足が臭くなる原因や対策を考えよう

公開日: : 健康・病気


ココでは、お悩みの足の臭いについて原因や対策についてご紹介しています。
ご自分やご家族の足の臭いについてお悩みの方は、是非参考にして頂き、解消、軽減のお役に立てば幸いです。

足の臭い原因とは

雑菌・角質・汗

足の裏は雑菌が繁殖しやすい部位であり、足の角質を栄養源とすることで増加する特徴があります。

また、こうして増殖した雑菌が汗と混ざり合うことにより、嫌な臭いを放出することがあるのです。

角質を取り除くケアを定期的に行う他、雑菌が好む環境を作らないようにしたり、汗をかいた状態を放置しないようにしたりすることで、足の臭いの原因を作らないことが大切といえるでしょう。

通気性

通気性とは空気の通りやすさのことをいいます。

靴、靴下、ストッキングなどの履物の通気性が悪いと、足の臭いの原因になるのです。

どうして通気性の悪いことが臭いを放出することになるのかといいますと、高温多湿の環境が作られるからです。

これは足の臭いの原因の一つである雑菌が繁殖するのに適した環境であり、より臭いを増幅することに繋がるでしょう。

不快な足の臭いを出さないためには、通気性の良い靴、靴下、ストッキングなどを選ぶようにするのがおすすめです。

食事

足の臭いは日頃から摂っている食事の内容と関係があるといわれています。

脂分の多いものばかり摂っていたり、刺激の強いものを摂る頻度が高かったりすると、嫌な臭いが出やすいでしょう。

要するに、欧米化した食事だと体臭が強くなりやすいというわけです。

なお、食生活というのは足の臭いのみならず、全身の体臭の原因になると考えられています。

したがって、体臭が気になる人は食事内容の見直しを行うと良いでしょう。

足の臭いや体の臭いが出ないための食生活としては、普段から野菜を多く摂るようにしたり、魚類を多く摂るようにするのが良いでしょう。

和食メインの食生活を継続することにより、足の嫌な臭いなどが放出しにくくなるのではないでしょうか。

まとめ

足の臭いは雑菌、角質、汗、通気性の悪さ、欧米化した食事などにより引き起こされます。

原因と対策を知り、足の臭いが放出しないようにしましょう。

足の角質が臭いの元になる

嫌な足の臭いの原因には角質があります。

角質がなぜ足の臭いを引き起こすのか、対策はどうすれば良いのかを解説します。

角質が不快臭を放つ理由

角質は足の裏に溜まりやすいのが特徴です。

足の裏を触ってみて、硬いと感じる部分はないでしょうか。

もしあるとしたら、その部分に角質が溜め込まれていると判断することができるでしょう。

この角質自体が臭いを放出しているわけではありませんが、溜まった角質は足の臭いを発生させる雑菌のエサになります。

角質をエサに雑菌は増殖し、不快な臭いを出すようになるのです。

角質対策

雑菌のエサになり不快な足の臭いの原因になる角質。

溜め込まれている場合にはどうしたら良いのか困るでしょうが、取り除くことが可能です。

ただし、無理矢理削り取るような真似をしてはいけません。

もしこのようなことをすると、足の裏の皮膚を傷つけることになりかねません。

そのため、足の皮膚を労わりながら角質ケアをする必要があるのです。

足の裏を傷付けない角質除去法

足の裏にダメージを負わせることなく角質を取り除くには、皮膚を柔らかくしてあげると良いでしょう。

普段は硬い角質も、入浴中には柔らかくなるという性質があります。

このタイミングで角質除去を行うことにより、皮膚への負担が軽減されることでしょう。

角質除去グッズ

手軽に角質ケアをしたい人は、市販されているグッズを活用すると良いでしょう。

専用ローションに浸しておくだけで勝手に角質が剥がれ落ちるフットケア製品、マッサージを施すことにより硬化した角質を除去する商品、事前に足の裏を温め、皮膚を柔らかくした上で角質をソフトに取り除く石けんなど、いろいろなものが販売されています。

こうしたグッズを使用するほうが肌に優しく、なおかつ効率良く角質を取り除くことができるでしょう。

ケアの頻度

角質は一旦取り除いたとしても、しばらくすると再び溜め込まれる可能性があります。

したがって、定期的に足の裏をチェックし、硬くなってきたと感じたら除去するようにすれば、足の裏の臭い対策に良いでしょう。

ブーツは臭いが強烈になる理由

ブーツを履いていると足の臭いが気になるという人は多いです。

寒い時期に履く機会の多いブーツはどうして嫌な臭いを放つのでしょうか。

ブーツが足の不快臭を出す理由

強烈な足の臭いになる人も多いブーツですが、ファッション性や防寒性に優れているため、履いている人は多いでしょう。

しかしながら、ブーツは通気性に乏しいという欠点があります。

そしてこの通気性の悪さこそ、足の臭いを引き起こす原因になっているのです。

通気性が悪いとどうなるかというと、ブーツの中は高温多湿の環境になっています。

これは足の臭いの原因になる、雑菌の繁殖に適した状態です。

また、汗をかかないから臭いがしないのでは?という人がいますが、暖房がきいたところにいる場合には汗をたくさんかきます。

それから、寒いところにいたとしても、足はブーツで温められているため、発汗量が少ないということはありません。

この汗と雑菌が混ざることにより、嫌な臭いが増幅することに繋がります。

ブーツによる足の臭い対策

ブーツが原因の足の臭いを軽減するためには、靴下を履くことをおすすめします。

冬場でもブーツの中では汗をかきますが、汗は雑菌と混ざり合い、強烈な臭いの原因になります。

この汗を靴下が吸い取ってくれますので、臭いが気になる人は履くと良いでしょう。

また、1日中ブーツを履くような人は、何度か新しい靴下に履き替えるようにすることで、足の臭いはかなり軽減されるはずです。

ブーツの管理方法

履いたあとのブーツは完全に立てた状態にし、湿気や臭いの元がこもらないようにしましょう。

ブーツを立てるには市販のブーツキーパーを使いますが、安価なもので良いので購入することをおすすめします。

また、ブーツキーパーを使用しブーツをしっかりと乾かしたあとは、臭いに効くスプレー剤を使用しましょう。

手作りや市販のスプレーを用意し、仕上げにふきつける習慣をつけることにより、足の不快臭の原因になる雑菌が増殖することの防止になります。

足の臭いと食事の関係

足の臭いが気になる人は、普段摂っている食事を振り返ってみましょう。

ここで挙げる悪い例に当てはまる場合には改善すると、嫌な臭いに悩まされなくなる可能性があります。

どのような食事が足の臭いの原因になるのか、またどのような食事が足の臭い対策になるのかを解説します。

足の嫌な臭いを引き起こす食生活

食品を輸入に頼る日本では、食の欧米化が指摘されています。

生活習慣病の一因になるなど、欧米化した食事はやめたほうが良いといわれていますが、足の臭いとも密接な繋がりがあるといわれています。

欧米化した食事というのは洋食主体の食事のことをいいますが、動物性の脂肪や動物性のタンパク質を多く含む食品ばかり摂っていると、汗をよくかくようになります。

汗は雑菌と結び付くことにより不快臭を放ちますから、脂っこい食事を摂る機会の多い人は要注意といえるでしょう。

特に注意したい食品

洋食主体の食事の中でも、特に注意しなくてはいけないのは、肉類、乳製品だといわれています。

どういうことかといいますと、これらの食品には先述した動物性脂肪などが多く含まれているからです。

足の臭いが気になるという人は、まずはこのようなものを摂るのを控えてみてはいかがでしょうか。

それだけでも臭いが軽減するようなら、足の臭いの原因は食生活にあったといえるでしょう。

食生活の改善例

足の不快な臭いの原因になる食品を控えるだけでは足りない場合には、臭いに有効な食生活に徹底して切り替えましょう。

洋食主体の食事をやめ、和食主体の食事に切り替えるのです。

緑黄色野菜や魚類を中心に摂ることにより、足の臭い対策に有効といえるでしょう。

足以外の臭い対策にも

欧米化した食生活というのは、足の臭いの原因になるだけでなく、全身の体臭の原因にもなります。

そのため、たとえばワキの臭いなど別の部分の臭いが悩みだという人も、食事内容を振り返り、改善をはかってみると臭いが軽減したり、解消されたりする可能性があるでしょう。

靴下を選ぶ

効果的な足の臭い対策をしたい人は、普段履く靴下選びにも妥協してはいけません。

靴下の機能性に関することなど、足の臭いの話と絡めて取り上げたいと思います。

足の臭いの原因になる靴下

不快な臭いを出すのは、靴の中が高温多湿の環境になることが一つの原因です。

これは雑菌が繁殖する絶好の環境であり、足から出た汗と混ざり合うことで悪臭を放つのです。

この汗を吸い取ってくれるのが靴下なのですが、品質の悪いものだと大した足の臭い対策になりません。

履いている靴下の吸湿性が悪い場合、汗を上手く吸い取ることができず、足の臭いが強まります。

吸湿性に優れている素材

上記のことから、足の臭い対策になる靴下を選ぶ場合には、吸湿性に優れているものが適しています。

吸湿力の高い靴下を履くことにより汗をしっかりと吸い取り、雑菌と混ざり合うことの防止になるでしょう。

また、靴下の吸湿性というのは、使用されている素材により差が生じます。

吸湿性に優れている素材を挙げるとすると、絹(シルク)、朝、羊毛は外せません。

その中でも群を抜いて吸湿性に優れているのは絹(シルク)素材といえるでしょう。

靴下としての価格は割高になりますが、足の臭いの悩みから解放されたい人は使ってみる価値があるでしょう。

吸湿性以外の機能性

靴下を選ぶ際には吸湿性にだけ注目していればいいかというと、そうではありません。

速乾性に優れている靴下であれば、吸い取った汗がすぐに乾きます。

これにより靴の中で湿気がこもることが防げますし、悪臭を軽減することが可能でしょう。

また、この頃は抗菌や消臭力に優れている靴下が販売されています。

抗菌力の高い靴下は臭いの原因である雑菌の繁殖抑制になり、消臭力の高い靴下は臭い自体をカットすることに役立ちます。

上手な靴下の使い方

靴下は長時間履いていると、多量の汗を吸収しています。

機能性に優れている靴下を履くことも大事ですが、建物の中に入ったときなど別の靴下に履きかえるようにすると、臭いの発生防止に繋がることでしょう。

靴の素材を考える

自分の足の臭いをかいでみてクサイと感じた人は、靴選びを間違っている可能性があります。

履く靴を見直してみるだけでも臭いが軽減される可能性があることを、ここでお話したいと思います。

素材に注目

特にビジネスパーソンが履いていることの多い革靴。

帰宅すると足の嫌な臭いがツーンとしてくる人は少なくないでしょう。

この革靴ですが、合成皮革が使用されているものではないでしょうか。

もしも天然皮革ではないということでしたら、素材が原因で強い臭いを発している可能性があります。

合成皮革が良くない理由

どうして合成皮革が良くないのかといいますと、通気性と吸湿性に乏しいからです。

空気の逃げ道がなく、湿気を吸い取らない靴では、雑菌が繁殖し、汗と混ざり合います。

これが悪臭となって放たれるようになるのです。

天然皮革の靴のほうが通気性と吸湿性の面で優れていることから、足の臭いが気になる人は天然皮革素材の靴を選ぶと良いでしょう。

なお、天然皮革には何があるのかといいますと、牛革などさまざまな種類があります。

他の通気性・吸湿性に優れている素材

皮革に関しては合成より天然のほうが空気をよく通し、湿気をよく吸い取るといいました。

他に一般的に足の臭い対策になる素材はないか、知りたいという人もいるのではないでしょうか。

たとえば、メッシュ素材を挙げることができます。

メッシュ素材が採用されている靴なら、中が高温多湿の環境になりにくく、雑菌の増殖を防止できるでしょう。

靴をすぐに変えられない人は?

もしも機能性の面で足の臭いが気になっているとわかっても、すぐに靴を新調できない人もいるでしょう。

この場合は、市販のインソール(中敷)を購入すると良いでしょう。

靴に比べれば費用負担が軽いためおすすめです。

中敷は汗をよく吸い取り、速乾性に優れているものならすぐに乾きます。

さらに除菌、抗菌、消臭効果のある中敷を選ぶことにより、足の臭い対策に効果を発揮してくれることでしょう。

重曹・ミョウバンで足の臭い対策

足の臭いをどうにかしたい人は、簡単に入手することができ、手軽に使えるグッズで対策をすると良いでしょう。

重曹やミョウバンは足の臭い対策にうってつけですので、不快な臭いを撃退したい人は有効活用してください。

重曹・ミョウバンの特徴

まず重曹の特徴から解説しますが、これは炭酸水素ナトリウムのことをいいます。

足の臭いに対する効果としては、消臭、吸湿を挙げることができます。

次にミョウバンの特徴ですが、無水硫酸アルミニウムカリウムのことをいいます。

足の臭いに対する効果としては、雑菌抑制を挙げることができます。

重曹とミョウバンはこのように、臭い自体や臭いの原因にはたらきかけるパワーを持っている心強い存在なのです。

重曹の活用方法

足の臭い対策に重曹を使う場合、スプレーを作ると重宝します。

コップ1杯の水に小さじ1杯の重曹を溶かし、スプレー容器に入れましょう。

あとは足の臭いを感じたときにシュッとスプレーすると、臭いの解消に役立ちます。

また、これは重曹の消臭効果を狙った役立て方ですが、吸湿効果を狙った役立て方もあります。

使用しない靴下を用意し、これに重曹を適量投入します。

あとは入れた重曹がこぼれることがないよう、靴下の口を強く縛れば吸湿剤の完成です。

この吸湿剤を靴の中に入れておくと、足の臭いの原因になる汗を吸い取ってくれるでしょう。

また、重曹の消臭効果により不快な臭いも取り除かれます。

ミョウバンの活用方法

ミョウバンも重曹同様、スプレーを作ることで足の臭い対策に役立ちます。

小さじ1杯のミョウバンをコップ1杯の水に溶かし、臭いを感じたとき足にふきつけましょう。

また、ミョウバンはお風呂に入ったときにも活躍してくれます。

適量を浴槽に投入しミョウバン入浴する方法、ミョウバン石けんを使用し足を洗う方法があります。

ミョウバンスプレーもそうですが、ミョウバンは強い雑菌抑制作用があるため、臭いの原因を取り除く効果が期待できます。]]]]>

酢で足の臭い対策

足の臭いが悩みだという人は、臭いに効く方法をいろいろと試してみると良いでしょう。 たとえば、酢を利用した足の臭い対策がありますので、ここで取り上げることを参考にしながら取り入れてみてはいかがでしょうか。

酢のパワー

酢がどうして足の臭いに効果を発揮するのかといいますと、その秘密は酢の殺菌力にあります。 非常に強い殺菌力があり、足の臭いの原因の一つである雑菌が増殖することを抑制することが可能なのです。 雑菌は角質をエサに増加したり、汗を混ざり合うことにより不快な臭いを発します。 この雑菌自体の活動を抑えることにより、臭いを和らげることに繋がるでしょう。

足湯+酢

自宅に着いたとき、足や履物から嫌な臭いがしないでしょうか。 もしも不快臭がするということでしたら、毎日お風呂場でできる足の臭い対策を行いましょう。 足湯というと仰々しい感じがしますが、やり方は簡単です。 洗面器にお湯を張り、酢を投入しましょう。 量としてはコップ1杯くらいの酢で構いません。 この洗面器の中に足を入れた状態にし、ある程度時間が経ったら洗い流してください。 酢の殺菌力により臭いが解消されるはずです。 効果を実感したら、これを習慣化すると良いでしょう。

履物の臭いケア

足から不快な臭いがするということは、靴も同じように臭っている可能性があります。 この状態を放置しておくと、足の臭い対策がバッチリでも、再び靴を履いて出かけると同じことになります。 なぜかといいますと、足から放出された汗や、汗と混ざり合った雑菌を靴を吸収しているからです。 雑菌をそのままにしておくと増加し、臭いが増幅する原因になりかねません。 靴の対策としては、酢をしみ込ませたガーゼ、コットンを使用し、靴の中を拭いてきれいにしてあげると良いでしょう。 拭いたあとは陰干しをすると、次の日には臭いのない状態になっているはずです。

足の臭い対策に良い酢

酢と一口にいってもさまざまな種類があります。 足の臭いを解消するために使用するなら、木酢液が手軽で良いでしょう。

靴の環境整備:靴の仕様・数・除湿材など

よく足がむれる人は、臭いの原因が普段履いている靴にあるかもしれません。 心当たりがある人はここで紹介する対策を実践してみると、臭いに悩まされることがなくなるのではないでしょうか。

靴の仕様

アナタが普段履いている人は、通気性や吸湿性に優れているといえるでしょうか。 もしそうでない場合にはかいた汗が乾きにくくなります。 汗が乾かないと雑菌と混ざり合い、不快な臭いを出すことに繋がってしまいます。 そのため、通気性や吸湿性の悪い靴を履いている人は、機能性に注目して靴を購入することにより問題が解決することでしょう。

靴の数

足から出た汗は靴に吸収されます。 1日履いたあとは十分に乾燥させないと汗と雑菌が混ざり合い、不快な臭いの原因になります。 このことから、乾かす時間を十分に確保するため毎日同じ靴は履かないことが大切です。 なるべくなら複数の靴を用意し、日替わりで履くような形が理想的です。

靴の管理

1日靴を履いて帰宅したら、最低でも3時間以上陰干しをすると臭いは軽減されるでしょう。 なお、干す際には靴用ハンガーを使用すると便利です。 それから、靴を下駄箱にしまっている人は、締め切らないようにしないと空気がこもり、雑菌が繁殖しやすくなります。 そのため、履いた直後の靴をしまうときは扉を開放することで空気がよく通るようにし、臭いが増幅しないようにしましょう。 また、除湿剤や脱臭剤を靴に入れておくことにより、臭い自体を取り除くだけでなく、臭いの原因になる湿気を取り除くことも可能になります。 帰宅した時点で消臭スプレーをふきつけるというのも、臭いをそのままにしておかないためには有効といえるでしょう。

靴の中敷

靴の中敷は雑菌が繁殖しやすいのが厄介なところです。 徹底的に足の臭い対策をしたい人は、市販の中敷を購入すると良いでしょう。 臭いが気になりだしたら新しい中敷と交換することにより、不快な臭いが定着してしまうことを防げるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

颯香力

颯香力(そうこうりょく)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

颯香力(そうこうりょく)とは、株式会社ビーアンドエイチサトウより発売された薬用デオドラントソープ(医

記事を読む

su

酢を飲めば身体が柔らかくなる?身体を柔らかくする方法のまとめ

結論から言いますと、「酢を飲むと身体が柔らかくなる」ということはありません。 このように言われ

記事を読む

matraNo.15_1

竹虎 マトラ15の特徴や感想

これは、乳がん手術後に、手術室から出るときすでに巻かれているものです。 手術の執刀傷の上にガー

記事を読む

midorimushi

ミドリムシはすごいらしい!ミドリムシの効能・効果とその可能性とは!?

最近よく耳にするミドリムシ。 ミドリムシってどんな虫?なのでしょうか。 ミドリムシとは

記事を読む

bacteria

人食いバクテリア症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

インパクトの強い名称を持つ人食いバクテリア症ですが、正式な名称を劇症型溶血性レンサ球菌感染症とい

記事を読む

c069a5e427881386b00c6b6f12ff313b_s

近視の人は老眼にならないって本当!老眼鏡は要らないって事?

年齢の高まりと共に、目のピントを合わせる機能が弱まるのが「老眼」です。 だれにでも訪れる目の老

記事を読む

ローズドデオシャボン

ローズドデオシャボンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ローズドデオシャボンとは、有限会社万来(ショップ名=けんこうともだち)で取り扱われている薬用ボデ

記事を読む

milk

骨粗しょう症にお勧めは、牛乳?豆乳?

骨の中がスカスカになり、もろくなってしまうのが骨粗しょう症です。 骨がもろいのでほんの少しの転

記事を読む

インフルエンザ特に気をつけた方がいい人

インフルエンザの治療法、そして特に気をつけた方がいい人

現在、インフルエンザが流行する時期になりましたが皆さんの体調はいかがでしょうか? インフルエン

記事を読む

nioi7-22-2

加齢臭対策を考えよう・・・特徴や注意点

ココでは、様々な加齢臭対策についてご紹介しています。 ご自分やご家族の加齢臭にお悩みの方は、是

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑