アロエベラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


ユリ科の多肉植物であるアロエベラの葉を植物性の油に浸け、仕込まれるオイルのことをアロエベラオイルといいます。
一般的に民間薬として切り傷や軽い火傷の手当をする、お腹のコンディションを整える、体のバリア機能を改善する、肌トラブルを予防、改善するために使われているアロエと呼ばれているものは、アロエベラのことを指しているのです。
ここではアロエベラオイルとはどのようなものなのかわかりやすくまとめるよう努めていますが、特徴を知りたいと思っている人の一助となれば幸いです。

アロエベラオイルの特徴や栄養成分

多種類の栄養成分が含まれている

アロエベラオイルにはビタミン類、ミネラル類、アミノ酸、カロテノイドといった具合に、数多くの栄養素が含まれており、その数はなんとおよそ200種類にもなるといわれています。
また、種類が多いだけでなく、各種栄養成分がバランスよく含まれているのも特徴の一つです。
マッサージによる日々のお肌のお手入れや、肌トラブルを未然に防いだり、解消したりといったことを目的に、多くの人に愛用されているオイルなのです。

浸透性に優れている

アロエベラオイルは肌なじみがよく、塗りこむとスッと染み渡ります。
質感はサラッとしており、伸びの悪さに煩わしい思いをさせられることもありません。
香りもほとんどなく、デリケートな肌の人やカサカサ肌、皮脂が多い肌の人と、使う人を選ばないところも魅力の一つといえるでしょう。

保湿性に優れている

浸透力が高いアロエベラオイルは、保湿力も高いのが特徴です。
うるおいのある柔らかいお肌へと導いてくれて、乾燥をはじめとする肌トラブルの対策に役立ちます。

いかがでしたか?
有用成分たっぷりで浸透力や保湿力にも優れている、お肌への使用にピッタリなオイルであることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
スキンケアやマッサージ、またクレンジングやクリームとしても使用されていますので、魅力に感じた人は自分に合っているかどうか一度試してみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すアロエベラオイル

アロエベラオイルの効果・効能

植物から抽出されたオイルは数多くありますが、購入するにあたって効果・効能を比較してどれにするか決めたいと思っている人もいるでしょう。
今回はアロエベラオイルの効果・効能を紹介しますので、商品選びの参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

肌トラブルのケア

アロエベラオイルは多くの種類の栄養成分がバランスよく含まれているのが特徴の一つで、肌トラブルの対策として有用です。
アロエベラは切り傷や火傷の治療に使用されてきたという歴史があり、いまでも鉢植えにアロエベラを常備しているご家庭もあるでしょうが、肌荒れをはじめ、湿疹、ニキビといった具合に、さまざまなお肌の問題にはたらきかけます。
また、お肌がかゆくなったときに使用すると、ラクになれるというのもアロエベラオイルの特徴です。

保湿ケア

肌によくなじむ、浸透性に優れているアロエベラオイルですが、深いところまでうるおいをもたらしてくれます。
肌を柔らかくし、しっとりとした質感にしてくれる、保湿性にも優れているオイルなのです。
カサカサ肌が悩みという人は、乾燥対策として使ってみてはいかがでしょうか。

アンチエイジング

アロエベラオイルには、肌を美しく白くしてくれるパワーがあるといわれています。
いつまでも若々しく、白く透明感のある肌でいたいという人がケアをするのにピッタリです。
また、アロエベラオイルは日焼けによるダメージから肌を保護してくれますので、年齢肌の原因になるUVの対策としてもよいでしょう。

ハリ肌

アロエベラオイルを使用すると、収れん作用がもたらされます。
これによってお肌が引き締まり、ハリのある肌へと導いていってくれるのです。

アロエベラに期待されているおもな効果・効能は以上のとおりです。
人によってお肌に関する悩みは異なると思いますが、ここで挙げたトラブルの中で自分自身に該当するものがあるということでしたら、アロエベラオイルが有用性を発揮してくれるかもしれません。

アロエベラオイルの使い方

アロエベラオイルにはいったいどのような使い方があるのでしょうか。
ここで取り上げていますので、疑問に感じている人はチェックしてみてください。

バリエーション豊富

アロエベラの葉を浸出処理することによって得られるアロエベラオイルの用途はさまざまです。
粘性が少なく比較的サラッとしているため、スキンケアオイルとして美容液のように使用するだけでなく、フェイシャル、ボディ、ハンドのマッサージオイルとしての使用も可能となっています。
ほかにも、人によってはクリームやクレンジングとして取り入れていたり、石けんやリップクリームの材料として役立てている人もいるのです。
しっとりとうるおいのある肌、ハリのある肌、透明感のある白い肌へと導いていってくれるほか、紫外線などによる肌のダメージを防止したり、手当したりするのに役立ってくれます。

商品ごとの違いに注意

いろいろな使い方ができるアロエベラオイルですが、商品として販売されているものによって異なる特徴がある点には注意が必要です。
たとえば、そのままお肌に塗布することができるものもあれば、別のオイルと混ぜ合わせる(これをブレンドするといいます)ことで使用するタイプの商品もあります。
一例として、アロエベラオイルを使った美容液だと、アロエベラ油10ml、ホホババージン油10ml、別の好きなオイル2~3滴をブレンドするといった具合です。
また、別の例としては、マッサージオイルとして使用する場合に、別のオイルに対し20%程度の割合でアロエベラオイルを混ぜ合わせることが推奨されているような商品もあります。

アロエベラオイルの使い方に関しては以上となりますが、上記のようにたくさんの活用方法があるものの、商品によって使い方が異なるという点には気をつけなくてはいけません。
実際にアロエベラオイルを購入するにあたっては、どのような使用方法に向いているのか取扱上の説明を確認し、目的に合ったものを注文してください。

アロエベラオイルの食べ方

オリーブオイルのようにアロエベラオイルは食用に向いているのでしょうか。
今回はこの点について述べていきますので、興味のある人はぜひご覧ください。

アロエベラオイルは口から摂取可能?

オリーブオイルの場合、毎日大さじ1杯を目安に摂ると健康や美容にいいなどといわれていますが、アロエベラオイルの場合、残念ながらこのような使い方はできません。
というのも、アロエベラオイルはフェイシャル、ボディ、ハンドなどに塗布することが想定されており、飲んだり料理に使ったりするような商品としてつくられていないからです。
したがって、アロエベラ「オイル」に関しては、飲んだり食べたりすることはできません。

アロエベラの摂取方法

アロエベラに含まれている約200種ともいわれている有用成分を体内に取り込みたいと思っている場合、オイルの形で摂ることはできませんが、生葉の状態で摂取することは可能です。
たとえば刻んだアロエベラをヨーグルトやアイスなどのデザートに加えたり、ジュースに混ぜたりする方法があります。
また、ミキサーやジューサーを使用して、デザートやジュースと一緒にアロエバラを摂っている人も少なくありません。
なお、アロエベラは苦くないのかと思っている人もいるでしょうが、苦みが際立っているのはアロエはアロエでもキダチアロエという種類です。
アロエベラに関してはそのまま食べられるぐらいに苦みがなく、香り自体もとくにクセがありませんので、料理の味を邪魔する心配がありません。

以上のように、アロエベラはオイルとして商品化されているものだと食用として適さないのですが、葉の状態で手に入るものであれば食用に向いています。
したがって、外側からのケアについてはアロエベラオイルを使用し、内側からのケアについてはアロエベラの生葉を使用するとよいでしょう。
なお、アロエベラの生葉を使用する際には、公開されているレシピなどを参考にし、慣れてきたら自分なりのアレンジやオリジナルレシピをつくってみるのもよいのではないでしょうか。

アロエベラオイルの注意点

アロエベラオイルを実際に日常使いする場合、なにか気をつけることはあるのでしょうか。
ここではアロエベラオイルの注意点を解説しますので、今後オイルを購入する予定がある人は目を通しておいたほうがよいでしょう。

事前のパッチテストが大切

アロエベラはアレルギーを起こす心配がまずなく、それ自体が肌のコンディションを整える作用をもたらすとされていますが、万人の肌に合うとは限りません。
人によっては肌にオイルを塗布した際に、赤くなったり炎症が引き起こされたりする可能性があります。
肌のケアのために肌トラブルを起こしてしまってはいけませんので、肌の目立たないところを使ってパッチテストをしましょう。
パッチテストの結果、肌に異常が起こった場合は使用してはいけません。
また、パッチテストで安全を確認したあと、アロエベラオイルで肌トラブルを招いてしまった場合には、薬を使用して様子をみるか、皮膚科を受診してください。
そのほか、アロエベラに対してはアレルギー反応を起こさなくても、オイルに配合されているほかの原料によって異常を起こす可能性がありますので、注意しなくてはいけません。

保存方法や保存可能期間をチェック

保存方法に誤りがあると品質が劣化してしまう原因になりますし、保存可能期間(シェルライフ)を過ぎたものを使用すると肌に逆効果になってしまう危険性があります。
また、保存のしかたが正しくないと、表示されている保存可能期間より短くなってしまうことにもなりかねません。
商品の販売ページやパッケージなどに記載されている保存方法や保存可能期間は必ず確認し、守ることが大切です。
なお、保存可能期間は未開封の状態と開封後で異なる場合がありますので、この点も商品の表示をチェックし、把握しておきましょう。

アロエベラオイルの取扱上の注意点に関しては以上です。
安全に肌に使用するため、品質を落とさないために大切なことばかりですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

●AMAZONで探すアロエベラオイル

スポンサーリンク

関連記事

ククイナッツオイル

ククイナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ククイナッツオイルとは ククイナッツオイルとはトウダイグサ科に属し、ハワイの州木に指定されてい

記事を読む

fennel

フェンネルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フェンネルは、ハーブ系のアロマオイルのひとつです。 栽培されてきた歴史がもっとも古い植物の

記事を読む

kisaijikou

マンダリンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

マンダリンは、マンダリンオレンジに代表されるように柑橘系の植物であり、おもな産地はアルゼンチンと

記事を読む

jasmine

ジャスミンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジャスミンは中国、インドやエジプトなど、ヒマラヤ地域が原産地になっているモクセイ科の常緑の潅木で

記事を読む

ウィートジャームオイル

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)とは、イネ科に属する小麦の胚芽部分を圧搾することでとり出され

記事を読む

benzoin

ベンゾインの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ベンゾインは、熱帯地方で生育されている樹木です。 おもな原産国はジャワやタイなどといったイ

記事を読む

lemon

レモンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

レモンはミカン科の柑橘類であり、果汁には酸味があります。 ジュースや清涼飲料水に加工される

記事を読む

vanilla

バニラの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

バニラは、一般的にアイスクリームやお菓子の香りづけとして利用されていることで知られています。

記事を読む

erabu

アロマオイル(精油)選び 絶対に欠かせない4つのポイント

アロマオイル(精油)を選ぶ際、基本的には合成香料や化学物質が入っていない、100%天然のものを選

記事を読む

rosemary

ローズマリーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズマリーはシソ科の常緑性低木であり、地中海沿岸地方を原産としています。 葉を香辛料とし

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑