食中毒に要注意!O157の特徴、時期、予防などのまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 健康・病気 , , , , ,

O157
みなさんにとって一番聞き覚えのある食中毒の原因菌が”O157″だと思います。
ですが「”O157″はどんな特徴があるの?」や「どんな症状がでるの?」と他の人から聞かれてきちんと説明できますか?

“O157″という言葉は知っていてもどんなものかわからない。だけど今さら人に聞くのは恥ずかしいという人もいることでしょう。
ぜひこの記事を最後まで読んで”O157″に詳しくなってほしいと思います。

O157

O157は腸管出血性大腸菌という言い方もします。この記事ではO157の方を使って説明していきます。
日本でO157の感染が多くなったのが1996年頃と意外と最近のことのようです。

1996年に流行、そして当時社会問題となり、下痢原性大腸菌のひとつに分類されるようになりました。
“下痢原性大腸菌”というとなんか難しいな~というのが本音だと思います。
少しだけ長くなってしまうかもしれませんが、簡単に説明します。

まず最初に言っておきたいのは人間だけでなく他の様々な種類の動物も大腸菌を持っているということです。
大腸菌の中には感染症を引き起こすものとそうではないものとがあります。
その中で人間に対して感染症を及ぼす大腸菌のことを下痢原性大腸菌と呼んでいます。

特徴

①夏から秋口にかけて食中毒のピークを迎えます。しかし、他の種類の原因菌と比較してみると比較的気温の低い時期にも起こりやすいのだそうです。

②手を拭くタオルやバスタオルなどによって二次感染することもあります。

③熱湯や消毒に弱いという特徴がある。

④O157に汚染された食品を食べてしまった場合、腸の中で「ベロ毒素」と呼ばれる毒素をつくりだします。
「ベロ毒素」とはとても恐ろしい毒素なのです。どのような働きをする毒素なのかというと「ベロ毒素」という毒素は赤血球や血小板を破壊しながら全身に回るのです。
また、腸の粘膜をも破壊してしまうこともあるのです。

⑤犬や猫などのペットの糞も感染源になります。

潜伏期間や症状などについて

潜伏期

通常は3日から4日程の人が多いようですが、長い人だと9日間ほど潜伏することもあるようです。

発症期間

発症期間は2日から9日程度がスタンダートですが、人によっては数週間に及ぶ人もいるようです。

死亡率

全体の死亡率は2%ですが、HUSを引き起こした人はおよそ10%にまで死亡率が上がります。

症状

主に激痛を伴う腹痛や下痢、発熱などの症状が多いです。
しかし、発熱の場合でもそんなに高熱になることはないようです。

そして死亡率のところをみて「HUSって何?」って思いませんでしたか?
HUSとは溶血性尿毒症症候群と呼んだりもします。

HUSの症状について見ていきます。
HUSの症状がでるのは下痢の症状がでておよそ1週間経過したころに症状があらわれます。
その症状とは「ベロ毒素」によって赤血球を壊されたことによる溶血性貧血や血小板の減少、そして急性腎不全の症状がでることもあるのです。

最悪の場合、死に至ってしまうほど恐ろしいものです。

O157の原因となる食品

主にお肉や野菜、飲み物(特にお水)が多いのですが、そのほかにも様々なものが原因となり得ります。

予防方法

①野菜は調理をする前にしっかりと洗い、お肉は中心部分までしっかりと火が通るまで加熱すること。
②なるべく冷蔵庫の中に長期間保存しないこと。
③調理する前や食事の前など頻繁に手を洗う習慣をつけること。

対処方法

全快までは病院に行くこと。
そしてそれに加えてもし何らかの理由があってすぐに病院へ行くことができない人のために”十分な休息をとり、適度に水分補給をすること”と”下痢の症状がでているからといって下痢止めの薬を服用しない”という対処のポイントを毎回、みなさんに言ってきました。

もちろん他の原因菌による食中毒になった時でもできる限り病院へ行ってほしいのですが、今まで紹介してきた原因菌の中で一番病院へ行ってほしい食中毒がO157なのです。
死亡率が今まで紹介してきたものの中で一番高く、そして症状についても一番重たいのではないかと思われます。

O157に感染しているのにもかかわらず、もし放置しておくとHUSになり、やがて最悪の場合、死に至ってしまいます。
ですから今回はとにかく”すぐに病院へ行くこと”だけを対処法としたいと思います。

最後に

ここまで”O157″について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
今まで「サルモネラ」・「黄色ブドウ球菌」・「カンピロバクター」・「腸炎ビブリオ」について取り挙げました。さきほども言いましたが、初回から今回までにわたって紹介してきた原因菌の中で一番死亡率が高いのが「O157」なのです。

食中毒のリスクを少しでも減らすためにみなさんには今からでもしっかり予防をしていただきたいと思います。
また、ペットを飼っている方はペットの糞から感染するケースもありますので特に気をつけて頂きたいと思います。
長々となってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、次回は「ボツリヌス菌」について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

「太りやすいお酒」「太りにくいお酒」

「太りやすいお酒」「太りにくいお酒」って有るの?

最近体重が気になりだして、糖分の摂りすぎかなと思いお酒を控えようと思っている方は居ませんか?

記事を読む

DNA鑑定で健康管理!各社の検査内容・料金比較!

DNA鑑定により、自分の身体の体質や将来の病気のリスクを知ることができるようになりました。 方

記事を読む

ノアンデの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

わきが対策を専門とした研究および製品開発を行うブランド、NOANDE(ノアンデ)。 そのノアン

記事を読む

人食いバクテリア症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

インパクトの強い名称を持つ人食いバクテリア症ですが、正式な名称を劇症型溶血性レンサ球菌感染症とい

記事を読む

薬の飲み合わせ、食べ合わせに注意!

薬は主に水で飲むことが多いですが、そのあとにジュースやコーヒーを飲むのは問題ないのでしょうか。

記事を読む

のどが痛い時におススメの食材

のどが痛い時におススメの食材などについて調べてみた

今の時期は風邪をひきやすい時期で"のどの痛み"に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

歯医者が怖い理由って何だろう!

歯医者さんと聞いてすぐに思い浮かぶのが、あの「キィーーーン」という何とも言えない耳障りな音。

記事を読む

インフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症ってどんな病気?予防の方法は?

インフルエンザと言えば、インフルエンザ脳症という病気をご存知ですか? 小さいお子さんのいるお母

記事を読む

目薬を指した後はまばたきしたほうが良いの?

目薬を指した後は、どうしていますか? じっと目を閉じていますか。 それとも、まばたきをしたり

記事を読む

セカンドオピニオンのヒント

セカンドオピニオンのヒント!失敗例とその原因は?

あなたは病院で診察をして治療を受ける際、他の医師の意見も聞いて自分に合った治療法か確かめたいと思

記事を読む

絶望?希望?人類の存亡を賭けた漫画がアツい!

明日世界が滅びればいいなんて考えている人はなかなかいないでしょうが

無課金で遊べる!ソーシャルゲーム

ソーシャルゲームというと、レアなキャラクターやアイテムを取得す

資生堂 ばら園デオドラントパウダースプレーの特徴や感想

汗のニオイって困りますよね。 かといって、ティーンエイジャーがい

ツインバード ノンフライオーブンの特徴や感想

オープン価格で買える、案外お買い得なお店にあるかもしれない『ノンフ

NestleSpecial.Tの特徴や感想

茶匠が淹れた味わいを、新しい『スペシャル.T』で、あなたもお茶の世

→もっと見る

PAGE TOP ↑