テクノロジーハラスメント、エレクトロニック・ハラスメント、ドクター・ハラスメント

ハラスメント
これまで4回に渡り、”セクシャル・ハラスメント””マタニティー・ハラスメント””パワー・ハラスメント”の代表的な3大ハラスメントを含む11種類ものハラスメントについて紹介してきました。

今回は、コンピューターなどはじめとするハイテク技術の普及に伴って発生件数が増えることが予測される”テクノロジー・ハラスメント”や”エレクトロニック・ハラスメント”。

そして高齢化社会に伴って病気などによって病院を利用する機会が増えるなかで発生件数が増えてしまうであろうと思われる”ドクター・ハラスメント”について見ていきたいと思います。

テクノロジー・ハラスメント

“テクノロジー・ハラスメント”は”テクニカル・ハラスメント”と呼ばれることもありますが、technology(科学技術)+harassment(嫌がらせ)の英語からできています。

よりわかりやすく説明するとしたら主にパソコンなどのハイテクの分野に詳しい人がその分野の知識がない人に対して故意に専門用語で説明したり、単純なことなのに難しいことかのように説明し、相手に精神的な苦痛を与えるハラスメントなのです。

“主にパソコンなどのハイテクの分野に詳しい人”と言いましたが、ハイテクの分野以外にも机や椅子、家具などの事務機器、テレビやビデオカメラなどのAV機器の分野など幅広い分野において起こりうるのです。

ですが、圧倒的にパソコンなどのハイテク分野における”テクノロジー・ハラスメント”が多いです。
どのような人が”テクノロジー・ハラスメント”の加害者になりやすいと思いますか?

普段周りの人からも注目を浴びていない人がここぞとばかりに自分の知識を見せつけたいという気持ちからハラスメントに発展してしまうのではないかと考えています。

ハイテクの分野などに詳しい方は詳しくない方に教えてあげる際などは注意してほしいと思います。

エレクトロニック・ハラスメント

“エレクトロニック・ハラスメント”とは最先端の技術を駆使して相手の居場所を特定したり、相手をマインドコントロールする目的で行われているハラスメントです。

特に別れたばかりの彼女の居場所を特定して待ち伏せをしたりするなどの最先端技術を悪用したストーカー行為が非常に多いと思いますし、残念なことに今後も増えてしまうと思います。

ドクター・ハラスメント

みなさんは”ドクター・ハラスメント”をご存知でしょうか?

“ドクター・ハラスメント”とは医者である自分の立場を利用して患者やその家族に対して暴言、そして強硬な姿勢で接することである。

また、それだけではなく患者や家族が他の医者の病院でセカンドオピニオンを受けたいと申し出た場合にカルテやレントゲンなどを開示しなければならないのですがそれを拒否することも含まれます。

“ドクター・ハラスメント”という言葉は帝京大学出身の土屋繁裕氏が使い始めたとされています。
また、土屋氏は”ドクター・ハラスメント”を7つのパターンに分類しました。
その7パターンについて説明していきたいと思います。

ドクター・ハラスメントの7つの分類

①脅し型
患者やその家族に医学的な知識がないことをいいことに強引に自分の治療方針に従わせようとするタイプです。

このパターンは自分の判断に自信のない医師に多いのだと言われています。
また、7つのパターンの中で最も多く発生するタイプだと言われています。
例としては「急いで手術しないと治るものも治らなくなるよ」という趣旨の発言が該当します。

②告知型
患者やその家族を絶望の淵に突き落とすような発言をする。
例としては、ガンが進行して治すことが難しい時に患者や家族に対して「もうどうせ治らないんだから治療するだけ無駄ですよ」という旨の発言などがあげられます。

③エゴ型(ゼニゲバ型)
患者の治療や回復よりも病院の利益を最優先する医師。
例としては1回で終わるような手術を2回に分けて行ったり、手術がそれほど必要ではないのにもかかわらず手術や高額な保険外治療をあたかも必要かの如く強く勧めてくる医師がこのパターンに該当します。

④人間失格型
人間性を疑いたくなるようなものや人として許せないような言動で患者や家族を傷つける。
大学病院などの大きい病院で多いのですが、患者をサンプルのように扱うことがあります。
また、手術したばかりの女性に対して「こんな体じゃお嫁にいけないね」というような言動が人間失格型の例として挙げられます。

⑤セクハラ型
これは産婦人科の病院で非常に多いパターンなのですが、例えば乳癌の触診の際に「大きいおっぱいだね」とかあまり容姿がいいとは言えない女性に対して「よく妊娠できたね」というような女性を傷つけるような言動による嫌がらせのパターンです。

⑥ミスマッチ型
患者の状況や心理を理解しないでちぐはぐな言葉をかけたりして医師本人が気づかないうちに傷つけてしまっているパターンです。
例えばある程度の年齢の女性に対して「もう子供は作らないでしょうから子宮はとってもいいですね」というような発言などがミスマッチ型なのです。

⑦子供へのドクハラ型
診察に来た子供や付き添っている親に対して傷つけるような言動をするパターンです。
例として2つほど挙げたいと思います。
まずひとつめは食欲がないと相談に来ている子供に対して「食べないと死んじゃうよ」という発言。
そしてふたつめは病気になった子供に対しての「この病気になったのはお父さんやお母さんのせいだからね」というような発言が子供へのドクハラ型に該当します。

ここまで”ドクター・ハラスメント”の7つの種類について例を挙げながら説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

納得していただけましたか?
実は”ドクター・ハラスメント”だけでなく、”患者ハラスメント”も存在します。
患者ハラスメントとは医者に対して強硬な態度や悪質な要求をしたりする患者のことです。

ここからはドクター・ハラスメントに関連した2006年に奈良県で起きた「大淀町立大淀病院事件」について簡単に取り挙げていきたいと思います。

「大淀町立大淀病院事件」(2006年,奈良県)

この事件はご存知でしょうか?

ニュースなどで大きく取り上げられたので印象に残っている人もいると思います。
わからない人もいると思うので説明したいと思います。
大淀病院で出産中だった当時32歳の女性が脳出血により意識を失った。

そこで大淀病院の医師はもっと施設が整った高次医療機関で診てもらうのが良いと判断したのだが、満床などの理由から19もの病院から断られた後、国立循環器センター病院に搬送された。
そしてそこの病院で脳内出血と診断されました。

そして帝王切開手術を行い、お腹の中にいた男児は産まれたもののやがて女性が死亡した事件です。
当時新聞やニュースなどでは「妊婦のたらい回し」などの言葉で表現され、社会問題となりました。

実はこの事件はこれだけで終わりではなかったのです。
女性のカルテの内容が医師専用掲示板に掲載。

その中には「脳出血を生じた母体も助かって当然だと思っている夫に妊娠させる資格なし」という人間性を疑ってしまうような文面を投稿したのです。
結局その医師は侮辱罪で略式命令を受けたのですが、非常に軽すぎると思っています。

みなさんはどう思いますか?
私はこのような事件が再び起こらないことを願っていますし、このようなことが起きないようにするための抑止力という意味で厳罰化を望みます。

最後に

今回まで数多くのハラスメントについていてきました。
実は26種類のハラスメントがあると言われています。
全てを取り挙げることはできませんでしたが、重要なものについてはできる限り見てきたつもりです。

まだすべて読んでいないという方はもしよろしければすべて読んでいただけたら幸いです。
そしてすべて読んでくださった方はありがとうございました。

少しでも皆さんのお役にたてたのならうれしく思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

アルコール・ハラスメント

様々なハラスメント~ジェンダー・ハラスメント、レイシャル・ハラスメントなど

これまで代表格としてメディアなどで取りあげられ、既に知っていることもあったであろう"セクシャル・

記事を読む

パワーハラスメント

パワー・ハラスメントの実態や対処について

パワー・ハラスメント~ 今回はセクシャル・ハラスメントとマタニティー・ハラスメントと並んで有名

記事を読む

ハラスメントの概要

セクシャル・ハラスメントとその他の会社で起こりやすいハラスメント

セクシャル・ハラスメント,会社で起こりやすい,ハラスメント~ 最近では職場でのセクハラと呼ばれ

記事を読む

著作権

著作権ってどんな権利でしょうか?著作物、著作者人格権、財産権の意味は?

著作権という言葉を説明できますか? 聞いたことはあるけれどなかなか説明できる人は多くはないと思

記事を読む

著作権の侵害

条件を満たせば自由に著作物を利用してもいいってホント?著作権の侵害とは?

著作権というのは私たちの日常生活においても決して関係のない権利ではない。しかし、なかなか詳しくは

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑