アロマオイル(精油)選び 絶対に欠かせない4つのポイント

公開日: : アロマ, 生活


アロマオイル(精油)を選ぶ際、基本的には合成香料や化学物質が入っていない、100%天然のものを選ぶのが大きなポイントです。
仮に、混ぜ物が入っているアロマオイルを選んで使用したとしても、アロマテラピーとしての役には立たず、逆に不快な症状に襲われることもあります。
例えば、100円ショップなどでアロマオイルやアロマキャンドルが売られているのは珍しくありませんが、残念ながら、これらは人工的に製造されたもので、天然のアロマオイルとは遠くかけ離れたものです。
さらに、
●自分好みの香りであるかどうか
●生産地や成分名、抽出法などの記載があるか
●遮光瓶の容器が使われているか
●適正な価格であるか
なども良質なアロマオイルを選ぶポイントになるでしょう。
いくらリラックス効果が高いとされているアロマオイルでも、自分の苦手な香りだと、リラックスできるどころか不快な気分にさえなってしまいます。
また、アロマオイルは世界中の様々なメーカーから、様々なブランド名で販売されており、選ぶ際には頭を悩ませることでしょう。
アドバイザーが近くにいればアドバイスをもらい、そうでない場合は、品名や原産地、成分名、抽出方法など必要最低限のことが表示されているかどうかを確認しましょう。
さらに、アロマオイルは光や熱に弱いので、遮光性があり、できれば内蓋の付いているガラス製の容器が最適です。
香りを試したい場合は、直接容器から嗅ぐのではなく、オイルを空気に触れさせてから鼻先で嗅ぐようにするか、ムエットと呼ばれる試香紙に付けて確かめると良いでしょう。
アロマオイルには多くの種類があり、一体どれを選べば良いのかと迷ってしまいますが、購入する際は、信頼のできるショップで、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。
また、ハッキリとした目的がない場合は、自分が心地良いと感じる香りを選び、いくつか集まったら、自分なりにブレンドしてオリジナルのアロマを楽しむのも良いかもしれません。

ポイント1:ピュア&ナチュラ

アロマオイル(精油)を選ぶポイントはいくつかありますが、その一つである「ピュア&ナチュラル」は、絶対条件とも言えます。
100%ピュア&ナチュラルなアロマオイルは、まず、天然の植物から抽出されたものであり、その植物に適した抽出方法で製造され、添加物を加えたりという人為的な加工が何も加えられていないものを言います。
さらに、違う産地のピュア&ナチュラルオイル同士を混ぜることも人工的な加工とみなされるので、厳密にはピュア&ナチュラルとは言えませんが、そこまで神経質になる必要もないかもしれません。
容器に「100%Pure&Natural」「Pure Essential Oil」などといった表記がされていれば、ほぼ間違いないと言えるでしょう。
一方、石油系の原料から化学的に合成したものや、似たような香りのオイルを混ぜたもの、人為的にオイル成分の調整をしたもの、また、高価なオイルの成分組織データを模して製造したものは、アロマテラピーには不向きです。
アロマテラピーとしての恩恵を受けようとするのであれば、ピュア&ナチュラルのオイルを使用することが大前提となります。
ただし、アロマオイルは、100%ピュア&ナチュラルであっても、適切な季節に蒸留されなければ、香りや成分構成が変わってしまうほどデリケートなオイルでもあります。
香りを安定させるために、在庫を混合しながら商品出荷する製造業者も少なからず存在しますが、アロマオイルは直接肌につけることも多いので、信頼できるお店とメーカーから選んで購入するようにしましょう。

ポイント2:容器と記載事項

良質なアロマオイルを選ぶには、それが保存されている容器や、記載されている事項を確認することも大きなポイントとなります。
アロマオイルはポリ容器を劣化させる恐れがあるので、必ずガラス製の瓶に入っているものを選びましょう。
また、アロマオイルは非常に繊細で、日光や熱に弱いため、青色や茶色などの保存性の高い遮光瓶が使用されているかどうかもチェックしましょう。
内蓋が付いて密閉できるタイプのものや、瓶容器の口が1滴ずつ垂らせるドロッパー付きのものなどがオススメです。
また、アロマオイルは、効果の幅が広いのはもちろん、肌に直接つけたりすることも多いので、ぜひ安全で高品質なものを選びたいところです。
しかし、実際は、アロマオイルの多くは輸入物で、その品質を見極めるのは簡単ではなく、初心者ともなれば尚更です。
そこで目安となるのが、容器に貼られているラベルの記載事項です。
信頼できるメーカーの商品であれば、管理体制が整っており、必要最低限の情報は記載されているでしょう。
できるだけ、品名や学名、原産国、抽出部位や抽出方法、発売元(輸入元)、取り扱いに関する注意事項などが明記されているものを選びます。
そもそも、アロマオイルのラベルに学名や原産国を表示する義務はないものの、このような表示がされているものは、メーカー側の信頼性を表すものでもあり、安心して使用できるでしょう。
社団法人日本アロマ環境協会においては、適切なアロマテラピーを普及させるため、アロマオイルの表示認定制度を設けていますが、この認定を得るには上記のような事項を表示する必要があります。

ポイント3:好きな香りで選ぶ

良質なアロマオイル(精油)選びについては先に紹介しましたが、今度はどんなアロマオイルを選べば良いのかについてです。
アロマオイルを選ぶ際、「リラックス効果」「美容効果」といくら謳われても、それが自分にとって苦手な香りなら、心身のストレスとなって逆効果です。
そのため、まずは、自分好みの香りを見つけて選ぶことがポイントとなります。
とは言っても、アロマオイルも様々な種類があり、どの香りが良いのか迷ってしまうものです。
まずは、フレッシュな香りや甘い香り、スパイシーな香りなど、自分が好きな香りのイメージから選ぶのも良いでしょう。
バラ(ローズ)やラベンダー、カモミール、ミントなどの花やハーブ系の香り、レモン、ライム、アップルなどフルーツ系、ヒノキやマツ、クスノ木などの樹木系など、一度は嗅いだことがある香りが必ずあると思うので、想像しやすいかもしれません。
店頭などであれば、実際に香りを試しに嗅ぐこともできるので、確認してみると良いでしょう。
その際は、瓶の蓋を開け、鼻から少し離れたところで軽く左右に振り、香りを鼻の方に持ってくるような感じで嗅ぐと、アロマオイル本来の香りがします。
あまり鼻に近づけて嗅いでしまうと、濃厚過ぎてアロマオイル本来の香りが分からず、確かめるには適切な方法ではありません。
また、一度に色んな香りを嗅ぐと、感覚が鈍くなって混乱してしまうので、一度に嗅ぐのは3種類程度が好ましいかもしれません。
自分のお気に入りの香りや系統が見つかったら、徐々に違う香りを試していくのも楽しいでしょう。
同系の香りや、近い系統の香りをブレンドしたり、アロマオイルの効果や効能も考慮しながら自分なりにブレンドして、オリジナルの新しい香りを見つけることができるかもしれません。

ポイント4:効果や作用で選ぶ

アロマオイル(精油)の種類は実に多くあり、一体どれを選んで良いのか悩まれる方も少なくないでしょう。
そのような場合は、アロマの効果や作用で選ぶのも一つの方法です。
天然の植物が持つフレッシュで穏やかな香りは心身的な面への効果も大きく、現代の日本のストレス社会では必然と注目に値し、近年ではアロマテラピーという自然療法も関心を集めています。
アロマオイルの持つ効果は1つだけというわけではなく、複数の効果を併せ持っているのが特徴です。
例えば、多くの方がご存知のラベンダーは、鎮静作用があることからリラックス効果が高いとして親しまれていますが、実は、殺菌作用や抗炎症作用にも優れており、皮膚炎や虫刺され、感染症、スキンケアやヘアケアなど幅広く有効なオイルでもあるのです。
アロマオイルの香りを楽しむのはもちろん、心身に与えてくれる効果や作用を考慮して選ぶと、より生活が豊かになるでしょう。
緊張を解いてリラックスさせてくれるアロマオイルには、ラベンダーやカモミール、ベルガモットなどが、イライラやストレスなどで高ぶった気分を落ち着かせてくれるのがジャスミンやマジョラム、ゼラニウムなどが、落ち込んだ気分を回復してくれるのには、バジルやイランイラン、スイートオレンジなどがオススメです。
もちろん、これらの他にもたくさんあるので、色々試してみるのも良いでしょう。
ただし、日本では、アロマオイルの効果は薬事法で認められているわけではなく、アロマテラピーで一般的に言われているものです。
そのため、雑貨屋さんなどでも販売されているアロマオイルは医薬品ではないので、治療や改善効果を謳うことはできませんが、あくまでも香りが持つ心理的な効果として紹介しているので、逆に言うと、アロマオイルによって手軽に心と体を癒すことができるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

japanese_cypress

ヒノキの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

アロマオイルに使用されている樹木のひとつとして、ヒノキが挙げられます。 日本人になじみが深

記事を読む

jasmine

ジャスミンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジャスミンは中国、インドやエジプトなど、ヒマラヤ地域が原産地になっているモクセイ科の常緑の潅木で

記事を読む

orange_suite

オレンジスイートの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

オレンジスイートは、中国やインドを原産とする常緑の高木であるオレンジから抽出されるアロマオイルで

記事を読む

パッションフラワーオイル

パッションフラワーオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

パッションフラワーオイルとは、パッションフラワー(和名:トケイソウ)の花を有機栽培されたサンフラ

記事を読む

tea_tree_tea_tree

ティートリー・ティーツリーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ティートリー、ティーツリーは、オーストラリアのニューサウスウェールズを原産としている高木です。

記事を読む

rose_absolute

ローズ アブソリュートの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズのアロマオイルは「香りの女王」と呼ばれ、深く甘くバラが本来持っている香りを楽しむことができ

記事を読む

98d97f00890556b4c88c1aba30a649f3_s

火山灰を調べた。生活への影響やその対処法は・・・

富士山も活火山だった! 近年まれに見る火砕流の犠牲者を出した木曽の御嶽山の噴火や2000年以降

記事を読む

cloud

雲の種類や特徴をまとめました

空は無限のキャンパスと呼ばれています。 日中の青々とした下地に浮かぶ太陽に加え、さまざまな変化

記事を読む

インテリア1

インテリアコーディネイトで住みやすい家にする

家というところは人が毎日住むところですから、人間の暮らしにとってとても重要な意味を持っていること

記事を読む

人参

キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラ

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑