オリーブスクワランオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


オリーブオイルとは、モクセイ科に分類されているオリーブの果肉から抽出されたオイルのことをいいます。
オリーブオイルにはスクワランという有用成分が含まれていますが、このスクワランだけを抽出し、状態を安定化させたものがオリーブスクワランオイルなのです。
ここでは、オリーブスクワランオイルの特徴を紹介しますので、どのようなものか知りたいと思っている人が理解を深めるための一助となれば幸いです。

オリーブスクワランオイルの特徴や栄養成分

オリーブオイルにほんの少ししか含まれていない美肌成分がたっぷり

冒頭で述べたように、オリーブスクワランオイルには有用成分のスクワランが含まれています。
このスクワランはオリーブオイルの中にごく微量しか存在しないのが特徴で、人間の肌のうるおいを維持する役割を果たしているものです。
なお、スクワランは人間の皮膚内にもある程度含まれていて、うるおいを維持してくれているのですが、年齢の高まり、ストレスの蓄積などにより減っていってしまいます。
スクワラン不足になると、乾燥や紫外線の影響を強く受けるようになりますので、外部から補給してあげることが大切です。
そしてこの外部からの補給に役立つのがオリーブスクワランオイルなのです。

使用感が非常によいのもオリーブスクワランオイルの魅力

オリーブオイルを肌に使用すると肌なじみがよく、浸透力に優れているため深度まで染み渡ります。
また、香りにくせがなく、サラッと軽い質感のため、気になって使い心地が悪いと感じる心配もありません。
さらに酸化安定性にも優れていることから、熱や空気などによる品質の低下が起こりにくいのも長所といえるでしょう。
単一成分であり高純度、オリーブオイルに含まれている植物性スクワランとは異なり、サメの肝油に含まれている刺激成分のプリスタンが入っていないため肌にやさしく、子どもから高齢の人まで、乾燥肌や老化肌、敏感肌の人までお使いいただけます。

オリーブオイルの基本情報を解説してきましたが、どういう油なのかだいたいのことは把握できたのではないでしょうか。
なお、スクワランは20代で減少がはじまりますので、若い頃から積極的に補給しておくに越したことはありません。

オリーブスクワランオイルの効果・効能

植物性スクワランを多量に含むオリーブスクワランオイルですが、使用することによりいったいどのような効果・効能を期待することができるのでしょうか。
ほかのオイルと比べてオリーブスクワランオイルを購入するかどうか決めたい、または併用するオイルを探しているという人、単純に興味があるだけという人も参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

乾燥を防ぐ

わたしたち人間の皮膚の内部にもスクワランはある程度存在していますが、おもに皮膚のうるおいを維持する役割を果たしてくれています。
ただ、体内のスクワランは20代で減少がスタートし、以降は減少の一途を辿っていってしまうのです。
スクワランが足りなくなると肌がカサカサしやすくなってしまいますが、外部から補ってあげることで効果的な乾燥対策がおこなえます。

紫外線の影響から肌を守る

皮膚の中に存在しているスクワランは、乾燥だけでなく紫外線の影響から肌を保護する仕事もしてくれています。
前述したように加齢によってスクワランは減っていってしまいますが、ほかにもストレスなどの影響を受けることで減少するのです。
スクワラン不足により紫外線の影響を強く受けるようになると、乾燥、しわ、たるみ、しみ、そばかすといったさまざまな肌トラブルの原因になります。
オリーブスクワランオイルでスクワランを補給することで、紫外線から肌を守ってあげることが大切です。

老化の進行を遅くする

皮膚中にあるスクワランの減少は、既に述べたように多くの肌トラブルの原因になります。
肌トラブルの中には見た目の印象が老けたようにみえるものもあり、スクワラン不足による肌トラブルはイコール老化の進行を助長するといっても過言ではありません。
日頃からしっかりスクワランを補い、アンチエイジングに取り組むことが大切といえるでしょう。

いかがでしたか?
スクワランひとつ足りなくなるだけで、多くの肌の問題を抱えかねないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
危機感をおぼえた人はオリーブスクワランオイルを取り入れて、対策をはじめましょう。

●AMAZONで探すオリーブスクワランオイル

オリーブスクワランオイルの使い方

美肌成分のスクワランを取り込めるオリーブスクワランオイル。
どういう使い方のバリエーションがあるのかと、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
これに関しては複数挙げられますので、ここでご紹介させていただきます。

フェイシャルケアに使用

オリーブスクワランオイルは、顔をはじめ全身のケアに使える点が魅力的です。
たとえば顔の保湿ケア。
普段使いの化粧水に適量のオリーブスクワランオイルをプラスしたり、化粧水を肌に塗布したあとにオリーブスクワランオイルを適量伸ばす使い方があります。

ボディケアに使用

乾燥で皮膚がカサカサしてしまうのは顔だけではありません。
オリーブスクワランオイルは、手や足をはじめ、全身に塗布することが可能です。
乾燥が気になるところにオイルを伸ばすと、しっとりとした感じが得られます。
また、カサカサしている肌以外に、カミソリ負けをした肌、あかぎれやしもやけを引き起こしている荒れた肌にもお使いいただけます。

ヘアケアに使用

洗髪後、タオルドライをした湿った髪に、適量のオリーブスクワランオイルを塗布します。
そのあとドライヤーで髪を乾かすと、しっとりサラサラの髪になります。
なお、オリーブスクワランオイルは質感がサラッと軽いため、塗ってもベタベタしにくいのが特徴です。
もしもオイルのぬるぬる、ベタベタが気になる場合には、量が多過ぎる可能性がありますので、減らして再度お試しください。

マッサージで使用

オリーブスクワランオイルはマッサージオイルとして使用することも可能です。
入浴後すぐ、乾燥してしまわないうちにオイルをなじませましょう。
また、オリーブスクワランオイルは保湿効果が高いだけでなく、刺激が非常に少ないという長所がありますので、赤ちゃんのベビーマッサージ用として使用することも可能です。

以上のように、オリーブスクワランオイルはフェイシャル、ハンド、フット、ボディ、ヘアなど、あらゆる場所に塗れる、使い勝手のいい油です。
常備しておけばいろいろなケアに使えるため、購入しておいて損はないでしょう。

オリーブスクワランオイルの食べ方

オリーブオイルは外用、食用の2種類がありますが、オリーブスクワレンオイルには食用のものがあるのでしょうか。
ここではオリーブスクワランオイルの食べ方について取り上げていきますので、興味がある人はチェックしてみてください。

食用オリーブスクワランオイルの有無

肌や髪など体の外側のケアのために使用するオリーブスクワランオイルは市販されています。
しかしながら、食用として販売されているオリーブスクワランオイルは残念ながらありません。
だからといって、肌や髪に使用することが想定されているオリーブスクワランオイルを口から摂取するのはやめておくに越したことはありません。
食用として製造されていないため、なにか異常が起こらないとも限らないからです。

オリーブ由来の植物性スクワラン以外ならある

スクワランはオリーブオイルから抽出されたもののほか、サメの肝油から抽出されたものもあります。
こちらはサプリメントが販売されていますので、スクワランを摂取したいという希望がある人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。
なお、サメ由来のスクワランは植物性のものと比較して、純度が高いのが特徴です。

体内に取り込んだ場合に期待されている効果効能

スクワランは免疫力のアップ、肝機能の強化、炎症の鎮静化、皮膚粘膜の活性化による潤い効果、やけどや切り傷のケアに有用な成分です。
肌に塗布するオリーブスクワランオイルとはまた違ったパワーがあります。
美容だけでなく健康維持のためのサポート成分としても活躍してくれますので、スクワランが不足しないよう、口から摂取する対策もしたほうがよいでしょう。

いかがでしたか?
オリーブスクワランオイルだと食用のものはありませんが、オリーブ由来ではなくサメ由来のスクワランであれば、食用の商品が販売されています。
価格や品質などをチェックし、コストパフォーマンスのよい商品を購入しましょう。

オリーブスクワランオイルの注意点

オリーブスクワランオイルを使用するにあたっての注意点をわかりやすくまとめています。
今後このオイルを買って使ってみようと思っている人は、チェックした上で正しい取扱方法を守りましょう。

肌トラブルを起こすリスク

オリーブスクワランオイルは、数あるオイルの中でも刺激が少ない部類に入ります。
乾燥肌や老化肌、敏感肌といった具合に、普通肌以外の人でも使用可能ですし、赤ちゃんの肌ケアにも役立てられます。
しかしながら、すべての人が問題なく使用できるとは限りません。
肌に異常を起こす心配がありますので、使用しはじめる前には必ずパッチテストをおこない、安全を確認しましょう。

既に問題を起こしている肌への使用は慎重に

オリーブスクワランオイルはカサカサが気になるところのほか、カミソリ負けで傷付いている箇所、あかぎれ、しもやけを引き起こしている箇所のケアによいとされています。
ただ、場合によっては悪化してしまわないとも限りませんので、自己責任で使用しなくてはいけません。
もしもトラブルが起こっている肌に使ってひどくなってしまった場合には、それ以上悪化させないためにもオリーブスクワランオイルの使用をストップし、皮膚科に相談にいくことが大切です。

保管をする際に気をつけること

オリーブスクワランオイルは酸化しにくい性質をもっていますが、まったく品質が劣化しないわけではありません。
そのため、ほかのオイルと同様に、高温多湿、直射日光を避け、冷暗所に保管しておいたほうがよいでしょう。
また、フタをあけっぱなしにしていると空気に触れて品質が低下する原因になりますので、必ず閉めて保管してください。
そのほか、オリーブスクワランオイルには使用期限があり、過ぎたものを使用するとまったく意味がなかったり、肌トラブルを起こすことにもなりかねませんので、期限を過ぎたものは使わないほうがいいでしょう。

以上のように、使い方を誤ると肌に異常を起こしたり、品質の低下を早めることになりますので、くれぐれも気をつけてください。

●AMAZONで探すオリーブスクワランオイル

スポンサーリンク

関連記事

heat-pump

地中熱ヒートポンプシステムのメリットデメリット!

地中熱ヒートポンプシステムの特徴 「地中熱ヒートポンプシステム」とは、一体どのようなものなので

記事を読む

rose_otto

ローズオットーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズオットーのアロマオイルは、数あるアロマオイルの中でも非常に希少価値の高いものです。

記事を読む

cypress

サイプレスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サイプレスは和名で「イトスギ」、「セイヨウヒノキ」とも呼ばれているヒノキ科の針葉樹です。

記事を読む

erabu

アロマオイル(精油)選び 絶対に欠かせない4つのポイント

アロマオイル(精油)を選ぶ際、基本的には合成香料や化学物質が入っていない、100%天然のものを選

記事を読む

tsubaki

カメリアオイル(椿油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カメリアオイル(椿油)とは、日本が産地であり、ツバキ科に分類されている椿を低温で圧搾することで抽

記事を読む

water

水の種類と特徴をまとめました

水道水 水道水とは水道の蛇口から出てくる水です。 その味は全国各地で違ってきます。 水道水

記事を読む

lime

ライムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ライムというとお菓子やカクテルなどに使われているイメージが強いものですが、実はアロマオイルとして

記事を読む

1615-4

パナソニック マットレス布団乾燥機の特徴や感想

冬も夏も1年中、気軽にふわっとしたお布団で眠りたい。 だれしもが憧れる生活です。 しかし

記事を読む

人参

キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラ

記事を読む

gairaisyu

既存の生態系を脅かす外来種たち

既存の生態系を脅かす外来種たち、 最近、生き物や植物の外来種の問題がますます大きくなってき

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑