著作権ってどんな権利でしょうか?著作物、著作者人格権、財産権の意味は?

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 法律 , , , ,

著作権
著作権という言葉を説明できますか?
聞いたことはあるけれどなかなか説明できる人は多くはないと思います。
そこで今回、あまり詳しくはわからないといった方のために著作権について説明していきたいと思います。

著作権

まずは著作権から説明していきます。ひとことに著作権といっても著作者人格権と財産権の2つに大きく分けられます。
まず著作者人格権ですが、これは著作者だけが持っている権利です。
知っているとは思いますが著作者とは作曲家や作家などがこれに当たります。

著作者人格権は著作者だけの権利ですので誰かに譲渡したり相続したりすることはできません。
ではいつ著作権が失効するのか疑問に思っている方も多いと思いますが、実は著作者が死亡することによってなくなります。

しかし著作者がなくなってすぐなくなるわけではありません。実名の著作物であれば著作者の死後50年というのが原則となっています。

ではどのようにして著作権を取得するのか疑問には思いませんか?実は著作権は何らかの手続きが必要なく、著作物が作られたときに自動的に発生します。

ここまではおおまかに著作権について説明してきましたが、ここからはより詳しく説明していきたいと思います。

著作物の種類について

著作物の種類はとても幅広いです。
本や音楽、映画、美術品など私たちになじみのあるもののほとんどのものが対象となっています。
ここでは幅広い著作権の中でも代表的な6種類の著作物ついて説明していきます。

言語の著作物

まずは、主に大学教授などが研究成果をまとめるために書いている論文や作家が書いている小説のように”言語”に関する著作物です.
他にはドラマや劇などの脚本や俳句などがあります。

音楽の著作物

これは音楽に関する著作物。
いわゆる作曲家や作詞家が持っている楽曲やそれに伴う歌詞が音楽の著作物にあたります。

映画の著作物

これは映画館で放映される映画はもちろんテレビ映画やゲームソフトなどがこれにあたります。

美術の著作物

主に絵画や版画、彫刻作品など対象となるものが多い。

建築の著作物

例えばお寺や神社などの芸術的な建造物がこれにあたります。
ここで注意してほしいのが設計図は建築の著作物ではなく地図や図表などと同じく地図・図形の著作物にあたります。

編集著作物

これは新聞や雑誌といった順番などに創作性があるような著作物のことです。

著作者人格権と財産権

冒頭で著作者の権利として著作者人格権と財産権があるといいました。
そこで著作者人格権や財産権といった2つの権利についてできるだけわかりやすく説明したいと思います。

著作者人格権

著作者人格権と一言で言っても実は3つの権利があります。

公表権

公表権とは自分の著作物を公表するか否かを決める。
もし公表すると決めた場合、いつ公表するのか?そしてどのような形で公表するのか?を著作者自身が決める権利である。

氏名表示権

氏名表示権はその名の通り著作者の名前を表示するか否かを決める権利です。
もし公表するとなれば、実名を公表するのかそれともペンネームみたいな変名で公表するのかを決めることが出来る権利である。
日本では実名を用いるにしろ変名を用いるにしろ著作者の名前が公表されているケースが非常に多いです。

同一性保持権

公表権や氏名表示権と比べると名前が難しいですが、あまり難しく考えないでください。
これは自分の著作物の内容や題号などを自分の意に反して他人によって勝手に改変されない権利です。
著作物の題名のことを題目といいます。

財産権

著作者人格権とは異なり、こちらは権利の一部または全部を譲渡や相続をすることが可能なのです。
譲渡や相続が行われた場合の権利者は譲渡又は相続を受けた人になります。
では、主な5つのものを見ていきたいと思います。

複製権

これは著作物を印刷、録音、録画などの方法を用いて再製する権利を指します。
主に本などの出版物やCDやDVDを作る際に必要な権利です。

上演権・演奏権

作曲や作詞が施された楽曲や脚本などの著作物を用いて上演や演奏をする権利のことです。

上映権

著作物を上映する権利のことで、主に映画館での映画の上映がこれにあたります。

公衆送信権・伝達権

これは著作物を放送したり、自動公衆送信したり、また受信装置を用いて著作物を公に伝達する権利のことです。

口述権

これは主に詩や俳句といった言語に関する著作物を朗読などの方法によって口頭で公に発信する権利のことです。

最後に

ここまで著作権について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

著作権はとても対象となるものの幅が広く、説明することは簡単ではないかもしれませんが、今回の文章を読んでいただいて何となくでも以前より理解が深めってくれたのならとてもうれしく思います。
自分で何かをつくりだしたり、発信したりするときがあると思います。
その時は著作権が発生することは特に覚えておいていただきたいです。

スポンサーリンク

関連記事

マタハラ

テクノロジーハラスメント、エレクトロニック・ハラスメント、ドクター・ハラスメント

これまで4回に渡り、"セクシャル・ハラスメント""マタニティー・ハラスメント""パワー・ハラスメ

記事を読む

パワーハラスメント

パワー・ハラスメントの実態や対処について

パワー・ハラスメント~ 今回はセクシャル・ハラスメントとマタニティー・ハラスメントと並んで有名

記事を読む

ハラスメントの概要

セクシャル・ハラスメントとその他の会社で起こりやすいハラスメント

セクシャル・ハラスメント,会社で起こりやすい,ハラスメント~ 最近では職場でのセクハラと呼ばれ

記事を読む

アルコール・ハラスメント

様々なハラスメント~ジェンダー・ハラスメント、レイシャル・ハラスメントなど

これまで代表格としてメディアなどで取りあげられ、既に知っていることもあったであろう"セクシャル・

記事を読む

著作権の侵害

条件を満たせば自由に著作物を利用してもいいってホント?著作権の侵害とは?

著作権というのは私たちの日常生活においても決して関係のない権利ではない。しかし、なかなか詳しくは

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑