カメリアオイル(椿油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


カメリアオイル(椿油)とは、日本が産地であり、ツバキ科に分類されている椿を低温で圧搾することで抽出された植物油のことをいいます。
ツバキオイルとも呼ばれており「世界三大オイル」の一種類に含まれているほか「オイルの神様」とも称されてもいます。
ここではこのカメリアオイル(椿油)にどういった特徴があるのか、基本的な情報を紹介しますので、キャリアオイルに興味をもっている人が知識を深めるための一助となれば幸いです。

カメリアオイル(椿油)の栄養成分や特徴とは

おもな栄養成分

カメリアオイル(椿油)は、世界三大オイルの一つであるオリーブオイルより多くのオレイン酸が含まれています。
また、同じく脂肪酸に分類されているリノール酸の割合はオレイン酸と比べるとはるかに低くなっているのが特徴です。
これらのことから、カメリアオイル(椿油)保湿力や抗酸化力にたいへん優れています。
そのほか、脂肪酸のパルチミン酸、ステアリン酸といった有用成分も含まれており、健康や美容の維持に貢献してくれます。
紫外線にも強いため、カサカサ肌や年齢の高まりによる肌トラブルのほか、UVケアのためにも活躍してくれること請け合いです。

用途が豊富

カメリアオイル(椿油)は外用のものだけでなく食用のものも販売されています。
顔、ボディ、手足、髪や頭皮といった具合に全身のケアに使用可能なほか、食用のものを口から摂取することで、有用成分を補給することが可能です。

快適な使用感

カメリアオイルは独特の香りがするものもありますが、くせのある嫌なニオイがせず、ほとんど無臭のものもあるため、ほかのオイルに組み合わせやすくなっています。
また、少しトロッとしていますが、滑らかな質感をしており、肌なじみ(浸透力)もよいです。

おもに上記のような特徴がカメリアオイル(椿油)にはあります。
オリーブオイル、ホホバオイルとならんで世界三大オイルとして名を連ねているオイルの実力を、アナタも体感してみてはいかがでしょうか。

●AMAZONで探すカメリアオイル

カメリアオイル(椿油)の効果・効能

カメリアオイル(椿油)を使用することによって、果たしてどのような効果や効能が得られるのでしょうか。
おもなものを挙げていきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

抜群の保湿力

オリーブオイルより豊富な量のオレイン酸が含まれているため、保湿ケアにピッタリです。
皮膚に有用成分を閉じ込め、肌に必要な皮脂の消失を防ぎ、バリア機能をカバーしてくれます。
肌のカサカサが気になるという人の強い味方になってくれることでしょう。

皮膚軟化作用

カメリアオイルを使用することにより、やわらかな質感の肌へと導かれます。
不要になった角質除去、肌サイクルの正常化にも貢献してくれることでしょう。
年齢の高まりや生活習慣の乱れにより周期が崩れてしまう、ターンオーバーの改善にピッタリです。

UVケアでも活躍

カメリアオイル(椿油)は皮膚を紫外線から守る役割も果たしてくれます。
このことから、日焼け止めとして肌に塗っている人も少なくありません。
紫外線による肌への影響が少なくなることにより、乾燥、しわ、しみなど、さまざまな肌トラブル防止につながります。

殺菌作用

カメリアオイル(椿油)に含まれている有用成分の中には、殺菌作用をもたらしてくれるものもあります。
そのため、ニキビケアとして役立てることも可能です。

汚れの除去

カメリアオイル(椿油)を使用することにより、余分な汚れがしっかりと落とせます。
メイク落とし(クレンジング剤)として役立てている人もいますし、洗髪前の頭皮マッサージで、汚れを浮かして落とす方法を実践している人も少なくありません。

体内の健康&美容対策

カメリアオイル(椿油)の主要成分であるオレイン酸ひとつとってみても、コレステロール値の低下、動脈硬化や心臓の病気の防止、便秘改善といった効果効能が期待されています。
体内からもケアすることができるのは、食用にも向かないオイルがある中で嬉しいポイントといえるでしょう。

以上のような効果・効能がカメリアオイル(椿油)には期待することができます。
自分が対策をしたい問題が一つでもあった人はまずは1本お試しをしてみてはいかがでしょうか。

カメリアオイル(椿油)の使い方

カメリアオイル(椿油)を体の外側のケアに役立てるとして、どのような使い方が可能なのでしょうか。
これには複数ありますので、ここで紹介していくことにします。

全身のマッサージに

カメリアオイル(椿油)を使ったオイルマッサージがおこなえます。
フェイシャル、ボディ、ハンド、フットといった具合に全身に使用可能です。
入浴時や入浴後に肌にオイルをなじませてマッサージをすると、カサカサが気にならなくなり、肌にハリや弾力がもたらされます。
また、カメリアオイル(椿油)を使ってフェイシャルマッサージをおこなうことで、顔のリフトアップ効果が出るともいわれています。

クレンジングに

カメリアオイル(椿油)を使用すると、しつこいメイクをオフできるだけでなく、汚れもしっかりと浮かせて落としてくれます。
また、保湿力に優れているため、クレンジング後にはしっとりうるおいが感じられるでしょう。
なお、クレンジング後、化粧水などを使用したあとにカメリアオイル(椿油)を塗布することにより、保湿効果がもたらされます。

日焼け止めに

カメリアオイル(椿油)には紫外線の一種であるUVBを取り込む性質があります。
そのため、オイルを塗布することにより、日焼け止めとして活躍してくれるでしょう。

ヘア&頭皮ケアに

洗髪前後の髪や地肌のケアにカメリアオイル(椿油)を役立てることが可能です。
シャンプー前の頭皮マッサージでは汚れが浮いて落としやすくなりますし、血のめぐりもよくなって有用成分が取り込まれやすくなります。
また、ヘアパックをして髪になじませることでダメージがケアされて、しっとりとしたツヤのある髪へと導いていってくれます。
それから、入浴後タオルドライした髪に適量を塗り、ドライヤーで乾かすことで、髪のダメージを軽減するだけでなくまとまりがよくなってくれます。
なお、カメリアオイル(椿油)をヘアケアや頭皮ケアに使用することで、切れ毛、抜け毛、白髪、フケといったトラブルの防止にも役立つとされています。

いかがでしたか?
カメリアオイル(椿油)は上記のように、バリエーション豊富な使用方法がありますので、1本常備しておくと重宝すること間違いなしです。

カメリアオイル(椿油)の食べ方

カメリアオイル(椿油)の情報収集をしている人の中には、オリーブオイルのような食べ方が可能なのか疑問に感じている人もいるでしょう。
今回はカメリアオイル(椿油)の食べ方について述べていきますので、興味がある人はぜひご覧ください。

食用のカメリアオイル(椿油)はある?

結論からいいますと、食用として販売されているカメリアオイル(椿油)はあります。
独特の香りがほのかにするものや、ほとんど無臭のものがありますので、好みで選ぶとよいでしょう。
また、純度の違いやべたつき感の度合いの違い、価格の違いなどもありますので、このあたりのことにも注目して満足のいく1本を探してください。

おもな使用方法1「そのまま飲む」

カメリアオイル(椿油)の味や香りが気にならないのであれば、オリーブオイルのように生の状態でお召し上がりいただけます。
大さじ1~2杯を飲むことを習慣化すれば、コレステロール値の低下、動脈硬化や心臓疾患の予防、便秘の改善に役立てられます。

おもな使用方法2「食品にかける」

サラダのドレッシングとしてなど、カメリアオイル(椿油)を生のまま料理にかける使い方もあります。
おいしさをプラスするだけでなく、サラダであればサラダだけ食べる場合よりも、オレイン酸をはじめとする多くの有用成分を体の中で取り込むことが可能です。

おもな使用方法3「調理で使う」

健康や美容に有用なオイルには熱に弱い性質のものもありますが、カメリアオイル(椿油)は非常に熱に強い性質をもっているのが特徴です。
そのため、炒め料理や揚げ物料理、焼き料理といった具合に、加熱調理でも活躍してくれます。
いつもの料理のうま味を増すことができますし、栄養もたっぷり摂れて一石二鳥です。

以上のように、カメリアオイル(椿油)はそのまま飲んでもいいですし、調味料や調理用油としても活用できる優秀なオイルです。
味を楽しむだけでなく、健康や美容に嬉しい成分が取り込めて、体の内側のケアに役立てられる点が魅力といえるでしょう。

カメリアオイル(椿油)の注意点

カメリアオイル(椿油)を日常生活の中で取り入れるにあたり、どういうことに気をつければよいのでしょうか。
ここではカメリアオイル(椿油)の使用上の注意点を説明しますので、これから購入したり使いはじめたりしようと思っている人はチェックしてみてください。

肌に使用するに際して気をつけること

カメリアオイル(椿油)は肌や髪の健康や美容に有用な成分が豊富に含まれていますが、すべての人に効果的なわけではありません。
中には肌に合わず皮膚科のお世話になるような人もいるかもしれませんので、パッチテストを事前におこないましょう。
これで問題がなければ使い続けても構いませんし、問題があった場合は使用を控えるのが無難です。
また、パッチテストだけでなく使用していて肌のトラブルが起こった場合には、オイルの使用をただちに中止し、症状が回復しないようであれば病院へいくことをおすすめします。

口から摂取するに際して気をつけること

たとえばカメリアオイル(椿油)にはオレイン酸が豊富に含まれていますが、この脂肪酸にはお通じをよくする効果が期待されています。
そのため、摂取することでお腹がゆるくなるのは困るという人には合わないかもしれません。
また、いくら健康や美容に有用とはいっても、摂りすぎるとカロリー過多の一因となって太ってしまいますので、ほどほどにしておくに越したことはありません。

保管するに際して気をつけること

カメリアオイル(椿油)は酸化しにくい性質がありますが、使用期限があり、まったく品質の低下が起こらないわけではありません。
したがって、保管する際には品質の低下が起こらないよう、直射日光や高温多湿の場所を避け、冷暗所に置いておくのがベターです。
それから、極端に気温が低い環境だとオイルが白くにごりますので、常温で保管することが大切です。
また空気に触れると酸化しやすくなりますので、オイルを取り出すとき以外はフタをしっかり閉めてください。

キャリアオイル(椿油)を使用する際には、以上のような点に注意し、正しく安全に取り扱いましょう。

●AMAZONで探すカメリアオイル

スポンサーリンク

関連記事

ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ボリジオイルまたはボラジオイルとは、ムラサキ科ルリジサ属のボリジ(和名:ルリジサ)の種子から抽出

記事を読む

カルダモンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カルダモンとは、インドを原産とする多年草の低木です。 ショウガ科に属していて、現在はおもに

記事を読む

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもったいないのです。 しかし

記事を読む

旬の食べ物は身体に良いらしい?

旬の食べ物と聞いて思い浮かべるものはさまざまですが、いずれも体に良いとされています。 野菜で例

記事を読む

メリッサの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

メリッサの語源はギリシャ語で「みつばち」、ラテン語で「はちみつ」ともいわれています。 いず

記事を読む

タイムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

タイムは南欧地中海沿岸を原産としているハーブの一種であり、芳香を持つ多年草です。 古代エジ

記事を読む

受験生が積極的に摂るべき栄養素。ビタミンB1,B2 etc.

受験生が勉強するうえで欠かせないのが食事です。 空腹では勉強に身が入りませんし、食事によって健

記事を読む

カモミール・ローマンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カモミール・ローマンは、南ヨーロッパから西ヨーロッパにかけて分布する多年草の名前です。 現

記事を読む

ローズウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズウッドのアロマオイルは、人々に古くから愛されてきた香りです。 ローズに似た香りがする

記事を読む

パルマローザの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

パルマローザは、インドを原産とするイネ科の植物から作られているアロマオイルです。 レモンや

記事を読む

ミヨシ石鹸の特徴や感想

ここに、純粋せっけんにこだわる会社があります。 『ミヨシ石鹸』で

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

→もっと見る

PAGE TOP ↑