インフルエンザとは?インフルエンザと風邪って何が違うの?

公開日: : 最終更新日:2015/02/07 健康・病気 , ,

インフルエンザと風邪って何が違うの?
みなさんはインフルエンザの予防接種を受けましたか?おそらく多くの人は少なくても一度はインフルエンザにかかった経験があると思います。
今シーズンは昨年の11月27日に東京都で「インフルエンザ流行宣言」が出されましたが、例年は大体12月から翌年の3月ごろまで流行しています。

毎年インフルエンザの流行がニュースになりますが、インフルエンザを正しく理解していますか?インフルエンザについて詳しくわからないけど今さら誰にも聞けないと思っている方もいることでしょう。
今回はそのような人のためにインフルエンザについて説明したいと思います。

インフルエンザと風邪の違いは何?

風邪もインフルエンザのどこが違うのか知っていますか?インフルエンザの方が症状が重いのは何となくわかっているけれどという人が多いと思います。
この機会におおよその違いを理解してほしいと思います。

体温

風邪もインフルエンザもどちらも高熱を出すと思っていませんか?実は風邪の方は熱の方は高くても微熱程度なんだそうです。
さらに言えば熱が出ないこともあるみたいです。私も最初、かなり驚きました。
一方、インフルエンザの方は38°以上の高熱を出すことが多いのです。

症状

症状は風邪の方は主に咳や鼻水、のどの痛みなどがありますが、インフルエンザは風邪の症状に加えて発熱、筋肉痛、関節痛などの症状が出ることもあります。

合併症

風邪の場合は合併症を引き起こすことはほとんどありませんが、インフルエンザの方は肺炎や気管支炎などを引き起こすことはあります。

インフルエンザに種類があったの!?

インフルエンザにはA型インフルエンザ、B型インフルエンザ、C型インフルエンザ・新型インフルエンザの4種類があります。また、A型インフルエンザとB型インフルエンザをまとめて季節性インフルエンザと呼んだりします。

みなさんはA型・B型・C型・新型のどのタイプのインフルエンザが毎年一番流行っていると思いますか?
では早速それぞれの特徴を見ていきたいと思います。

A型インフルエンザ・新型インフルエンザ

「なぜA型インフルエンザと新型インフルエンザを一緒に説明するのだろうか?」と思っている方が多いのではないでしょうか。
これには理由があります。なぜなら非常に似ているからなんです。

簡単に言えばA型インフルエンザの進化バージョンが新型インフルエンザなのです。
A型インフルエンザは何種類かの形があるため予防接種を受けていてもインフルエンザの型の予測が間違えれば流行します。

症状は高熱やのどの痛みなどがひどくなり、さらには呼吸器系の合併症を引き起こす恐れがあります。それで新型インフルエンザはというとそのシーズンに初めて流行した型のインフルエンザである。

例えば2009年に流行した”豚インフルエンザ”とよばれたインフルエンザがそれにあたります。
豚インフルエンザはウイルスに感染した鳥から豚へ感染し、その後人間に感染しました。

また、今後新たな動物からの感染もありうるのです。
新型インフルエンザは初めて流行する型ですので残念ながら予防接種を受けていてもあまり効き目がないとされています。
A型インフルエンザと新型インフルエンザの決定的な違いはA型の方は主に冬場に流行しますが、新型の方は夏場に流行することもあります。

B型インフルエンザ

B型インフルエンザはA型や新型インフルエンザと比べると症状が軽いですし、あまり流行しません。
B型インフルエンザは人から人への感染でしか感染しませんし、予防接種を受けていると感染する確率はグッと低くなります。

また、たとえB型インフルエンザにかかったとしても非常に軽く済みます。
「どのような症状が現れるのだろうか?」と気になりますよね?
B型インフルエンザはどちらかというと腹痛や下痢などの消化器系に症状があらわれるとされています。

C型インフルエンザ

C型インフルエンザは大人はほとんど感染しません。また、C型インフルエンザに感染する人の多くは4歳以下なのです。
症状はというと鼻かぜ程度の症状なのです。
それに一度なってしまうと免疫は一生続くと言われており、2度とかかりません。

なぜ冬場にインフルエンザは流行するの?

さきほど私は「新型インフルエンザは夏に流行することもある」と言いましたが、インフルエンザはほとんど冬に集中しています。

そこでなぜ冬に流行するのかの理由に迫っていきたいと思います。
インフルエンザウイルスは温度が20℃前後もしくはそれ以下、湿度20%前後の時にもっとも生存しています。

夏場は高温多湿なため、インフルエンザウイルスの生存率は減ります。
よってインフルエンザウイルスが生存しやすい環境にあるので冬場に流行するのです。

おわりに

今回はインフルエンザと風邪の比較、それからインフルエンザの型の種類について説明してきました。
インフルエンザについてなるべくわかりやすく説明してきたつもりですがいかがでしたでしょうか?
この機会にインフルエンザの知識を少しでも習得して頂ければと思います。

次回以降は「インフルエンザの治療法、そして特に気をつけた方がいい人」、そして「インフルエンザの予防接種」などについて書いていきたいと思いますので読んでいただければと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

若さ、健康のカギを握る長寿遺伝子、サーチュイン遺伝子とは

アンチエイジングや健康との関わりが深い、長寿遺伝子の存在が明らかになりつつあります。 長寿遺伝

記事を読む

こむらがえりの原因と色々な対処法、疑う病気は?

こむら返りとは、腓腹筋と呼ばれるふくらはぎの筋肉の急激な収縮により足がつった状態になることです。

記事を読む

【菌ピタ君】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

友人やお客さんの家へ入る時、飲食店の座敷に上がる時、服や靴を試着する時など自宅以外でも靴を脱ぐ場

記事を読む

ボツリヌス菌

食中毒にに要注意!ボツリヌス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

"ボツリヌス菌"を聞いたことありますか? 食中毒の原因菌に詳しい方なら聞いたことがあると思いま

記事を読む

実は血圧は一定していない

実は血圧は一定していない。血圧はこんな理由で変動している

皆さんは一度、自分は高血圧か低血圧かを確認するために定期的に血圧を測った事はありせんか?

記事を読む

歯医者が怖い理由って何だろう!

歯医者さんと聞いてすぐに思い浮かぶのが、あの「キィーーーン」という何とも言えない耳障りな音。

記事を読む

しゃっくりの原因と色々な対処法、疑う病気は?

ふとした瞬間に出るしゃっくりですが、止められないままでいると非常に困ってしまいます。 しゃっく

記事を読む

ウェルシュ菌

食中毒に要注意!ウェルシュ菌の特徴、時期、予防などのまとめ

みなさんは"ウェルシュ菌"ってご存知でしょうか? 後ほども触れますが、ウェルシュ菌は前回取り挙

記事を読む

男のたしなみの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

「男のたしなみ」とは、株式会社みつばちロード(ショップ名=秘められた自然と伝承の力でお悩み解決!

記事を読む

やけどの正しい対処法とは?できるだけ跡を残さない丁寧なケアを

やけどは、熱いものなどに触れたりすることで起こります。 軽いやけどの場合は皮膚の表層部分が赤く

記事を読む

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

ツインバード ワイアレスドアスコープモニター ワイアレステレビドアホンの特徴や感想

今の世の中、ピンポンが鳴ったからと言って気軽にドアを開けることはで

→もっと見る

PAGE TOP ↑