グレープシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


グレープシードオイルとは、ブドウ科に分類されているブドウの木の種子を圧搾し、得られるオイルのことをいいます。
下記、このオイルにどういった特徴があるのかを解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の特徴や栄養成分

含まれている栄養成分

グレープシードオイルの原料に使用されているのは日本人にはなじみ深い果実のブドウで、ワインの製造にも使われているものです。
ポリフェノールが豊富に含まれているほか、ビタミンE、オレイン酸、リノール酸などがおもな栄養成分として含まれています。
リノール酸というと酸化しやすい性質がありますが、抗酸化力に優れているビタミンEがたっぷりと含まれているため、それだけ酸化しにくくなっています。
また、ビタミンEによる抗酸化作用だけでなく、含まれている栄養成分には収れん作用や保湿作用にも期待が持てます。

用途と向いている肌質

グレープシードオイルは全身に使用することが可能です。
乾燥などの肌トラブルが気になるところに塗布したり、マッサージオイルとして使用したりと、さまざまな用途でお使いいただける使い勝手のいいオイルです。
また、オイルの中では刺激の少ない部類に入るため、基本的にはデリケートな肌質の人が皮膚に塗っても大丈夫です。
ほかにも乾燥肌の人や脂性肌、混合肌と、あらゆる肌質の人が使うのに向いているため、多くの人に愛用されています。

オイルの使用感

香りがほとんどないため単独での使用だけでなく、ほかのオイルと混ぜて使用するのにも適しています。
また、無色のため肌や衣服への色移りを心配することもありません。
オイルの質感は軽くさらっとしていて、肌に伸ばしやすいのが長所といえます。

以上がグレープシードオイルの特徴ですが、大体どういうものかおわかりいただけたでしょうか。
ワインづくりに使ったブドウの種子から抽出されているオイルのため、ほかのオイルと比べてリーズナブルな価格で手に入りますので、一度購入して使ってみてはいかがでしょうか。

●AMAZONで探すグレープシードオイル

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の効果・効能

ブドウの種子を圧搾し抽出されたグレープシードオイルには、いったいどのようなパワーがあるのでしょうか。
ここではこのオイルに期待されている効果・効能を紹介しますので、オイル選びの参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

みずみずしい肌にしてくれる

グレープシードオイルには肌の質感を軟化させ、有用成分や水分をしっかりと閉じ込めてくれるパワーがあります。
そのため、このオイルを使用することで、ハリや弾力、うるおいのある肌を維持することにつながります。
肌がかたくカサカサする、保湿ケアの必要性を感じている人の使用に適しているオイルです。

アンチエイジングに取り組む人をサポート

このオイルには必須脂肪酸やビタミンE、ポリフェノールのように抗酸化力に優れている成分が豊富に含まれています。
過剰な活性酸素の発生による酸化は老化を助長してしまいますが、グレープシードオイルに含まれる抗酸化成分が活性酸素に対抗し、老化を防ぐために活躍してくれます。
また、このオイルには肌を引き締める作用ももたらしてくれるため、シワやたるみのような加齢により引き起こされやすくなる肌トラブルの対策としても効果的です。
いつまでも若々しくいたいという人の手助けをグレープシードオイルはしてくれます。

病気の対策としても有用

グレープシードオイルに含まれているポリフェノールをはじめとする抗酸化成分には、病気の予防効果を期待することもできます。
具体的には悪玉コレステロールの酸化を抑制し、動脈硬化を未然に防ぐ効果が望めるほか、心臓の病気の予防のためにも活躍してくれます。
生活習慣病にかかる中高年は非常に多いですが、その対策としてグレープシードオイルを取り入れるのも悪くないでしょう。

いかがでしたか?
グレープシードオイルは上記のように収れん、保湿、抗酸化といった作用をもたらしてくれる植物油です。
どれか一つでも対策をおこないたい問題が載っていたという人は、日常生活に取り入れてみるとよいでしょう。

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の使い方

保湿、収れん、抗酸化作用に優れているなど複数の効果・効能が望め、比較的リーズナブルな価格で販売されているコストパフォーマンスのよいグレープシードオイル。
実際に購入したあと、どのような用途で使用することが可能なのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。
ここでは、グレープシードオイルの使い方を紹介しますので、疑問に感じている人はぜひご覧ください。

肌への使用

グレープシードオイルは質感が軽くサラサラしていて、肌に伸ばしやすく浸透しやすいのが特徴です。
また、顔、手足、おなかなど、全身にお使いいただけます。
シンプルに乾燥が気になる部分に塗布する方法のほか、化粧水の使用後に美容液として塗布したり、マッサージの際の肌の刺激を少なくするためのオイルとして使ったりすることが可能です。
そのほか、メイクの下地として使うと、ノリの違いを実感することができますし、クレンジングオイルとして使っても、メイクをオフしたあとのしっとり感が出ます。

髪への使用

洗髪前の頭皮マッサージにもグレープシードオイルはお使いいただけます。
オイルを地肌に塗布してマッサージをほどこし、そのあとにシャンプーをすると、しっとりとつやのある髪になるほか、ふっくらとコシのある髪に仕上がります。

まつげへの使用

メイクやエクステなどで傷んだまつげにグレープシードオイルを適量塗る使い方があります。
まつげに塗ると有用成分がしみわたり、やさしくいたわってあげることができるでしょう。

手作り品としての使用

自作のリップクリームやハンドクリーム、乳液、クレンジング剤の素材としてグレープシードオイルは使用可能です。
完成した自作のケアグッズに、このオイルのよさが反映されます。

ブレンドしての使用

ほかのオイルと混ぜることにより、アロマバスをすることもできます。
肌などをケアしながらリラックスできる優雅なひとときが過ごせます。

どうでしたか?
グレープシードオイルには多くの使い道があるということがご理解いただけたのではないでしょうか。
万能感のあるオイルが一つは欲しいと思っている人にはとくにおすすめです。

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の食べ方

グレープシードオイルはオリーブオイルなどのように、口から摂取することは可能なのでしょうか。
このような疑問をお持ちの方のため、ここではグレープシードオイルを食べられるのかどうかなど、有用な情報を提供いたします。

グレープシードオイルは食べられる?

植物油の中には食用に向かない、元々口から摂取することを想定せず、外用として役立てるのに特化しているものがありますが、グレープシードオイルは食べられる油です。
食用として市販されているグレープシードオイルが各社から発売されていますので、値段や品質をチェックして自分がいいなと思ったものを購入するとよいでしょう。

食べるとどんないいことがあるの?

このオイルにはコレステロールがないだけでなく、必須脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸がたっぷりと含まれており、悪玉コレステロールの減少、善玉コレステロールの増加が見込めます。
また、抗酸化力に優れているビタミンEはオリーブオイルの倍以上、ポリフェノールの含有量も多いため、活性酸素を抑制する作用も期待することができます。
上記のことから、グレープシードオイルは動脈硬化や心臓の病気の予防、老化の予防に有用といわれています。

どんな調理に向いているの?

植物油によっては酸化しやすく熱に弱いため、加熱調理に向かないものが少なくありません。
グレープシードオイルはどうかといいますと、加熱調理が十分に可能なだけの耐熱性が備わっているのです。
したがって、炒め料理や揚げ料理、焼き料理といった具合に、さまざまな調理法でグレープシードオイルは活躍してくれます。
ほとんど香りもありませんし、完成した料理の味を邪魔することもありません。

そのまま飲んでも大丈夫?

このオイルはドロドロしていないので、のどごしの悪さを感じてしまうようなことはありません。
摂りすぎには注意する必要はありますが、1日あたり大さじ1~2杯程度飲むようにすれば栄養補給に役立つでしょう。

以上がグレープシードオイルの食べ方に関する説明ですが、食用にも向いている万能な、使い勝手のいい油であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
1本家庭に常備しておけば、毎日の調理や栄養補給で活躍してくれること間違いなしです。

グレープシードオイル(ブドウ種子油)の注意点

グレープシードオイルを買って使用していくにあたり、なにか特別に注意しなければいけないことはあるのでしょうか。
今回はこのような疑問や不安を感じている人のため、グレープシードオイルの注意点を説明いたします。
ここで紹介する内容が、オイルの購入を検討している人が知識を深めるための一助となれば幸いです。

商品選びで気をつけること

グレープシードオイルには外用のものと食用のものが販売されています。
製造過程が異なり、食用のものを肌に塗ったり、外用のものを食べたりと、用途に合わない使い方をすると体に影響がないとはいいきれません。
食べたい人は食用の商品を、肌や髪に使いたい人は外用の商品を購入しましょう。

肌に使うときに気をつけること

乾燥肌、脂性肌、敏感肌、成熟肌といった具合に、グレープシードオイルはあらゆる肌質に対応しているのが魅力の一つです。
が、だれもがみなトラブルなく使えるとは限りませんので、事前のパッチテストは確実におこないましょう。
また使用中に皮膚などのトラブルが起こった場合には、オイルの使用をすぐにやめて皮膚科を受診することが大切です。

口から摂取するときに気をつけること

グレープシードオイルは食べられるオイルであり、添加物も含まれておらず安全性に優れています。
ただし、体質に合わないとおなかが緩くなるなどの問題が起こる可能性がありますので、オイルを摂取して体調が悪くなった場合には摂るのをやめましょう。

保存で気をつけること

使用期限を守るのはもちろんのこと、ほかのオイルと共通して置いておく場所を間違えると酸化が進むのが早まります。
冷暗所(冷蔵庫がおすすめ)で保存し、酸化の原因になる空気に触れないよう、容器のフタはしっかり閉めましょう。
また使用するとき以外は無闇にフタを開けないようにするのも、品質の低下防止につながります。

いかがでしたか?
グレープシードオイルは用途に合ったものを正しく使用し、品質が落ちないよう適切な場所で保存をすることが大切です。
商品を購入し、使っていく際には上記のことに注意して、美容や健康のトラブルを起こすことなく、長持ちするようにしましょう。

●AMAZONで探すグレープシードオイル

スポンサーリンク

関連記事

fennel

フェンネルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フェンネルは、ハーブ系のアロマオイルのひとつです。 栽培されてきた歴史がもっとも古い植物の

記事を読む

ed9ad2a7ef121ab433d2f36e1513b4ee_s

太陽光発電のメーカーの歴史や特徴のまとめ

シャープ シャープは、1959年から太陽電池の開発に着手してますので、すでに50年を超える歴史

記事を読む

くるみ

ウォールナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウォールナッツオイルとは、ウォールナッツ(クルミ)の仁(種子)を圧搾することによって得られる油の

記事を読む

1615-5

パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。 ニオイさえでなければ、私の料理

記事を読む

olive

オリーブオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

オリーブオイルはオリーブ油とも呼ばれており、モクセイ科に属する常緑樹であるオリーブの果実を圧搾す

記事を読む

オリーブ

オリーブスクワランオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

オリーブオイルとは、モクセイ科に分類されているオリーブの果肉から抽出されたオイルのことをいいます

記事を読む

ohashi

お箸の使い方|実はこんなにあった恥ずかしい使い方

和食と密接な関係があるお箸ですが、実は間違った使い方を無意識にしているという人は少なくありません

記事を読む

薔薇

ローズヒップオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ローズヒップオイルとは、バラ科バラ属の主にイヌバラの実から抽出されるオイルです。 イヌバラはヨ

記事を読む

田舎暮らしはメリットがこんなにいっぱい

田舎暮らしはメリットがこんなにいっぱい

みなさんは"田舎"と聞いてどのような風景やイメージを持っているのだろうか? "田舎"というと"

記事を読む

ピーチ

ピーチカーネルオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ピーチカーネルオイルとは、文字通りピーチ(桃)のカーネル(種)から、圧搾法によって抽出されたオイ

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑