キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラワーオイル、大豆油に浸し、有用成分を溶け出させてできた油のことをいいます。
ここではキャロットオイルのおもな特徴を挙げていきますので、このオイルの情報を得たいと思っている人の一助となれば幸いです。

キャロットオイルの特徴や栄養成分

ニンジンの栄養成分が詰まっている

冒頭でも述べたとおり、キャロットオイルは別のオイルにニンジンを漬け込むことで、ニンジンに含まれている成分を溶け出させたものです。
したがって、ニンジンに含まれているカロチノイド(βカロテン)、ビタミン類(A、B、C、D、E、F)、必須脂肪酸といった栄養が、オイルの中にたっぷりと入っているのです。
たとえばβカロテンやビタミンEの抗酸化力に期待し、肌のアンチエイジングに使用されるなど、個々の栄養成分に望める効果や効能に注目が集まり、キャロットオイルは多くの人に愛用されています。

いろいろな用途がある

スキンケアオイルとして、マッサージオイルとして、ヘアコンディショナーとしてなど、さまざまな使い方がキャロットオイルにはあります。
また自作の軟膏や石けん、クリームの材料として使用するにも向いており、手作りをして使っている人も少なくありません。

使用感はどうか

キャロットオイルは別のオイルに漬け込んでつくられますので、触った感じはどのオイルがベースになっているのかによって変わります。
また、香りに関しても多少の違いはあるものの、かすかにニンジンの甘い香りを感じるものが多いですし、色はニンジンの橙色が濃く、皮膚に使用した場合は色がうつる可能性があるため、別のオイルと混ぜて薄め、使用することを推奨している商品が多くなっています。
そのほか、比較的酸化しやすく粘性があるのもこのオイルの特徴の一つですが、この弱点を補うためにも別の質感の軽いオイルとブレンドして使用することが推奨されています。

以上のような特徴がキャロットオイルにはありますが、おおむねどのようなものか把握できたのではないでしょうか。
このオイルに興味がわいたり魅力を感じたりした人は、効果や効能、取扱方法などより詳細な情報をチェックし、実際に一度お試しをしてみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すキャロットオイル

キャロットオイルの効果・効能

キャロットオイルを購入するかどうかを決めるにあたり、効果・効能を重視する人は多いでしょう。
ここではキャロットオイルを使用することでどのような作用がもたらされるといわれているのか、取り上げていきたいと思います。

肌の老化を防ぐ(アンチエイジング)

キャロットオイルにはビタミンEやβカロテンといった、非常に抗酸化力に優れている成分が豊富に含まれています。
したがって、シワ、シミ、ソバカスなどの加齢から起こりやすい、活性酸素がおもな原因となる肌トラブルの防止に役立ってくれるといわれています。

肌を保護する

肌再生を促進する作用がキャロットオイルによってもたらされます。
そのため、紫外線を浴びた肌の日焼けを防ぐ効果や効能を期待することが可能です。
ナチュラルな素材が使われた日焼け止めが欲しいと思っている人にはピッタリでしょう。

肌の粘膜形成を促す

これはキャロットオイルに含まれているビタミンAに期待されている作用で、角質予防に効果的です。
きめ細かい肌を維持したい、手に入れたいと思っている人にとっては嬉しい効果・効能であるといえるでしょう。

肌のかゆみを抑制する

かゆみが気になるところに塗布することにより、楽になる作用がもたらされるといわれています。
乾燥するとすぐにかゆくなるような人にはよいのではないでしょうか。

乾燥や肌荒れをケア

肌の乾燥や荒れだけでなく唇の乾燥や荒れにも効果的とされており、主婦湿疹のケアにも適しています。
これらはとくに寒い季節に起こりやすいトラブルですので、1本オイルを常備しておくと重宝することでしょう。

いかがでしたか?
以上のように、キャロットオイルには多くの効果・効能を期待することができるのです。
とりわけ成熟肌や乾燥肌の人におすすめですが、老化肌や乾燥肌の人しか使ってはいけないということではありません。
どれか一つでも対策したいトラブルがあったという人は、キャロットオイルを使ってみるとよいでしょう。

キャロットオイルの使い方

セリ科の野菜であるニンジンを、オリーブオイルやサンフラワーオイル、大豆油に2~3週間ほど浸し、抽出されてできるキャロットオイル(人参油)。
買い求めるかどうか決めるにあたり、どういう使い方ができるのかは気になるところでしょう。
おもな使用方法をここで紹介しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

肌への使用

目元やくちびる、指先、ひじ、ひざ、かかとなど、乾燥が気になる部分に塗るほか、入浴後のマッサージオイルとしての使い方もあります。
なお、顔に塗る場合は化粧水の使用後がおすすめのタイミングで、体に使用する場合には普段使いのクリームやシアバターにオイルを加えると、皮膚軟化作用がもたらされるでしょう。
また、かゆみ、主婦湿疹、あかぎれの症状が出ているところ、首にできたシワ、紫外線を浴びた肌、軽くやけどした肌のケアとしてもお使いいただけます。

髪への使用

コンディショナーとしてキャロットオイルを使用する方法もあります。
髪がパサパサしやすい人におすすめで、とくに冬場は乾燥のせいでパサつきがひどくなるという人は試してみるとよいでしょう。

爪への使用

普段のネイルケアにキャロットオイルを役立てることが可能です。
爪のトラブルとしては割れる、二枚爪になるといったものが挙げられますが、これは乾燥がおもな原因となって起こるものです。
キャロットオイルをを爪に塗りこむことで、爪のトラブルの原因をつくらないようにしましょう。

自作クリームなどの材料として使用

クリーム、乳液、石けん、軟膏を手作りする際の材料として、キャロットオイルをお使いいただけます。
完成したものにキャロットオイルのよさが出るため、手作りアイテムでこのオイルの効果・効能を実感したい人におすすめです。

以上のように、スキンケア、ヘアやネイルのケアなど、多くの使い方がキャロットオイルにはあります。
トラブルの予防や改善のため、アナタもこのオイルでの対策をはじめてみてはいかがでしょうか。

キャロットオイルの食べ方

食べるオイルとしてはオリーブオイルが有名ですが、実際に食用にするのに適した大容量のものが市販されています。
キャロットオイルもオリーブオイルと同様に、食べるオイルとして使うことはできるのでしょうか。

食用のキャロットオイルはある?

現状においては、全身に使用可能なキャロットオイルは市販されているものの、飲んだり食べたりすることを目的に製造されたものはありません。
したがって、キャロットオイルを生の状態で飲用したり、料理に混ぜて食べたりすることは不可能です。

発想を変えてみよう

キャロットオイルはオリーブオイルやサンフラワーオイル、大豆油に野菜のニンジンを漬け込み、ニンジンに含まれている有用成分を溶け出させたものです。
ということは、口から摂取して有用成分を補給したいということであれば、ニンジンを食べればいいということになります。
オリーブオイルやサンフラワーオイル、大豆油は食用のものがありますので、こうしたオイルとニンジンを組み合わせた料理をつくれば、有用成分を体内に取り込むことが可能です。

手軽に摂りたい!という人は…

オリーブオイルのようにそのまま飲めず、オイルとニンジンを使った料理をするのは面倒くさいという人もいるでしょう。
その場合には、水やジュースに溶かして飲める粉末のニンジンが市販されていますので、こういった商品を購入すれば手軽にニンジンの有用成分を補給できるのではないでしょうか。
また、ニンジンに含まれている栄養成分を摂りたいだけということでしたら、βカロテンやビタミンEなどが含まれているサプリメントを購入して摂り続けるのも悪くありません。

以上のように、オリーブオイルのように飲んだり、料理に使ったりできるキャロットオイルはいまのところありません。
ただ、ここで紹介したとおりニンジンの栄養成分を簡単に補給する方法はありますので、キャロット「オイル」にこだわらず、ニンジンの栄養成分が入っていることを重視して商品選びをするとよいでしょう。

キャロットオイルの注意点

キャロットオイルを購入し、使用していく上でなにか気をつけなくてはいけないことはあるのでしょうか。
ここではこうした疑問や不安を感じている人のため、キャロットオイルの取扱上の注意点をわかりやすくまとめています。

肌に使用する際の注意点

基本的にキャロットオイルは安全ですが、アレルギー反応を引き起こしたり、肌トラブルを招いたりする可能性がありますので、パッチテストをした上でお使いください。
また、使用中に肌に異変が起こった場合には使用を中止し、皮膚科にいって適切な対処をしてもらいましょう。
そのほか、キャロットオイルは濃いオレンジ色をしているのが特徴ですが、色が皮膚にうつってしまう可能性がありますので、別のオイルとブレンドして使用したほうがよいでしょう。
また、衣服にオイルが付着してしまうと色を落とせなくなってしまう可能性がありますので、付いてしまわないように注意してください。

使用してはいけない人は?

似た名前のオイルにキャロットシードオイルがありますが、セリ科という点でニンジンとは共通していますが、あとはまったく別物です。
さらにこのキャロットシードオイルは妊婦に悪影響を及ぼすものとして、妊娠中に使用することは禁じられています。
一方、キャロットオイルは妊娠中は使っていけないなどの縛りはありませんので、肌に異常を起こす心配がある人以外は使用しても問題ないでしょう。

保管する際の注意点

キャロットオイルは酸化しやすい性質のため、使用しないときに置いておく場所には十分注意しなくてはいけません。
常温でも品質の劣化を招いてしまいやすいため、冷蔵庫での保管が無難です。
また、使用期限がある点にも注意が必要で、商品によって未開封で○ヶ月、開封後○ヶ月という表示が異なります。
あるメーカーやショップのキャロットオイルが○ヶ月だから、このメーカーやショップのキャロットオイルも○ヶ月だろうと決め付けると、思ったより期限が短く酸化した質の悪いオイルを肌に使っていたということにもなりかねません。

キャロットオイルの取り扱いに関するおもな注意点は以上です。
ここで記載したことをしっかりと守り、トラブルなく安全に、そして少しでも長く品質を保てるようにしましょう。

●AMAZONで探すキャロットオイル

スポンサーリンク

関連記事

アーモンド

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

geranium

ゼラニウムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ゼラニウムは南アフリカ、特にエジプトを原産としている低木であり葉、茎の部分から水蒸気蒸留法によっ

記事を読む

sumaho

スマホ決済サービスを比較しました

クレジットカードを決済時につかえるかどうかというのは、顧客にとって非常に重要だと言われています。

記事を読む

ヘンプシードオイル

ヘンプシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ヘンプシードオイルとは、麻、大麻、大麻草と呼ばれているアサ科アサ属の実から抽出したオイルです。

記事を読む

citronella

シトロネラの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シトロネラは、スリランカを原産とするイネ科の植物です。 現在はマダガスカル、ビルマ、南米で

記事を読む

peppermint

ペパーミントの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ペパーミントは「西洋ハッカ」とも呼ばれていて、おなじみの爽快でクリアな香りが特徴となっています。

記事を読む

melissa_(lemon_balm)

メリッサの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

メリッサの語源はギリシャ語で「みつばち」、ラテン語で「はちみつ」ともいわれています。 いず

記事を読む

lemon

レモンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

レモンはミカン科の柑橘類であり、果汁には酸味があります。 ジュースや清涼飲料水に加工される

記事を読む

kaigohoken-shisetsu

介護保険施設の種類・特徴・メリット・デメリットなど

ケアハウスとは? ケアハウスは、比較的低価格で利用できる軽費老人ホームの「C型」とも呼ばれてい

記事を読む

diffuser

ラベンダーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ラベンダーの香りは、昔から広く親しまれてきました。 芳香剤やクッションのようなリラックス商

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑