バジルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 アロマ, 生活


バジルといえば、その葉はトマトとの相性が抜群であり、イタリア料理には欠かすことのできない人気のハーブである「バジリコ」です。

その名前は「王」を意味するギリシア語の「バシリコ」に由来していて、「ハーブ」の王とも呼ばれています。

また、アロマオイルではありませんが、バジルの種子を水に入れて寒天状にしたものは目の汚れを除去する目的で用いられるため、日本では「メボウキ」(目箒)と呼ばれています。

スパイシーでほんのり甘い香りがするバジル、特にスイートバジルは、アロマテラピーの分野でも効果があります。

優れた鎮静作用や抗ストレス作用で神経の高ぶりを鎮めて緊張をほぐすため不眠症や頭痛、特に偏頭痛によく効くほか、アレルギーの諸症状も和らげられます。

一方で精神を高揚させ、頭脳を明晰にする効果もあるため、集中力を高めたい仕事や勉強をする前や抑うつ状態のときに使用すると効果的です。

さらには抗炎症、抗痙攣といった作用があるため、筋肉痛や胃腸不良にも効果を期待することができます。

女性ホルモンに似たはたらきがあり、月経困難症や月経前症候群(PMS)にも良いのですが、妊娠中に使用することは厳禁です。

イタリア料理が女性から人気になっている理由は、こうしたはたらきを持っているバジルのおかげであるのかもしれません。

アロマポットを利用するか、ティッシュペーパーにアロマオイルを少しをつけて香りを吸い込むということでも良いでしょう。

●AMAZONで探すバジルエッセンシャルオイル

スポンサーリンク

関連記事

コーヒー4

コーヒーで貧困層を救うイタリアの伝統

イタリアでは生活費に困ってしまっている人のために、コーヒーを無料で飲むことができるカフェがあり、

記事を読む

geranium

ゼラニウムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ゼラニウムは南アフリカ、特にエジプトを原産としている低木であり葉、茎の部分から水蒸気蒸留法によっ

記事を読む

tsubaki

カメリアオイル(椿油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カメリアオイル(椿油)とは、日本が産地であり、ツバキ科に分類されている椿を低温で圧搾することで抽

記事を読む

アロエベラ

アロエベラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ユリ科の多肉植物であるアロエベラの葉を植物性の油に浸け、仕込まれるオイルのことをアロエベラオイル

記事を読む

月見草

イブニングプリムローズオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

イブニングプリムローズオイル(月見草油)とは、アカバナ科のマツヨイグサ属に分類されている多年草の

記事を読む

japanese_cypress

ヒノキの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

アロマオイルに使用されている樹木のひとつとして、ヒノキが挙げられます。 日本人になじみが深

記事を読む

diffuser

ラベンダーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ラベンダーの香りは、昔から広く親しまれてきました。 芳香剤やクッションのようなリラックス商

記事を読む

melissa_(lemon_balm)

メリッサの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

メリッサの語源はギリシャ語で「みつばち」、ラテン語で「はちみつ」ともいわれています。 いず

記事を読む

8aff9e7e71208cc7d5e5d075b9addc6b_s

再生可能エネルギーとは、世界の再生可能エネルギーについて調べてみた

再生可能エネルギーの種類 ソーラー発電や風力発電など、自然界にある再生可能な燃力として利用でき

記事を読む

トイレ

ウォシュレットあれこれ・・・・色々な機能やメーカーのお話し

人間は生きるために食べることが大切であると同時に、排泄も重要な生命活動となります。体内の不要

記事を読む

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

no image
日本三大妙見>能勢妙見山、相馬妙見堂、八代妙見

妙見菩薩(みょうけんぼさつ)は、日本で信仰されている神格のひとつで

→もっと見る

PAGE TOP ↑