ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル


ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)とは、イネ科に属する小麦の胚芽部分を圧搾することでとり出される油のことをいいます。
下記、おもなウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の特徴を紹介しますので、どんな油なのか興味がある人、ほかの油と比較したい人はぜひご覧ください。

・ほかのキャリアオイルをはるかにしのぐ量のビタミンE好酸化力に優れており、若々しくありたい人は積極的に摂りたい栄養成分であるビタミンEが、ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)にはたっぷりと含まれています。
別の種類のキャリアオイルと比較して、ビタミンEの含有量は10倍以上も含まれているのです。

・ビタミンE以外にも豊富な栄養成分ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)には、ビタミンEだけでなく実にさまざまな栄養成分が含まれています。
おもなものを挙げるとビタミン類(A、B1、B2、B3、B6)やミネラル類(亜鉛、鉄、銅、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、マンガンなど)、脂肪酸(リノール酸、オレイン酸、リノレン酸、パルチミン酸)といったものがあります。

・いろいろな肌タイプに対応上記のような栄養成分が含まれており、素早く肌に取り込まれる性質があるウィートジャームオイル(小麦胚芽油)。
カサカサが気になる人、肌の老化が気になる人、デリケートな肌の人、筋肉の疲れが気になる人がケアをするのにピッタリです。

・使用感は重めウィートジャームオイルは皮膚吸収速度には優れているものの、サラッと軽いタイプのオイルと比較すると粘性があり、使ってみると重い感じがします。
また、穀類特有の香りも強いため、別のオイルと混ぜ合わせることによって使用するのに向いているといえるでしょう。

・酸化防止剤として活かせるウィートジャームオイル(小麦胚芽油)は既に述べたように、優れた抗酸化作用をもたらすビタミンEがたくさん含まれています。
酸化しやすいオイルとブレンドすれば、オイルを良質な状態に保ちやすくなります。

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)は栄養成分が豊富で肌や筋肉のケア、別のオイルの品質維持などに使える優秀な油です。
効果・効能や使用方法などをチェックして、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の効果・効能

実際にウィートジャームオイル(小麦胚芽油)を購入し、使ってみた場合、果たしてどのような効果や効能を期待することができるのでしょうか。
ここではこの点について解説していきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

・日々の肌ケアで大活躍ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)には別のキャリアオイルの10倍以上もある、ビタミンEをはじめとしたビタミン類、ミネラル類、良質な脂肪酸などが豊富に含まれているのが特徴です。
また、肌に使用するとスピーディに取り込まれる性質も持ち合わせています。
そのため、肌のカサカサ、荒れ。

炎症といったトラブルのほか、しもやけ、ヒビ割れのケアに使用することにも向いています。
さらに老化が気になる肌のケアにも適していて、ターンオーバーを整え、ハリやツヤのある肌へと導いていってくれるのです。

そのほか、UVケアとしてもウィートジャームオイル(小麦胚芽油)は活躍してくれて、紫外線の影響から肌を保護してくれます。
紫外線のダメージが肌に蓄積されるとシミやソバカスの原因になってしまいますが、このトラブルへの対策にも有用です。

・筋肉のケアにも使えるウィートジャームオイル(小麦胚芽油)に含まれている有用成分が、筋肉の疲れをケアしてくれます。
運動をおこなったあとのマッサージオイルとして、アスリートでも愛用している人が少なくありません。

・ほかのオイルの品質を保つ前述したようにウィートジャームオイル(小麦胚芽油)にはビタミンEがたっぷりと含まれています。
キャリアオイルというのは酸化が進むと品質が劣化してしまうのですが、好酸化力に優れているビタミンEが、酸化を防いでくれるのです。

別のオイルをブレンドすることでウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の酸化安定性が活かされ、そのオイル単体で使用した場合より長く品質を維持することが可能です。
いかがでしたか?一つでもこの効果・効能が欲しい!と思ったことがあれば、使ってみる価値は十分にあるといえるでしょう。

●AMAZONで探すウィートジャームオイル

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の使い方

小麦の胚芽をコールドプレスすることによって得られるウィートジャームオイル(小麦胚芽油)は、使い方のバリエーションが豊かな点が魅力的です。
今回はおもな使用方法を挙げていきますので、キャリアオイルを取り入れてみたいと思っている人はぜひ一読してみてください。

・スキンケアオイルとして化粧水の使用後、適量のウィートジャームオイル(小麦胚芽油)を手に取り、顔の乾燥などが気になる部分に塗布しましょう。
こすりつけるようにしてなじませると肌への刺激や負担になりますので、やさしく丁寧になじませてください。
なお2、3滴の使用だけではカサカサしてしまうという人は、倍程度の量に増やして塗布してみると、違いが感じられるかもしれません。

・マッサージオイルとして運動後のクールダウンにプラスして、ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)を使ったマッサージをほどこします。
これにより筋肉をやわらかくしてくれるほか、血のめぐりが活発になって、筋肉の疲れを翌日まで引きずってしまうことの防止になるでしょう。
ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)は穀類の香りが際立っていますし、比較的使用感がトロッとしていて重いため、別の相性のよいオイルや普段使いのクリームに混ぜると使い心地がよくなります。

・ボディケアオイルとしてウィートジャームオイル(小麦胚芽油)はフェイシャル用としてだけでなく、ボディ用のオイルとしても使用が可能です。
普段使いのクリームや相性のよい別の種類のオイルなどとブレンドし、乾燥などが気になる部位になじませましょう。
しっとりとした肌を実感するとともに、やわらかさも感じられるようになります。

ほかにもハンドクリームとして、リップクリームとしてなど、別の種類のオイルやシアバターなどと混ぜて使用している人も少なくありません。
また、ほかの種類のオイルの酸化防止のために使用することも幅広い用途があるウィートジャームオイル(小麦胚芽油)を常備しておくと、なにかと役に立つこと間違いなしでしょう。

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の食べ方

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)には、ビタミン類(A、B1、B2、B3、B6、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、銅、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、マンガンなど)、脂肪酸(リノール酸、オレイン酸、リノレン酸、パルチミン酸)などの栄養成分が豊富に含まれています。
そのため、口から摂取して栄養補給に役立てたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
ここではウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の食べ方について述べていきますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

・食用オイルの有無まず、そのまま飲んでもよし、料理に使ってもよしなオリーブオイルのような食べ方を、ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)でもすることが可能なのか、疑問に感じている人もいることでしょう。
このような摂取のしかたが可能なものはまったくないと断言することはできませんが、日本国内ではまず見かけません。

・サプリメントで摂れる飲用や調味料として使用されることを想定して販売されているものはほぼないものの、サプリメントの形でウィートジャームオイル(小麦胚芽油)が配合されている商品はあります。
ビタミンEや各種脂肪酸などの有用成分がサプリメントに凝縮されており、手軽に補給することができる点が魅力的です。
肌や筋肉のケアは別の方法や商品でおこない、体内からのケアはウィートジャームオイル(小麦胚芽油)でという役立て方をするのもよいでしょう。

インターネット通販でも簡単にウィートジャームオイル(小麦胚芽油)入りの商品が購入可能ですので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の食べ方は上記のとおりですが、サプリメントを購入する場合には、価格だけでなく配合成分にも注目しましょう。
なかにはさらに有用成分を追加配合しているようなものもあり、このようなものを選ぶとより栄養補給がはかどりますので、健康や美容にも有用といえます。

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の注意点

外用としてウィートジャームオイル(小麦胚芽油)を使ったり、内服用として使ったりする場合には、なにか注意しなければいけないことはあるのでしょうか。

ここではこのようなことに疑問、不安を感じている人のため、とくに気をつけたほうがいいことをいくつかピックアップします。

・肌に使用する場合乾燥肌、敏感肌、老化肌といった具合に、さまざまなタイプの肌に使用が可能な外用のウィートジャームオイル(小麦胚芽油)ですが、100人いれば100人の肌に合うのかといえばそうではありません。
中には肌質に合わず、効果や効能があらわれるどころか、逆に肌の異常を引き起こしてしまう人もいるのです。
また、小麦が原料として使用されていますので、小麦アレルギーにも警戒しなくてはいけません。

以上のことから、使用前にはパッチテストをおこない安全を確認したほうがいいですし、アレルギーがある人は使用を控えるに越したことはありません。
なお、ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)は質感が重く、ほかのオイルとブレンドして使用する人が多くいますが、ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)以外のオイルが原因で肌トラブルやアレルギーが引き起こされる可能性もありますので、くれぐれも気をつけましょう。

・口から摂取する場合外用のウィートジャームオイル(小麦胚芽油)同様、小麦アレルギーには気をつける必要があります。
また、小麦以外にも表示を確認し、アレルギーを起こすものが原料などとして使用されていないかもチェックしましょう。
そのほか、薬との飲み合わせが心配な人は、医師に相談した上で摂取しはじめることをおすすめします。
おもなウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の注意点は以上となりますが、オイル自体は酸化に強い性質はあるものの、劣化していくことに変わりはありません。

したがって、外用のオイルもサプリメントも期限を確認し、過ぎてしまったものは肌に使用したり摂取したりしないことが大切です。
また、保管は直射日光や高温多湿を避け、冷暗所でおこなうことをおすすめします。

●AMAZONで探すウィートジャームオイル

スポンサーリンク

関連記事

ローズオットーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズオットーのアロマオイルは、数あるアロマオイルの中でも非常に希少価値の高いものです。

記事を読む

ウォールナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウォールナッツオイルとは、ウォールナッツ(クルミ)の仁(種子)を圧搾することによって得られる油の

記事を読む

アロマオイル(精油)選び 絶対に欠かせない4つのポイント

アロマオイル(精油)を選ぶ際、基本的には合成香料や化学物質が入っていない、100%天然のものを選

記事を読む

クローブの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

クローブは、インドネシアを原産とする熱帯の常緑樹です。 雨季に蕾をつけ、その蕾部分からCO

記事を読む

太陽光発電のメーカーの歴史や特徴のまとめ

シャープ シャープは、1959年から太陽電池の開発に着手してますので、すでに50年を超える歴史

記事を読む

グロブルスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

グロブルスは多くの種類があるユーカリの中でも、一般的にアロマオイルとして使用されているものです。

記事を読む

グレープフルーツの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

グレープフルーツはアジアを原産としている植物であり、ミカン科に属しています。 現在はアメリ

記事を読む

象印 圧力IHなべ 煮込み自慢の特徴や感想

家庭科の調理実習で、はじめて圧力鍋使った時、先生が大丈夫といっても回る吹き出し口とか怖くなかった

記事を読む

サンダルウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サンダルウッドとは和名を「白檀」といい、別名で「サンダースウッド」とも呼ばれる半寄生性の常緑樹で

記事を読む

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

ミヨシ石鹸の特徴や感想

ここに、純粋せっけんにこだわる会社があります。 『ミヨシ石鹸』で

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

→もっと見る

PAGE TOP ↑