生をより良いものにするためを目的として行われています。主に扱われているのは基本的な生き方や考え方ですが、当たり前に感じることでも、人によってはそれを知らず生きている人はおおいものです。そんな人にとっては、目から涙がこぼれてしまうくらい感動することなのです。

各界の有名人や成功者たちの考えを聞くことができるセミナーでは、絶対に自分では知り合えない成功哲学や秘訣を学ぶ事ができます。実績がある人の考えは重く心に響くものです。直接語られるという場面の効果は凄まじいものです。「自分にもできるはずだ!」「やってやる!」という、熱い気持ちを抱く事ができます。

しかし、こういったセミナーはどれも無償というわけではありません。価値のある情報にはお金がつきものです。決して安いものでは無い場合もあり、その割には、自分にとってはさほど有意義な情報では無いこともあるでしょう。こればかりは、受けてみない限りにはわかりません。

自己啓発セミナーのイメージは賛否両論だと思います。興味があるかたは、自己啓発の手段としてセミナーを考えてみるとも悪くはないでしょう。何事も経験です。経験そのものが自己啓発にも必要ですから、無駄にはならないはずです。しかし、人生観は人それぞれです。自分の生き方や意志をしっかり持っている人にとっては、セミナーを受ける意味はあまり無いかもしれません。

有名人に憧れる

昔は当たり前のように目上の人を尊敬していた時代がありました。それもそんなに古い時代ではありません。私が幼かった20年前でも、それはちゃんとありました。でも今はどうでしょう。その傾向は薄れすぎてボロボロになっていませんか? 尊敬できる人が少なくなったという理由もあるでしょうが、相手を尊敬しようと思う人が少なくなったという理由の方が大きいのではないかと、私には思えます。

大人になっても尊敬できる憧れの対象を持っていると、それに向かって努力することができます。子どものころ、プロ野球選手やタレントに憧れた経験はあるんじゃないでしょうか。そんな純粋な憧れの気持ちを、大人になっても持ち続けていても構わないんです。

好きな分野の有名人に目を向けてみましょう。好きなミュージシャン、好きな俳優がいるんじゃないでしょうか? 有名人に憧れるというのは子ども観たい馬鹿にされがちですが、そんなことはありません。憧れるのに大人も子どもも関係ありません。

ただし、憧れを抱くのはその人の華やかな人生ではなく、生き方や仕事に対する姿勢です。いかにしてその人が有名になったのか、どれだけがんばっているのか。そこに憧れ、学ぶのです。

身近な人に憧れたってもちろんいいんですよ。職場に自分よりキャリアが上の人は絶対いることでしょう。そうでなくても、違う部署を含めれば自分の知らない事をたくさん知っている人がいることでしょう。そんな人たちから仕事の師事をどんどん受けてください。会話が上手い人、言葉使いが綺麗な人、そういったところにも憧れて、じゃんじゃん良いところを学んでいくことができるのです。

歴史上の人物に憧れても全然構わないでしょう。私の知り合いにも、ホンダの創業者である本田宗一郎を尊敬してメカニックに転職した人、エルヴィス・プレスリーに憧れて脱サラし、ロックカフェを経営し始めた人なんてのもいます。みんな幸せに生きています。

誰かに憧れ続ければ、自分の人生を楽しいものへと変えてくれるんです。誰にも憧れず「自分はみんなとは違う」なんて考えのもと生きているようでは、幸せになんかなれはしません。人は常に何かに影響され、何かに触発されて生きていくべきなのです。

スポンサーリンク

関連記事

21f8998ea5703b443a3e451efa223e38_s

自己啓発の鍵となる方法をご紹介!基本的で簡単ですが・・・

自己啓発の方法は、とにかく自分のがんばる気持ちを高めて成長することです。そのための手段はいくつも

記事を読む

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

「自己啓発とは一体何なのか?」「どうして必要なのか?」を考える

「自己啓発とは一体何なのか?」「どうして必要なのか?」「絶対にやらなきゃいけないこと?」といった

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑