脈拍はどこで解る。もしものための脈拍の正しい知識

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 健康・病気

脈拍
脈拍とは、心臓が規則的に収縮して血液が押し出されるたびに動脈に伝わる周期的な運動のことをいいますが、一般成人の脈拍の正常値は、1分間に60~100回程度です。
この数字は、あくまでも具体的な目安としての数値ですので、脈拍数が100回より多かったり、60回よりも少なかったりすると不整脈の場合も考えられます。

通常、手首の橈骨動脈の部分に触れることで脈拍を測定することができます。
最初に脈拍を測定する場合は、左右両方の手首に触れて測るのがいいです。
また、緊張していたり、興奮していたりすると、精神状態がそのまま脈に影響しますので、気持ちを落ち着かせてから測るようにしてください。

脈拍数と平均値

脈拍数を測ることで、自分の健康状態を知ることができます。自分の健康状態が解るとても重要なデータとなるのが脈拍数です。
今の自分自身の心臓や血管の状態について、およそ推測することができますが、心臓に重い病気がない限りは、脈拍数は心拍数と完全に一致します。

一般的な脈拍数の平均値は、一般成人男性の場合が1分間に65~75回程度、一般成人女性の場合が1分間に70~80回程度ですので、女性の脈拍数のほうが若干多くなっています。
乳幼児の場合は、正常であっても脈拍数は100回以上を数え、成長に応じて回数が減っていきます。

たとえば、赤ちゃんの脈拍数は130~140回程度ですが、幼児になると110~120回程度、さらに子どもの場合ですと80~90回程度となります。
ちなみに、お年寄りの脈拍数は60~70回程度が標準となっています。

脈拍数の増減

脈拍数は、一般成人の場合、1分間に100回を超えると「頻脈」、60回を下回ると「徐脈」といわれ、いずれも不整脈と診断されます。
著しく興奮した時や熱が出た時などに脈拍が上がりますが、体温が1度上昇すると脈拍数は7~10増加します。

また脈拍数は、運動すると酸素摂取量が多くなり、その酸素を運搬するために上昇します。普段から運動をしていると、心肺機能が鍛えられるため、安静時と運動時の心拍数には、それほど差がなくなります。

もし脈拍数が多いなと感じられるようでしたら、運動をするのがいいでしょう。ある程度は改善できますので。
あまりに脈拍数が多いようなら、もしかすると、何らかの病気の可能性も考えられますので、病院で診察を受けることをおすすめします。

脈拍の正しい測り方

一般的な方法としては、手首の付け根部分の橈骨動脈(とうこつどうみゃく)に、人差し指・中指・薬指を静かに軽く当てて測ります。
手首ではどうしても解りにくいという方は、首の動脈(頚動脈)に人差し指・中指を当てて測りましょう。1分間の脈拍を数えます。

脈を測る際に最も気を付けたいことは、安静にしてリラックスした姿勢で測定することです。
食事や入浴、運動を行ったときは、しばらく安静にしてから測定しましょう。
急いで測定が必要な場合は、3~4回深呼吸してから測定してください。

脈拍が1分間に50回以下だったり、120回以上だったりする場合は、脈拍数だけでなく、脈のリズムに乱れがないか、脈が飛んでいないか、脈の強さは、脈の伝わり方は等を観察しながら測るようにしてください。
何か変化が感じられる場合には、お医者様に相談するようにしてください。
 

不整脈について

思い当たる原因もないのに、脈拍が極端に早かったり、遅かったり、不規則になったりする症状を「不整脈」と言います。
一般成人の場合、一分間の脈拍数が50回以下の場合や100回以上の場合は、心臓の異常をしらせる信号、不整脈と考えられています。

不整脈になると、脈が一定でないために、動悸や息切れ、胸が苦しくなったり、めまいやたちくらみ、疲労感、吐き気などが起こり、場合によっては意識を失うこともあります。
不整脈には、治療をする必要のないものから危険なものまでいろいろありますが、健康な人でも、全く不整脈がないという人はいないといってもよいほどです。

不整脈に対して過剰に反応する必要はありません。
しかし、生死にかかわるような危険を伴うこともありますので、脈拍に変化が見られたりした場合には、早めに診察を受けるようにしましょう。
診察を受けるのは循環器内科です。心電図で波形を調べたり、心エコー(超音波)で画像診断をするなどの検査を行います。
普段から自分の脈拍を測っておくと、もしものためにあわてずに済みますよ。

スポンサーリンク

関連記事

2-5-13

骨粗鬆症対策には「カルシュウム」「マグネシュウム」「ビタミンD」

人は年齢を重ねるに連れて骨密度が低くなると言われます。 とくに女性は閉経後、急速にこの傾向があ

記事を読む

ボツリヌス菌

食中毒にに要注意!ボツリヌス菌の特徴、時期、予防などのまとめ

"ボツリヌス菌"を聞いたことありますか? 食中毒の原因菌に詳しい方なら聞いたことがあると思いま

記事を読む

フェロモンについて考える

フェロモンについて考える!人間にもあるのか?感じるのか?

フェロモンと聞くと、なぜか甘酸っぱいほのかな香り、香水のような香りをイメージしますが、フェロモン

記事を読む

bacteria

人食いバクテリア症とは、最近よく耳にする。症状や注意点とは?

インパクトの強い名称を持つ人食いバクテリア症ですが、正式な名称を劇症型溶血性レンサ球菌感染症とい

記事を読む

FRESHU(フレッシュー)

FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~ニオイの発生~ ニオイ対策用

記事を読む

インフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症ってどんな病気?予防の方法は?

インフルエンザと言えば、インフルエンザ脳症という病気をご存知ですか? 小さいお子さんのいるお母

記事を読む

早朝に運動と夜の運動

早朝に運動するのと、夜に運動するのってどっちがいいんだろ?

「最近お腹が出てきた」「体重が気になりだして・・・」そんな思いで運動を始めようと決心したのは良い

記事を読む

100%ジュース

「100%ジュース」に騙されるな!「濃縮還元」と「ストレート」を確認してる?

還元濃縮とストレートの違い みなさん100%ジュースには還元濃縮とストレートの2パターンあるこ

記事を読む

食品の原材料の中の「香料」

食品の原材料の中の「香料」といったい何?安全、危険、心配なし?

食事をするとき、味がおいしいものを食べたいと思うのは当たり前。 ところが実は、「おいしい」と感

記事を読む

男のたしなみ

男のたしなみの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

「男のたしなみ」とは、株式会社みつばちロード(ショップ名=秘められた自然と伝承の力でお悩み解決!

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑