ローズヒップオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


ローズヒップオイルとは、バラ科バラ属の主にイヌバラの実から抽出されるオイルです。
イヌバラはヨーロッパをはじめ、アフリカ北部やアジア西部に育ちます。
バラの実はローズヒップと呼ばれ、ハーブティーやジャムなどに使われるほか、主に冷搾法を用いて油が抽出され、ローズヒップオイルとなるのです。
冷搾法とは高温や高圧をかけずに果実などから油を抽出する方法で、本来持っている成分を極力壊さずにおくことができる抽出法です。

ローズヒップオイルの特徴や栄養成分

お肌にさまざまな効果を与える

バラの実から抽出されたローズヒップオイルはリノール酸、トランスレチノイン酸、α-リノレン酸、γ-リノレン酸、ビタミンA、ビタミンCなどを多く含み、そのほかの栄養素にも富んでいます。
それらの成分は肌にハリとうるおいを与え、細胞の機能を正常に保ち、肌の乾燥、余計な油分の分泌を抑える助けとなり、シワやたるみの予防にも効果があります。

さまざまな肌のタイプに

肌のタイプとしてはアレルギー肌、老化肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌(乾燥肌の部分と脂性肌の部分がある肌)にお使いいただけます。
また、炎症にも効果があるうえに傷を治すとも言われており、吹き出物などがある場合にも効果を期待できます。

ブレンドして

ローズヒップオイルは粘性があり、どろどろとしています。
また、ローズという名前からバラの香りを想像しがちですが、バラとは異なる独特の香りを持っています。
そしてなんと言ってもローズヒップオイルは生産量が少なく、値段も安くはありません。
そのためローズヒップオイルは単独でつかうのではなく、ほかのキャリアオイルとブレンドしてつかうことがおすすめです。
好みにもよりますが、肌にのびやすいほかのキャリアオイルに対してローズヒップオイルを10~20%程度の割合でブレンドするといいでしょう。

酸化しやすい

ローズヒップオイルはとても酸化しやすいオイルです。
酸化してしまうとせっかくの栄養成分が変質し、肌への効果がうすれるだけでなく、酸化物質が悪い影響をおよぼすこともあります。
そのため保存方法に注意してください。
ほかの酸化しにくいオイルと混ぜて保管しておくことのもよいでしょう。

世界的に活躍しているモデルからも大きな支持を受けているローズヒップオイルの効果を、あなたもぜひ実感してみてください。

●AMAZONで探すローズヒップオイル

ローズヒップオイルの効果・効能

さまざまなタイプの肌に効果が期待されるローズヒップオイルですが、どのような効果・効能があるのかご紹介していきます。

肌を再生する

ローズヒップオイルに含まれるトランスレチノイン酸は、ターンオーバーを促進する効果をもっています。
ターンオーバーとは肌が生まれ変わっていくことを表しています。
わたしたちの肌はいくつもの階層構造によって成り立っていて、肌の最下層で作られた細胞は押し上げられ、一番上の古い細胞から順に垢などとなって剥がれ落ちていきます。
ローズヒップオイルにはこのターンオーバーを促す効果があり、それによって傷ついた肌の再生を促進し、シワやたるみ、シミやくすみ、ニキビなどの状態を改善する効果が期待できるのです。

肌をみずみずしく保つ

ローズヒップオイルにはγ-リノレン酸という必須脂肪酸が含まれています。
必須脂肪酸とは身体が自ら生成できない脂肪酸であり、外部から取り入れる必要があるものです。
ローズヒップオイルをマッサージに用いるとγ-リノレン酸が皮膚から吸収され、肌の水分量を保つ働きを助けます。
肌の細胞は水分を失うとバリア機能が低下して傷がついていき、さらに水分を失っていくという悪循環におちいっていきます。
この悪循環におちいった状態がアトピー肌だとも言われており、γ-リノレン酸はそれらの状態から肌を救うお手伝いをしてくれます。

妊娠線に

トランスレチノイン酸は肌の再生を助けます。
この再生効果がニキビだけでなく、妊娠線を目立たなくする効果があると言われています。
胎児への影響は確認できていませんが、念のため妊娠中は利用を避け、出産後に使ってみてください。

乾燥肌にも脂性肌にも

ローズヒップオイルはγ-リノレン酸によって肌にハリとうるおいを与えますが、油の分泌をコントロールする働きもあり、脂性肌にも効果が期待できると言われています。
そのため、真逆とも思われる乾燥肌と脂性肌のどちらにも、また、その混合肌にもおすすめできるのです。

ローズヒップオイルの効果・効能は以上になります。
このすばらしい効果をもつローズヒップオイルをあなたの毎日にぜひ取り入れてみてください。

ローズヒップオイルの使い方

乾燥肌や脂性肌にも使え、肌のターンオーバーが期待できるローズヒップオイルを効果的につかうにはどのような方法があるのでしょうか。
ここではローズヒップオイルの使い方をご紹介していきます。

オイルマッサージに

ローズヒップオイルは粘性が高くどろどろしていて、そのまま単独でマッサージにつかうと手のすべりがよくないために力を入れてしまいがちで、肌にも負担をかけてしまうかもしれません。
また、ローズの名前からは花のよい香りがしそうですが、実から搾り取った油からは想像していたものとは違う、独特の香りがします。
そのため、ほかのさらさらとしたオイルとブレンドしてつかうといいでしょう。
お好みですが、ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、マカデミアナッツオイルなどがおすすめです。
ブレンドの割合は、ほかのキャリアオイルに対して商品ごとに推奨されている程度の量を使用するのがよいでしょう。

クレンジングに

オイルクレンジングの材料として、すべりのよいキャリアオイルとブレンドして使うのもいいでしょう。
できればお風呂に浸かってあたたまったあとに、やさしくゆっくりとマッサージしながらクレンジングしてください。
毛穴の奥につまった古い角質とともに、お化粧を落とすことができるでしょう。

毎日のスキンケアに

洗顔後、手に数滴たらし、目元や口元、気になる箇所をメインにやさしく馴染ませてください。
毎日続けることでお肌が再生していくのを実感できると思います。
ローズヒップオイルは粘性があるため、すこしべたつきを感じるかも知れません。
そのため寝る前につかった場合は、枕をタオルなどで包んでおくといいでしょう。

全身のお手入れに

顔だけでなく、もちろん全身にお使いいただけます。
お使いのボディローションなどを手にとったあとローズヒップオイルを数滴混ぜておつかいください。

ローズヒップオイルの使い方は以上となります。
使い方は製品によっても異なりますので、説明書をよくお読みになり、その効果を楽しんでください。

ローズヒップオイルの食べ方

実はローズヒップオイルはあまり料理には使いません。
しかしローズヒップはお茶やジャムとして利用されていますので、そちらをご紹介していきます。

ローズヒップティーの飲み方

ローズヒップの皮を乾燥させ、小さく砕いたものがローズヒップティーのもとです。
これをそのまま、もしくはすり鉢などでこまかくしたものにお湯を注いでしばらく待てば、ローズヒップティーのできあがりです。
味はアセロラに似ていて少し酸っぱさがあるので、お好みで蜂蜜などを加えるとお子さまもおいしく召し上がれると思います。
実はローズヒップティーはカフェインを含んでいないため、お子さまにもおすすめの飲みものなのです。
ローズヒップティーを飲むと、お湯に溶けなかった残りが下に沈殿しています。
この沈殿したものをそのまま、もしくは蜂蜜や砂糖を加えてジャムのようにして食べるのがおすすめです。
甘酸っぱくておいしいということもおすすめの理由ですが、実はこの残りにビタミンが豊富に含まれているのです。

ローズヒップティーの効果

ローズヒップは多くのビタミンCを含んでいて、壊れやすいビタミンCを安定化して守ると言われているビタミンPも含まれているため、ビタミンCが効果的に働くことができます。
ビタミンCは血の流れをよくすることによって、血圧の改善に効果があります。
また、ビタミンPはビタミンCを守るだけではなく、アレルギー症状を緩和しアトピーや花粉症の改善に効果を発揮すること、発がん抑制効果があることが分かっています。
ローズヒップにはそのほかにも鉄分、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンP、βカロテン、カルシウム、マンガン、リコピンなどの多くの栄養成分が入っています。
そのため気分を落ち着かせ、貧血を予防し、利尿作用が期待できます。

お菓子などに

ローズヒップはパウダーとしても販売されていますし、自分ですり鉢などでこまかくすることもできます。
これをクッキーやタルトなどの生地に混ぜ合わせると、ほんのり甘酸っぱいおいしいものができあがります。

以上がローズヒップの食べ方になります。
ローズヒップは実を砕いたものでも、それを粉末状にしたものでも売っていますので、お好みのほうを使ってみてください。

ローズヒップオイルの注意点

肌の再生とみずみずしさの回復を期待できるローズヒップオイルですが、安心して利用するための注意点を見ていきましょう。

酸化に注意

ローズヒップオイルはとても酸化しやすい性質をもっています。
保存は高温多湿を避け、できれば冷蔵庫での保管がおすすめです。
冷蔵庫で保管した場合も、できるだけ早くお使いください。
酸化したオイルはその成分が壊れてしまうばかりか、身体に悪影響を与える可能性もあります。
また、酸化したオイルは一般的に香りが悪くなり、使用に適さなくなってきますのでご注意ください。

粘性があります

ローズヒップオイルは粘性が高いオイルです。
そのため、オイルマッサージに単独で使用した場合は力の入れすぎによる肌への負担にご注意ください。
できれば他のすべりがよいキャリアオイルとブレンドしてつかわれることをおすすめします。
また、使用後のべたつきが気になる場合は就寝時にタオルなどで枕を包むなどしてご利用ください。

独特の香り

ローズの名前からは花のよい香りを思い浮かべがちですが、ローズヒップオイルの香りは独特で、生臭いと表現するかたもいます。
匂いが気になるかたは晩のお手入れ時だけに利用するか、お好みのキャリアオイルやエッセンシャルオイルとブレンドし、香りを変えてお使いください。

お肌に合わない場合があります

ローズヒップオイルに限らず、オイルとお肌には相性があり、人によっては利用に適さない場合もあります。
ご利用前には必ずパッチテストを実施し、問題がないことを確認してください。

摂りすぎに注意

ローズヒップを飲用または食用とする場合、過剰摂取に注意しましょう。
どんなにすぐれた栄養食品でも適量を守ることが健康につながります。

以上がローズヒップオイルまたはローズヒップの注意点となります。
製品によっても違いがありますので、説明書をよく読んで正しくお使いいただき、ローズヒップオイルの効果を実感してみてください。

●AMAZONで探すローズヒップオイル

スポンサーリンク

関連記事

ツインバード ふろピカッシュEXの特徴や感想

お風呂洗いって大変な家事ですよね。 うっかり怠ると汚れがすぐに目立ち。 さらに、その汚れがカ

記事を読む

坊ちゃん石鹸(旧名釜出し一番石鹸)の特徴や感想

今から約22年ほど前の1995年あたり、宮城県の公立高校の売店で、爆発的に売れた固形石鹸がありま

記事を読む

眠くなるメカニズムは?

やらなければならない仕事があったり、どうしても遊びたかったりするとき、「このまま起きていられたら

記事を読む

旬の食べ物は身体に良いらしい?

旬の食べ物と聞いて思い浮かべるものはさまざまですが、いずれも体に良いとされています。 野菜で例

記事を読む

セサミオイル(胡麻油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

セサミオイル(胡麻油)とは、ゴマ科に属するゴマの種子圧搾することにより抽出された油のことをいいま

記事を読む

田舎暮らしはメリットがこんなにいっぱい

田舎暮らしはメリットがこんなにいっぱい

みなさんは"田舎"と聞いてどのような風景やイメージを持っているのだろうか? "田舎"というと"

記事を読む

ジンジャーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジンジャーはアジアを原産としている植物であり、ショウガ科に属しています。 多年生のハーブで

記事を読む

ネロリの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ネロリは、ダイダイの花から採油されるアロマオイルです。 ダイダイの花は「ビターオレンジ」と

記事を読む

パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。 ニオイさえでなければ、私の料理

記事を読む

サイプレスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サイプレスは和名で「イトスギ」、「セイヨウヒノキ」とも呼ばれているヒノキ科の針葉樹です。

記事を読む

ツインバード ふろピカッシュEXの特徴や感想

お風呂洗いって大変な家事ですよね。 うっかり怠ると汚れがすぐに目

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

→もっと見る

PAGE TOP ↑