フェロモンについて考える!人間にもあるのか?感じるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 健康・病気

フェロモンについて考える
フェロモンと聞くと、なぜか甘酸っぱいほのかな香り、香水のような香りをイメージしますが、フェロモンとは何なのでしょうか?

簡単に口にしているフェロモンですが、実はよくわかっていないかもしれません。
フェロモンとは何?フェロモンについて考えてみたいと思います。

フェロモンとは何ですか?

フェロモンとは、『動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことである。』(Wikipediaによる)と言われています。

フェロモンについては、オスの蛾がメスの蛾に誘われるように遠くから集まってくる現象として、ファーブル昆虫記の中でも書かれていますが、このような現象が起こっているのかどうか、実際に証明されたことから、1959年にフェロモンと名づけられました。

フェロモンという名前は”pheromone”と書きますが、これはギリシャ語と英語の合成語で、ギリシャ語の「運ぶ」という意味をあらわす”pherein”と、英語の「ホルモン」すなわち”hormone”という原語とを合わせて作られました。

人間にもフェロモンはありますか?

蛾のような現象が人間にも起こるのだろうかということで、長い間研究が続けられていましたが、人間には、フェロモンも、フェロモンを感知する器官もないと言われていました。

しかし、1987年頃、当時アメリカ合衆国・ユタ大学のデービッド・バーライナー博士によって発見されました。
バーライナー博士は、手足を骨折したスキーヤーのギブスからはがれた皮膚細胞を採取し、ヒトの皮膚に含まれている物質についての研究を続けていましたが、その研究をしている間に不思議なことが起こりました。

皮膚細胞から取り出した抽出物を瓶に入れ、瓶のふたを開けたままにして研究室に置いていたそうです。
すると、これまではどちらかというと暗い感じの研究室だったのが、笑い声が起こったりするなど、とても明るい雰囲気に変わったのです。

なかでも、特に変化の大きかったのが、日頃から事務的なことしか話をしない女性が、自らみんなをトランプに誘ったそうです。
その後、今度は抽出物を入れた瓶を、ふたを閉じたまま研究室に置きました。

すると、研究員たちの行動が不機嫌でよそよそしくなり、以前のような暗い感じの研究室に戻ってしまったそうです。
このような状況をきっかけに、ヒトフェロモンの研究が進められるようになり、その結果、鼻の先端の小さなくぼみ「鋤鼻(ジョビ)器官」がフェロモンを感知して脳の視床下部が反応することがわかりました。

フェロモンが人間の行動に影響を与えることを発見したのです。
当時の科学者たちが、退化した不要器官であると思っていた「鋤鼻(ジョビ)器官」が、フェロモンを感知したのです。
その後、デービッド・バーライナー博士は人工的にヒトフェロモンを作り出すことにも成功しました。

フェロモンの正体は何ですか?

自分と同種類の別の生物体に対して様々な情報を伝えるための物質(匂い物質)がフェロモンであり、人間もフェロモンを感じることがわかりました。

そのフェロモンは、汗腺などを通して体外に放出されますが、フェロモンの正体については様々な説があり、フェロモンの原料はホルモンであるとも言われています。
エストロゲンなどの物質が体内にいる間はホルモンと呼ばれ、それが体外に放出されるとフェロモンに変わるというのです。

体内で作られるホルモンは、自分自身の行動や生理的状態に深く影響を及ぼしますが、一方のフェロモンは体外に放出されて変化したものなので、自分自身にというよりも、他の別の生物体に対して何らかの影響を及ぼします。

フェロモンはどこから出ていますか?

ホルモンが体外に放出されて変化してできるのがフェロモンですが、では、ホルモンはどこから放出されているのでしょうか?

ホルモンは、汗腺などから皮膚の上に放出されてフェロモンに変わります。
人間の場合は、ほとんどが腋の下から出ます。
犬など四足歩行の動物は鼻の先あるいは肛門周辺からフェロモンを出しています。

フェロモンのニオイは?匂いはどこで感じますか?

フェロモンはどんな匂いがするのでしょうか?残念ながらフェロモンは、ほぼ無臭でニオイがありません。
一般的には、鼻の中の粘膜にある「嗅覚神経」で”におい”を感じとることができますが、それに対し、フェロモンの場合は「鋤鼻(ジョビ)器官」で感じとります。
ほぼ無臭でニオイのないフェロモンは、一般的な情報伝達ではなく、まったく別の器官でほぼ無臭のニオイを感じとるのです。

男性と女性のフェロモンは違いますか?

フェロモンには、男性に作用するものと女性に作用するものの2種類があると言われています。
女性に作用するフェロモンは、男性の汗に含まれている”アンドロスタディエノン”と呼ばれるものであり、男性に作用するフェロモンは、女性の尿から発見された”エストラテトラエノール”と呼ばれるものです。

動物行動学エッセイストの竹内久美子先生によると、”アンドロスタディエノン”は男性の性フェロモンの最有力候補の一つで、このニオイを女性に嗅がせてみると、脳の性的覚醒に関わる部分が興奮するというのです。

一方男性の場合も、女性の性フェロモンの最有力候補の一つである”エストラテトラエノール”のニオイを嗅がせてみると、女性同様に脳の性的覚醒に関わる部分が興奮したそうです。 

男性にも女性にもフェロモンがあって、お互いにそれぞれのニオイを感じることができます。しかし、質の良いフェロモンを出すためには、健康的な食生活をおくること、人工的な匂いをつけたりせず、また、あまり清潔にしすぎないことが大切なようです。

スポンサーリンク

関連記事

kaisuiyoku

食後すぐに水泳すると生死にかかわるって本当!海水浴でも要注意かも!?

水泳の授業が、昼食後にある場合も多い学校や、海水浴でお昼ご飯をはさんだあとにもうひと泳ぎなど、食

記事を読む

スティーブンス・ジョンソン症候群

スティーブンス・ジョンソン症候群の原因、症状、治療など

皮膚や粘膜が過敏症を起こすという病気、スティーブンス・ジョンソン症候群。 100万人に1人

記事を読む

cake

ケーキと和菓子、ボケ防止の為にはどちらが良いか?

ボケ防止に良いのはどちら 加齢とともについうっかりの物忘れが起こってしまいます。 スーパーで

記事を読む

プロアクト

柿渋石鹸の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

「柿渋石鹸」とは、株式会社プロアクトより発売された国産柿渋使用石けんです。 国産柿渋に含まれる

記事を読む

15.12.19-11

ふくらはぎは第二の心臓、ふくらはぎマッサージの効果と方法

「足は第二の心臓」とよく呼ばれます。 足を動かすことで下半身に溜まりがちな血液をポンプのように

記事を読む

anus

肛門が夜になると痒くなる! 「肛門掻痒症」の原因は?

肛門にかゆみが生じる病気のことを肛門掻痒症といい、この症状に悩む人は少なくないと言われています。

記事を読む

臭ピタッ!

【臭ピタッ!】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【臭ピタッ!】は、体臭や口臭などの様々な悪臭を自然のチカラで“ピタッ!”と止めるエチケットサプリ

記事を読む

2-5-60

綿やシルクの下着を身につける

体に身につける服の素材にはさまざまなものがあります。 肌に直接触れるものだからこだわって選びた

記事を読む

dani

マダニ感染症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

気候の穏やかな日に適した山登りやハイキングやピクニックですが、周囲には植物が群生しています。

記事を読む

ギャンブル依存症と家族

ギャンブル依存症の治療法とは?家族がしてはいけない事とは?

この記事を読んでいる人の中にはご自身やご家族でギャンブル依存症で苦しんでいる方もいらっしゃると思

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑