サンフラワーオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


サンフラワーオイル(ひまわり油)とは、キク科に属する植物であるヒマワリの種子を圧搾することで得られる油です。
このオイルのおもな特徴を下記にまとめていますので、情報を得たいと思っている人はぜひご覧ください。

サンフラワーオイル(ひまわり油)の特徴や栄養成分

サンフラワーオイル(ひまわり油)に含有している栄養成分

このオイルには必須脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸、ビタミン類(A、D、E)、ミネラル類(カルシウム、鉄、亜鉛、リン、カリウムなど)が含まれており、それぞれの成分が健康や美容の維持に有用です。
なお、サンフラワーオイルには大きく分けると2種類あり、オレイン酸をより多く含有しているタイプの商品と、リノール酸をより多く含有しているタイプの商品が存在します。
ビタミンEを含有しているため抗酸化力・酸化安定性には優れていますが、オレイン酸が豊富なタイプの商品はほかのタイプの商品より熱への耐性に優れており、酸化が起こりにくいのが強みです。

使い道のバリエーションが豊富

スキンケアオイルやマッサージオイルとして、サンオイルとして、アロマテラピーのキャリアオイルとして、自作のコスメグッズの素材として、浸出油を作成する際のベースとしてなど、さまざまな用途でお使いいただけます。
また、食用のサンフラワーオイルもあり、有用成分を口から摂取し取り込むことも可能です。

使用感もGood

サンフラワーオイルは伸びがよく、すっと浸透してくれます。
ベタベタしませんし、質感はしっとりとしていて重さがないため、使い心地のよさを実感できるでしょう。
乾燥肌、脂性肌、敏感肌と、基本的にあらゆる肌タイプの人の使用に適しています。
また、香りもほとんどなくニオイの問題で好みがわかれることもありません。
ただ、薄いものの黄色いオイルですので、衣服につかないように注意する必要はあります。

いかがでしたか?
少しでもこのオイルへの興味が増したという人は、具体的な効果効能や使い方、食べ方、取扱上の注意点をチェックし、実際に試してみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すサンフラワーオイル

サンフラワーオイル(ひまわり油)の効果・効能

美容や健康への関心が高い人の中には、サンフラワーオイルを愛用している人が少なくありません。
「なにがよくて使っているの?」と気になっている人のため、サンフラワーオイルのおもな効果・効能を紹介します。

アンチエイジング

老化の一因である活性酸素を抑制する抗酸化成分がサンフラワーオイルには含まれています。
加齢による肌トラブルで見た目年齢を上げることの防止、また活性酸素は病気の原因にもなりますので、健康の維持にも役立ちます。
体の外側だけでなく内側も、ずっと若々しくいたいという人を力強くサポートしてくれるオイルです。

皮膚軟化作用&保湿作用

サンフラワーオイルを使用することでかたくなった肌がやわらかくなり、うるおいが保たれます。
肌がかたくガサガサ、ゴワゴワしていたり、カサカサしてかゆくなったり、乾燥による肌トラブルを予防、改善したい人のケアにおすすめです。

便秘対策

食用のサンフラワーオイルを摂ることにより、腸の活動が促進されます。
これによりお通じがよくなると考えられています。
長くしつこい便秘の悩みを解決したり、未然に防いだりしたい人が使用するのにも向いているでしょう。

コレステロール低下

サンフラワーオイルを摂ることで、悪玉コレステロールが減少します。
善玉のコレステロールは減少しないため、数値の改善を目指したい人によいでしょう。

髪の傷みをケア

このオイルを髪に使用することにより、ダメージを受けて乾燥した状態を改善してくれます。
また、切れ毛や枝毛のような髪のトラブルの対策としても効果的です。
傷みや乾燥で髪がパサパサしている人は、サンフラワーオイルでケアしてみてはいかがでしょうか。

抗炎症作用

サンフラワーオイルは抗炎症作用がありますので、打ち身などのケアにも向いています。

いかがでしたか?
サンフラワーオイルに多くの効果・効能を期待できるということがご理解いただけたのではないでしょうか。
ひとつでも「この効果・効能は得たい!」というものがあった人は、このオイルを使ってみるとよいでしょう。

サンフラワーオイル(ひまわり油)の使い方

サンフラワーオイルを購入したとして、どう使っていけばいいのかわからないという人もいるでしょう。
ここではサンフラワーオイルの使い方について説明していますので、気になっている人はチェックしてみてください。

肌に塗る

サンフラワーオイルを皮膚に塗布する使用方法があります。
かたくなってしまっている肌や、乾燥が気になっている肌に使用することにより、皮膚軟化作用や保湿作用がもたらされ、やわらかくしっとりとした質感の肌に仕上がります。

マッサージをする

血行促進、代謝アップ、リンパの流れ改善、疲労軽減など、入浴後などにマッサージをしている人は多いでしょうが、なにも塗布していない肌を直接もみほぐすとマッサージの刺激が肌への負担になってしまいます。
そのため、マッサージクリームやオイルを使用し肌を守ってあげることが大切ですが、サンフラワーオイルはマッサージオイルとしての役割を果たしてくれます。
マッサージの刺激から肌を保護するだけでなく、前述した皮膚軟化作用や保湿作用ももたらされるため、より多くのメリットがもたらされるようになります。

髪に使う

スキンケアだけでなく、ヘアケアとしてもサンフラワーオイルは活躍してくれます。
乾燥で髪がパサパサする人や、枝毛や切れ毛に悩まされている人の髪をやさしくいたわります。
また、しっとりうるおいのある髪に仕上がるだけでなく、ツヤのある髪へと導いていってくれるでしょう。

クレンジングで使う

メイク落としにサンフラワーオイルを役立てている人も少なくありません。
化粧を落としたあとのしっとり感が違うというのが使われているおもな理由です。

赤ちゃんに使う

ベビーオイルとして赤ちゃんの肌に使用することも可能です。
デリケートな赤ちゃんの皮膚を保護し、乾燥を防ぎます。

自作グッズの素材にする

自作のクリームや乳液などの材料としてサンフラワーオイルは使えます。
伸びがよく浸透しやすい、保湿や皮膚軟化作用など、このオイルの持っている長所が完成品に出やすくなることでしょう。

以上のように、多種多様な使い道がサンフラワーオイルにはあります。
パワーを実感できるかどうかには個人差ありますが、魅力に感じた人は一度お試しあれ。

サンフラワーオイル(ひまわり油)の食べ方

サンフラワーオイルには食用のものも販売されています。
商品の選び方や摂り方について解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

料理への使用に向いているもの

食用として役立てるサンフラワーオイルを購入する際には、高オレイン酸のものがおすすめです。
高オレイン酸のサンフラワー油には、言葉のとおりオレイン酸が豊富に含まれており、酸化安定性に優れているのが特徴です。
酸化安定性に優れているのはイコール熱に強いことのあらわれですので、加熱調理をする場合には高オレイン酸のサンフラワーオイルが適しています。

どんな料理と相性がいいの?

サンフラワーオイルには香りにクセがなく、ほぼ無臭であるという特徴があります。
したがって、基本的に料理の味を邪魔するようなことにはなりません。
熱に強いため炒め調理や揚げ調理にも十分に対応してくれますし、加熱調理により有用成分が消失してしまう心配もないでしょう。

そのまま飲んでも大丈夫?

質感として粘性がない部類に入るオイルですし、香りもほぼありませんので、オリーブオイルのように飲むのが当たり前のようになっているわけではないのですが、生の状態で摂取してもいいでしょう。
1日あたり食品として大さじ1杯など、適度な範囲であれば有用成分の補給に役立ちます。

飲みにくい場合は?

ほかのドリンクに混ぜて飲用したり、サラダなどにかけたりして摂取するとよいでしょう。
サンフラワーオイルの有用成分がドリンクやサラダなどにプラスされるため、栄養補給がはかどること請け合いです。

どうでしたか?
サンフラワーオイルには食用の商品があり、食べられるオイルの仲間であるとともに、熱にも強くほぼ無味無臭でさまざまな料理に活かすことができる優れものです。
価格も比較的お手ごろですので、普段使いしやすいところも魅力のひとつといえるでしょう。
抗酸化力に優れている成分などが豊富に含まれていますので、サラダ油を使っている人はサンフラワーオイルに切り替えてみてはいかがでしょうか。

サンフラワーオイル(ひまわり油)の注意点

サンフラワーオイルを使用するにあたり、どういったことに気をつければいいのでしょうか。
ここではこのオイルの注意点を挙げていきますので、疑問や不安に感じている人は一読してみてください。

肌トラブルのリスク

サンフラワーオイルを使用する場合には、前もってパッチテストをおこなってください。
これにより、自分の肌質に合っているか、皮膚の異常を起こさず使えるかが判断できます。
また、普段は安全に使えていても、体調がいつもと違うときにはそうもいかなくなる場合があります。
もしも肌に異常が起こった場合には、オイルの使用をやめて様子をみるか、よくならないようであれば皮膚科で診てもらったほうがよいでしょう。

体調を崩すリスク

サンフラワーオイルには有用成分が含まれており、健康や美容の維持のサポート役になってくれますが、体質に合わないと逆効果になる恐れがあります。
おなかを壊すなど異変を感じた場合にはオイルを摂るのをやめ、体調がよくならない場合には内科など医療機関を受診しましょう。
また、精製されていない油を熱すると毒性のある物質が発生しますので、未精製なのかどうなのか確かめ、取り扱いには十分に気をつけてください。

品質を損なうリスク

オイルは保存方法を誤ると酸化=品質の低下が進みます。
直射日光や高温多湿の場所ではなく冷暗所に保存し、空気に触れても酸化が進みますのでオイルを取り出すとき以外はフタをしっかり閉めて密閉しましょう。

高リノール酸のリスク

サンフラワーオイルにはよりリノール酸の含有量が多くなっているものがありますが、過剰摂取には注意しなくてはいけません。
摂りすぎるとこの成分に期待できる悪玉コレステロールの低下作用がもたらされるどころか、善玉コレステロールを少なくしてしまう原因にもなりかねません。
健康や美容にいいものが逆に悪影響となってしまいますので、摂取量はほどほどにしておきましょう。

どうでしたか?
商品選びや取り扱いを間違うと美容や健康に逆効果になってしまうリスクをはらんでいるのがサンフラワーオイルのこわいところです。
正しい選び方や取り扱いをし、安全に長く使用していけるようにしてください。

●AMAZONで探すサンフラワーオイル

スポンサーリンク

関連記事

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラ

記事を読む

軽費老人ホームの種類・特徴・入所申し込みの仕方など

介護療養型医療施設とは? 介護療養型医療施設は、別名「療養病床」とも言われており、主に医療機関

記事を読む

受験生が積極的に摂るべき栄養素。ビタミンB1,B2 etc.

受験生が勉強するうえで欠かせないのが食事です。 空腹では勉強に身が入りませんし、食事によって健

記事を読む

ラベンダーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ラベンダーの香りは、昔から広く親しまれてきました。 芳香剤やクッションのようなリラックス商

記事を読む

ベルガモットの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ベルガモットは、2mから5mの高さにまで成長する常緑樹です。 おもに、イタリアや地中海の沿

記事を読む

ブラックペッパーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ブラックペッパー(黒胡椒)のアロマオイルはその名の通り、胡椒に独特の刺激的な香りが特徴になってい

記事を読む

ニアウリの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ニアウリはフトモモ科の植物であり、ニューカレドニアを原産地としています。 アロマオイルは葉

記事を読む

インテリアコーディネイトで住みやすい家にする

家というところは人が毎日住むところですから、人間の暮らしにとってとても重要な意味を持っていること

記事を読む

火山灰を調べた。火山灰はこんなものに利用されている。

日本は活火山の国 日本は狭い国土に数十もの活火山を有しており、鹿児島県の桜島などは周辺地域

記事を読む

ミヨシ石鹸の特徴や感想

ここに、純粋せっけんにこだわる会社があります。 『ミヨシ石鹸』で

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

→もっと見る

PAGE TOP ↑