標準体重って何よ?標準体重だと長生きできるの?

公開日: : 最終更新日:2015/09/17 健康・病気


女性が自分の体型について考えるとき、体重と身長とのバランスからスタイルを判断することがあります。
しかしこのときに、標準体重、理想体重、美容体重という分類があるので、一概に数字だけで体重が重たいとは判断できないのが現状です。

標準体重の計算式

3つの体重の中で、標準体重が、一番病気になりにくく健康で過ごせる体重だとされています。
標準体重を求めるには「BMI指数」を計算し、22になる体重が標準体重となるのです。

BMI指数は、「体重(kg)÷身長(m)×身長(m)」で求められるので、標準体重を求める計算式はこれを組み替えて、「身長(m)×身長(m)×22」で算出することができます。
例えば、身長160cmの人なら56kgが標準体重となります。

この計算式が世界的に採用され、健康的な体重を求めるための指針となっているのです。

健康でいられる体重とは

標準体重は、その人の身長に対して、肥満でも痩せ型でもない体重のことです。
また、一定期間を観察したときに、病気にかかる確率や死亡率が最も低いとされる数字であり、統計が取られてしっかりと認定されている体重です。

標準体重は、高血圧や高脂血症、肝機能障害などにおいて羅漢率が低いと認定されていて、長生きできる体重と言っても過言ではありません。
しかしながら、体脂肪率は考慮されていないので、標準体重だとしても体脂肪率が高くなっていれば、肥満体型になる可能性もあります。

体内のバランスが大切

標準体重を見たとき、女性にとっては「重たい」と思える数字であることがほとんど。
そのため、標準体重の8割~9割の体重を理想体重と呼び、痩せすぎないちょうどいい体重として、美容の面ではこちらを理想とする考え方も出てきました。
さらに、スタイルよく見える体重として美容体重があります。

しかしながら、それぞれ標準体重と同じように体脂肪率や筋肉量が考慮されていません。
体重を表す数字だけでなく、体内の様々なものの数値のことを意識し、健康で美しくいられる体型を手に入れるのが、もっとも大切なことではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

早朝に運動と夜の運動

早朝に運動するのと、夜に運動するのってどっちがいいんだろ?

「最近お腹が出てきた」「体重が気になりだして・・・」そんな思いで運動を始めようと決心したのは良い

記事を読む

簡単な健康度チェック!毎朝舌を鏡でチェックしましょう

爪や肌、目など外側から見て体内の健康状態がわかりやすい場所はいくつかあります。 そのなかでも、

記事を読む

クリアネオ(CLEANEO)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

クリアネオ(CLEANEO)とは、株式会社ソーシャルテック(クリアネオ(CLEANEO)公式ショ

記事を読む

酢を飲めば身体が柔らかくなる?身体を柔らかくする方法のまとめ

結論から言いますと、「酢を飲むと身体が柔らかくなる」ということはありません。 このように言われ

記事を読む

心臓が左側にあるのにはちゃんと理由がある?

心臓の位置と聞いて、ほとんどの方は胸の左側を思い浮かべたのではないでしょうか。 イラスト系のポ

記事を読む

情緒不安定、イライラ改善には「カルシュウム」が有効!

カルシュウムが健康に良いというのは今では多くの人が知っていることです。 筋肉や神経の活動といっ

記事を読む

寝違えの改善対策

首が痛い!寝違えの改善対策を調べてみた

みなさんは朝起きたら寝違えてしまうなんてことはありませんか? そして寝違えてしまう原因って

記事を読む

【臭ピタッ!】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【臭ピタッ!】は、体臭や口臭などの様々な悪臭を自然のチカラで“ピタッ!”と止めるエチケットサプリ

記事を読む

デオプラスラボの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

デオプラスラボは、ワキや足などの気になるニオイを根本から解消する男女兼用の薬用デオドラントクリー

記事を読む

紫外線

紫外線は浴びない方が良いのか浴びた方が良いのか?どっちが本当?!

紫外線は浴びた方がいいのか?浴びない方がいいのか? まず最初にお聞きしますが紫外線を浴びた方が

記事を読む

夏の夜長に最適?ほっこり系ホラー漫画

夏といえばホラー。貞子VS伽耶子が話題になっていますが、あまりにも

女子必見!キレイも節約も叶える方法

女子はわがままなんですよね… みなさんは毎月貯金はしています

無料で遊べる!夏にぴったりホラーゲーム

夏といえばやっぱりホラーですよね。動画配信サービスなどでもホラーゲ

節約するならここ!おすすめの銀行口座【3選】

銀行の口座を作る際、どの口座を選べばよいか迷ってしまう人も多い

いまさらながら【NISA】とは?メリット・デメリットを紹介

NISA口座を利用しているという方も多いのではないでしょうか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑