肛門が夜になると痒くなる! 「肛門掻痒症」の原因は?

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 健康・病気


肛門にかゆみが生じる病気のことを肛門掻痒症といい、この症状に悩む人は少なくないと言われています。
間違った処置をすると症状が悪化する恐れもあるので、正しい対処方法を知っておくことはとても大切です。
ここでは、肛門掻痒症の原因や改善方法について紹介していきます。

肛門掻痒症の原因

肛門掻痒症は肛門とその周辺にかゆみが生じる病気のことで、原因がはっきりしない特発性肛門掻痒症と、原因が想定できる続発性肛門掻痒症の2つに大別することができます。
男女比はだいたい2対1で、男性が発症しやすい傾向にあることがわかっています。
続発性肛門掻痒症の原因としては、寄生虫や直腸脱、肛門ポリープ、肛門皮垂、痔瘻、痔核などの病気が挙げられます。

ほかにも、分泌物である便汁の付着、便秘や下痢による皮膚刺激・皮膚炎の影響で発症することもあります。
症状はかきむしることで悪化し、肛門にダメージが与えられます。
それが原因でカンジダ菌や糸状菌、雑菌などに感染されて症状が悪化するケースもあります。

また、肝硬変や糖尿病、精神的な要因によって発症する場合もあります。
最近は温水トイレの普及によって、肛門奥まで過剰に洗浄することで肛門掻痒症を発症する人も増えています。
トイレットペーパーで肛門を過剰に拭くことで、症状があらわれることもあります。
食べ物に含まれるアルコールやチョコレート、香辛料などを過剰に摂ることで、皮膚が刺激されて発症する場合もあるので、注意が必要です。

また、肛門部は清潔に保つ必要がありますが、排便後に過剰に洗浄したり、入浴時に石鹸をつかったりするのはよくないので控えるようにしましょう。特に石鹸は皮膚への刺激になることがあるので、症状が落ち着くまではつかわないことが大切です。

肛門掻痒症の症状

肛門掻痒症は体が温まることで症状が出やすくなるので、入浴後や布団に入ったあとは特にかゆく感じる傾向にあります。
そのため、夜に症状が出やすいと言われ、ひどくなると睡眠にも影響を及ぼします。
寝ている間に無意識に患部を掻いてしまうことも多く、悪化すると肛門周辺がただれてしまうこともあります。

はれや発赤も強く、出血を伴うケースもあります。
症状が長期間つづくと、皮膚が厚く硬い状態となって、色素沈着を起こして黒ずみます。

肛門掻痒症への対処方法

肛門掻痒症と思える症状があらわれたら、悪化を防ぐために掻きむしらずに、できるだけ早く大腸肛門の専門医に受診することが大切です。
肛門掻痒症意外にも肛門にかゆみを伴う病気はいくつかあり、過敏性腸症候群や直腸脱、痔核、裂肛、痔瘻、肛門ポリープなどがそれにあたります。

まずはそういった病気と区別するために、病院では検査が行われるのが一般的です。
真菌類の有無は診断や今後の治療に非常に大切な問題となるので、肛門部から分泌物を採取したのちに、調べられます。
女性の場合、腟から肛門にかけて垂れたようなただれが見られるケースでは、腟炎の疑いもあるので、セロファンテープ法で検査が実施されます。
検査をして肛門掻痒症ということがはっきりしたら、治療が開始されます。

原因となっている病気が明らかな場合は、その病気の治療がされます。
それと並行して、肛門掻痒症の治療が進められるのが一般的な方法です。
肛門のかゆみやただれに対しては、亜鉛華軟膏や抗ヒスタミン軟膏、ステロイド軟膏、抗真菌薬軟膏、抗生剤入り軟膏などの薬で対処することになります。

ステロイド薬は副作用のリスクがあると一般的には言われていますが、適切な量を医師の指導のもと用いれば、副作用のリスクは少なくなります。
ステロイド薬は抗真菌薬と混ぜて用いることで、高確率に治癒すると言われています。
薬の使用をやめるタイミングも大切となるので、必ず医師の指示のもとで行うことが大切です。
特発性肛門掻痒症の場合は、ペプシンやキニーネの肛門まわりへの局所注射が効き目があるという説もあります。

スポンサーリンク

関連記事

セレウス菌

食中毒に要注意!セレウス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

これまで7回にわたって食中毒の原因菌について見てきました。 これまでの記事を読んでくださった方

記事を読む

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症ってどのような病気なのか?私のギャンブル依存症体験談

みなさんはギャンブル依存症という病気をご存知でしょうか?聞いたことはあるけれどよくわからないとお

記事を読む

足のしびれの原因と色々な対処法、疑う病気は?

日常的に起こる足のしびれ 長時間正座をしていたり足を組んで座っていたりして、足がしびれた経験の

記事を読む

頭痛に悩んでるあなた!チーズ、チョコ、赤ワインを控えてみましょう

偏頭痛に悩まされている人はとても多いものです。 気候の変化やストレスなどが原因でズキズキと痛み

記事を読む

暗いところで本を読む

暗いところで本を読むと目が悪くなるって本当!本を読むベストの状況は?

暗い場所で本を読んでいると目が悪くなると言われた事は有りませんか? 子供の頃から良く聞く言

記事を読む

加齢臭対策を考えよう・・・特徴や注意点

ココでは、様々な加齢臭対策についてご紹介しています。 ご自分やご家族の加齢臭にお悩みの方は、是

記事を読む

セカンドオピニオンの利用法

セカンドオピニオンの利用法!成功例とそのポイントとは?

ある病院で医師から診断を受けても、それが絶対の診断とは限りません。 腑に落ちない診断だった

記事を読む

強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗ったり、こまめに履き替えたり、消臭

記事を読む

インフルエンザと風邪

インフルエンザとは?インフルエンザと風邪って何が違うの?

みなさんはインフルエンザの予防接種を受けましたか?おそらく多くの人は少なくても一度はインフルエン

記事を読む

菌の違い

「微生物」「ウイルス」「細菌」「菌類」「バクテリア」の違い

私たちが生活している環境には、微生物やウイルス、菌が数多く居ますが、こんな疑問を持った事はありま

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑